2017年5月11日 

■ホンダも出展、圧倒的なバラとガーデン空間の6日間「第19回 国際バラとガーデニングショウ」 5月17日まで開催!

※以下、写真をクリックすると大きく、または違う写真を見ることができます

 5月12日(金)から17日(水)までの6日間、にて「第19回 国際バラとガーデニングショウ」が開催される。

 1999年5月に初開催以降、これまで400万人以上が来場、日本や世界各国を代表するバラ育種会社が一堂に会する“世界有数のバラの祭典”で、ドーム内は100万輪のバラとその香りに包まれる空間となる。

 このイベントに毎年出展しているホンダ、今年は「調和(harmony)〜素晴らしき人生をHondaと共に〜」がブースコンセプト。アメリカに続き欧州でも販売を開始、日本への導入も予定されているロボット芝刈機が参考出品される他、夏に発売予定のハンディタイプ蓄電機、さらには耕運機や発電機といったガーデンライフを彩る汎用製品が、毎年お馴染みとなっているチョークペイントを使用してデザインされた家屋で展示されている。加えて軽乗用車・N-BOX SLASH と二輪車・リトルカブの演出も見どころ。

ロボット芝刈機「ミーモ(Miimo)」は、庭の外縁に埋め込んだエリアワイヤー内を、あらかじめ設定した日時に自動で刈り取り作業を行ってくれるというもの。バッテリー残量が少ないことを検知すると自動で充電ステーションに戻り充電する。アメリカ、欧州に続き日本でも発売予定。 ショウモデルとして各部にバラのイラストが散りばめられたリトルカブ(ボディカラーはプコブルー×ココナッツホワイト)。ほんわかとした雰囲気がガーデンライフのモビリティとして最適。現行モデルを手に入れるのは今がチャンス!?
チョークペイントでカラーリングされたガスパワー発電機「エネポ EU9iGB」。 待望のハンディタイプ蓄電機「リベイドE500」は夏に発売予定。場所を選ばず最大500Wの電気を使うことができる。
今回の「国際バラとガーデニングショウ」の見どころは、英国のガーデンデザイナーであるマーク・チャップマンによる会場入り口のバラの色彩と香りに包まれたローズファウンテン「ウェルカムガーデン」、モダンロース150年の歴史をバラに包まれながら通り抜けできる「バラのタイムトンネル」、勅使河原茜による「世界最大のバラのいけばな」などなど満載。会場:メットライフドーム(旧:西武プリンスドーム)  会期:2017年5月12日(金)~17日(水) 9時30分~17時30分(入場は終了の30分前まで。最終日は17時終了) 入場料:大人2,200円(当日券 中学生以上。小学生以下は無料)

国際バラとガーデニングショウ