KTM 390DUKE試乗

■試乗&文:松井 勉 ■撮影:富樫秀明 ■協力:KTM JAPAN 

こちらの動画が見られない方、大きな画面で見たい方はYOU TUBEのWEBサイトで直接ご覧下さい。

 
ボディーサイズは変わらないのに、125、250の物腰とは異なるしっかりした足周り。それを要求するパンチと伸びのあるエンジン。ああ、390。これで開眼してしまったライダーは間違い無く手強い。そう思わせるスポーツバイクの逸材。今更だが、もう一度それを再確認した。

_TOG4963.jpg
ライダーの身長は183cm。写真の上でクリックすると片足時→両足時、両足時→片足時の足着き性が見られます。

 
 袖ヶ浦フォレストサーキットで行われたデュークシリーズのメディア試乗会。125、250、そして390と一気に同じトラックで試乗する事で、そのキャラクターの違いを改めて学習できた。スモールデュークがデビューする前、このシリーズは、125と同じ車体に200、250、そして390もゆくゆくラインアップする、とにかく若い人にストリートで楽しいバイクを提供したい、という考えをKTMのスタッフから聞いたとき「それはやり過ぎだろう」と思った。200までは何となく国内でも例があるが、390なんて、125の3倍だ。250とナナハンが車体を共有? 聞いたことない。じゃじゃ馬のマッスルカーになるのでは(それはそれでおもしろそうだ、とも感じた)、と思ったからだ。ホンダのホーネットもあったが、あれ、250と600、900では中身が別物だったし。

 そんな思いで初対面の時には思っていたが、400クラスのエンジンを見事に使いこなすシャーシと、パワフルで伸びやかなエンジンがもたらす比類無き走りの世界にあっという間に引き込まれたのが記憶に新しい。
 

_TOG5615.jpg

 その最新型、2017年の390デュークだ。スタイルチェンジも今回の話題だが、先代までの少し丸くコンパクトバイクらしいカタチから一転、サイズはそのまま。前方斜め下に抜けるような伸びやかさを持ったスタイルになった。薄手のヘッドライトのスラント具合もその意匠に大きく貢献。どう見ても精悍さが増している。

 ちょっとした「オトナっぽさ」の源泉はTFTカラーモニターを使ったメーターパネルなど、プレミアムクラスを思わせる装備や、トレリスフレーム、外観から力強いエンジン、WPサスペンション等々、デザインや素材のトーンがより大型のKTMからにじみ出す「本気度」がよりストレートに感じられるからでもある。コンパクトクラスとして生まれたデュークにして、2世代目は、大人への階段を着実に上がる成長を見せていることを喜んでいるユーザーもいる事だろう。
 つまり、ビッグに疲れた、とか、小粋に小さいのを振り回したい、あるいは、ダウンサイジングの潮流に乗るバイクを待っていた、という人にはナイスなチョイスとして視野に入っているバイクではないだろうか。

 125から共通のサイズ感だが、跨がった瞬間、パワフルなバイクであることはすぐに解る。サスペンションの初期設定がけっこうハードだからだ。
 シート位置が上がり、前傾姿勢風味になったポジションもあって、ネイキッドだが戦闘的なポジションに思える。それでいて、そこは軽量なバイク。とっつき難さは微塵も無く、足着きも良いし、クラッチ、ブレーキの操作系にも重さはない。エンジンを始動すると、250よりも一回り強い鼓動感で排気量の大きさを伝える。単気筒400クラスというと、振動、ドコドコを連想する向きもあると思う。一言でいってKTMの4スト単気筒エンジンはテイスト路線ではなく、同社のエンデューロバイクなどがもつ、伸びやかでパワフル、特定の回転からパワーがドッと出るのではなく、フラットなトルク特性のもの。その特性に合わせたボア×ストロークやカムプロファイル設定を得意とするだけに、390デュークもアクセルに対するパワーの出方が想像しやすいタイプだ。
 

_TOG5644.jpg

 コースインして感じるのは250や125とはやはりクラスが違う速さだ。3コーナーに向けて全開にすると、到着速度が150キロ近い。その先、複合の4コーナーへとブレーキングしながら飛び込んでも、シャーシががっちりしていて、ふらつくこともない。そこから寝かし込み、旋回するのだが、大型のスポーツバイク同様、サスペンションもしっかりと受け止める印象で、旋回減速しながらのライン取りも自由度がある。

 そこから上りを加速して右から左に倒し込む。長い時間リーンするこのコーナーは荷重を載せるのにメリハリが必要なカーブだ。クリップを狙いながら、アクセルを開ける。フラットなトルク特性のエンジンだから、むしろ何速を選ぶかが難しい。シフトライトを点灯させながら高回転を維持するより、一つ上のギアでトルクの上昇を巧く使いながら脱出加速につなげた方がその先が速い気がする……。

 もう、スモールデュークにして390あたりになると、スーパーバイク系モデルでサーキットを走るのと同種のヒリヒリした感覚を楽しめる。もちろん、パワーは少ないし、車体は軽い。しかもそれらに比較すればアップライトなポジションだ。だからといって、無理強いをするライディングをすれば、正直に「嫌だよ」と返してくるのもコンパクトさの証し。

 ブレーキングはとても安定している。250より速いのに、操作力やブレーキングポイントを手前に取らずともイケルのは、320mmプレートの恩恵だろうか。同時に、アクセルオフでクリップに向かい、その先、アクセルを開けはじめた時に強大なトルクでドンツキ感がでることもない。とにかく開け始めの部分のエンジンマネージメントがいい。
 この辺、滑るダート路でトラクションを生み出す術をよく知るメーカーだ、と思わず唸る。チョイ開けから安心して立ち上がり旋回に集中できるから、アクセルを全開に持っていくまでも速い。それが操る気持ち良さに繋がり、ことサーキットではライディングファンの上昇スパイラルに突入できる。

 125に比べて3倍の排気量、だから390はマッスルカー的な、なんて書いたが、扱いやすさはそのまま。走りの満足度は本当にマッスル的に美味しい。「バイクはコーナリングの一体感、そこから始まる次へのカーブへの物語」。今日はサーキットだったが、一般道を飛ばさずに流しても、同じような満足感を与えてくれるはず。

 183cmの大男が乗るには写真的にアンバランスだが、それでも走りに窮屈さはどこにもない。やっぱりスモールとはいえデュークは楽しい。ABSや最新の環境性能をもちながら、この楽しさ性能。62万円は世界的希少価値のある単気筒スポーツと考えたらお買い得なのでは、とサーキットの帰りには捕らぬ狸が皮算用するのであった……。
 
(試乗・文:松井 勉)
 

_TOG5709.jpg
2017年のデュークシリーズを一目で表すスタイルアイコンがこのヘッドライト。スラントした灯具の中にLED光源のライトを収め、縁取るようにデイタイムランニングライトを配置。センター部で二分化されたスタイルは1290スーパーデュークR同様。ウインカーもLEDだ。 スモールデュークの中では最もパワフルな390に合わせ、フロントブレーキはφ320mm径のディスクプレートを選択。ラジアルマウントされるキャリパーはバイブレ製、対向4ピストンだ。フロントフォークはφ43mm径のインナーチューブを持つWP製倒立フォーク。圧側、伸び側のダンパーを左右それぞれで別け、リッチな印象の減衰特性を得ているのが特徴。110/70 ZR17 のメッツラーM7RRを履く。 鋼管トレリスフレームは新型となってサブフレーム別体となった。390ではメインフレームとサブフレームを塗り分ける。エンジンから生えるステンレス製のエキパイの太さも390ならでは。ステッププレートの造りやペダルの踏面の短さなど、ミニバイクレーサーのような出で立ちも機能美に加担する。車体サイズそのままに、125の3倍の排気量のエンジンを搭載するあたり、殆どマッスルカー的存在とも言える。
印象的な造形のスイングアームは、鋳造技術が成したデザイン。リアサスペンションはイニシャルプリロード調整付きWP製ショックユニットを採用。150mmとたっぷりとしたストロークを持つ。リアタイヤは150/60ZR17を履く。 390という文字を低い位置に配置したテールセクション。LEDのテールランプ、ウインカーを装備。エッジを効かせ短く切り上げたテールはデュークシリーズらしいスタイルを造り上げる。 リアショックマウントに向けてフレームが内側に絞られ、シートの前端もそれに合わせてスリムな形になっている。シート高は2016モデルより高くなったが、細身になったシートの恩恵で、足着き感は悪くない。小型だがフォームのしっかり詰まったパッセンジャーシートもストリートでは活躍するだろう。
細くなったシートとタンクの後部を綺麗に繋げ、ニーグリップする上側を広げる事で存在感と前傾シェイプを手に入れた新型。タンクカバーの先端のトンガリ具合とヘッドライトの周囲を覆うオレンジのカバーがこのアングルからだと平行になる独自のデザイン。小型でもストリートファイターらしさは満点だ。 TFTフルカラーモニターとなるダッシュパネル。キーをオンの状態でサイドスタンドが出ていると、メーター左上の一部がイエローになりワーニングを発する。左のスイッチボックスにある上下方向キー、エンターキーで設定、表示などを変更できる。また、オプションのKTM MY RIDEを選び、手持ちのBluetoothヘッドセットやスマホとバイクをペアリングすれば、電話、ミュージックプレイヤーの曲目などもモニターに表示され、インタラクティブでストレスのない走りを楽しめる。 リアブレーキはφ230mmのディスクプレートに片押し1ピストンのフローティングマウントキャリパーを装備。コントロール性は良く、扱いやすい。サテンブラックのボディーを持つサイレンサーが排気のコレクターボックスから延びるのも2017年モデルの特徴。パルス感のある単気筒らしいサウンドが嬉しい。
_TOG4996.jpg
●KTM 390DUKE 主要諸元
■ホイールベース:1,357(±15.5)mm、最低地上高:185mm、シート高:830mm、乾燥重量:149kg■エンジン種類:水冷4ストローク単気筒、総排気量:373.2cm3、ボア×ストローク:89×60mm、最高出力:32kw、始動方式:セルフ式、点火方式:Bosch製EMS、燃料タンク容量:13.4L、変速機形式:常時噛合式6速リターン■フレーム形式:スチール製トレリスフレーム、キャスター角:65°、ブレーキ(前×後):φ320㎜油圧式シングルディスク × φ230mm油圧式シングルディスク、懸架方式(前×後):WP製倒立φ43㎜ × WP製モノショック
■メーカー希望小売価格:620,000円

| KTM ニュー・アドベンチャー試乗のページへ |

| KTM 125DUKE試乗のページへ |

| KTM 250DUKE試乗のページへ |

| |