PsP-Traumlandー・バイク編集部「日々是二輪日」

WEB Mr.BIKE EDITORIAL DEPARTMENT - PsP-Traumlandー・バイク編集部 WEB Mr.BIKE WEB Mr.BIKE

※編集部宛のメールはこちら「[email protected]」へ。

2015年2月25日 

『名車図鑑』の最新作「ZEPHYR大全」パート5、パート6をアップしました。

- komiyama @ 10:04 AM

名車の血統をご紹介する『名車図鑑』。最新シリーズは“バイク界に新たなブームを吹き込んだ西風”ゼファーを取り上げています。
そのゼファー・シリーズの第5弾、第6弾をアップしました。
第5弾は
第6弾は
第1弾から読みたい方は、。

2015年2月23日 

“THE BIG-BIKE COLLECTION 創意と技術で新時代を拓いた大排気量モデル”第二集 個性派モデルたち

- komiyama @ 11:27 AM

 前回お伝えした第一集に引き続き、2015年2月5日~2015年4月17日に開催の「THE BIG-BIKE COLLECTION 創意と技術で新時代を拓いた大排気量モデル」第二集では、ヤマハオリジナルデザインの礎となったYD-1から、人気急騰の最新モデルMT-09まで、オリジナリティが溢れる個性派モデル7台を展示。
 企画展は引き続き第三集として4月〜6月にクルーザー&ツアラーの展示が予定されている。ヤマハファンならずとも一見の価値あり。この機会にぜひ足を運んでみてはいかが。
…続きは

2015年2月18日 

BMW 2015 New Model「S 1000 RR」、「R 1200 R」、「F 800 R」に試乗

- komiyama @ 10:24 AM

2月上旬、寒波到来で真冬の寒さながら、千葉県は袖ヶ浦フォレストレースウェイで、BMWの2015年モデルの中でも注目の“Rモデル”たち、S 1000 RR、R 1200 R、F 800 Rの3台にタップリと試乗する機会が得られた。最新のBMWテクノロジーはどこへ向かおうとしているのか、三車三様でありながらRモデルに込められたBMWの方向性が見えてきた。
…続きは

2015年2月12日 

濱矢文夫さんによる『ニューモデル 試乗 最前線』
今回はHarley-Davidson STREET 750です。

- komiyama @ 9:15 AM

『ハーレーダビッドソンが、これまでのどのモデルとも異なる、全く新しいモーターサイクル「STREET 750」を登場させた。「世界中の新世代ライダーのために考えられたモーターサイクル」のキャッチフレーズ通り、ハーレー・ダビッドソン初の“グローバル”を意識した、グローバル市場に受け入れられるモデルといえる。俊敏に走り、タイトに曲がる。今までのハーレーのイメージを払拭してしまうかのマシン作りが行われたというSTREET 750をさっそく試乗してみた…』
続きは。

2015年2月9日 

短期連載 「250の魅力を探る」シリーズ YAMAHA ドラッグスター250クラシックエディション

- komiyama @ 10:12 AM

「250の魅力を探る」シリーズ、今回は、クルーザー市場を牽引してきたヤマハのロングセラー“スター・シリーズ”の末弟、ドラッグスター250クラシックエディションを試乗してもらいました。ヤマハの現行モデルとして、キャブ・テイストを楽しめる最後のモデルとなるのでしょうか…』
続きは

2015年2月5日 

『リバーマークに漲る自信』Kawasaki Ninja H2R モーターサイクルフェア開催

- komiyama @ 10:27 AM

『早春の恒例となっているKawasakiモーターサイクルフェア(2013年「モーターサイクルZフェア」、2014年「モーターサイクルニンジャフェア」を開催)では、今回なんとH2RとH2が夢の共演、題して「Kawasaki NinjaH2R モーターサイクルフェア」が2015年2月3日から15日まで開催(開催時間、休館日等はこちら)された。H2R、H2の現車はもちろん、これも間近で見られる機会はほとんどないかもしれないH2のストリップやエンジン、フレーム、マフラー、カウルなどの単体パーツやオーナーズマニュアルなども展示された。』
…続きは

2015年2月4日 

名車図鑑、今回は”バイク界に新たなるブームを吹き込んだ西風” ZEPHYR大全です。

- komiyama @ 10:17 AM

『レプリカブーム衰退の大きな契機となった一台のバイクが登場したのは1989年4月だった。まだまだバイクブームは続いておりバイクの需要は高かったのだが、あまりに先鋭化するレーサーレプリカについて行けない、ごくごく普通に肩の力を抜いてバイクに乗りたいユーザーの受け皿がなかった。そこに登場した最新テクノロジーもデバイスもカウルもない空冷2バルブ4気筒、鉄フレーム、2本サスの、ごくごく普通のごくごくありふれたバイクであるゼファーは、新鮮であり、またニーズにぴったりと合致した』。
…続きは

budmagazin.com.ua/

источник agroxy.com

www.ka4alka.com.ua/inekcii/trenbolone