編集部ブログ 勝島部屋から

編集部ブログ 勝島部屋から

※編集部宛のメールはこちら「[email protected]」へ。

2018年1月27日 

冬のバイクは本当に厳しい

- Noah Sellen @ 7:12 AM

寒波ですってよ。

10月末ごろからやたら寒くて「今年は厳しいぞ~」なんて思っていたら、年明けてしばらく穏やかだったじゃない? 東京では梅が開花、なんてニュースがあって、あれ、今年の冬はもうオシマイかなぁ、なんて思っていたら……とんでもない。スゲー寒いですね。

 

大雪の日は軽トラにバイクを積んで取材に出ていて、雪が降ってきたときに、でもまぁ、たいしたことないだろう、なんてタカをくくって室内で作業していたら、いざ帰ろうと思った4:30ごろ、もう軽トラはお店から道に出ることもできませんでした。侮ってたなぁ。結局電車で帰って、翌々日にまた車&バイクを取りに行かなきゃいけないという二度手間。やれやれ。

 

降った翌日は家の周りは20センチぐらい積もった感じで、当然車も出せず家に閉じこもり。ちょっとぐらいは楽しまないと、とブロンコを引っ張り出しました。やっぱりオフ車は一家に一台! アブネーアブネー! なんて言いながら雪の中をぐるぐるして、息が上がって手先の感覚がなくなった頃にさっさと家に入って熱いコーヒーを飲みました。正しい雪の遊び方でしょう!

 

 

先月号の取材先で「電熱ウェア」を使えば冬のツーリングは全く苦じゃなくなる、という話しを聞きました。なるほどねー。確かにそうかもしれないけど、今回の寒波はそもそも外に出ようとか、バイクに乗りたいとか、そういう気持ちを根っこから枯らすほどです。

こんな中バイクに乗ろうというモチベーションを持ち続けるのは、けっこう難しいよね……。首都圏に住んでた時は日々の移動の手段としてどこに行くにも快適で渋滞しらずのVストロームに乗っていたけれど、田舎だとそもそも渋滞がないからどうしても軽トラででかけちゃう。二輪雑誌業界の若手代表で、最近までは「季節なんて関係ないっすよ、バイクは毎日乗ってます」なんて言ってたのに……お恥ずかしい。たいした防寒もせずにサッと乗れて荷物も詰めて目的地に行けちゃう軽トラはやっぱり便利。

なんだかね、こうなってくるとバイクに対する考えかたというか、僕が今まで持っていたポリシーみたいなものが揺らいできますよ。ポリシーを揺らがせるほどの寒波です。

 

そんな中、先日次号特集の撮影をしてきました。ちょっと明かすと、巻頭はナナハンかな。だけどナナハンと言っても、「その組み合わせ、考えたことないナァ!」というもので比較試乗は面白かったですよ。寒かったけど!

 

よし、春に向けてアイツの車検をとる準備をしよう。木々のつぼみが膨らんでくると「その気」になってきますね。それまでは日陰のアイスバーンに気を付けましょう!

 

(ノア)

2018年1月13日 

そろそろ発売日

- Noah Sellen @ 9:59 AM

ダカール、面白いですねぇ! モトGPロスになってる冬の時期、これが楽しい! しかも2週間も楽しめるという、ね。そろそろホンダに勝ってほしいけど、ヤマハの活躍も応援しちゃう。今年はとうとうKTMの牙城が崩れるか!?

 

さて、

編集稼業は常に何かしらの締め切りに追われているから、はっきり言って心休まることがない! 何か(仕事以外のこと)にじっくりと取り組む、なんてことがとても難しくて、常に頭の中では「明後日のお昼までにはあの原稿」「今日中にあのアポ取り」「月末までにはコレとコレ」なんてことが渦巻いていて、時として集中力を保つのが難しいこともあるんですが、まぁ、そんなこと言ったらどんな稼業も一緒か。

そんな中で正月休みは、やっぱりいいよねぇ! 久しぶりにのんびりできた気がします。今年は特に寒い気がしてバイクに乗る機会が減ってましたが、元旦には怖いもの見たさ的に「ちょっとだけ!」とブロンコで出かけました。うーん気持ちが良い! 冷たい風が胸に入ってきて、ほんと最高です、最初の10分ぐらいは。そこからは手が冷たくてもう無理(笑)

去年、あ、もう一昨年か、に「スローライフ・セローライフ」という連載をやっていて、「無理しない、持続可能なバイクライフ」を提言するために自分も購入したブロンコ。確かにこれは無理がない。購入して、最初は何だかんだと整備もしたけれど(ステムベアリングやホイールベアリングの交換、社外品の純正戻し、消耗品の交換など)、そこからほとんどお金も手間もかけることなく、乗ればいつでも笑顔を提供してくれます。

そんなブロンコでもタイヤはどうしても減るもんで、とうとう交換時期。こういうアバウトなバイクだと(スポーツバイクと違って)タイヤが減ってきてもなんとなく乗れちゃうのだけど、さすがにもう! ってレベル。

スポーツバイクだと性能でタイヤを選ぶことも多いでしょうけれど、ブロンコなら見た目も重視したいところ。そこで選んだのが250TRやSL230などに純正装着されていたトライアル風のキャラメルパターン。

 

どうこれ! カッコ良くない!?

 

まだつけてませんけれどね(笑)

 

今年もよろしくお願いします。

 

(ノア)

 

 

best-cooler.reviews/

look adulttorrent.org

еще по теме rs-clinic.com.ua