2015EICMA_03.jpg

いよいよ現地時間19日(木)からEICMA/ミラノショーの一般公開が始まりました。それより前の2日間はプレスデイ。報道関係者と出展社の関係者のみが入場できる限定公開日なのですが、通常プレスデイ2日目はグッと人が増え、関係者以外!?的な人が増えます。
■取材レポート:河野正士

 それにしても、今年は昨年よりもそういった人が増えた印象。ブース間を移動するのも写真を撮るのも大変なのでした。もちろん、一般公開日以降は、もっともっともっと、大変になるのですが……。
 またプレスデイ初日は主要二輪メーカーがプレスカンファレンスを行うため、それ以外の個別インタビュー&取材的なモノがプレスデイ2日目に行われることが多いのです。なので、その関係でバタバタしながら、なのに知り合いに会うと“アレ見た?”“何が気になった?”“コーヒー飲まない?”みたいに、雑談も増えてきます。これはこれで、いろんなお国事情を踏まえた話が出来るのもEICMAのような大規模国際モーターサイクルショーの楽しみなのです。
 
 てなわけで、今日はこのアタリで! 詳細は帰国後にたっぷりとお伝えしたいと思います。おしゃべりが過ぎて、仕事が進められなかった言い訳です。はい、スミマセン。Ciao, Ciao!!!!

ph01_IMG_6888.jpg
緑のカスタムマシンは、エンジェル・ルッシアーナ氏が率いるLUSSIANA DISEGNO/ルッシアーナ・デゼニョがデザインを手がけたカワサキH2ベースのカスタムマシン“H2LD”です。話を聞いているので、後日詳しく。
ph02_IMG_7658.jpg
新型ムルチに群がる叔父さま方。やいのやいのと騒がしく、中学生か!?と突っ込みたくなる衝動を何とか抑えました。でも、こういった光景がEICMAの風物詩でもあります。
SHOWAのブースにやってきたカワサキのWSBKワークスライダーで2015年のチャンピオンのジョナサン・レイとトム・サイクス。 SHOWAさんは、公道走行可能な高性能前後サスペンションを一般ユーザー向けに販売するそうです。コチラも詳細を、帰国後じっくりレポートします。
(編集部注:SHOWAは、来年度から一般ユーザーに販売するオプションパーツの第一弾となる公道用として最高峰の性能を持つサスペンションキットをEICMAで初公開。これらの製品は「Balance Free Front Fork(BFF)」や「Balance Free Rear Cushion lite(BFRC lite)」技術を取り入れ、各社のスポーツバイクにオプションパーツとして提供する予定だ。また、’16ZX-10R ABS、’17GSX-R1000には標準で装備される)
___1x1_spacer.jpg ___1x1_spacer.jpg ___1x1_spacer.jpg
クラシック系ヘルメットとカスタムバイクは欧州でも人気です。
カスタムバイクのシートに、刺繍で「南無妙法蓮華経」。意味は分かっていると思います、確認はしてませんが。


| |
| |