速報 第57回全日本模型ホビーショー あっと驚く、驚け、驚いた!

模型ファンのみなさまも、そうでもないみなさまも、秋のお楽しみ今年も東京ビッグサイトで全日本模型ホビーショーが開催されましたので、いち早くお届けいたします。今年は、びっくりの隠し球が登場しましたよ!

あっと驚く、驚き、驚けの3気筒!

ハセガワ



GT380

 なんとハセガワからサンパチが! サンパチといっても、もちろん三八式歩兵銃ではありません。かのスズキGT380が1/12スケールで登場です。モデル化されるのは1972年型の初期型にディスクブレーキが追加されたGT380(B)です(実車の歴史は本誌「国産BIG2スト大全」でどうぞ)。もちろん完全新規金型。フロント、リアフェンダー、ホイール、マフラー、サスペンション、エンブレムなどはメッキ、タンクとシート(ブルー)、フレームとシートなど(ブラック)、エンジン(グレー)、ヘッドライト(クリアー)などパーツは色分け済みなので塗装しなくても、それなりに楽しめそう(もちろん塗った方がいいんですが)。まだ試作ですが、サンパチのずっしりなのにスポーティなイメージをうまく表現していると思います。楽しみですね! そうそう、ハセガワといえばYZR500にNSR500、NSR250もあります、ひょっとして2スト大好きな人が?? 2ストビッグのシリーズ化に密かに期待しましょう?? 「スズキGT380 B」(2月発売予定 3400円・税別)







ここにきて再び人気沸騰のバリバリ伝説シリーズ(のおかげでしょうか・笑)。「Honda NSR500“巨摩郡”」と「ヤマハYZR500“ラルフ・アンダーソン”」(10月発売予定 各4400円・税別)。

定番のシリーズをリニューアル

アオシマ

 今回新製品はお休みでしたが、1/12バイクシリーズを次々とリニューアル中です。



「No.26 カワサキGPZ900R(A7)」 カスタムパーツ付き (10月発売予定 3000円・税別)。 「No.50 フォルツァ」 2004年式か2006年式を選択式 (12月発売予定 2600円・税別)。


「No.51 カワサキZ400GP」 カスタムパーツ付き (11月発売予定 2600・円税別)。 「No.52 スズキGSX400EⅡ」 (11月発売予定 2200円・税別)。


「No.53 ホンダCBX400F」 カスタムパーツ付き (12月発売予定 2600円・税別)。 「No.54 カワサキKZ1000ポリス」 スクリーン、カウル選択式 (12月発売予定 3600円・税別)。

KLX250は初のモデル化?

トミーテック

 おねーちゃんと銃器。その道の好きなみなさんにはたまらない黄金の組み合わせですね。1/12の銃火器キットなら世界一の生産数(笑)を誇るリトルアモーリーシリーズ。なんと「陸上自衛隊 偵察オートバイカワサキKLX250」が登場しました。初のモデル化? 無線機なども付属した完成品です。(発売日未定。7400円・税別)。



世界初!超小型簡単サウンドシステム

マイクロエース

 超小型の基板にスピーカーやら電池やら一切を搭載した「マイクロスピーカーサウンドシステム」。スマホからブルートゥースで音を飛ばすので使える音源は無限大。バイクのプラモにセットして、愛車のエンジン音を再生するなんていかがですか。主に鉄道模型用に開発されたようですが、一番人気はフィギアに埋め込んでしゃべらせることだそうです。なるほど……90分の充電で2時間半ほど音が出せるそうです。(来春発売予定。価格は未定、1万円ちょいか?)。



THEアート!

日本化線

 いわゆる針金細工ですが、やわらかいデザインワイヤ「自遊自在」は30カラー、丈夫なデザインワイヤ「頑固自在」は16カラーと豊富なカラーで、太さは0.9mmから10mmまで各種揃っています。あとはあなたのセンス次第。秋の夜長にいかがですか?



マニアックワールド加速中

プラッツ

 いつも読者プレゼントを提供していただき、ありがとうございますの太っ腹なプラッツは、イタリアのイタレリ製1/9「ノートンコマンド750」(2月発売予定 8800円・税別)を販売。なんともマニアックですね。アメリカのMPC製1/8スケール「Honda ドリームCB750 Four」(7800円・税別)は好評発売中。



あっと驚く、驚け、驚いた!新感覚の三輪RCモデル

タミヤ

 あっと驚くニューモデルは三輪のRCモデルの組み立て式キットです。その名は「ダンシングライダー」。モーターを内蔵したリアホイール部分が、サスペンション付きのフロントフォークがついたフロント部分と連結軸でつながっています。で、この軸を支点にフロント部分がスイング(バンク)して、コーナーリングして走るんです。転倒してもアームサポートによって自力で起き上がれます。スケール的には1/8ですが、実物がないので、スケールモデルではありません。車体は丈夫なポリカーボネート製。今までにはなかった新感覚のRCカー。走りを見たらやってみたくなります。プロポは別売り。発売日、価格共に未定。




リア部分にモーターとギアを内蔵。フロントフォークで操舵するのではなくフリー構造で、まさに実物のバイクと同じように走ります。


センター部分に単3電池4本を内蔵。別売りの充電式バッテリーパックも装着できる。 バンクしては走る姿は圧巻。くるくると小回りも効くのでおうちでも遊べそう。


1/12オートバイシリーズは「No.132 ドゥカティ1199パニガーレSトリコロール」(12月発売予定 価格未定)が登場。イタリア建国150周年記念の限定車カラーです。


1/6オートバイシリーズから、なつかしの「No23 カワサキZ1300エンジン」と、「No.24 Honda CB750エンジン」がスポット生産されます。ビッグスケールならではのエンジン単体は見応えも充分。(11月発売予定 各4000円・税別)。

[第56回静岡ホビーショーへ]