Kawasaki VERSYS-X 250 ABS試乗

■試乗&文:松井 勉 ■撮影:依田 麗 ■協力:Kawasaki 

 
 東京モーターサイクルショーで、250ccクラスのツーリングモデルが話題だった。ホンダのCRF250 RALLY、スズキのVストローム250、そしてこのヴェルシス-X 250の周りから人垣が消える事がなく何度眺めにいっても、全体が見渡せたことがなかった。関心が高いのが解る。
 ヴェルシス-X 250は、タイで生産される250アドベンチャーモデルで、グローバル戦略車だ。250ccクラスがプレミアムクラスでもあるアジア圏では、質感、装備の充実したクォーター・モデルが多くリリースされている。そのアジアンマーケットの熱波がついに日本にも到来した。

IMG_0305.jpg
ライダーの身長は183cm。写真の上でクリックすると両足時の足着き性が見られます。

 
 ヴェルシス-X 250は、スタンダードとツアラーの2機種展開としている。価格は62万9千640円/68万3千640円と装備により5万4千円の価格差があるが、装備リストを見比べると、ツアラーがバーゲンプライス以外何物でもない事も解る。ツアラーに装備されるパーツをオプションリストから選ぶと、総額11万7千353円にもなるからだ。通販番組じゃないが、お高いんでしょ、と思った次の瞬間、太っ腹だ、カワサキ、となる。しかもこれ、限定じゃない! 夢が広がるプライスだ。
 
 使い方、趣味の違いでこのバイクへの価値観は変わるが、軽二輪は“車検がない、維持費が安い”だけではないポジションを確実に開拓し始めている。
 
 バイク乗りで4輪に無関心、という方も多くはないはず。今やクルマの世界は、ダウンサイジング、プレミアムコンパクトなんて言葉が躍るのが常識。250だってもっと高い価値感を求めても良いはずだ。なので、まずその存在にマルです。
 
 バイクの話になる前にこんな話になるのも、走らせた印象が上質でとても良かったからなのである。

IMG_0272.jpg

 
誇張せず引き締まった外観。

 
 軽い……! 重量は175kgとそれなりなのだが、アドベンチャーモデルだとすると相当に軽い。重心位置が低いのか、スタンドからの引き起こしもさほど重みがない。17リットルのタンクが250ccクラスの体躯に載ると、リッタークラスの大型アドベンチャーモデルのような大容量タンクにも見える。実際にこのサイズなら充分な航続距離を発揮するだろう。
 
 なにより、前輪19インチ、後輪17インチのスポークホイールが、冒険ツアラーらしさを主張する。クロスオーバーではなく、アドベンチャーなんだ、と。
 
 また、フェアリングから続くサイドパネルのデザインなど、面を巧く使った構成で、誇張もせず、しっかりと主張を持たせ、しかもカワサキらしさ、ヴェルシス一族らしさも主張する。跨がると、シート高は815mmに抑えながらも体重をしっかり受け止めるシート、ラバーを貼ったステップ、アップライトなポジションを作れるハンドルバーとのコンビネーションで、アドベンチャーバイクらしいライディングポジションをとることができる。
 
 メーター周りも充実している。ツーリングで気になる航続距離、燃費やトリップカウンターなどから、到着予想時間などをライダーがしっかりマネージメントできる情報源として機能する。それらを複数同時に見られるサイズであることも嬉しい。
 
 眼下にあるタンクからカウルに伸びるパートと、メーター類、さらにその先にあるスクリーン、という視覚的な部分も、しっかりとアドベンチャーバイクしている。かつてあったKLEアネーロあたりとは質量感が明らかに異なり、見事な“フルサイズ感”が漂うのだ。

IMG_0421.jpg

 
エンジンが持つ意外性。

 
 ヴェルシス-X 250に搭載される水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンは、ニンジャ250などと同型だ。キャラクターに合わせて、低中速域のトルク特性を重視した、と説明されている。エンジンの横を通り、最低地上高を犠牲にしないようレイアウトされたエキパイの曲げ方をみても、その特性が高回転依存型ではないことが想像できる。
 
 エンジンを始動する。ファーストアイドルで水温を暖めると、程なく1000rpmほどにアイドリングは落ち着いた。アシスト&スリッパークラッチを備える駆動系の恩恵で、クラッチレバーの操作力は驚くほど軽い。これは疲労軽減に大きくプラスになる。ギアをシフトし、その軽いレバーに掛けていた力を緩めた。
 
 低中速トルクを強化した、とはいっても、排気量は250㏄。ニンジャのように5000rpm以上回さないと何となく力感が出てこず、右手とシフト操作が常に忙しい感じなのだろう……、と予想した。が、ヴェルシス-X 250はまるで300㏄、あるいはそれ以上排気量があるバイクのごとくスルスルと動き出し、3000rpm程度でもしっかりとトルク感がある。2速、3速と繋いでも、グルグルグル、という180度クランクのエンジンらしい音と前へと押し出す駆動力がバランスしている。400ccクラスのようでもある。
 
 しかもスムーズだ。吸排気系のチューニングが功を奏しているだろう。不満のないドライバビリティーだ。5000rpm以上を使わずとも意のままに街中を走る。
 
 市街地での乗り心地はとてもよい。タイヤからサスペンションへの連動がしっかりとあり、フワフワすることなく路面のギャップを吸収している。それでいて、右折、左折レベルからフットワークに一体感もある。250という排気量から想像する軽さはないが、減速→寝かす→アクセル開けて起こすという一連に安定感がある。先述したエンジンのトルクも後ろ盾になり、とても乗りやすい。安定感があって、重ったるくないのが嬉しい。
 

IMG_0392.jpg

 
 そんな市街地からペースの速い高速へと入る。合流からの加速でもとても楽に速度がのる。この頃にはアクセルと加速感を把握しているから、回転計を見ずとも、あえてシフトダウンせずともヴェルシス-X 250が走ってくれる、という連帯感が芽生えていた。
 
 80km/hまで速度を上げ、巡航する。ウインドプロテクションは高く快適。エンジン音が心地良く聞こえる。当日は天候の関係か、横風も吹いたが、その影響も気にならない。車体全体で生み出す安定性がクルージングを快適にしてくれている。
 
 100km/hにペースアップしても、その印象は同様だった。パワーとトルクが重なり、この速度なら何処まででもいけそうだ。そんな場面でやってくるカーブでの走りも良い意味でどっしりしていて、安心だ。250にしては、とか250だからその辺はガマン、という部分を感じない。これは大人の趣味材として大切なポイントだろう。
 
 今回、タンデムや荷物を積載してのテストは出来なかったが、この性格のエンジン、シャーシなら意外と愉しめそうな予感がする。余裕しゃくしゃく、という程でもないが、あとはやる気次第、という気分になれた。なにより嬉しかったのは、余裕のなさにイライラすることがなかったことだ。
 
 ヴェルシス-X 250なりのペースを掴めば、文字通りどこまでも、何処へでも一緒に走る相棒になるに違いない。あとはこのバイクに合わせたどんなプランを描くかだろう。
 
(試乗:松井 勉)

1000、650があるヴェルシスシリーズに加わった250Xのホイールは前後ともスポークホイール。しかも前後17インチの兄貴分達に対し、フロントは19インチを採用する。未舗装路をしっかり意識した仕様だ。兄貴分がクロスオーバーなら、ヴェルシス-X 250はアドベンチャーモデルと言える。フロントフェンダーも、オフ系タイヤを履いてもクリアランスが採れるよう配慮。φ41mmのインナーチューブを持つ正立フロントフォーク。そのストロークは130mm。ブレーキはφ290mmのペタルディスクと2ピストンキャリパーを組み合わせる。
ニンジャ250と同型の水冷DOHC4バルブの並列2気筒エンジンを搭載。スリーブレスのアルミダイキャスト製シリンダーと、部分的にハードアルマイトを施したピストンでフリクションロスを低減。吸排気系にもキャラクターに合ったチューニングを施す。メインバルブの他にサブスロットルバルブの装備し、スムーズなエンジン特性を生み出すようにしたほか、60マイクロメートルという微粒子を噴射するインジェクターにより、その特性は250離れした質感を持つ。2 into 1のエキパイはステンレス製。集合前に距離を稼ぐように曲げられた姿はニンジャ、Z系よりも大胆。また、地上高を稼ぐためにエンジン横に取り回されているのも特徴だ。
リアの足周りは17インチのスポークホイールを履く。プリロードアジャスター調整を持つガスショックはユニトラックのリンケージを介して取り付けられる。そのストロークは148mm。130 / 80-17というサイズのリアタイヤを履く。リアブレーキはφ220mmのペタルディスクと2ピストンキャリパーの組み合わせだ。サイレンサーもしっかりとしたヒートシールドを持ち、パッセンジャーの足元に熱がこもらないような設計を施している。
たっぷりとしたサイズ感を持つシート。815mmのシート高ながら、乗り心地、足着き感ともに良好。座面が広く、タンデムライダーとの距離感も充分にとれそうだ。シートはキーで取り外し可能。シート下には小物入れが備わる。また、オプションでハイシート(25mmアップ)を用意するのも国内では異例。足付きに問題がなければ、ロングツーリングでは膝の曲がりが軽減する分、疲れが軽減されるだろう。
グラブバーも兼ねるリアキャリアサポートは、その長さからどこでもつかめそうで重宝しそうだ。テールキャリアは天板式。トップケース装着へのアクセスがよさそうだ。また、ループ形状の荷掛フックが備わる点も長旅仕様のこのヴェルシス-X 250ならでは。フック付きのストレッチコードでも、タイダウン式のベルトでもしっかり使えそうだ。 灯火類はコンベンショナルな電球式を採用。
アドベンチャーモデルとして必要な情報をしっかり伝えてくれるメーター類。ギアポジション、時計、速度、燃料計、水温、オド、デュアルトリップ、ガソリン残量での航続可能距離、瞬間/平均燃費、さらにはECOドライブインジケーター……。ここだけなら兄貴分にも比肩するし、リッタークラスのアドベンチャー並の情報共有力を持つ。ETCインジケーターもあらかじめプリインストールされている。左の●は、パワープラグ(ツアラーには標準、STDではオプション)。私感だが、車検がない、維持費が安い、価格が安いも250ccクラスの役割だが、キャラによって、ダウンサイジングを求める層が増えそうな今、しっかりとした価値観で満たす手腕も問われているように思う。 快適性の要、スクリーンと、ボリューミーなフロントセクション。走行風圧の低さはもちろん、静かも手に入る。同時にエンジンの音も純度良く耳に届くのが解った。
●VERSYS-X 250 ABS 主要諸元
■全長×全幅×全高:2,170×860×1,390mm、ホイールベース:1,450mm、最低地上高:180mm、シート高:815mm、最小回転半径:2.5m、車両重量:175kg■エンジン種類:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ、総排気量:248cm3、ボア×ストローク:62.0×41.2mm、圧縮比:11.3、最高出力:24kw(33PS)/11,500rpm、最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/10,000rpm、燃料供給装置:フューエルインジェクション、始動方式:セルフ式、点火方式:バッテリー&コイル(トランジスタ点火)、燃料タンク容量:17L、クラッチ形式:湿式多板、変速機形式:常時噛合式6速リターン■フレーム形式:ダイヤモンド、キャスター:24.20°、トレール:108mm、ブレーキ(前×後):φ290mm油圧式シングルディスク × φ220mm油圧式シングルディスク、タイヤ(前×後):100/90-19M/C 57S × 130/80-17M/C 65S、懸架方式(前×後):テレスコピック式 × スイングアーム式
■メーカー希望小売価格 629,640円(税込)

| 新車プロファイル『VERSYS-X 250 ABS』のページへ |

| |