Vストロームミーティング 2017

 
第3回目となるVストロームミーティングが、昨年に続きスズキ本社内の特設会場で開催された。北海道から、九州からも四国からもツーリングしてきた参加者は前回を大幅に上回る780名、バイク来場557台に。トークショーをはじめ多彩なプログラムで、Vストロームの魅力のすべてを満喫した。

■レポート&写真:高橋絵里
■協力:SUZUKI 

誰もが新型Vストロームに興味津々!
見て聴いて体験して、Vストロームを知り尽くす!

 今年の夏前に650と1000がモデルチェンジを遂げ、続いて待望の250もデビュー、3兄弟が揃った充実のVストロームシリーズ。第3回目を迎えたミーティングには、リピーター率を誇るこれまでのオーナーはもちろんのこと、新型モデルのオーナーとなったニューエイジファンが初参加する姿も多かった。ゲートオープンの午前9時、Vストロームの長い列が本社正門から会場へと続き、またたく間に駐輪スペースはびっしり埋まっていく。スズキ株式会社 鈴木俊宏社長が「Vストロームを通じてぜひ皆様の交流を発展させてください」と開会宣言をおこない、熱気あふれる一日がスタートした。さらにこの日に限りミーティングの受付をすると『スズキ歴史館』への入場ができる(普段は予約制)という、嬉しい特典もあった。

「おかえりなさい!」と笑顔で駐輪場へ誘導するスズキスタッフ。 第2回を大幅に上回る来場者数773人、バイク来場557台を記録。本当に全国各地のナンバーがいる。ステージプログラムの『遠くから来たで賞』は北海道 札幌市と九州 長崎県からのライダーに決まった。
前回よりも駐輪スペースが拡大されたスズキ本社内の特設会場。

 
 トークショー第1部は『設計スタッフに聞いてみよう!』。650および1000のチーフエンジニアである安井信博氏、250のチーフエンジニアの福留武志氏、テストライダーの佐藤省吾氏の3名のスズキエンジニアに、聞き手はジャーナリストでVストロームオーナーでもあるノア・セレン氏だ。新型モデル開発のこだわりやテスト現場の様子など、Vストロームファンには堪らない話題が飛び出して、満席の会場は細部まで聞き漏らすまいと注目し、真剣そのもの、質疑応答も時間いっぱいまで続いた。
 続くトークショー第2部は『賀曽利 隆 日本一周70歳編』。賀曽利さんは、このミーティングの2日前にめでたく70歳の古希を迎えられ、サプライズの花束贈呈で会場全員が賀曽利さんの誕生日を祝った。「60代の旅は素晴らしかった、そして70歳になってもっと最高!」と感激の賀曽利さん。「年齢を重ねると、走っている時の見え方や感じ方が変わっていくんです」といった深い言葉もさすが、賀曽利さんのように元気で走り続けたいと憧れるライダーは多い。

『設計スタッフに聞いてみよう』トークショー、Vストローム開発に携わる右からエンジニア福留武志氏、佐藤省吾氏、安井信博氏。ステージ前は立ち見も多い満員御礼。
11.jpg
賀曽利さんはVストローム250で会場入り。70歳を機にスマホとSNSデビューを果たし、日本一周70歳編を元気一杯スタートした。(Twitter @kasotaka70)

 
 会場は様々なプログラムで賑わった。朝から人気だったのが車両展示コーナーで、新型Vストローム1000、650と各XTモデル、そして250の5台が並び、もちろん跨りOK。従来モデルのVストロームオーナーは、新型がどのように変わったかがやはり気になるのだろう。そして他バイクのオーナーが、ポジションフィーリングや足つき性など熱心に跨り比べる姿が多かったのも事実。グッズ販売のブースには長い列が伸びていた。オリジナルのTシャツやタオル、九州北部豪雨災害チャリティ湯呑などいずれも限定数で完売必至だ。企業出展ブースではタイヤ、マフラー、バッグといったパーツやギアがVストロームにデモ装着され、じっくり見ながら説明を聞くことができる。ご当地グルメのキッチンカーも出て大テントの休憩スペースがあり、残暑の陽射も気にならず快適だ。ステージでは遠くから来たで賞、じゃんけん大会が続く。そしてスズキ二輪 濱本社長による閉会の挨拶のあと、社屋のSマークを背景に全員で集合写真撮影をして、ミーティングは終了した。再会を約束し合い、再び旅立つライダー達。繋がり続けるVストロームの輪が、一段と大きくなった。

新型モデル5台が並んだ車両展示コーナー。「今は650ですが1000にも憧れます」「タンデムも疲れなさそう!」など真剣に比較。そしてVストロームはお子さんにも大人気。
17.jpg
企業出展はヨシムラジャパン、プロト、ブリヂストン、ツアラテックジャパン、タナックス、スズキビジネスオート各社。Vストロームと旅のイメージが膨らむドレスアップを提案。
『Vストロームと私』のテーマでメッセージを書いての記念撮影。スズキのホームページのイベントサイトにアップされる人気のコーナーで、皆さんなかなか個性的にアピール。 オリジナルグッズのTシャツはイエローが映えるクールなデザイン、早速着て気分を上げる。
豪華景品にヒートアップのじゃんけん大会。ノアさんが繰り出す「最初はV!」からのスピーディじゃんけん、プレゼンター役に賀曽利さん、進行MCの浜崎美保ちゃんも大活躍。
スズキの鈴木社長、スズキ二輪の濱本社長も駆けつけ、Vストロームファンとの一日を過ごした。最後はスタッフと共にお見送り、ライダー達も感激で思わず胸が熱くなるのだ。
25.jpg
Mixiコミュニティの皆さんと賀曽利さんが恒例の記念撮影。回を重ねるごとに人数も増える
■片岡明洋さん
(from岐阜県 V-Strom250)

スタイリングに一目惚れして購入、記念すべき最初の遠乗りがVストロームミーティングとなった。「走っていて本当に快適で、どこまでも行けそうな気分になりますね。次のツーリングは出雲など山陰エリアを計画してみたいです。」

■中井宏之さん
(from静岡県 V-Strom1000)

実はこのバイクの設計を手がけた中井エンジニアがさり気なく参加。「ワイルドでダイナミックなエンジンパワーと、自由自在なハンドリングフィールが楽しい。隼ミーティングにもこれで行って(笑)、鳥取のワインディングも良かったですよ。」

■よっちゃん さん
(from香川県 V-Strom1000)

パリダカイメージのマルボロデカールが目立ち度満点。「今日はあまりにも沢山のVストロームがいてびっくりしました。キャンプツーリングをよくしますが、Vストロームは荷物がたっぷり積載でき、走っていて疲れないので最高です。」


| Vストローム・ミーティング2016のページへ |

| |