2017年8月18日 

■記念展示「Racing History of Last 20 Years」の第3弾は、よりバラエティに富んだカテゴリーのレーシングマシンを紹介

ホンダCBR1000RRW(2008年)

 “森の中のモビリティテーマパーク”ことツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)では、開業20周年記念展示「Racing History of Last 20 Years」を施設内のホンダコレクションホール・2、3階中央エリアにて開催中。その第3弾が9月7日より始まる。

 「レースシーン2008-2016」と題した第3弾は 2008年から2016年を特集、近年に活躍した二輪、四輪の新しいレーシングマシンが登場する。Part1、2に登場 したスズキ、トヨタ、日産、ヤマハ、ホンダの5メーカーに、マツダのスポーツカーや無限の電動バイクも加わり、 よりバラエティに富んだカテゴリーのレーシングマシンを紹介。

 二輪車は鈴鹿8耐を制した清成龍一/カルロス・チェカ組のホンダCBR1000RRW(2008年)や酒井大作/徳留和樹/青木宣篤組スズキ GSX-R1000(2009年) をはじめ、バレンティーノ・ロッシがシリーズチャンピオンを獲得したヤマハYZR-M1(2009年)といったMotoGPマシン、ダカールラリー参戦車など9台を展示。

 期間は 12月11日まで。

ツインリンクもてぎ

スズキ GSX-R1000(2009年) ヤマハ YZR-M1(2009年)
スズキ GSV-R XRG4(2011年)

ヤマハ YZR-M1(2012年) ホンダRC213V(2012年)
ホンダCRF450 Rally(2013年)

ホンダRC213V(2013年) 無限 神電四(2015年) 写真:株式会社M-TEC