MBニュース&トピック

 

2016年1月28日 

■カフェやご当地グルメを探訪、春はすぐそこ2月のMOTORISE!

 BS11(日本BS放送)で毎週水曜日23時から放送中の30分番組、大人のバイク時間「MOTORISE」。 全国視聴できる唯一のバイク専門番組、 2月は「バレンタイン企画」として2本立てでお届け。

 バイク好きタレントとして知られる山口智充をゲストに迎えて送る第2弾 「Vol‐121 山口智充〝ぐっさん〟と行く ライダーズカフェ!」では、番組アシスタント・延時成実と共に冬場でも〝至福の一時〟を過ごす事が出来る都内のライダーズカフェへ。オーナーこだわりの店内でおススメの一品を味わい、常連ライダーたちとの会話で和む。放送スケジュールは2月3日(2月17日再放送)。

 「Vol‐122 ほっこり 冬の茨城ツーリング!」では、番組アシスタント・国友愛佳が考えた〝近郊ツーリング〟を番組ナビゲーター・中野真矢に提案。〝食〟にこだわった冬場のツーリングを楽しむため茨城・霞ヶ浦周辺を目指し、ご当地グルメなどを満喫。そして最後にたどり着いた「アイドルの聖地」では……!?  放送スケジュールは2月10日(2月24日再放送)。

 春はすぐそこ、2月のMOTORISEもお見逃しなく!

MOTORISE

2016年1月28日 

■ドゥカティ、Xディアベルをベースとするコンセプト・バイク「draXter」を公開

 イタリア・ヴェローナで開催されたMotor Bike Expoで公開された「draXter」は、ドゥカティ・スタイル・センターのアドバンスド・デザイン・セクションで開発。にモータースポーツの要素を融合、ドゥカティが新たなクルーザーの世界観を示すモデルだ。

 コンセプトは、 1299パニガーレ・スーパーバイク直系のサスペンションやブレーキからもわかる通り、プレミアムなレーシング・コンポーネントを採用した“究極のドラッグスター”。スタイル面ではXディアベルをかつてないほど過激にしたラインとプロポーションがアクセントとなり、非常にユニークで息をのむようなスーパースポーツに仕上げられている。

 尚、サイドに付けられた“90”という番号は、モータースポーツのゼッケンを連想させると同時に、ドゥカティ設立90周年を記念するオマージュだという。

2016年1月27日 

■ヤマハXJR1300、XJR1300Lのリコール(平成28年1月26日届出)

 対象車両は型式EBL-RP17J(通称名:XJR1300)の車台番号RP17J-000016~RP17J-002897(製作期間:平成18年11月15日~平成27年8月5日)の2,661台、型式EBL-RP17J(通称名:XJR1300L)の車台番号RP17J-001929~RP17J-002233(製作期間:平成23年2月17日~平成23年10月31日)の172台、計1型式、計2車種、計2,833台。

 不具合の部位(部品名)は「原動機(プライマリチェーン用オイルノズル)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「原動機において、プライマリチェーンとオイルノズルの隙間に余裕がないため、使用過程でプライマリチェーンが伸びてオイルノズルと接触することがある。そのため、そのまま使用を続けると、オイルノズルが原動機内に脱落して、クランクケースとクランクシャフトの間等にかみ込むと、最悪の場合、走行中にエンジンがロックして再始動出来なくなるおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、オイルノズルを対策品と交換する」という。

 改善箇所説明図は

問:ヤマハ発動機 お客様相談室
TEL:0120-090-819

2016年1月27日 

■VFR800Fの“大人を魅了するエレガントなたたずまい”がスプリングコレクションを演出

 快適なロングツーリングを楽しめるホンダのスポーツツアラー「」が、ファッションブランド・ポロ ラルフ ローレンのショールーム内に展示されている。これは「ファッションとモーターサイクルを融合させることで生み出される新たな発想や価値観を、ホンダとラルフ ローレン共通のメッセージとして発信」するというもの。

VFR800F(パールグレアホワイト)

 車両が展示される「ポロ ラルフ ローレン 大阪」ではスプリングコレクションがスタート。グレーやホワイト、シルバーといったモノトーンを基調に、よりモダンで都会的なスタイルを提案している今季のメンズコレクション に、VFR800Fの躍動感あふれたデザインと洗練されたパールグレアホワイトのボディカラーが、上質な大人の趣味を演出 している。尚、車両の展示期間は1月26日より約2ヶ月間を予定しているという。

ポロ ラルフ ローレン 大阪
大阪府吹田市千里EXPO park 23-17 2階
営業時間:10時~21時

2016年1月27日 

■ピアッジオグループジャパン「メンテナンスパック キャンペーン」

 全国のモト・グッツィ正規販売店にてV7シリーズを新車で購入した人を対象に実施中の「メンテナンスパック キャンペーン」は、初回点検時から3回の点検にかかる費用をサポートするメンテナンスパックに加入できるというもの。新車購入時の特別なプログラムで、車両購入後の維持費を通常より5~6 万円程度抑える事ができる。期間は6月30日までとなっている。

対象モデル : V7シリーズ全機種
パック価格 :30,000円(税別)
パック内容 : 初回点検、及び12カ月点検2回の点検工賃、下記の交換部品、油脂の部品代
及び工賃が含まれる

●初回点検(走行距離1,000km もしくは1ヶ月)
 エンジンオイル、エンジンオイルフィルター、ギアボックスオイル 、ファイナルギアオイル
●12ヶ月点検(1回目)
 エンジンオイル、エンジンオイルフィルター
●12ヶ月点検(2回目)
 エンジンオイル、エンジンオイルフィルター、エアフィルター(12ヶ月点検時でも可)

問:ピアッジオコール
TEL:03-3453-3903

2016年1月26日 

■トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン「STREET TWINモニターキャンペーン」

 新型ストリートツインの発売を記念し実施。生まれ変わった“モダンクラシック”のチャームポイントを体験できるよう、約1ヶ月の長期間にわたってストリートツインに無料で乗ることができるキャンペーンだ。

モニターキャンペーン概要

応募期間:~2016年2月 29 日(月)
モニター期間:3月中旬以降
モニター対象人数:1名
対象車種:Street Twin(ストリートツイン) ※製品の詳細は

キャンペーン応募資格
●大型二輪MT免許を保有している人
●モニター期間中、試乗レポートをウェブ、SNS(FB、インスタグラムなど)でレポートできる人
●雑誌などのメディア取材に協力できる人
●車両を安全に保管できる人

応募方法:以下の応募フォームから申込みのこと
ストリートツインモニターキャンペーンの応募フォーム

モニター当選者発表:2016年3月上旬にトライアンフモーターサイクルズジャパンより当選者に直接連絡

 その他、詳細は最寄りのトライアンフ正規販売店にて。

トライアンフ・ストリートツイン1カ月無料モニタープレゼント

2016年1月25日 

■ホンダモーターサイクルジャパン「NC750X・NC750Sデビューフェア」

 新装備を採用、外観やトランスミッションに改良が加えられ発売となったホンダの大型スポーツモデル、&。新型の登場に合わせ実施される「デビューフェア」は4月30日(土)までの期間、新型 NC750XまたはNC750Sを成約すると、ラゲッジスペースにそのまま収納できる「オリジナルヘルメットバッグ」をプレゼント!

 フェアの詳細、プレゼント実施店の検索は。

NC750X・NC750Sデビューフェア

2016年1月25日 

■10名限定、“鉄人”と共にイスタンブールを目指す50日間のアドベンチャーツーリング! 

トルコのカッパドキア

 でもお馴染み、海外バイクツーリングの先駆者である道祖神が今年も世界各地でツーリングを企画。 その目玉が「『鉄人』賀曽利 隆と走る! シリーズ第18弾 《目指せ! イスタンブール シベリア&シルクロード横断50日間》」だ。

 極東ロシア・ウラジオストックからアジアハイウェイとシルクロードを走りつなぎ、トルコ・イスタンブールを目指す2016年特別企画。“生涯・旅人”“旅のプロフェッショナル”こと鉄人・賀曽利 隆さんの情熱と道祖神のネットワークが実現、内容はロシア、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタン、イランそしてトルコのイスタンブールまで7か国、約14,000kmを自分のバイクで駆け抜けるアドベンチャーツーリングとなっている。

“生涯・旅人”賀曽利 隆さんが先導ライダー 「目指せ! イスタンブール シベリア&シルクロード横断50日間」のルート

 募集人員は10名限定(先着順)。参加資格は●250cc以上のバイク(セローは可)を所持し、オンロード走行が中・上級者レベルの方●年間1万キロ以上ツーリングで走られている方●グループツーリングができ、協調性のある方(自分勝手な行動をしない方)●トラブルを楽しめる方●自主性を持って参加できる方●2017年3月まで有効期間のあるパスポート所持者他。

 6月までに国際ナンバー、カルネの取得が必要(代行取得あり)で、バイクは7月23日に境港より乗船するフェリーに乗せ、ツアー終了後の11月に受け取りを予定(横浜または東京。税関で受取の際、本人の立会いが必要)。

 7月23日発、9月10日帰国のツアー基本料金(別途空港税、燃油サーチャージ)は160万円(499ccまでのバイク)、165万円(500cc以上のバイク)、バイク送料・コンテナ費用は35万円(499ccまでのバイク)、45万円(500cc以上のバイク)。

 その他、詳細は、または道祖神(担当:海野または吉岡)へ。

問:道祖神
TEL:0120-184-922

境港からフェリーでウラジオストックへ シベリア横断の道はこんなイメージ
シルクロードのハイライト、タシケント ウズベキスタンのブハラ
中央アジアの国境をいくつも越えていく 文明の十字路、イスタンブールを目指すのだ!

2016年1月22日 

■Indian SCOUTをダウンサイジングした『SCOUT SIXTY』を1月22日から発売

「インディアン」の正規輸入販売元のホワイトハウスオートモービルが、インディアンモーターサイクル社の新型モデル「SCOUT SIXTY(スカウト・シックスティ)」を1月22日から国内発売開始すると発表した。

 1月24日まで開催している札幌モーターショー2016でのお披露目を皮切りに発表したもので、販売価格はベーシックカラーといえるサンダーブラックが、1,530,000円(税込)、パールホワイトとインディアンレッドが、1,560,000円(税込)としている。

Indian SCOUT SIXTY。ダウンサイジングした水冷V型2気筒999cc(60cu in)エンジンを搭載。

 ちなみに、「SCOUT SIXTY」とは、1920年のブランド誕生以来、インディアンの伝説的レーシングチーム「インディアンレッキングクルー」に数々の栄冠をもたらし、かのバート・マンローが世界最速のタイトルを獲得した稀代の名車「Indian SCOUT」のDNAを現代に蘇らせ、2015年に発売された「SCOUT」をさらにダウンサイジングし、進化させたモデルだ。

 最も大きな変更点は、エンジンの排気量を69cu in(1,130cc)から、車種名につけられた“シックスティ”=60cu in(999cc)としたこと。その他、クラストップレベルの心地よいハンドリングを実現したほか、ブラックアウトされたヘッドライトカバーやフレーム、シート等を採用、よりスタイリッシュに進化させている。また、豊富なカスタマイズプランも用意されているという。

■Indian SCOUT SIXTY
サイズ:全長2,311×全幅880×高さ1,207㎜、重量:246kg、エンジン:水冷V型2気筒999cc(60cu in)、最高出力:78馬力、最大トルク:88Nm(9.0kg-m)/5,800rpm、トランスミッション:5MT。

■ホワイトハウスオートモービル 
 インディアンモーターサイクル 

2016年1月22日 

■「スズキ・アジアン・チャレンジ」は世界を目指す日本人ライダーを募集中!

 全日本ロードレース選手権・JSB1000クラスでライダー兼チーム代表として活躍、鈴鹿8耐でも毎年サプライズでファンを喜ばしてくれるTeam KAGAYAMAの加賀山就臣。そんな彼がプロデュース・監修のもと、2015年にスタートしたのが「スズキ・アジアン・チャレンジ」だ。

スズキFU150

 MotoGP参戦も視野に入れたスズキのライダー育成プログラムであるスズキ・アジアン・チャレンジはFIMアジアロードレース選手権に組み込まれた国際レースで、開催初年度は9か国17名のライダーが参戦。主催者が用意したスズキFU150を使用するワンメイクレースとして、タイヤもパーツもすべて同じという限りなくイコールコンディションでレースは行なわれる。

 スズキ・アジアン・チャレンジで活躍した選手は同じアジアロードレース選手権のスーパースポーツ600クラスや全日本ロードレース選手権、そしていずれはMotoGPへのステップアップの道が開かれるという。世界を目指すライダーにとってはチャンスのカテゴリー、今年2年目を迎える「スズキ・アジアン・チャレンジ2016」では日本人ライダーを募集。13歳以上でMFJライセンス、または国内主要サーキットのサーキットライセンス保持者であれば応募可能だ。

応募方法は●氏名●生年月日●所有ライセンスの種類●レース経験●連絡先を明記の上、Eメールにて下記の担当者まで連絡を。

Team KAGAYAMA アジア担当
E-mail:[email protected]

look

in detail adulttorrent.org

www.alex-car.com.ua/cart/mark/all/all/all/317