PsP-Traumlandー・バイク編集部「日々是二輪日」

WEB Mr.BIKE EDITORIAL DEPARTMENT - PsP-Traumlandー・バイク編集部 WEB Mr.BIKE WEB Mr.BIKE

※編集部宛のメールはこちら「[email protected]」へ。

2016年7月25日 

Honda GROM “しっかり&安定感” 小さな車体とは裏腹のキャラをもつ、 ホンダ最小スポーツバイク

- komiyama @ 11:07 AM

『原付二種(G2)の理想郷を目指す”G2連邦”のピンキー高橋です。今思うと、2013年は凄かったですね。なんといってもホンダから6機種の原二モデルがリリースhttp://www.m-bike.sakura.ne.jp/?p=46433された年でしたから。現在、Sh mode、CBR125Rはラインナップから姿を消し、ズーマーXが生産終了となってしまったのは残念ですが……。そんな6機種の中の1台、グロムがモデルチェンジとなりました。生産国のタイ(日本、アメリカ以外の国ではMSX125の名で販売)で発表され、今春の東西モーターサイクルショーに出展、日本では6月9日より販売が開始されています。タイをはじめとするアセアン諸国ではグロムをベースとするカスタムが盛り上がっているようです。』
……続きは

2016年7月22日 

オーナーの熱意が梅雨明けを呼んだ!? 第6回 CBオーナーズミーティング

- komiyama @ 7:04 PM

『三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキット内にある交通教育センター(STEC)で、今回で6回目となるCBオーナーズミーティングが開催された。2014年の開催開始から5月のもてぎ、11月の鈴鹿といった具合に定着をしてきたが、今回は意表を突く7月の鈴鹿。イベント当日、東海地方が梅雨明けとなり、日差しともども“熱い”イベントとなった。』
……続きは

2016年7月21日 

カワサキのコーヒーブレイクミーティング in 福井レポート

- komiyama @ 8:12 PM

ゾロ目となった“111回目”カワサキコーヒーブレイクミーティングが、福井県のタカスサーキットで開催された。新旧のカワサキ・モデル、免許取り立てからオーバーエイティまで、カワサキ乗りが集ったこの「カワサキコーヒーブレイクミーティング in 福井」の様子を木村圭吾さんにレポートしてもらった。
……続きは

2016年7月20日 

『Honda CRF1000L Africa Twinで、 ルート66を旅する』──前編

- komiyama @ 9:39 AM

『最近読んだ本にこんな下りがあった。
「いつかはしたい、のいつかは何時だ?」──そのとおりだ。
僕の「いつかはしたい」の一つがアメリカを旅してみたい、だった。
バイクで往く街道旅・アメリカ編。
相棒はHonda CRF1000L Africa Twinに決めた。
段取りを付け、ESTAでビザ申請をし、あとはナントカなるだろう。
6月のある日、旅は始まったのである。』(松井 勉)
……続きは

2016年7月15日 

濱矢文夫の『ニューモデル 試乗 最前線』 KTM 1290 SUPER DUKE GT

- komiyama @ 11:37 AM

『KTMのスポーツネイキッドモデルである1290 SUPER DUKE Rは、パワフルさと運動性のバランスが素晴らしく、個人的に大好きなオートバイのひとつ。新たに、それをベースにしたグランドツーリングモデルが登場した。それが1290 SUPER DUKE GTである。
 同社には以前、990SMTというツーリングモデルを持っていた。スーパーモタード風味の990 SUPER MOTO Rをベースに、ハーフカウルなど装備を追加し、足周り、エンジンをリセッティングしたものだった。扱いやすいエンジンと気持ちの良い運動性能と安定性を備えた完成度の高い車輌だったこともあり、その後継機と言えるこれには乗る前から期待が膨らんだ』(濱矢文夫)。
……続きは

2016年7月12日 

ピレリスコーピオントレイルⅡをVストロームに装着『全方位で楽しむ準備、万全!』

- komiyama @ 6:11 PM

「オンでもオフでも評価の高かったピレリのスコーピオントレイルがⅡへと進化。
Vストローム650に装着してテストに臨んだ。
Ⅰの評価が高かった万能タイヤだけに期待が高まるテストとなったのだが、アドベンチャーモデルをスポーティに変貌させる魅力的なタイヤ、と確認できた。」(ノア セレン)
続きは

2016年7月11日 

Kawasaki Z250 ABS & Ninja 250SL 体験ツーリング その2

- komiyama @ 6:19 PM

『東京、高円寺の朝は、生まれ育った九州の実家よりもかなり早く明るくなります。寝ぼけ眼のまま起きだし、薄い緑色をしたカーテンを開けると、いつも乗っている愛車の隣に、真っ黒で細身のバイクが停まっているのが見えました。
 カワサキのZ250ABS。今回の実走体験レポートのために、お借りしているのです。』(ルリカミドリ)
……続きは。

2016年7月6日 

名車図鑑 『THE 444・空冷編』 青春のエア・クールドセレナーデ その1 HONDA編

- komiyama @ 9:02 AM

400ccという限られた枠の中で、ある意味本気以上の力を出し覇権を競い合った時代があった。その闘いの先頭を走っていたのが空冷4気筒エンジンだった。
……続きは

2016年7月1日 

Kawasaki Z125 PRO試乗 都市部を縦横無尽に駆け抜けたくなる、 最も軽く、コンパクトな「Z」

- komiyama @ 11:02 AM

『原付二種(G2)の理想郷を目指す“G2連邦”のピンキー高橋です。日本では昨年の東京モーターショーでお披露目となった待望のモデル「Z125 PRO」に試乗させていただく機会に恵まれました! カワサキにとって2009年のKLX125/Dトラッカー125以来となる原二のニューモデル、果たしてどんな走りをするのか、どんな魅力が備わっているのでしょうか?』
……続きは

link best-cooler.reviews

in detail best-cooler.reviews

также читайте agroxy.com