MBニュース&トピック

 

2013年10月31日 

■ドゥカティ、新生チーム&ライダーで来季SBKへ

 SBK(スーパーバイク世界選手権)を戦うチーム・アルスタとのパートナーシップを双方合意の上で早期解消したドゥカティは、引き続き2014年シーズンの参戦を表明。さらに2014~2015年シーズンにドゥカティSBKファクトリーライダーとして英国ウェールズ出身のチャズ・デービス、イタリア人ライダーのダビデ・ジュリアーノとの合意も発表した。

 ドゥカティの1199パニガーレは、さまざまな国内選手権や激しい競争が繰り広げられるFIMスーパーストック・カップで成功を収めているが今シーズン、SBKでの成績は不振。今回の発表は改めて頂点に返り咲こうという重要な決意の表れだとか。

 2名のSBKライダーはドゥカティ開発チームスタッフと合流し、10月30・31日にヘレス・デ・ラ・フィオレンティーナ(スペイン)で開催されるプレシーズンテストに参加。ウィンターテスト/開発熟成プログラムを早くもスタートさせたという。

2013年10月30日 

■ドゥカティMULTISTRADA 1200、DIAVELなど10車種のリコール(平成25年10月24日届出)

 対象車両は型式ZDMA200ABAB(通称名:MULTISTRADA 1200)の 車台番号ZDMA200ABAB004144~ZDMA200ABAB006257(輸入期間:平成22年7月28日~平成22年9月9日)の54台(①) 、型式ZDMA200ABBB(通称名:MULTISTRADA 1200)の車台番号ZDMA200ABBB017549~ZDMA200ABBB017747(輸入期間:平成23年11月11日~平成24年1月6日)の10台(①)、型式ZDMA200ABCB(通称名:MULTISTRADA 1200)の車台番号ZDMA200ABCB018229~ZDMA200ABCB019032(輸入期間:平成24年3月29日~平成24年5月10日)の9台(①)、型式ZDMA200ACAB(通称名:MULTISTRADA 1200 S Touring)の車台番号ZDMA200ACAB000103~ZDMA200ACAB009535(輸入期間:平成22年4月16日~平成23年2月2日)の192台(①)、型式ZDMA200ACBB(通称名:MULTISTRADA 1200 S Touring)の車台番号ZDMA200ACBB010487~ZDMA200ACBB018091(輸入期間:平成23年3月18日~平成24年3月3日)の95台(①)、型式ZDMA200ACCB(通称名:MULTISTRADA 1200 S Touring)の車台番号ZDMA200ACCB019393~ZDMA200ACCB019643(輸入期間:平成24年5月23日~平成24年6月19日)の25台(①)、型式ZDMA200ADAB(通称名:MULTISTRADA 1200 S Sport)の車台番号ZDMA200ADAB000629~ZDMA200ADAB008950(輸入期間:平成22年4月13日~平成23年2月2日)の165台(①)、型式ZDMA200ADBB(通称名:MULTISTRADA 1200 S Sport)の車台番号ZDMA200ADBB010446~ZDMA200ADBB017974(輸入期間:平成23年3月18日~平成24年1月28日)の37台(①)、型式ZDMA200ADCB(通称名:MULTISTRADA 1200 S Sport)の車台番号ZDMA200ADCB018192~ZDMA200ADCB019392(輸入期間:平成24年3月3日~平成24年5月31日)の17台(①)、型式ZDMA200AEBB(通称名:MULTISTRADA 1200 S Pikes Peak)の車台番号ZDMA200AEBB015735~ZDMA200AEBB017597(輸入期間:平成23年7月19日~平成24年1月6日)の20台(①)、型式ZDMA200AECB(通称名:MULTISTRADA 1200 S Pikes Peak)の車台番号ZDMA200AECB018338~ZDMA200AECB020243(輸入期間:平成24年4月12日~平成24年6月22日)の28台(①)、型式ZDMG100ABBB(通称名:DIAVEL)の車台番号ZDMG100ABBB001512~ZDMG100ABBB009079(輸入期間:平成23年3月1日~平成24年3月3日)の263台(②)、型式ZDMG100ABCB(通称名:DIAVEL)の車台番号ZDMG100ABCB009399~ZDMG100ABCB014175(輸入期間:平成24年3月29日~平成25年1月29日)の130台(②)、型式ZDMG100ABBB(通称名:DIAVEL CARBON)の車台番号ZDMG100ABBB001239~ZDMG100ABBB009049(輸入期間:平成23年2月20日~平成24年4月12日)の389台(②)、型式ZDMG100ABCB(通称名:DIAVEL CARBON)の車台番号ZDMG100ABCB009157~ZDMG100ABCB014428(輸入期間:平成24年3月3日~平成25年3月9日)の167台(②)、型式ZDMG100ABDB(通称名:DIAVEL CARBON)の車台番号ZDMG100ABDB014595~ZDMG100ABDB014604(輸入期間:平成25年3月1日~平成25年4月5日)の7台(②)、型式ZDMG102JCDB(通称名:DIAVEL CARBON)の車台番号ZDMG102JCDB015076~ZDMG102JCDB018159(輸入期間:平成25年4月5日~平成25年8月1日)の21台(②)、型式ZDMG100ABCB(通称名:DIAVEL CROMO)の車台番号ZDMG100ABCB011355~ZDMG100ABCB014015(輸入期間:平成24年4月20日~平成24年12月10日)の94台(②)、型式ZDMG100ABCB(通称名:DIAVEL DARK)の車台番号ZDMG100ABCB014285~ZDMG100ABCB014495(輸入期間:平成25年2月8日~平成25年3月8日)の12台(②)、型式ZDMG100ABDB(通称名:DIAVEL DARK)の車台番号ZDMG100ABDB014561~ZDMG100ABDB014593(輸入期間:平成25年3月1日~平成25年3月22日)の24台(②)、型式ZDMG102JCDB(通称名:DIAVEL DARK)の車台番号ZDMG102JCDB015056~ZDMG102JCDB019120(輸入期間:平成25年3月29日~平成25年9月13日)の61台(②)、型式ZDMG102JACB(通称名:DIAVEL AMG)の車台番号ZDMG102JACB012669~ZDMG102JACB013009(輸入期間:平成24年6月9日~平成24年9月6日)の129台(②)、型式ZDMG102JCDB(通称名:DIAVEL STRIPE)の車台番号ZDMG102JCDB015232~ZDMG102JCDB018126(輸入期間:平成25年3月11日~平成25年8月1日)の54台(②)、計16型式(計10車種)、計2003台(①652台②1351台)。

 不具合の部位は「施錠装置」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「ステアリングロックを制御するハンズフリーユニットにおいて、関連する構成部品の誤差の積み重ねにより、ハンドルをハンドルロック位置に操作しても、それを検出するためのスイッチを押し切れないため、ステアリングロックができない場合がある」というもの。

 改善措置の内容は「①ハンズフリーユニットのソフトウエアを変更し、ステアリングロックの操作方法を変更する。また、使用者所有のオーナーズマニュアルの該当ページを差し替える ②ハンズフリーユニット及びダッシュボードのソフトウエアを変更し、ステアリングロックの操作方法を変更する。また、使用者所有のオーナーズマニュアルの該当ページを差し替える」という。

 改善箇所説明図は

問:ドゥカティ ジャパン お客様相談窓口 TEL 0120-030-292

 

2013年10月30日 

■ドゥカティ1199 Panigale、1199 Panigale S、1199 Panigale S Tricoloreのリコール(平成25年10月24日届出)

 対象車両は型式ZDMH802JACB(通称名:1199 Panigale)の 車台番号ZDMH802JACB007756~ZDMH802JACB010670(輸入期間:平成24年9月6日~平成25年3月8日)の107台、型式ZDMH802JADB(通称名:1199 Panigale)の車台番号ZDMH802JADB010963~ZDMH802JADB011051(輸入期間:平成25年4月12日~平成25年7月11日)の7台、型式ZDMH802JACB(通称名:1199 Panigale S)の車台番号ZDMH802JACB007772~ZDMH802JACB010799(輸入期間:平成24年7月23日~平成25年3月9日)の339台、型式ZDMH802JADB(通称名:1199 Panigale S)の車台番号ZDMH802JADB010809~ZDMH802JADB010890(輸入期間:平成25年3月1日~平成25年3月8日)の28台、型式ZDMH802JACB(通称名:1199 Panigale S Tricolore)の車台番号ZDMH802JACB007838~ZDMH802JACB010689(輸入期間:平成24年7月23日~平成25年3月9日)の104台、計2型式(計3車種)、計585台。

 不具合の部位は「方向指示器等」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「方向指示器等の操作に使用する左ハンドルスイッチにおいて、電源供給回路の設計が不適切なため、複数の操作を同時または連続で行うと当該スイッチに供給される電圧が不足して方向指示器のオンオフ、警音器及び前照灯の切替が作動しない場合がある」というもの。

 改善措置の内容は「対策用の配線を追加する」という。

 改善箇所説明図は

問:ドゥカティ ジャパン お客様相談窓口 TEL 0120-030-292

2013年10月30日 

■求人情報「ケイエスマルオート」

静岡市のカワサキ専門店である「ケイエスマルオート」が販売・サービススタッフを募集している。条件は、普通自動車免許と大型自動二輪免許を取得していること。未経験者大歓迎。詳しい内容については電話で問い合わせ可能。

ケイエスマルオート
静岡県静岡市駿河区敷地1-19-19
TEL 054-237-7618

2013年10月30日 

■ショップオープン情報「KTM川崎中央」

 神奈川県内で初となるKTM専売正規ディーラー「オレンジショップ」として11月16日(土)オープン。母体は、川崎市を中心に長年の販売・メンテナンス実績を持ちながら、ロードレースの分野では全日本トップカテゴリーでも数々の実績を残す日吉ホンダモーター(WING YOSHII)。そんな世界で培った高い技術力を武器に本格的なスポーツライディングのためのフィッティング、カスタムを提案。さらにストリート指向、オフロードを楽しみたいというユーザーにも、長年の実績で培った提案力でベストなバイクライフを提供、KTMらしさを120%満喫できるショップを目指す。ショウルームには最新の人気モデルの展示を行い、豊富な POWERWEAR、POWERPARTSも取り揃えられる。

神奈川県川崎市高津区末長1-52-24
TEL 044-948-7316(2013年11月16日以降開通)
営業時間:10時~19時30分
定休日:毎週水曜日

http://ktm-kawasakichuo.com

2013年10月29日 

■BMWのニューモデル、K1600GT Sportの国内発売を発表

 ビー・エム・ダブリューは、直列6気筒エンジンを搭載するBMW K1600GTのラインアップに、よりダイナミックなスタイリングを特徴とするニューモデル、K1600GT Sportを追加し、全国のBMW Motorrad正規ディーラーで11月10日より販売を開始すると発表した。

 K1600GTは、最高出力118kW(160PS)、最大トルク175N・mを発生する直列6気筒DOHC、1,649ccエンジンを搭載し、あらゆる状況下で卓越した動力性能を発揮するとともに、長距離ツーリングへの優れた快適性をも兼ね備えた最高のツーリング・モデル。

 今回発表されたK1600GT Sportは、そのK1600GTに、キセノン・ヘッドランプ、アダプティブ・ヘッドライト、グリップ・ヒーター、シート・ヒーター、クルーズ・コントロール、オンボード・コンピューターなどの安全および快適装備、そして、フットレスト、シート・トップ、ハンドル・バーの3点のポジションを人間工学的に最適なデザインとしたアクティブなライディング・ポジションに加え、サキール・オレンジ・メタリックまたはブラック・ストーム・メタリックのボディ・カラー、ブラック・グロス・ホイール、ショート・ウインドシールド、スペシャル・シート(パイピング付)といった数々の専用装備を採用している。メーカー希望小売価格(消費税込み)は2,899,000円。

■BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル0120-269-437

2013年10月28日 

■ヤマハ、日本GPで最高峰クラス200勝達成!

 10月27日、ツインリンクもてぎで開催された「ロードレース世界選手権シリーズ第17 戦 日本グランプリ」 のMotoGPクラス決勝は、ヤマハ・ファクトリー・レーシングのホルヘ・ロレンソが今季7勝目を飾り、チャンピオン争いを最終戦まで持ち越した。と同時に、ロードレース世界最高峰クラスにおける通算200勝目をヤマハにもたらしている。

 2ストローク・500cc時代は伝説のライダー、ジャコモ・アゴスチーニ(6勝)、そしてケニー・ロバーツ(22勝)、エディ・ローソン(26勝)、ウェイン・レイニー(24勝)といったアメリカン・ライダーが次々と記録を更新。ルカ・カダローラ(6勝)やマックス・ビアッジ(8勝)らイタリアン・ライダー、阿部典史(3勝)も活躍した。

 4ストローク・MotoGPの時代となり、2004年にバレンティーノ・ロッシがヤマハに加入するとYZR-M1の快進撃がスタート。2007年までに28回の優勝、アッセンTTにおけるヤマハ最高峰クラス150回目の優勝も果たす。尚、2007年以降の50勝中49勝はロレンソとロッシによるものだ。


辻幸一 ヤマハ発動機モータースポーツ開発部門ゼネラル・マネジャーのコメント
「本日、ここもてぎにおいて、このような素晴らしい記録達成の瞬間に立ち会えたことを誇りに思い、非常にうれしく思っている。ホルヘは完璧な走りで勝利を成し遂げ、1972 年以来続いてきた長い成功の歴史を、さらに先へとつないでくれた。ヤマハのホームレースである日本GP で実現できたことも格別の喜びだ」

リン・ジャービス ヤマハ・モーター・レーシング・マネージングディレクターのコメント
「ヤマハのホームレース、日本GP でホルヘがあのような見事なパフォーマンスをみせ、グランプリ200 勝目を達成できたことは非常に素晴らしいことだ。彼はライバルたちから激しいプレッシャーを受けながら、レースウイークを制し、決勝でも圧倒的な強さをみせて完勝した。すべてのライダー、すべてのチームスタッフ、すべてのスポンサーやパートナー、長年にわたり我々の成功を支えてくれたすべての人にお礼を言いたい。バレンシアでは201 勝目を目指そう!」

ホルヘ・ロレンソのコメント
「今日はとても特別な一日。ヤマハの200 勝目を達成することができたことは大変な栄誉。それにライバルメーカーのホームコースだからなおさらだよ! 今日のレースは非常に接近していて難しい戦いだったけれど、最後まであきらめず、少しでも速く、ブレーキは少しでも強く、そして少しでも差を広げるためにベストを尽くした。そしてついには少しアドバンテージが広がったんだ。この勝利を誇らしく思う。結果からみても、状況からみても、チャンピオンシップの行方を考えても、これ以上のことはあり得ないよ」

2013年10月28日 

■新型CRF450 RALLY2連勝&全日本トライアル最終戦で小川が逆転チャンピオンに

 パウロ・ゴンサルヴェスが総合優勝を決めたモロッコラリーから連戦となった「メルズーガラリー2013」が、10月21日から26日までの6日間・6ステージで争われた。結果はサム・サンダーランドとエルダー・ロドリゲスによるTEAM HRCから参戦した二人のライダーが総合1-2位。

 これで新型CRF450 RALLYはアフリカ大陸デビューから2連勝に。モロッコラリーを含めた12ステージで9勝という圧倒的強さでテスト参戦は終了。TEAM HRCとCRF450 RALLYの次の戦いの場は、来年1月にアルゼンチンからスタートする「ダカールラリー」となる。

サム・サンダーランドのコメント
「パーフェクトでした。ダカールを目の前に控えて、自信がつきました。今週は本当にうまくいきました。マシンは非の打ちどころがなく、チームも本当によくやってくれました。TEAM HRCが優勝、2位を独占できたことは、全員が同じ目標に向かって団結していたからこそです。レースを始めてからずいぶん経ちますが、こんなに幸せな気分は初めてです。ダカールに向けて、最高の形でアフリカ大陸をあとにすることができます。これで自信がつき、正しい方向に向かっていることが確信できましたので、今後もまい進していくのみです。先週からの2大会での勝利は、チームの団結力をさらに強める上で非常に重要であり、それに貢献できてとてもうれしく思います」

エルダー・ロドリゲスのコメント
「うれしいです。今日は2位でしたが、今大会では2度のステージ優勝を飾れましたし、なによりHondaが総合優勝できましたからね。リザルトも重要ですが、チームワークも忘れてはなりません。自分自身の調子もよく、2度のステージ優勝を果たせましたが、それもチームが本当によくやってくれたからこそです。マシンはよく走りますし、ダカールに向けていい経験になりました。チームとしていい結果が残せましたし、参戦できてよかったと思います」

山崎勝実 TEAM HRC監督のコメント
「メルズーガラリーでも5度のステージ優勝を飾り、TEAM HRCにとって非常に有益な大会となりました。サンダーランド選手が今日のステージで優勝して総合優勝を果たし、ロドリゲス選手は2位フィニッシュで総合2位を獲得しましたし、なにも言うことはありません。ダカールにも期待が高まっています。応援ありがとうございました」




 一方、10月27日、スポーツランドSUGOで開催された全日本トライアル選手権の最終戦では、シリーズランキング・トップから3ポイントビハインドで挑んだHRCクラブ TEAM MITANI の小川 友幸 が優勝。今回2位の黒山健一と同シリーズポイントで並んだが、シリーズの直近の大会で高得点をあげた者が上位 というルールにより、小川が激しい争いだった今シーズンを制し、念願のチャンピオン獲得となっている。

小川友幸のコメント
「本当に厳しい一年間でした。今日は序盤からリードしていこうと思っていたので、第1セクションでの3点はヤバいな、という感じでしたが、第2セクションで黒山選手が5点になったのを見て、正直ほっとしました。最後の最後まで接戦だったのは、今シーズンを象徴するような戦いでした。厳しかったけれど、楽しい一年間でした」

2013年10月28日 

■ロレンソ圧勝! チャンピオン争いは最終戦に!

第25回「速報もてぎGP ロレンソ圧勝! チャンピオン争いは最終戦に!」

 第17戦日本GPは、10月27日ツインリンクもてぎにて、決勝23ラップのレースが行われ、ヤマハのホルヘ・ロレンソがポール・トゥ・ウィンでもてぎを制した。

 台風の影響で荒れたもてぎラウンド。金曜日のフリー走行は、悪天候による視界悪化によりドクターヘリが飛び立てない問題が生じて全てキャンセル。土曜日午前のセッションは台風の接近に伴う豪雨によりキャンセルとなり、やや小康状態となった午後にぶっつけ本番の予選が行われるという異例の進行スケジュールとなった。
 

 明けて台風一過の決勝日は快晴! 雲ひとつない青空の下、3クラスのレースが行われた。
 MotoGPクラスは前日の予選トップのホルヘ・ロレンソがスタートから勢いよく飛び出し、ロッシ、マルケス、ペドロサ、ブラドル、バウティスタと続くが、2ラップ目のバックストレートエンド、90度コーナーでロッシが痛恨のコースアウトを喫しトップ争いから脱落。
 レースはロレンソ、マルケス、ペドロサの争いとなり、時折マルケスがロレンソとの差を縮め、ラインをうかがう姿勢を見せるが、レース後半もロレンソのペースは落ちることなく、逆にタイヤが厳しくなったマルケスと3秒以上も差をつけてチェッカー。今季7勝目を挙げた。
 2位マルケス、3位にペドロサ、11番手から追い上げたロッシは6位でフィニッシュ。日本人は青山博一が17位、ワイルドカード出場の中須賀克行は11位。
 チャンピオンシップポイントはマルケス318pt、ロレンツォ305ptと僅差 。チャンピオン決定は最終戦バレンシアまでもつれ込むこととなった。

#motogp
#7
#motogp

 Moto2はスタートして2コーナーのクラッシュによりラバトとレディングが欠場。P・エスパルガロが今季6勝目を挙げ、同時に2013年のタイトルを獲得した。
 日本人期待の中上貴晶は予選23番手からのスタートで9位フィニッシュ。ワイルドカード出場の野佐根航汰は16位、長嶋哲太は19位。

 Moto3ではアレックス・マルケスが初優勝。渡辺陽向が15位でポイント獲得。ワイルドカードの2人、全日本選手権J-GP3クラスで3勝、ランキングトップの山田誓己は23位。アジアドリームカップチャンピオンの尾野弘樹はレース2ラップ目に転倒リタイア。

※なお、ワイルドカードで出場した中須賀克行らが参戦するは今週末、鈴鹿サーキットで開催されます。
(レポート・撮影 楠堂亜希)

2013年10月25日 

■チュートリアル福田とミニバイクを楽しむ、11月のMOTORISEを見逃すな!

 毎週火曜日23時からBS11(日本BS放送)にて放送中、“大人のバイク時間” としてすっかりお馴染み「MOTORISE」。11月は、番組ナビゲーターの中野真矢とアシスタント・古澤 恵 、ゲストとして“バイク芸人”福田充徳を加えた3人がサーキットでミニバイクを楽しむ特集だ。

 11月5日放送の前編「ミニバイクでサーキット レッスン編」(11月19日再放送)では基本姿勢やコーナリング、実践的なテクニックまで判りやすくレクチャー。

 さらに11月12日放送の後編「ミニバイクでサーキット レース編」(11月26日再放送)では中野監督の下「MOTORISE RACING」チームを結成、2時間耐久レースに参戦! レッスンの効果を発揮し、表彰台に上ることできたのか!?

 11月のMOTORISE、ミニバイクに大人3人が本気で挑む姿など見どころ満載だ!

MOTORISE

https://np.com.ua

hentai torrents

У нашей организации классный блог про направление он лайн казино.