MBニュース&トピック

 

2014年9月30日 

■「誰も体感したことのない加速力の提供」をテーマに
最高出力約300馬力のスーパーチャージャーマシン Ninja H2R 誕生


 昨年の東京モーターショーのカワサキブースで、電動3輪バイクとともに注目を集めたスーパーチャージャーエンジン。そのスーパーチャージャーエンジンを搭載する超弩級マシンがついにデビューした。

20140930_Ninja_H2R_ZX1000P_GRYSLFA00D.jpg

 
 その名もNinja H2R。あの2ストローク3気筒、748.2ccエンジンを搭載した“ジャジャ馬”750SS MachⅣの別名「H2」を、これまた一時代を築き上げたビッグネーム「ニンジャ」と組み合わせた、まさにこれ以上ないエポックなネーミングで登場するこのマシン、排気量998ccから最高出力300馬力を発生。まさに「誰も体感したことのない加速力」を提供してくれるという。
 
 以下、カワサキが発表したリリースから、その誕生秘話をお伝えしよう。
 

●Ninja H2R誕生

「誰も体感したことのない加速力の提供」。これが、Ninja H2Rの開発の出発点だったという。カワサキが掲げる理念のひとつ「Fun to Ride」。様々なモーターサイクルの楽しみ方があるなかで、加速力は大きなファクターを占めているとカワサキが考えたところから物語は始まった。
 
 Ninja H2Rは、リッタークラスのスーパースポーツモデルと同等のコンパクトなエンジンに、スーパーチャージャーを組み合せることで300馬力以上の高出力を実現。そのパワーのキーファクターであるスーパーチャージャーは、川崎重工業 (KHI)グループの一員である“ガスタービン&機械カンパニー”による技術移管のもと、さらにモーターサイクル用に適応、発展させた完全自社製のスーパーチャージャーが開発された。
 
 また、スーパーチャージャーだけでなく、エンジン本体の設計や車体設計にもカワサキグループカンパニーの最新技術とノウハウが随所に採用されているという。例えば、超高速域での安定性を確保するために配されたCFRP(カーボンファイバー)製のアッパーとロアウイング。これらはカワサキの“航空宇宙カンパニー”のノウハウによって形状選定から開発が行われた。また、アッパーフェアリングの中央部先端に誇らしげに輝く「カワサキリバーマーク」(長年、KHIグループで使われてきた「川」の字をデザインしたカワサキマーク。モーターサイクルでは、1960年代のW1などに使用されている)が、グループ一丸となって開発に当たった証とされている。
 
 そして、マシンの名称には、モーターサイクル史に残るカワサキのパフォーマンスアイコン、2台の名が冠せられた。ひとつは、2ストローク748.2cm3トリプルという圧倒的なエンジンから生み出される強烈な加速力で世界にセンセーションを巻き起こした、750SS Mach IVの別名『H2』。「誰も体感したことのない加速力の提供」を掲げたモデルに、これ以上に相応しい名前は無いだろう。
 
 そしてもう一つが、言わずと知れた『Ninja』。今やカワサキの屋台骨という存在となったNinjaというビッグネームと組み合わせている。
 

 

●KEY FEATURES
 
「過去経験の無い加速の実現」

 殆どのライダーが経験したことの無い速度と加速を体感させるには、可能な限りのPOWERが不可欠。そのためより多くのPOWERを求められるエンジンは、得てして排気量増大の一途を辿り、本来のパフォーマンスの源泉である軽量コンパクトとは、欠け離れた存在となってしまう。“最高出力300馬力”、“排気量998立方センチメートル”、“直列4気筒のエンジンサイズ”これらの相反する開発要件を満たすためにカワサキが選んだ選択肢、それがスーパーチャージャーだった。
 

「自社開発されたスーパーチャージャー」

 Ninja H2Rで採用されたスーパーチャージャーは、川崎重工グループの英知を結集。すなわちガスタービン&機械カンパニー、航空宇宙カンパニー、および技術開発本部からの支援を受けたモーターサイクル&エンジンカンパニーの設計者によって設計された。自社開発過給機に求められたスペックは、Ninja H2Rの開発目標そのもの。スーパーチャージャーエンジンこそが、KHIのエンジニア達が提供したかった強烈な加速を達成するための鍵だった。
 

「シャーシ設計理念」

 Ninja H2Rのシャーシに求められたのは、サーキットでの超高速域においても挙動に不安を感じさせず安定性を確保できる事。そしてさまざまな回転半径の複雑なコーナーに対しても、純粋にライディングが楽しいと思わせる旋回性能。
 
 通常、高速安定性を容易にするにはロングホイールベースにする事で簡単に達成することが出来るが、旋回性能が損なわれてしまうマイナス面がある。Ninja H2Rは、開発目標とされたコンパクトなエンジンパッケージという利点を最大限活用し、最適化された軸間距離を採用し、相反する特性を高次元に融合させることが可能となった。
 
 Ninja H2Rに採用された新設計のトレリスフレームは、サーキットでの高速ライディング時の安定性と柔軟性を確保するため、最新の解析技術をもって開発されている。搭載されるスーパーチャージドエンジンの超弩級のパワーを受け止め得るフレーム剛性を確保することは勿論、高速域での安定性とコーナリング時の柔軟性、フル制動時にも揺るぎない姿勢制御等にも貢献している。
 

「エアロダイナミクス(空気力学)」

 空力解析技術の進歩は、レースマシンや航空機、新幹線などの分野と同様、あまり身近に感じられるものではないが、実際、それはバイクの運動性能に多大な影響を与えている。Ninja H2Rは、超高速域においても常にライダーの制御下におさめた走行が可能なように空気抵抗と空力特性を両立させている。空気力学を考慮しながら、ライディングをも制御するカワサキ独自の技術革新の具現化といえる。航空機や車両という別事業カンパニーを持つ川崎重工ならではのアドバンテージといえるだろう。
 

「Ninja H2Rの造形、そして融合する技術の結晶」

 常にパフォーマンスリーダーであり続けるカワサキブランドのフラッグシップとしての責任を背負ってきたNinja。そして登場当時、驚愕の加速力にセンセーションを巻き起こしたH2。その両方の名を冠するにふさわしい大胆なデザインのキーワードは「力強さ」。カワサキブランドのフラッグシップとしての存在感、その驚異的なパフォーマンスを想起させるスタイリングでなければならない。Ninja H2Rの機能美はボディーワークの随所に垣間見える。
 
 超高速においても走行安定性を確保するために空気力学的デザインがなされたカウリング。性能向上と熱の放散、より大きな冷却効果も得て300馬力のエンジン出力を発揮させる事に貢献している。また、ラムエアーダクトは過給器に新鮮な空気をもたらすよう理想的に配置されている。
 
 さらにNinja H2Rは、カワサキがこれまで世に送り出したどのモデルよりも質感の高い仕上げ、特別にNinja H2Rのために開発されたハイテクミラーリング仕上げのブラッククローム塗装を採用している。
 

『Ninja H2Rからのメッセージ』

『モーターサイクル・テクノロジーは、時代と共に高度になりつづけています。しかし、カワサキの理想は、高度なテクノロジーを使ってライダーの主体性を奪い、便利で快適なだけのマシンを作ることではありません。「高性能なマシンを自在に操り、ライディングを楽しむ」こと、ライダーの単純かつ、根源的な欲求を満たすことがNinja H2Rにとっての使命ではないかと考えています。モーターサイクル・テクノロジーが時代と共に進化するようにカワサキイズムも進化しています。ライダーの単純かつ、根源的な欲求を満たすこと。制御しにくいじゃじゃ馬を馴らすことから、サラブレッド、それを誰しも乗りこなせること、すなわち「高性能なマシンを自在に操り、ライディングを楽しむ」ことに価値観の転換があるのです。』(カワサキのリリースより)
 
 Ninja H2Rの存在そのものが、カワサキからライダーへのメッセージだ。
「Built Beyond Belief」2014年、カワサキはもう一度世界中にセンセーションを巻き起こす。
 

 

●SPECIFICATIONS Ninja H2R

■エンジンタイプ:スーパーチャージド水冷4ストローク4気筒 ■排気量:998cm3 ■過給器タイプ:セントリーフューガル式スクロールタイプ ■最高出力:約300PS ■フレームタイプ:トレリス構造 ■タイヤ:F 120/600R17(レーシングスリック)、R 190/650R17(レーシングスリック)
 
※本モデルはクローズドコース・モデルです。
※本モデルは量産車です。(発売開始時期未定/価格未定/仕様は変更する可能性有り)
※一般公道走行仕様車をEICMA(ミラノショー)で公開予定です。
 

 
●Ninja H2R スペシャルサイト:
●カワサキ 

2014年9月30日 

■キュートなミスキャンパス候補がPR! 秋も全国各地で「TRICITY」体験イベントを実施

首都圏5大学のミスキャンパス候補者による「TRICITYアンバサダー」。彼女たちは学園祭シーズン、TRICITYを様々な場所でPRしていく!

 9月10日の発売開始早々、年内分が完売してしまったという話題の3ホイール・シティコミューター「TRICITY(トリシティ)125」。ヤマハが事前調査したところ、非二輪保有者も興味を示す中、最も好感触な反応を見せたのが、大学生を中心とする25歳以下の若年層だったとか。TRICITYを“楽しそうな乗り物”として捉えているのだ。ただ、 TRICITYを運転するのに必要な原付二種免許を若者の60%以上、女性の殆どが知らない状況など、厳しい現実があるのも事実。そこで、新しいユーザー創造に向けチャレンジを続けるヤマハは、今後も TRICITYの各種プロモーション活動を積極的に行っていくという。

 その目玉となるのが「TRICITYアンバサダー」の起用だ。ミスキャンパスコンテストのポータルサイト「(ミスコレ)」とのコラボレーションにより、首都圏5大学(青山学院大学、立教大学、明治学院大学、東京大学、慶応義塾大学)のミスキャンパス候補者をアンバサダーに任命し、学園祭シーズン中に様々な場所でTRICITYをプロモーションしていくという。さらに、各大学から1名「ミスTRICITY」賞を選出し、モニターとして活動していく予定だ。

 「」や「」など、現在行っているプロモーション活動の他にも、11月16日(日)に開催される“大学生による大学生のためのイベント”「AGESTOCK 2014 in 両国国技館」への出展、全国の自動車教習所での試乗会など様々な催しを実施。若年層がTRICITYに興味をもつことが、二輪業界全体の盛り上がりにつながっていくことに期待したい。

今後の TRICITYプロモーション
●10大学TRICITY学園祭展示
慶応義塾大学:10月11日(土)・12日(日)
武蔵野大学:10月18日(土)・19日(日)
芝浦工大:10月30日(木)~11月2日(日)
横浜市立大学:11月1日(土)
横浜国立大学:11月3日(月・祝)
群馬大学:11月8日(土)・9日(日)
埼玉大学:11月22日(土)~24日(月・祝)

●TRICITY全国自動車教習所試乗会
10月4日(土):福岡・南福岡自動車学校
10月5日(日):東京・西多摩自動車教習所
10月19日(日):横浜・菊名ドライビングスクール
11月8日(土):千葉・市川中央自動車学校
11月22日(土):名古屋・名古屋自動車学校天白校

2014年9月29日 

■ショップオープン情報「ホンダドリーム 横浜泉」

 10月10日(金)、ホンダドリーム店として更なる利便性と満足度の向上を目指しオープン。店舗では大型スポーツバイクを中心としたホンダ二輪のフルラインナップ、ライディングギア、各種カスタマイズパーツが取り揃えられ、幅広いユーザーの様々なニーズに応え、質の高いサービスを提供していくという。試乗車はCB1300SUPER BOL D’OR、VFR800F、CBR1000RRを用意。アクセスは横浜市営地下鉄ブルーライン・立場駅より徒歩約2分、国道1号線・矢沢交差点よりクルマで約15分。駐車場は二輪車5台分、四輪車5台分完備。

神奈川県横浜市泉区和泉町4026-9
TEL:045-804-1850
営業時間:10時~19時
定休日:水曜日

2014年9月29日 

■第15回ミスター・バイクBGガレージセールは今年も大盛況のうちに無事終了

 毎年秋の恒例行事としてすっかり定着した、ミスター・バイクBGガレージセールが、9月28日(日)おなじみのさがみ湖リゾートプレジャーフォレスト(旧さがみ湖ピクニックランド)で開催された。今年で早15回を数えるこのイベント、気持ちのよい秋晴れの下、お目当てのお宝や掘り出し物を求め、朝まだ夜も明ける前から来場者が続々と集まり、A~Dの4つの駐車場に出展された会場を埋め尽くた。
 今年の来場者数は約3300人で、大盛況のうち午後1時、無事閉場した。

 今年も大きなトラブルもなく無事開催できたのは、出展者、来場者のみなさんの多大なるご理解とご協力があればこそ。どうもありがとうございました。ただ、残念ながらごくごく一部ではありますが、駐車禁止場所への車両放置、ごみの投げ捨て、通路に大幅にはみ出しての出展などのマナー違反が見られたのも事実。今後も日本最大級のガレージセール開催を続けるためにも、どうか節度ある行動を切にお願いしいたします。

2014年9月26日 

■スズキ、中・大型二輪車の需要高まるインドネシアに4機種を投入

ハヤブサ GSR750
V-Strom650 ABS バーグマン200

 今回、スズキのインドネシア子会社であるスズキ・インドモービル・モーター社(SIM社)が今後順次発売すると発表したのはロードスポーツバイク「ハヤブサ」、「GSR750」、スポーツアドベンチャーツアラー「V-Strom650 ABS」、中型スクーター「バーグマン200」の。「ハヤブサ」、「GSR750」、「V-Strom650 ABS」の3機種は日本から、「バーグマン200」はタイスズキより輸入される。

 インドネシアでは所得の向上に伴い、ツーリングなどのレジャー用途に中・大型二輪車の需要が高まっているとか。一昨年に投入された250ccスポーツモデル「」(日本名:GSR250)に加え、中・大型機種のラインナップを拡充することでスズキブランドの訴求と拡販を図るという。

2014年9月26日 

■Team HRC、“スーパーウーマン”が加入した「ダカールラリー2015」の参戦メンバーを発表

(左より)山崎勝実(チーム代表)、パウロ・ゴンサルヴェス、エルダー・ロドリゲス、ライア・サンツ、ホアン・バレダ、ジェレミアス・イスラエル、ウルフギャング・フィッシャー(チーム監督)、マルティーノ・ビアンキ(ゼネラルマネージャー)。マシンは2014年型CRF450 RALLY 。

 世界で最も過酷なオフロードバイクレース「ダカールラリー2015」は2015年1月4日、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスをスタート。ボリビア、チリを経て再びブエノスアイレスに戻ってくる2週間・約9,000kmに及ぶ戦いとなる。

 次回で3年連続参戦となるホンダのワークスチーム「Team HRC」は9月25日、スペインのモーターランド・アラゴンにて参戦するメンバーの発表を行った。

 ライダーはエルダー・ロドリゲス(ポルトガル)、ホアン・バレダ(スペイン)、パウロ・ゴンサルヴェス(ポルトガル)という昨シーズンからの3選手に、ダカールラリー2014において総合16位&女性ライダー最上位で“スーパーウーマン”の異名をもつライア・サンツ(スペイン) 、チリ人ライダーとしてトップクラスの ジェレミアス・イスラエル(チリ) の2選手を加えた計5名に。

 また、山崎勝実チーム代表 、マルティーノ・ビアンキ(ゼネラルマネージャー)に加え、数々のチームにおいて優れたマネジメント力を発揮してきたウルフギャング・フィッシャーをチーム監督として迎えるなど、チーム体制もさらに強化されることに。参戦マシンはラリーレース専用モデル「CRF450 RALLY」の新型 となる。

 2013年に24年ぶりのワークス参戦を果たし、前哨戦とも言えるクロスカントリーラリーでは総合優勝を飾るなど成長を続けている Team HRC、ダカールラリー2015で総合優勝を目指す。

2014年9月26日 

■“旅のプロ”も登場! 10月のMOTORISEは世界文化遺産“霊峰”を巡る

 BS11(日本BS放送)で毎週火曜日23時から放送中の30分番組、大人のバイク時間「MOTORISE」も遂に90回へ突入。10月は思わず旅に出かけたくなる特集をお届け!

 「生涯旅人」をモットーとし、日本はもとより世界各地をバイクで旅する冒険家・賀曽利隆さんをゲストに迎え、目指したのはその美しさで多くの人々を魅了し、古くから信仰の対象となっている、世界文化遺産に登録された富士山。番組ナビゲーター・中野真矢と共に、富士山一周ツーリングを行った。

 道中、賀曽利さんがお勧めする富士山の絶景ポイントやご当地グルメ、さらに知られざるスポットを紹介。また、1968年の「アフリカ一周」から始まった40年以上に及ぶ“旅のプロ”生活におけるエピソード、ギネス記録なども話題に。一生涯をかけて続けるツーリングとバイクの魅力とは!?

 放送スケジュールは「Vol-89 バイクで巡る 世界遺産・富士山!〝絶景ポイント〟 編」が10月7日(10月21日再放送)、「Vol-90 バイクで巡る 世界遺産・富士山!〝ツーリングスポット〟 編」は10月14日(10月28日再放送)。
 
 10月のMOTORISEもお見逃しなく!

MOTORISE

2014年9月26日 

■ヤマハのライディングスキル・アプリ「SmartRiding」、待望のAndroid版が登場!

 「SmartRiding(スマートライディング)」はバイクに設置、簡単な操作でライディングスキルを数値化し記録できるスマートフォン向け無料アプリ。

 ヤマハ発動機の走行実験ライダー向けライディング教育システムに用いられる独自の走行評価技術を応用したもので、コーナリング時の「車両の傾く動きのスムーズさ」および 「車両が曲がる力」から、コーナーごとのライディングスキルの評価結果を走行後に表示。 動画や走行位置の確認もできるので、ライダーは自分の走りをデータで楽しみ、仲間とシェアすることも可能となり、ツーリングなどでの楽しみが増すアプリとなっている。

 これまではiPhone版のみのサービス提供であったが、Android版も展開されることで、より多くの人々のライディングスキルをサポートしていくことになりそうだ。

「SmartRiding(スマートライディング)」アプリ WEBサイト

2014年9月25日 

■ショップオープン情報「バイク王ダイレクトSHOP 荒川沖店」

 バイク小売販売店「バイク王ダイレクトSHOP 」が、「BOOKOFF」を中心とした衣料品・スポーツ用品・ブランド品などブックオフグループのリユース専門店を複合した大型店舗「BOOKOFF SUPER BAZAAR荒川沖」内に9月27日(土)オープン。約170坪の面積を誇るスペースには様々な要望に応えられるよう、全カテゴリー・全排気量から厳選した車種を常時160台以上用意。常磐道や国道6号線にほど近い好アクセスに加え、駐車場は約600台収容可能。JR常磐線・荒川沖駅からは徒歩10分。尚、10月5日(日)までの9日間はオープンを記念し、バイク王ダイレクトSHOPイチオシの“マル得車輌”、来店特典ならびに成約特典を用意したオープニングイベントを開催。

茨城県稲敷郡阿見町住吉2-8-7
(BOOKOFF SUPER BAZAAR 荒川沖店内)
TEL:029-843-8190
営業時間:11時~20時(平日)10時~20時(土日祝)
定休日:なし

2014年9月25日 

■BMW R1200GSのリコール(平成26年9月25日届出)

 対象車両は型式EBL-R12NA(通称名:BMW R1200GS)の 車台番号WB10A0109DZ107462 ~ WB10A0106DZ126020(製作期間:平成24年10月29日 ~ 平成25年7月5日)の457台、計1型式、計1車種、計457台。

 不具合の部位(部品名) は「トランスミッション (オイルシール)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「トランスミッションにおいて、オイル流路の設計が不適切なため、オイルの圧力によってアウトプットシャフト側のオイルシールが抜け出すものがある。そのため、オイルが漏れ出し、最悪の場合、漏れ出したオイルがリアタイアにかかり走行安定性に支障をきたすおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、オイルシールが抜け出さないようロックプレートを装着する。また、オイルシールを点検し、必要に応じて新品に交換する」という。

 改善箇所説明図は

問:BMWカスタマー・インタラクションセンター
TEL:0120-269-437

contact us adulttorrent.org

alex-car.com.ua/cart/mark/all/all/all/271

читать дальше apach.com.ua