GSX-S750 ABS 969,840円(3月30日発売)

★GSX-S750 ABS 車両解説

スズキのストリートスポーツ“GSX-S”シリーズに750が誕生

2015年のモーターサイクルショーで国内デビューし、多くのバイクファンの注目を集めたスズキの新型スポーツモデル、GSX-S1000 ABS/S1000F ABS。スーパースポーツ、GSX-R1000をベースとしたエンジンを、これまたGSX-R1000をベースにさらに開発を進めたフレームに搭載し、“GSX-R”というサーキット指向のスーパースポーツに対して、こちら“GSX-S”はワインディングを制する「高揚感のある加速と走りを楽しむ」ことに焦点を当てたストリートスポーツとして人気を集めてきている。

その“GSX-Sシリーズ”に第二弾として750の弟分が登場した。昨年のインターモトでデビューして以来、多くのファンが待ちに待った発売だ。

低く構えたアグレッシブなスタイリングや、スーパースポーツモデル“GSX‐R750”(海外向けモデル)ゆずりのパワーとスムーズなスロットルレスポンスによる爽快な走りを特長とするという。高出力ながら一般公道での扱いやすさを追求した直列4気筒DHOC4バルブ749ccエンジンを搭載。3段階から選択可能なトラクションコントロール、ラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどを採用。また、スポーティーな印象を与えるペータルブレーキディスクや、力強さを感じさせるテーパー形状のハンドルバーも装備している。

GSX-S750 ABS。カラーは3色。「「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」。
GSX-S750 ABS。「パールミラレッド」。
GSX-S750 ABS。「マットブラックメタリックNo.2」。

★SUZUKI ニュースリリースより (2017年3月17日)

スズキ、GSX‐Sシリーズの
新型モデル「GSX‐S750 ABS」を発売

スズキ株式会社は、ストリートスポーツバイクのGSX‐Sシリーズに750ccの新型モデル「GSX‐S750 ABS」を追加し、3月30日より発売する。

「GSX‐S750 ABS」は、2016年10月にドイツ・インターモトで発表したモデルで、低く構えたアグレッシブなスタイリングや、スーパースポーツバイク「GSX‐R750」(海外向けモデル)ゆずりのスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを特長とする。

「GSX‐S1000」に次ぐ、GSX‐Sシリーズの新型モデルとして、一般公道での扱いやすさを追求した高出力の749cm3エンジンを搭載し、3段階から選択可能なトラクションコントロール、ラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどを採用した。また、スポーティーな印象を与えるペータルブレーキディスクや、力強さを感じさせるテーパー形状のハンドルバーを装備した。

●「GSX‐S750 ABS」の主な特長
エンジン
・一般公道での扱いやすさを追求した高出力(最高出力83kW/10,500rpm、最大トルク80Nm/9,000rpm)の749cm3直列4気筒エンジンは、「GSX‐R750」ゆずりの高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを実現。
・ 発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度等の情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進・停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上。
・ 平成28年国内新排出ガス規制に対応。
 
デザイン
・GSX‐Rシリーズ直系エンジンを搭載したストリートスポーツバイクのGSX‐Sシリーズに相応しい、低く構えたアグレッシブなスタイリング。
・「GSX‐S1000」と共通イメージの躍動感あふれるラインと、牙を模したポジションランプを装備したヘッドランプスタイル。
・前後輪に花弁形状のペータルブレーキディスクや10本スポークのアルミ製キャストホイール、新パターンのブリヂストン社製タイヤを採用し、強力な制動力を発揮するラジアルマウントフロントブレーキキャリパーや新設計のスイングアームを装備するなど、スポーティーな印象を与える足回りで「走りの質感」を表現。
・ハンドルが固定される中央部を大径化したテーパー形状により力強さを感じさせるハンドルバー。
・車体色は、黒/青「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」、赤「パールミラレッド」、黒「マットブラックメタリックNo.2」の3色を設定。
 
装備
・3段階から選択可能なトラクションコントロールは、前後輪の速度、スロットルポジション、クランクポジション、ギヤポジションの各センサーの情報により、リヤタイヤのホイールスピンを検出した際、速やかにエンジン出力を低減。エンジン出力をより効率よく路面に伝達することが可能となり、より快適なライディングを楽しめる。※1
・前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。※2
・スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、ECMがスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。また、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能とした。
※1 トラクションコントロールは、あらゆる条件下で後輪のスリップ(スピン)を完全に制御したり転倒を防止したりするものではありません。
※2 路面状況(濡れた路面や悪路等)によっては、ABSを装着していない車両よりも制動距離が長くなる場合があります。また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。
●年間目標販売台数
400台
 
●メーカー希望小売価格
「GSX-S750 ABS」、969,840円
※ 価格(リサイクル費用を含む)には、保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う費用は含まれない。
 
●発売日
2017年3月30日

★主要諸元※1

車名型式 2BL-C533F
GSX-S750 ABS
発売日 2017年3月30日
全長×全幅×全高(m) 2.125×0.785×1.055
軸距(m) 1.455
最低地上高(m) 0.135
シート高(m) 0.820
車両重量(kg) 212
乾燥重量(kg) -
乗車定員(人) 2
燃費消費率(km/L)※1 29.3(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)※2
20.1(WMTCモード値 クラス3-2 1名乗車時)※3
登坂能力(tanθ) -
最小回転半径(m) 3.0
エンジン型式 R749
水冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ
総排気量(cm3) 749
内径×行程(mm) 72.0×46.0
圧縮比 12.3
最高出力(kW[PS]/rpm)※6 83[112]/10,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)※6 80[8.2]/9,000
燃料供給装置形式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑油方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量(L) 3.90
燃料タンク容量(L) 16
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.785
2速 2.052
3速 1.681
4速 1.450
5速 1.304
6速 1.148
減速比1次/2次 1.857/2.529
キャスター(度) 25°
トレール(mm) 100
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C 58W
180/55ZR17M/C 73W
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク ABS
油圧式シングルディスク ABS
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド

※1 燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
 ※2 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
 ※3 WMTCモード値は、発進・加速・停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。