レブル250/レブル500 537,840円~/785,160円(4月17日発売)

★ホンダ レブル250/レブル500 車両解説

軽量で取り回しやすいサイズの車体に扱いやすい出力特性のエンジンを搭載、レブルシリーズ

デザインコンセプトは「SIMPLE」「RAW(未加工の素材)」。特徴的な形状のフューエルタンクやくびれのあるナロースタイルのフレームボディー、ワイド&ファットサイズの前後タイヤ、ブラックに仕上げたエンジンや各部パーツの採用により、タフでクールなイメージを表現するとともに、自由な発想でカスタマイズを想起させるスタイリング、というのがレブルシリーズの特徴だ。

車体は、年齢や体格にとらわれず幅広い層のユーザーが楽しめるよう、軽量かつ690mmの低シート高とするとともに、車体中央の自然な位置にステップを採用することで、アップライトなライディングポジションを実現している。

エンジンは、ボア×ストロークや排気量で見る限り、250版がCBR250Rのシングル、500版が海外仕様のCBR500Rのツインがベースで、ともに低回転域ではトルクフルで扱いやすく、高回転域では気持ちよく伸び感のある出力特性としている。また、エンジン内部のギアの仕様やマフラーの内部構造を最適化することで、エンジンのメカニカル音や心地良い排気サウンドとパルス感も実現しているという。

「もっと気軽に、手軽にバイクを楽しみたい」そんな思いがデザインコンセプトの“シンプル&ロー”に凝縮されている。
 

レブル500。カラーは2色。「ヴィクトリーレッド」。
レブル500。「マットアーマードシルバーメタリック」。
レブル250。カラーは3色。「マットアーマードシルバーメタリック」。
レブル250。「レモンアイスイエロー」。
レブル250。「グラファイトブラック」。

★HONDA ニュースリリースより (2017年4月14日)

新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売

Hondaは、タフでクールなイメージのスタイリングと、軽量で取り回しやすいサイズの車体に扱いやすい出力特性のエンジンを搭載し、幅広い層のお客様にモーターサイクルライフを楽しんでいただける新型クルーザーモデル「レブル250」と「レブル500」を4月17日(月)に発売します。

今回発売するレブルは、デザインコンセプトを「SIMPLE」「RAW(未加工の素材)」とし、特徴的な形状のフューエルタンクやくびれのあるナロースタイルのフレームボディー、ワイド&ファットサイズの前後タイヤ、ブラックに仕上げたエンジンや各部パーツの採用により、タフでクールなイメージを表現するとともに、自由な発想でカスタマイズを想起させるスタイリングとしました。

車体は、年齢や体格にとらわれず幅広い層のお客様が楽しめるよう、軽量かつ690mmの低シート高とするとともに、ミドルポジションのステップを採用することで、アップライトなライディングポジションを実現しています。

エンジンは、低回転域でもトルクフルで扱いやすく、高回転域まで気持ちよく伸び感のある出力特性を実現。また、エンジン内部のギアの仕様やマフラーの内部構造を最適化することで、エンジンのメカニカル音や心地良い排気サウンドとパルス感を実現しています。
 

●販売計画台数(国内・年間)
レブル250 合計1,500台
レブル500 合計1,000台
●メーカー希望小売価格
レブル250 537,840円(消費税抜き本体価格 498,000円)
レブル250<ABS> 588,600円(消費税抜き本体価格 545,000円)
レブル500 785,160円(消費税抜き本体価格 727,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には、保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません
※レブル500はABSを標準装備
 
=レブル250/レブル500の主な特徴=
●スタイリング
・デザインコンセプトを「SIMPLE」「RAW(未加工の素材)」とし、タフでクールなイメージを表現するとともに、自由な発想でのカスタマイズを想起させるスタイリングを表現。
・レブルを特徴付ける印象的な形状のフューエルタンクを採用。
・ライダーの股下でくびれを持たせたナロースタイル形状のフレームボディーを実現。
・迫力あるスタイリングを演出する16インチのワイド&ファットサイズの前後タイヤを採用。
●車体
・フロントサスペンションにはインナーパイプ径41mmの正立テレスコピックフロントフォークを230mm幅で搭載することで、高い路面追従性と乗り心地の良さの両立を図るとともに、迫力ある存在感を演出。
・リア回りを低く抑えたスタイリングを演出する、コンベンショナルな2本タイプのリアサスペンションを採用。
・シンプルで力強い印象を演出する、φ45mmのパイプ形状スイングアームを採用。
・質感とシンプルさにこだわったφ135mm丸型ガラスレンズのヘッドライトとヘッドライトリムと一体となるデザインのアルミダイキャストブラケットを採用。
・メーターは文字表示部の背景を黒色、文字表示を白としたφ100mmの反転LCDメーターを採用。青色のバックライトによりシンプルな表現と相まってクールな佇まいを演出。
・メインキーの配置は、イグニッションをオンにする所作にもこだわり、タンク下左側の位置に設定。
●エンジン
・レブル250には249ccのDOHC単気筒エンジンを、レブル500には471ccのDOHC直列2気筒エンジンを搭載。低回転域でのトルクフルで扱い易い特性と、高回転まで気持ちよく伸び感のある出力特性を実現。
・スロットルを開ける楽しみを演出するパルス感を表現するため、内部構造を最適化したマフラーを採用。
●カラーバリエーション
・レブル250には「マットアーマードシルバーメタリック」、「レモンアイスイエロー」、「グラファイトブラック」の3色を設定。
・レブル500には「マットアーマードシルバーメタリック」と「ヴィクトリーレッド」の2色を設定。

★主要諸元

車名型式 2BK-MC49〈2BL-PC60〉
レブル250〈レブル500〉
発売日 2017年4月17日
全長×全幅×全高(mm) 2,190×820×1,090
軸距(mm) 1,490
最低地上高(m)★ 0.150〈0.135〉
シート高(m)★ 0.690
車両重量(kg) 168(ABSは170)〈190〉
乾燥重量(kg) -
乗車定員(人) 2
燃費消費率(km/L)※1 46.5〈40.2〉(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)※2
334.1〈27.0〉(WMTCモード値 クラス2-2〈3-2〉 1名乗車時)★※3
登坂能力(tanθ) -
最小回転小半径(m) 2.8
エンジン型式 MC49E〈PC60E〉
水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ〈水冷4ストローク直列2気筒DOHC4バルブ〉
総排気量(cm3) 249〈471〉
内径×行程(mm) 76.0×55.0〈67.0×66.8〉
圧縮比★ 10.7
最高出力(kW[PS]/rpm) 19[26]/9,500〈34[46]/8,500〉
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 22[2.2]/7,750〈43[4.4]/6,500〉
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射装置[PGM-FI]
始動方式★ セルフ式
点火方式★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑油方式★ 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) -
燃料タンク容量(L) 11
クラッチ形式★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.416〈3.285〉
2速 2.250〈2.105〉
3速 1.650〈1.600〉
4速 1.350〈1.300〉
5速 1.166〈1,150〉
6速 1.038〈1.043〉
減速比1次/2次★ 2.807×2.571〈2.029×2.666〉
キャスター(度)★ 28°00′
トレール(mm)★ 110
タイヤサイズ 130/90-16M/C 67H
150/80-16M/C 71H
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク
油圧式シングルディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド

※〈 〉内はレブル500のデータ
 レブル250
 ■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
 *製造事業者/Thai Honda Manufacturing Co., Ltd. 製造国/タイ 輸入事業者/本田技研工業株式会社

 レブル500
 ■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
 *製造事業者/本田技研工業株式会社

 ※1:燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
 ※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
 ※3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます