MBニュース&トピック

 

2013年2月21日 

■「Honda Moto LINC」をすべての二輪車オーナーに提供

「Honda Moto LINCアプリ」トップ画面

 2012年4月12日よりサービスが開始された「Honda Moto LINC(ホンダ モト・リンク)」は、スマートフォン(※)にアプリをダウンロードすれば、ホンダのカーナビシステム「Honda インターナビ」で採用する精度の高い交通情報をもとにしたルート計算をはじめ、様々な機能を利用できるサービス。

 今まではホンダの二輪車オーナー向けの会員サービスだったが、3月1日(金)よりすべての二輪車オーナーに拡大提供されることとなった。スマートフォンを持つ二輪車オーナーであれば、から会員登録することで無料(一部有料サービスあり。通信料金はユーザーの負担)で利用できる。

 「Honda Moto LINC」はツーリングの前や途中で降雨エリアの位置と時間変化を確認できる「降雨・降雪マップ」、雨の降り始めを予測して知らせる「カッパアラーム」といった二輪車ユーザー向けならではの機能、「メンテナンス記録」「給油記録・燃費履歴 」などの便利な機能が特徴。

 さらに3月下旬には「Honda Moto LINC」アプリ内に全国の二輪駐車場を検索する機能が追加され、駐車場までのルート計算も可能となる。

※iPhone5、iPhone4/4S(iOS4.0〜6.0.1)、Android端末(Android要件2.2系、2.3系、4.0系、一部機種を除く)に対応


駐車場詳細画面

駐車場検索画面(ルート検索)

Honda Moto LINC

2013年2月21日 

■人生を豊かにする、期待を超える価値と感動体験を提供“Revs your Heart”

 ヤマハ発動機は新たなブランド・スローガンを“Revs your Heart”とし、3月より世界展開を行う。

  Revs your Heart(レヴス ユア ハート。あなたの心を昂ぶらせる、といった意)は「私たちヤマハ発動機は、イノベーションへの情熱を胸に、お客様の人生を豊かにする、期待を超える価値と感動体験を提供します」という強い思いをブランド・ステートメントにしたもの。

 このブランド・スローガン、ブランド・ステートメントの下「ヤマハらしい個性あるモノ創り・マーケティング活動をグループ一丸となって推進し、そのヤマハらしさで、世界のお客様に期待を超える感動を提供してまいります」という。

 今後 “Revs your Heart”はカタログ、ポスター、TVCM、各種ショー・イベントでのツール、ウェブサイトなど全世界のマーケティングアイテムに使用される。

2013年2月21日 

■日本のH-Dライダー&ファンと共に創り上げるウェブサイトを公開

 は、“自由の象徴”として世界中の人々に愛され続けるハーレーダビッドソン(H-D)の日本上陸100年を記念するサイト。日本と H-D の深い絆を再確認し、新たな100年へと踏み出すためのアーカイブとして、日本のすべての H-Dライダー、ファンから「あなたとハーレーダビッドソン」の写真やそのストーリーを広く募集中だ。

 写真とそのストーリーはアルバム形式で掲載され、日本にかつて存在した車両から現在も走り続ける車両まで、H-D が日本で多くの人々と創り上げてきた歴史が明らかとなる。

 募集内容は「あなたとハーレーダビッドソンの関係を最もよく表す写真及びその背景にあるストーリー」(写真のみでの参加も可)。

 参加条件は、H-D を愛する人であれば誰でも参加可能。現役ライダーからの愛車に関するストーリーはもちろん、昔乗っていた車両や家族、仲間とのハーレーダビッドソンの思い出、自分では運転しない人からのストーリー、お気に入りの純正ウェア「モータークローズ」ファッションや純正グッズ等に関する投稿も募集している。

OUR ROAD STORIES

2013年2月20日 

■中須賀克行、2012年一番のフォトジェニックに!

 日本レース写真家協会(JRPA)が主催する「JRPA AWARD 2012」にて、ヤマハ・YSP・レーシング・チームの中須賀克行が特別賞に選出された。2月15日にはその贈呈式が行われ、小林稔JRPA会長から記念盾と写真を大きく引き延ばしたタペストリーが贈られた。

 2005 年から行われている「JRPA AWARD」は、日本レース写真家協会が「その年の一番のフォトジェニック」を選ぶもの。記録や戦績だけでなく、いかにフォトジェニックでフォトグラファーの写心をくすぐる存在であるか、いかに“アツく”してくれるか、という視点から決定される。

 中須賀克行が選出された理由は「鈴鹿 8 耐でのポールポジションからの転倒、全日本最終戦での転倒からのチャンピオン獲得、MotoGP 最終戦・代役参戦での 2 位表彰台獲得など、ドラマチックな展開のレースで数々のシャッターチャンスを提供してくれた」というものだった。

中須賀克行のコメント
「2008年、2009年と全日本ロードレースの最高峰で連続チャンピオンを取った時でもいただけなかったので、今回の受賞はとても嬉しいです。2012 年シーズンは、いただけるもの全て手に入れてしまった気がしますね。受賞理由である8耐にしても鈴鹿最終戦にしても、自分で意図した展開ではないし(苦笑)、MotoGP最終戦の2 位表彰台は夢のような奇跡ですが、僕の走りがカメラマンのみなさんの心を動かした、感動をもたらすことができたのであれば何よりです。今シーズンへのモチベーションにもつながります。ありがとうございます」

2013年2月20日 

■ショップオープン情報「ライダーズスタンド仙台南2りんかん」

 オートバイ用品専門店・が仙台エリアに初出店。3月29日(金)10時30分、グランドオープンとなる。

 売場総面積300坪という地域最大級の大型専門店で、豊富な品揃えにより東北エリアのバイクライフをサポート。1階が駐車場(バイク50台、車30台)、2階が売場というレイアウトのおかげで雨の日も安心。ピット作業スペースは8台分を確保。部品交換や車両修理などのサポート体制も万全となっている。

 新車・中古車を扱う「SOX」も同時オープン。車輌から用品まですべてが揃うショップとなっている。
また、2りんかん初となるMyガレージの提案もあり。

宮城県名取市植松字田野部54-1

2013年2月20日 

■ピアッジオ・ベスパ「信頼の証」ステッカーの貼付をスタート

 ピアッジオグループジャパンの「信頼の証」ステッカーは、同社にて輸入・卸売を行うピアッジオとベスパ全モデルに、安心のアフターセールス体制が受けられることを証明するもの。2月15日より貼付が開始された。

 安心のアフターセールス体制とは①2年間の製品保証(油脂類、一部摩耗部品を除く)②24時間ロードサービス(新車登録日より2年間、出先での万一のトラブル時に現場レスキューやレッカーサービス、レンタカー、鉄道、宿泊施設の手配や費用負担に対応)というもの。これら付帯サービスが正規販売店ネットワークを通して受けられることが一目でわかるようにしている。

ピアッジオグループジャパン

2013年2月19日 

■ショップオープン情報「アールエスタイチ 本店」

  大阪府大東市に店舗を構えてちょうど30年を迎えたアールエスタイチ本店が2月15日にリニューアルオープン。

 手に取る商品が見やすいよう、店内は白を基調とした明るい雰囲気に。目指したのは「モーターサイクルライフを趣味とするオトナのライダーはもちろん、一緒に訪れていただく奥さんやお子さんにも『あのお店なら一緒に行ってもイイよ』と言っていただける様な“居心地の良い”店作り」だそうだ。

 「現在はオープンしたばかりで未完成な部分もありますが、これからもお客様のご期待に応えることが出来る様、スタッフ一同全力を挙げてまいりますので、今後ともよろしくお願いします 」とのこと。

大阪府大東市中垣内 3-1-25
TEL 072-874-3268
営業時間:11時(土日祝日は10時)~19時(3月~10月は20時)
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)

2013年2月19日 

■求人情報「アライモータースグループ」

「国内4メーカー及び海外3メーカーの正規ディーラーとして西東京エリアにて6店舗を展開するアライモータースグループが業務拡大の為スタッフを募集中!! バイク販売店として50年以上お客様へ信頼と実績で答えてきた当社でバイクに携わる仕事に就くまたとないチャンスです! 明るく元気な方お待ちしております!」

●職種:事務及び接客(女性)スタッフ アルバイト又は正社員
●条件:22~30歳位まで 要普通免許、二輪免許
●勤務地:アライモータース各店
●応募方法:電話にて詳細問い合わせ  担当:荒井

株式会社アライモータース
東京都府中市晴見町3-13-13
TEL 042-368-3455

2013年2月18日 

■様々なユーザーのライディングスタイル、タウンユースに応える「Honda Riding Gear 2013年 秋・冬モデル」

 2月18日、ホンダモーターサイクルジャパンは「Honda Riding Gear 2013年 秋・冬モデル」44アイテムを発表。2013年9月より全国のHonda二輪車正規取扱店にて順次発売予定となっている。

 2013年 秋・冬モデルは“より安全に、さらに快適に”をコンセプトに開発。「Honda」「Honda CLASSICS」「HRC」の各ライディングギアシリーズに、お馴染みとなったコラボレートモデルを設定。様々なユーザーのライディングスタイル、タウンユースに応えられる豊富なラインナップがポイントだ。

(モデル:伊藤真一さん、ホンダスマイル・石渡さん)

問:ホンダモーターサイクルジャパン お客様お問い合わせ窓口 TEL 03-5993-8667

※価格は全て税抜き 


HRCヘリテイジブルゾン:歴代レースシーンをイメージしたカラーを使用。着脱式のインナーによって3シーズン着用可能。22,000円~。

HRCレーシングシングルライダース:質感にこだわったフェイクレザーを使用。後腰には疲労を軽減するパッドを内蔵。22,800円~。

Hondaライディングウインタージャケット:ウインタージャケットに必要な機能を搭載しながらリーズナブルな価格を実現。19,500円~。

Hondaウインターライディングスポーツブルゾン:グラフィックが映えるシンプルなデザインのハイスペック・モデル。19,000円~。

Hondaシングルライダース レザージャケット:厚みと強度はそのままに、従来製品に対し約30%軽量化したレザーを採用。39,000円。

Hondaメルトン・ダブルライダースジャケット:ライダース定番のスタイルに、重厚感ある程よいオールドスタイルを演出。20,000円~。

Honda CLASSICSクラシックロングジャケット:2012年モデルは早々に完売してしまった人気ジャケット。22,500円~。

Honda CLASSICS起毛チェック・ライダースジャケット:オーセンティックなスタイルに安全性とトレンドを投入。18,000円~。

Honda CLASSICS N-2B メルトン ジャケット:ミリタリージャケットを質感にこだわった“メルトンファブリック”で再現。24,000円~。

Honda CLASSICSデニムライダースジャケット:安全性と快適性をプラスした、ヴィンテージスタイルのデニムジャケット。21,500円~。

Honda×YOSHIDA ROBERTOライダースブルゾン:東京~ミラノ~パリのファッションシーンで活躍する吉田狼鐘音がデザイン。29,000円~。

Honda×YOSHIDA ROBERTOミリタリーコート:ミリタリーの定番・M-65タイプが、タイトシルエットのフード付ブルゾンに。29,000円~。

Honda×SHINICHIRO ARAKAWAピーコート02:防風性に優れたPコートタイプのフォーマルライディングコート。29,000円~。

Honda×SHINICHIRO ARAKAWAツーリングコート:左右内側に計6個のポケットを装備。ボアの裏地も防寒に優れる。29,000円~。

Hondaウインドストップ・レイヤードジャケット:初秋はアウター、真冬はインナーに。デイリーウェアを意識したデザイン。9,300円~。

Hondaウインドストップウォームライナー:トリコット/フリースの柔らかな素材と防風シートで冷気をシャットアウト。8,000円~。

その他、クレデンシャルケースやパラソル、グローブ類など一新された商品も2013秋冬モデルからラインナップ。

2013年2月18日 

■トライアンフ東京ウエスト「店頭乗りくらべ試乗会」

 西東京エリアで長年トライアンフを取り扱っているトライアンフ東京ウエスト(東京都府中市晴見町3-11-7)にて3月16日(土)・17日(日)の2日間開催。

 会場ではトライアンフ「ボンネビル」とカワサキ「W800」、2台のパラレルツインの乗り比べが可能。来店・試乗した人にはオリジナル記念品をプレゼント。詳細はより。

問:トライアンフ東京ウエスト TEL 042-312-0055

 

Узнайте про авторитетный сайт со статьями про логистические услуги http://ukrterminal.kiev.ua
failedmessiah.typepad.com/failed_messiahcom/2015/07/long-island-man-gets-5-years-for-securities-fraud-678.html

cialis-viagra.com.ua