Hondaコレクションホール収蔵車両走行確認テスト「闘うDNA」2017年夏

●撮影ー依田 麗
●取材協力-ホンダコレクションホール  
     ホンダ /

NSR500
こちらで動画が見られない方は、YOUTUBEのサイトで直接ご覧ください。

で直接ご覧ください。

で直接ご覧ください。

)。一方、日本国内では1994年から全日本格式としてスタートしたGT選手権(JGTC。現SUPER GT)に1996年より最高峰のGT500クラスに参戦を開始。日産スカイラインGT-R、トヨタ・スープラ、マクラーレンF1 GT-Rなどを相手に、ル・マンGT2クラスをベースとするマシンで苦戦を強いられる。翌1997年はロードモデルが3.2リッターに排気量アップしたC32Bエンジンを搭載したことで、このユニットをベースにレースでは3.5リッターとし、無限×童夢 プロジェクト が参戦チームとして加わる。そして1998年のツインリンクもてぎで開催された第5戦では、中子修/道上龍組の Castrol 無限 NSXが念願の初優勝を遂げる。その後もトップ争いを続けるGT選手権でのNSXはターボで武装するなどのポテンシャルアップを図り、2009年シーズンまで戦い続けた。2000年シーズンを戦った Castrol 無限 NSXは道上龍が優勝こそ無かったもののシーズンを通して安定した速さを披露。念願のチャンピオンを獲得している。
Hondaコレクションホール収蔵車両走行確認テスト「闘うDNA」

[ホンダミュージックが世界を征す]
●1966年 RC116(50cc)
●1965年 4RC146(125cc)
●1966年 RC149(125cc)
●1966年 RC164(250cc)
●1966年 RC166(250cc)
●1967年 RC174(350cc)
●1968年 RC181(500cc)

[トリコロールはここから始まった]
●1972年 CB750
●1975年 CB500R
●1976年 RCB
●1980年 RS125RW-T

[V4〜V2の黄金時代から、再び直4へ]
●1991年 RVF750(11 OKI HONDA RT・8耐仕様)
●1995年 RVF750(11 Team HRC・8耐仕様)
●1997年 RVF/RC45(ホリプロホンダwith HART・8耐仕様)
●1999年 RVF/RC45 (ラッキーストライクホンダ・全日本スーパーバイク仕様)
●2000年 VTR1000SPW(11 チームキャビンホンダ・8耐仕様)
●2004年 CBR1000RRW(7 セブンスターホンダ7・8耐仕様)

[7度の世界タイトルを獲得したワークスレーサー]
●1993年 NSR250(岡田忠之仕様)
●1997年 NSR250(マックス・ビアッジ仕様)
●1999年 NSR250(宇川徹仕様)
●2001年 NSR250(加藤大治郎仕様)
●2003年 RS125RW(ダニ・ペドロサ仕様)

[無敵の6年連続チャンピオンなどWGP500クラスで他車を圧倒]
●1984年 NS500(フレディー・スペンサー仕様)
●1984年 NSR500(フレディー・スペンサー仕様)
●1985年 NSR500(フレディー・スペンサー仕様)
●1988年 NSR500(ワイン・ガードナー仕様)
●1997年 NSR500(マイケル・ドゥーハン仕様)
●1999年 NSR500(岡田忠之仕様)
●2002年 NSR500(加藤大治郎仕様)

[MotoGP元年をロッシとのコンビで圧勝した新世代の5気筒レーサー]
●2002年 RC211V(バレンティーノ・ロッシ仕様)


[F1創生期 無謀とも思えた挑戦で2勝の快挙]
●1965年 RA272
●1967年 RA300
●1968年 RA301

[F1第二参戦期 エンジンサプライヤーとしての挑戦]
●1988年 ロータス100T
●1987年 ウィリアムズFW11
●1988年 マクラーレンMP4/4
●1989年 マクラーレンMP4/5
●1990年 マクラーレンMP4/6

[GTカー創成期 自動車メーカとしての名声を高めたマイクロ・スポーツの活躍]
●1966年 S800GT-1仕様
●1968年 S800マーシャル仕様

[ツーリング&GTカーの時代 市販車の高いポテンシャルをサーキットでも証明]
●1983年 ヤマトCIVIC
●1987年 モチュールCIVIC
●1993年 JACCS CIVIC
●1998年 ギャザズ CIVIC
●1995年 NSXルマン
●2000年 カストロール無限NSX

[へ]
[へ]