Ninja 400 ABS Special Edition 740,880円(10月15日発売)

★カワサキ Ninja 400 ABS Special Edition 車両解説

Ninja 400 ABSのスペシャルエディションが2017年モデルに

2010年8月に発売開始されたカワサキの新ミドル・スポーツ、Ninja 400。初代Ninja 400は、スズキのグラディウスなどとともに我が国の「ヨンヒャク」クラスを再び盛り上げるべく、カワサキが放った戦略マシンだった。「ニーゴー」クラスのフルカウルスポーツを見事復権させたNinja 250ほどには支持を得ることが出来なかったが、中型クラスの定番マシンとしての地位を着々と築き上げてきている。

基本的には、一足早く海外向けの2006年モデルとして発売されたER-6nとNinja 650R(ER-6F)の関係と同様で、フルカウルバージョンのNinja 400RとノンカウルバージョンのER-4nをラインナップし、多くのユーザー層をカバーする計画だった。翌2011年9月には、初のイヤーモデルとなる2012年モデルを発売している。といってもカラー&グラフィックの変更のみで、価格、諸元に変更は無し。そして2012年10月にもカラー&グラフィック変更のみで2013年モデルへと発展。

そして3年目の2013年12月にフルモデルチェンジが行われ2代目となった。ただ新型となったのはカウルスポーツ版のNinja 400のみで(またNinja 250同様、車名から“R”の文字が外された)、ノンカウル・バージョンのER-4nは継続販売とされた。

デザインは初代のNinja 400Rのコンセプトを忠実に引き継いでおり、大型の二眼ヘッドライトを装備するフルカウルからテールにかけて“Ninja”一族のアグレッシブなイメージも守りながら、右サイドにオフセットされたモノサスをアクセントとして押し出すなど、旧モデルからの個性的なデザインDNAを発展させている。

Ninja 400のSpecial Editionは、2014年4月にラインナップに加わったモデルで、エボニーとフラットカーボンによるニューカラーに、カーボン転写のカウル類やヘアライン柄のピボットカバーなどが採用されたモデルだった。

2015年2月に、Ninja 400本体がカラー&グラフィックの変更によって2015年モデルへと発展したのに合わせて、Ninja 400 ABS Special Editionもカラー&グラフィックの変更を受けて2015年モデルとなった。カラーは、Ninja 400 Special Editionと同一で、キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック(GRN)というライムグリーン系の1色のみ。ちなみにベーシックモデルのNinja 400からのカラー以外の変更点は、専用エンブレム、とタンクパッドの追加、そしてABS(アンチロックブレーキシステム)の装備など。

今回は、本体のNinja 400のカラー&グラフィックチェンジに合わせて、Special Editionのカラーもメタリックグラファイトグレー×メタリックスパークブラック(GY2)へ変更された。

Ninja 400 ABS Special Edition。カラーは“メタリックグラファイトグレー×メタリックスパークブラック”(GY2)の1色。
2017年モデルのNinja 400 ABS Special Edition。ゴールドのエアアウトレットや、トライバル模様がポイントに。

★KAWASAKI プレスリリースより (2016年9月15日)

2017年モデル Ninja 400 ABS Special Edition 新発売のご案内
モデル情報
車名(通称名) Ninja 400 ABS Special Edition
モデルイヤー 2017
マーケットコード EX400FHF
型式 EBL-EX400E
発売予定日 2016年10月15日
型式指定・認定番号 17579
メーカー希望小売価格 740,880円
(本体価格686,000円、消費税54,880円)
カラー(カラーコード)メタリックグラファイトグレー×メタリックスパークブラック(GY2)
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
【Ninja 400 ABS Special Edition】

爽快なツーリングパフォーマンスと独創のフルフェアリングスタイルが人気のNinja 400。コンパクトな水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンを搭載し心地の良い加速感に加え、ダイレクトなスロットルレスポンスを提供しています。また、ダブルパイプぺリメターフレームはシャープなハンドリングを実現し、アジャスタブルウインドスクリーンが頭部に当たる風圧を軽減。スポーツツアラーに相応しい高い快適性と走行性能を獲得しています。フロントカウルにはマルチリフレクターのデュアルヘッドライトを装備し、アグレッシブなイメージを強調。シャープなデザインのLEDテールランプとショートタイプのテールカウルがスリムで軽快なリヤビューを演出しています。スーパースポーツスタイルの6スポークホイールはバネ下重量を軽減するだけでなくスポーティなルックスにも貢献。他にもパニアケースやシングルシートカバーキットなど好みのスタイルに合わせて選べるアクセサリーも充実しています。

■2016年モデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更
■スタンダードモデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更
・ABS(アンチロックブレーキシステム)の装備
※性能及び諸元に変更はありません。
※当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場、Kawasaki Motors Enterprise(Thailand) Co.,Ltd(KMT)で日本向けに生産された車両です。

★主要諸元

車名型式 EBL-EX400E
Ninja 400 ABS Special Edition
発売日 2016年10月15日
全長×全幅×全高(m) 2.110×0.770×1.180
軸距(m) 1.410
最低地上高(m) 0.130
シート高(m) 0.805
車両重量(kg) 211
乾燥重量(kg) -
乗車定員(人) 2
燃費消費率(km/L)※1 37.5(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)※2
24.0(WMTCモード値 クラス3-2 1名乗車時)※3
登坂能力(tanθ) -
最小回転半径(m) 2.7
エンジン型式 -
水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ
総排気量(cm3) 399
内径×行程(mm) 68.4×54.3
圧縮比 11.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 32[44]/9,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 37[3.8]/7,500
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射装置
始動方式 セルフ式
点火方式 電子進角式トランジスタ
潤滑油方式 セミ・ドライサンプ
潤滑油容量(L) 2.3
燃料タンク容量(L) 15
クラッチ形式 湿式多板
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.000
2速 2.166
3速 1.640
4速 1.360
5速 1.192
6速 1.040
減速比1次/2次 2.095/3.066
キャスター(度) 25°
トレール(mm) 110
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C 58W
160/60ZR17M/C 69W
ブレーキ形式 φ300mm油圧式ダブルディスク
φ220mm油圧式シングルディスク
懸架方式 テレスコピック式(インナーチューブ径41mm)
スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。
 ※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
 ※3:WMTCモード値とは、発進・加速・停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
 ※改良のため、仕様および諸元は予告なく変更することがあります。