2018年1月10日 

■ホワイトハウスオートモービルがINDIANの2018年ラインアップを発表

 インディアンモーターサイクルの正規輸入代理店のホワイトハウスオートモービルは、2018年モデルのラインナップ、及び国内向けメーカー希望小売価格を発表した。2018年モデルは、近年のインディアン・モーターサイクルにおいて、より充実したラインナップと、購入しやすい価格設定を実現しているという。

 空冷V型2気筒OHV、1,811ccの“サンダーストローク111”エンジンは、パワーで21%、トルクで12%の出力アップを実現し、シャシー面では、トラディショナルな前後16インチホイール仕様に加え、フロント19インチ、リア16インチ仕様も用意し、スタイル面でも選択幅が広がっている。

 水冷V型2気筒DOHCのスカウト系エンジンでは、右手にリニアに反応するレスポンス、低回転域から十分以上のトルクを発揮するフレキシビリティはそのままに、細部の見直しを図り、より緻密でシルキーな回転を実現したという。シャシーはフレームセンター部分のパイプをスチール製からアルミ製とし、剛性の見直しを図っている。また、2018年モデルでは、日本発の試みとして、「ファクトリー・カスタムペイント・プログラム」が用意された。こちらは、こだわりの個性派ライダーに向け、セミオーダーが可能なペイント・プログラムとなっている。

ニューモデルの1台、「ロードマスター・エリート」。メーカー希望小売価格:5,880,000円(消費税込)。インディアンの新たなフラッグシップ。純金(23K)を使用したエンブレム、1台につき30時間をかけて塗装された2トーンキャンディコバルトパールペイントなど、圧倒的な手間とコストをかけ、最高峰のプレミアムフィニッシュが施されている。300ワットプレミアムオーディオ、レザーアームレスト、2連コンソールゲージ等、これまでのロードマスターが持つ充実装備にさらに磨きをかけたフラッグシップモデル。 「スプリンフィールド・ダークホース」。メーカー希望小売価格:3,600,000円(消費税込)。こちらも2018年のニューモデル。人気のダークホースシリーズをベースにシックなマットブラックフィニッシュを採用。19インチ10スポークフロントホイール、オープンフロントフェンダー、スモークフロントシールド等を装備し、一層精悍なルックスに。また、標準装備のハードタイプサドルバッグは、タンク上のコンソールに配置されたボタン、及び手元のキーフォブでロックの開閉操作が可能。
こちらも2018年のニューモデル、「インディアン・チーフ」。メーカー希望小売価格:2,900,000円(消費税込)。好評のチーフ・クラシック、チーフ・ダークホースに加え、“インディアン・チーフ”をラインアップ。キーレスイグニッション、クルーズコントロール、ABS、クロームアクセントと、充実した基本装備を持ちながら、リーズナブルな価格に抑えた、カスタマイズベースとしても魅力の1台。ボディカラーは新色のスチールグレー。

■ホワイトハウスオートモービル