レジェンドの競演、沖縄初上陸!JAPAN MASTERS of MOTOCROSS

モトクロスレジェンドの祭典、ジャパンマスターズが、心躍る初めての沖縄遠征。2月25~26日、名護市のイマナゴクロスフィールドで開催された『沖縄セルラープレゼンツ オールスターモトクロスin沖縄』にエキシビション併催された。本州、四国、九州から、そして雪の北海道からオキナワに集結したレジェンドたちは、レースはもちろん、グルメに観光にと終始全開、南国でのヴァカンスMXをファンや家族、仲間と満喫した。

 元スズキファクトリーライダーの沖縄レジェンド、オールスターモトクロスの主催者として3年目を迎えた松田強氏が、「オールスターにマスターズを入れましょう。沖縄のファンも喜びます、ぜひやりましょう!」と誘致し実現した、今回の併催。元全日本チャンピオンの光安鉄美選手(59歳)、伊田井佐夫選手(60歳)、国際A級で活躍した源治篤選手(57歳)、漆原雅利選手(51歳)、藤城光雄選手(44歳)、さらに元国際B級など44歳から68歳まで全国から15人のレジェンドが参加した。マシンの事前輸送や飛行機での移動など、ジャパンマスターズ始まって以来の大がかりな遠征となったが、そこは百戦錬磨の大御所たち、暖かい沖縄で思いきり走って、何歳になっても楽しいモトクロスをアピールしよう、存分にファンと交流しよう。そしてレースのあとは飲んで食べて遊んで・・・と旅の計画も全開だ。

 レースは午前と午後、15分プラス1周の2ヒート制でおこなわれ、年代別に+40・+50・+60の3クラスでの混走で、雨にもかかわらず会場は1600名のファンでにぎわった。トップバトルで盛り上げたのは伊田選手と松田選手。他ライダーも泥しぶきの中、トップの2人を激しく追いかける。山中に広がったコースは大ジャンプやロングストレートでスピードが乗り、アップダウンと逆バンクコーナーのテクニカルセクションもあって走り応え、見応えともに最高。伊田選手の鮮やかなホールショットシーンが、あえて30年前のウェアに身を包んだ光安選手の洗練の走りが、かつての80年代オールスターモトクロスをフラッシュバックさせた。時代を経て年齢を重ねたレジェンド達の、今も驚くばかりに達者な走り。大好きなモトクロスを年齢相応に走り続ける、それが最高に楽しい、とレジェンド達は笑った。

86年チャンピオンの伊田井佐夫選手、オールスターIA1クラスにも参戦して計4ヒートを走る。「大丈夫、1日4ヒートはワールドVETでも毎年走っている。マディじゃなければもっと攻めたけど」とクール。 オールスター主催の松田強選手が多忙な中きっちり参戦してトップバトルを見せた。沖縄からモトクロスを発信し、NPO法人こども二輪安全運転振興会の理事として交通事故をなくす活動に邁進する。
北海道を代表するレジェンド源治篤選手は、雪の大地から5台のレジェンド仲間と大応援団と共に遠征。「2月に土の上でモトクロスができるのは最高!」 南国でのひとときを目一杯楽しんでいた。 元チャンピオンの光安鉄美選手が家族旅行を兼ねて参戦。その昔沖縄のレースで履いた革パンツのヤマハウェア姿で会場を盛り上げた。何より当時のウェアが着れる体型が羨ましい!との声多し。
レース日は雨、ライダーはマディとの闘いだった。とにかくコース一周全部が滑るし泥は飛んでくるし目は見えないしマシンは重いしで大変極まりないがこれがモトクロス。問答無用でアクセルを開ける。



+40クラス 1位:松田強 2位:大内健八。プレゼンターはミス名護桜の女王。 +50クラス 1位:漆原雅利 2位:清水政徳 3位:源治篤 +60クラス 1位:伊田井佐夫 2位:斎藤修 3位:古川正昭
恒例のマスターズトークショーもおこなわれ、現在のモトクロスライフや元気に走り続ける秘訣などを披露した。最後はファンの皆さんと一緒に記念撮影。沖縄県外から観戦に来たファンも多かった。
今回ジャパンマスターズが併催された『オールスターモトクロスin沖縄』のメインレースは、インターナショナルオープンのIA1・IA2・IBオープンクラス。ここにはファクトリーチームを始め、全日本モトクロス現役トップライダーが参戦した。TeamHRCの成田亮選手がオールスターで待望の初総合優勝、2位にチームメイトの山本鯨選手、3位はチームグリーンの小方誠選手。4月に開幕する全日本モトクロスの前哨戦ともいえる大会で、ライダーたちは「開幕へ向けて収穫の多いレースだった」とコメント。



レース後の夜はライダー、スタッフ、スポンサー、家族など全員参加の盛大なパーティが那覇市内で開かれた。沖縄民謡のライブの中、あちこちで乾杯の音頭が繰り広げられ、順にステージに上がりレースの感想や自己アピール。昼間のレース実況に加えて宴会MCも大活躍は往年のアナウンサーみし奈昌俊さん、ここでもさすがの進行話術で盛り上げた。



レース場ではなかなか見られないライダー達の素顔。松田氏に紹介を受けた成田選手はオリオン生ビールをピッチャーごと空ける覚悟の顔。昼間は観戦していたレジェンド鈴木都良夫さんの貴重な鍋奉行姿。そして何となくお笑い番組ふうは松田氏、藤城氏、大内氏のマスターズ+40トリオ。モトクロスはレース後の打ち上げで飲み明かす体力も必要らしい。



今大会が開催されたイマナゴクロスフィールドは名護市街に近く、宿泊や観光のアクセスも抜群だ。一度は訪れてみたい美ら海水族館(海洋博公園)にも気軽に行ける距離で、海も山も豊富な観光ポイントが多く沖縄グルメも美味い。皆さんも沖縄旅行を兼ねたモトクロス観戦、参戦を計画してみては?

[へ]