Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
勝島部屋から | WEB Mr.BIKE- psp-traumland.info

編集部ブログ 勝島部屋から

編集部ブログ 勝島部屋から

※編集部宛のメールはこちら「bg@mr-bike.jp」へ。

2014年10月21日 

ミスターバイクBG 11月号

- Noah Sellen @ 11:24 AM

前回は遅れて先月号の話をしましたが、発売後1週間ほどたった最新11月号について紹介しましょうか!

 

今月号をすでに手に取っていただいた方はご存知、巻頭特集は2ストロークです。

まぁこれもね(笑)、定期的にやる特集ですけどね、でもたまに乗りたくなるのですよ2ストローク。

 

とはいえBG含めて旧めのバイクを扱う雑誌では、テーマとして良く出てくる2ストローク。他と違う、そして過去にやったものとは違う視点で、ということになります。

 

最初の発案時は「レプリカじゃない2スト」というアイディアがありました。

僕の思い入れで言えばMVX250Fなのだけど、他で言えばRZ250RとかNS250F、もう少し新しいので言えばR1-Zとかウルフかな? 要はレプリカではなくて、サーキットを意識することなく、ポジションもきつくなく、タンデムもできちゃったりする、普通に楽しめる2ストロークっていいじゃない? というものだったのです。

 

が、これまたけっこう狭いカテゴリーだし、そういったバイクの撮影用車両を見つけるのは至難の業。そして2ストといえば空冷鉄フェンダー時代のファンが多いのもBGの特徴でしょう。結局は巻頭特集を2本立てにして、空冷組と、久しくやっていなかったビッグ2ストになりました。

 

空冷組は千葉県と茨城県の境目にある佐原で撮影。こういう旧いバイクを走らせていると興味を持ってくれる人が多くてね。都内で撮影していると怒られることが多いのに、ちょっと地方に行くと声をかけられるんだから嬉しい。

 

この撮影時もおじさんが声をかけてくれ、昔乗っていたバイクの写真をわざわざ持ってきて見せてくれたりした。

 

旧い写真を見る渡辺編集長と鈴木カメラマン。左が声をかけてくれたおじさん。

 

かつてはCB72だったかに乗っていたけど、今はもう旧いのはさすがに厳しい。けれどバイクに乗りたい。「CB400SSってやつで、タンクが昔のCBの色してるのがあるじゃない。水色と白が上下で塗り分けられてるヤツ。あれが良いなぁ!」なんておっしゃるから、「良いバイクですよ!最初の頃のはキックしかないから、セル付のを選んだ方がイイでしょう」なんて申し上げました。

 

 

これっす。後から調べたらこのカラーのはセルがついてましたね。

 

この撮影で僕が担当したのはRD400。このバイク、本当にカッコイイね!大好きです。低回転トルクがあるおかげか、街中で乗ってるぶんには僕はRZ350よりも速く感じてしまってます。そう言うと「そんなはずはない」とみんなに笑われますが、今回のRDも非常に手入れが行き届いていた車両のおかげで、本当に気持ちのいい試乗になりました。うん、いいなRD!!

 

(ノア)

2014年10月14日 

ごーぶたーさーしてますね。

- Noah Sellen @ 9:45 AM

 

9月22日に腕時計を修理に出したら、すぐ後に電話がかかってきて見積もりを知らされ「じゃそれでお願いします」って言ったのにいまだに帰ってこないし連絡もない。「そろそろ1か月経っちゃうじゃないか」と思ったけど、このブログは1か月どころじゃなかったよすみませんね!

 

ま、最新号が出たってことはこの話は古いんだけど、10月号についてもちょっと書きましょうか。

 

巻頭特集のテーマは「キテレツバイク」。

いわゆる迷車特集的なものですね。定期的にやると喜んでもらえるけれど、大ハズシの危険性もある特集だから編集部としてもおっかなびっくりやることが多いんです。でもZCBばっかりやってても面白くないし読者の皆さんもたまには違うものが見たいでしょうからってことで。

 

これで出したかったのがGR650

このバイク、本当に侮れないんだから!高速道路は得意ではないけれど、それ以外の道では楽しいし速いしで本当に欲しくなったバイク。幸い誌面で乗ったのは友達が所有してるからいつでも乗れる一台。また借りたくなったなぁ。

 

あと驚いたのはF6Cのスポーツ性能。

あの巨体で速い速い!! しかも高速道路とか広いワインディングだけじゃなくて、細かな舗装林道的な所でも速いんだ。笑っちゃう。

バイク的にアウトインアウトできれいにコーナーをクリアしていくって感じじゃなくて、ある意味四輪的に前輪をオラッとインに寄せて、19インチのフロントは絶対に滑る気がせず、あとは鬼トルクでグバッと立ち上がる。インインインのラインが走れて、いやマジで、速いっす!腕に覚えのある人ならばスポーツバイクと同じ速度感覚でコーナリングを楽しめますよ。素直に感動した。

 

他にもレアバイクが登場しましたが、ま、そんな巻頭特集もたまには楽しんでもらえたらな、なんてね。

 

他のページでは、ナンディさんと僕がそれぞれZ2CB550フォアをレストアしていた「TLC」というページがひと段落しました。ナンディさんはまだ熟成させるみたいだけど、僕が担当した550は走り出すことができて一応連載終了とします。

 

誌面にも書いたけど、なんと総レストア費用12万円弱! 安いなー(笑)

タンククリーナーを「使ってみてよ」と何も言わずに送ってきてくれた「花咲かG」と、集合管を買いに行ったら倉庫で眠っていた純正マフラーをタダでくれた「ミスティ」以外は、タイアップや部品提供など一切ないから、一般の読者さんがやってもこのぐらいでできるってことですね。

でも後から考えたら他にもお金がかかってたな。プラグなんかの純正部品以外の部品もあるし、雑費として計上した1万円も18カ月を振り返るとあまりに少ないでしょう。でも何本も使ったパーツクリーナーとか缶スプレーとか、汎用品を買った燃料ホースやブリーザーパイプなど含めても、ま、せいぜい15万円ぐらいかな。

自分が満足できる程度のレストアだったらこんぐらいでやれる可能性もあるよ、という例としてとらえていただければ幸いです。あ、ちなみに写真に撮るととてもきれいに見えちゃうけど、実際は「それなり」ですよ。11月2日の日光絶版車祭でお披露目できればと思ってますので、良かったら見に来て下さい。ブレーキが甘くて走らせるのは怖いんだけど、もしかしたらちょっと走るかも。昨日エンジンかけてみたらオーバーフローしてたのがちょっと心配ですが…。

磨きも終えて満足の親子。茨城の庭は広くていいなぁ。読者さんが送ってくれたオリジナルTシャツを着用。ゴンゴーのイメージにぴったりで素敵なデザインに思いました。センスあるなー!

 

新連載は113ページのVTZのおじい様。

安生さんのお友達らしく僕はよく知らないんだけど、素敵な話なんだ!

そしてVTZは僕も学生時代に乗ってて、そのころは目立たない実用バイクって感じだったけど、その後サーキットで乗るようになったら「こんな超絶バランスのバイクがあるのか!」と完全に見直しました。250ccレースではスパーダがもてはやされてるみたいだけど、たぶんVTZの方がイイと思う。このおじい様がさらなる幸せなバイクライフを続けていくことを願って、連載を楽しみにしたいですな。

 

155ページからはイギリスのグッドウッドフェスティバルの様子。

本来だったら僕が年に一度はヨーロッパに行ってこういったイベントを紹介したいと思っていたんだけど、今年は行けてないんだ…残念。

 

僕が担当してる新車のページ「1TGG」(ワンタンク現行車ガイド)は、ドゥカティのムルチストラーダにしてみました。これがなかなかすごいバイクでしたよ。ただ本国仕様のフルパワーに乗りたいなぁ!

 

そしてオフロードクラブ。272ページ~でしたね。

これがひどい話でね、サポートするって言ったらエントリーされちゃってた… やだよそんな、こんなに暑い中バイクに乗って8時間もエンデューロ!? 正気じゃないぜ!

その顛末は今日出た号に渡って2回レポートしてるから読んでみて下さい。「ヒドイ目にあった」と言っても、ふた月も経過するとそのひどさを忘れて「また出ようか」なんて思っちゃうエンデューロレースの不思議……

 

で、276ページからはもてぎで突発的に行われた80sミーティングの様子が。

いやはや、本当に暑い日だったのに多くの読者さんが来てくれてね、頭が下がりました。みなさんバイクを愛してて素敵でしたよ!

 

と、そんな感じの10月号でしたが、発売されたのが9月14、作ってたのは8月の話なのでもうずいぶん前のような気持ちで、撮影裏話や小話も忘れちゃったのが正直な所。

 

今日発売の11月号は2ストの特集ですね。どんな出来事があったか忘れる前に更新しようと思います。

 

おまけ

ゴンゴーのレストアプロジェクトは茨城の奥地の実家でやってたのだけど、セミが殻から出てくるのがたまたま見れました。素敵! 翌朝には茶色くなってて「大丈夫かな?」とチョンとさわってみたら元気に飛んでいきました。

(ノア)

details best-cooler.reviews

http://atrox.com.ua