こどもの日、だけどオトナだけのモトクロス! ジャパンVET みんなで祝う10周年
■文・写真-高橋絵里
■開催日:2016年5月5日 
■会場:埼玉県ウェストポイント モトクロスヴィレッジ 
■主催:ウェストポイント  
■スーパーバイザー:伊田井佐夫(KAMIKAZEスポーツ )
■協賛:アールケージャパン ・アルファスリー ・アンリミットモトフィールド榛名・磯貝鮮魚店 ・井上ゴム工業 ・ウォースペイント ・エーエヌディーウェア ・エヌ・イー ・エムズ・円陣家至高油類商 ・久保守・GROWER’s CUP ・CKデザイン ・ジャペックス ・SHOEI ・ダートアクツユニオン・大地・大同工業 ・田村充宏・テクニクス ・バイクショップハラグチ ・ブリッツシュネル ・フルカワグリーンシャドウ ・プロストック・プロテクタ ・ホーリーエクイップ ・ホンダシーエス・松建・陽和組・ヨコヅナレーシング・ラフアンドロード 

 数あるレースイベントの中では、ジャパンVETは間口が広いというか自由度が高いというか、独特のゆったり加減が特徴で、とにかく30歳以上なら誰でも出れる。車種も排気量も自由、もちろんライセンスも要らない。100ccも500ccもいれば、ライト付きのエンデューロバイクもいる。4スト450だから速くてズルイとか、マシンの年式が古いからどうしても勝てないとか、そういうことは誰も言わない。経験の浅い人はノービスクラスに、長年走っていてもぼちぼち行きたい人はインターミディ(中級)クラスに、かつての選手権経験者はエキスパートクラスに。そして日本のモトクロス史を築いたレジェンドを対象とするVETクラス。年齢も10歳きざみになっているので、自分にぴったりのクラスが必ずある。さらに日本で人気のミニモト、2サイクルだけのスーパー2、年式限定のビンテージの3クラスが特設され、ダブルエントリーも、懐かしいマシンを観る楽しみも増える。

よくコース整備されたモトクロスヴィレッジはベテランにも優しいレイアウト。同年代、同レベルでの競い合いは熱い、でもムチャはしない。オトナですから。すべては終わって飲む美味いビールのために。
第1回から司会進行を務める中尾てっぺー省吾氏。何十年も前のモトクロス界を現場取材で知っているだけに、細かいアドリブが冴えわたる。 多くのレジェンドも参加してサンデーライダーと交流。元ブリヂストンファクトリーライダー、デナシオン(現ネイションズ)日本代表に全日本チャンピオン、現MCFAJ理事長79歳など豪華な顔ぶれだ。揃いの記念Tシャツには故・佐藤健二さんのライディング姿がデザインされていた。
恒例のレジェンド表彰、今年は元ヤマハワークスの田渕武さん51歳が受賞。写真展示やトークライブがおこなわれ、田渕さんは奥様のアリーンさん、お子さんの健太郎君と真由美ちゃんと一緒にステージ上へ。現役時代のマシン開発やアメリカのレースの思い出などを語り、午前のVETクラスではぶっちぎりのトップ走行も披露した。
何歳になっても走り続ける。それでいいのだ。
そっと差し出されたパラソルの日陰がうれしい。 キテル後ろ姿は伊田井佐夫さん、娘さんがサポート。
お孫さんが『大好きなブンブンじいちゃん』の応援に。おじいちゃんはブンブン張りきったらしい。

コウエイ君5歳・ユウイ君3歳。お父さんはCRF乗り。バイク好きもめでたく遺伝した。
SPLオイルの円陣家至高油類商(えんじんやしこうゆるいしょう)ブースでは、チェーンオイルサービスを実施。注射器でひとつずつ注入するきめ細やかさ。 コーヒーのGROWER’s CUPが出店協賛。袋の中にコーヒーとフィルターがセット済みで、お湯を入れたらそのまま注げる手軽さと香り高い味わいが人気だ。
30歳から83歳まで、北は北海道から、南は沖縄から、120台が10年目のジャパンVETで全開を楽しんだ。そしてこのごろは「ぜひ関西でもやってほしい」「中部でも開催したい」など日本各地でVETイベントの企画が盛り上がっている気配。オジサンたちは元気なのだ。いつまでもモトクロス、若さと健康にモトクロス!

初出場の人もお馴染みの顔も、笑顔がイケテルVETライダー!

「僕に垣根はありません」
サト兄さん インターミディ+40クラス from北海道
「レジェンドが身近なイベント」
栗原さん ヴィンテージクラス from埼玉県
北海道ではHTDE(日高2デイズエンデューロ)の主要スタッフをするエンデューロ歴20年以上のベテランが念願のジャパンVET初出場。KTM250EXCで「ボクに(エンデューロとモトクロスの)垣根はありません!」と、この日はスプリントの非日常を堪能した。 かつて23歳まで選手権を走り、ブランクの後41歳から再び走り始めたという元国際B級のリターンライダー。「80年代当時、伊田さんのファンでした。ジャパンVETは懐かしいレジェンドライダーの走りを見たり、ヴィンテージクラスで一緒に走るのが楽しい」
「沖縄にも遊びに来てくださいネ」
松田 強 さん VET+40クラス from沖縄県
「初心者同士のバトルが楽しい」
仙野さん ノービス+30クラス from東京都
ツヨッチことレジェンド松田強さん、沖縄では名護にある『イマナゴクロスフィールド』のオーナーとしてモトクロスや4輪バギーのコースを整備、3月のMFJ特別競技会『オールスターモトクロスin Okinawa』を開催するなど、モトクロス活性化に大活躍の日々。 友人に誘われたのがきっかけでモトクロス歴は4年の仙野さん。「月イチくらいで走ります。ジャンプを飛んだり、激しい走りが面白いし、いいトレーニングにもなる。ジャパンVETは3回目で、僕のような初心者でも同レベル同士で走れるのは気がラクですね」
「自分を追い込む!爽快感」
青山さん エキスパート+60クラス from静岡県
「今年の初レース、楽しみました」
布谷さん ノービス+50クラス from東京都
モトクロス歴30年の大ベテランは、日頃は浜松の竜洋テストコース(スズキオーナーの特権)でRMZ450を走らせる。「モトクロスは普通じゃちょっと味わえない、自分を追い込む!感じが魅力。ジャパンVETで同年代と走ると、みんな速いし上手いよ!」 ジャパンVET初参加の布谷さんは、ブリヂストンモーターサイクルタイヤ㈱の営業マン。フサベルFE450も目立っていた。「もっとレースレースした雰囲気かなと思ったら意外とユルイ感じで誰でも出れるし、たとえばレースデビューにも向いているイベントですね」
「若さの秘訣はモトクロス」   
廣木さん スーパー2クラス from東京都
「飾っておかないで走ろう、と」
玉澤さん ヴィンテージクラス from北海道
18歳から始めてモトクロス歴は35年のベテラン廣木さん。「レース内容も全体の雰囲気も、自分の年齢に合っているイベント」と2ストYZ250を走らせる。「モトクロスは若さを保つための良い運動です」とアンチエイジング効果の見本のような若々しさでした。 ピカピカの78年型KX250は「もったいなくて長年ずっと飾っていたんですが、せっかくだから走らせようよと仲間に誘われて」往年の旧車ファンは還暦の記念にジャパンVET初参加。デラックスなキャンピングカーと共に小樽からのフェリーで遠征してきた。
「ゆったり まったりムードがいいネ」
ボブさん インターミディ+50クラス・スーパー2クラス from千葉県
毎年見るこの笑顔はジャパンVETリピーター大賞のボブさん。「無理せず走れる、ケガなく楽しめる、ゆったり、まったりした雰囲気がいいですねぇ」と絶賛、ジャパンVET宣伝大使を任命したいほど。ところでどうしてボブさんで、ゼッケン500番なんですかと、うっかり聞いたら待ってましたとばかりの解説が。「ボブはボブ・ハンナ(70年代アメリカンレジェンド)から。そしてあれは1996年のこと、新幹線が初めて時速300kmの営業運転を実現し、ギネスにも認定された。それが新幹線500系!私のゼッケンはこの500系から。先週オープンした京都鉄道博物館にも早く行きたーい!」そうで、この日も500系のごとくズバーンと駆け抜けみごとクラス優勝、おめでとうございました!

[へ]
[へ]