Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
勝島部屋から | WEB Mr.BIKE- psp-traumland.info

編集部ブログ 勝島部屋から

編集部ブログ 勝島部屋から

※編集部宛のメールはこちら「bg@mr-bike.jp」へ。

2012年5月29日 

新しいのにしたんですかぁ!

- Noah Sellen @ 9:15 PM

絶版車も愛して、新しいバイクも愛す。これが理想ですね! そんな思いも込めて「日本車新時代」というページ展開もしています。クラシックバイクはクラシックバイクとして尊敬し、愛し、大切にし、同時に最新モデルもその性能に酔い、信頼性に感激し、存分に使い倒す。

そんな生活は理想ですが、まぁ、なかなか難しかったり。

以前にページ展開したスパ・フランコルシャンの旧車イベントには、ヨーロッパ中から旧車愛好家が集い、それぞれの貴重な旧車をサーキットで走らせていました。だけど「公道では何に乗ってるの?」と聞くと普通にCBR600Fとか、BMW K1300とか、ZZR1400とか。公道で乗ってるのは最新バイクが多いんですね。だけどみんなが超がつく旧車フェチだからとんでもない貴重な車種をスパで走らせている。

そうかぁ、日本のいわゆる「絶版車」はまだまだ公道で元気に走れる年式なんですね。これがもうちょっと進むと、サーキットで楽しんでいるぐらいが幸せになるのかもしれません。サーキットだったら当時の性能を思いっきり試せるし、万が一壊れても積んで帰れるからツーリング先みたいに途方にくれることもない。あと10年したら日本もそんな風になっていくかもしれません。

でもでも、実際には旧いのと新しいのを公道で2台持つというのはなかなか難しい。いや、どっちかが大きくてどっちかが小さいと良いけどね。CB750fourとPCXとか、Z1とDトラッカー125とかね。だけどどっちも大きいとなかなか手が回らない。

そんな人を先日の日光サーキットで見かけました。日光のレースでお馴染みの兄弟のオニイチャンの方。以前はたしか旧いマシンに乗ってたんだけど、なんと当日は800ccパラツインのBMWでご来場。以前の旧車を手放して新車で購入ですって。「だって壊れないし速いし。旧いバイクは面白いけど、新しいのもイイヨネ(笑)」ですってよ。そうなんですよ、新しいバイクに乗ってるからって、旧いバイクの魅力を知らないわけじゃないし、そして新しいからってツマラナイわけでもないんです。

あぁ難しいねぇバイク選びって! 

僕が旧いバイクで何が欲しいかって、やっぱり空冷のGPZ750F。だけど僕みたいな足としても毎日乗るようなライダーは、それをメインバイクにするのはもったいないし、さすがに旧いからマイナートラブルも怖い。欲しいけど毎日使いたくはない。

Z1000J(丸)もとても好きなバイク。だけど公道で乗るのはもう荷が重いなぁ。スパの人たちみたいに、サーキット走行会で走らせるぐらいがいいかなぁ。

そうなると、じゃこういうのを買って、ついでにアドレスV125でも買いましょうかってなるんだけど、そうすると大きい方に全然乗らなかったりするんだ…… 困る。し、さっきの話に戻っちゃう。

じゃもうちょっと新し目のがいいかな、とかいってGPX750とか言い始めると変態扱いされる(笑) そもそも新しくねーし。

うーん……ぐるんぐるん……

Dトラッカー250を買ってみました(!?)

何の解決になるかは不明ですが、たまたま出物があったのでありがたく譲り受けました。

さー来月はなんて言ってるかな(笑)  

(「ノンポリノアの月代りバイク選び」というコラムが書きたいノア)

 

2012年5月23日 

関東ではラストチャンス

- Noah Sellen @ 10:36 PM

 

映画キリンを見に行った。

最初は池袋でやっていて、色んな読者から「みましたー」なんていう報告をいただいていたりしたのだけど、ちょっとホトボリがさめた感じがしているうちに池袋での上映は終わっちゃった。

なんだよ見ようと思ってたのに、なんつって調べたら今は神奈川県の平塚でやってて、それがあさっての25日金曜日までで終わっちゃったら関東はそれでオシマイみたい! その前には他の関東各地でやっていたけどね。

んで、やっぱりアレは走りのシーンが見ものだから映画館で見るべきでしょう、と行ったわけですよ。んん、やっぱり映画館で見ると違いますね。なかなか迫力ありましたよ。しかもこの平塚の映画館がなかなかローカルな感じでね。バイクも無料で停められたし、良い感じでした。上映はお昼と夜19:15分の2回だけど、僕は夜のほうを見ました。仕事を終えてバイクでフラリと行って、見た後はナイトクルーズですよ。季節がいいからね、楽しい夕べとなりました。

写真はキリンのクリアフォルダ。平塚限定なのかどうかはわからないけど、キリンを見た人にはプレゼントしてくれるようです。

さ、関東で見るのはラストチャンスですよ! ま、中部でやってるときにワザワザ東名高速で行って、由比のあたりで気分を盛り上げてから見るっていうのも粋だとは思いますけどね! (笑)

(ノア)

2012年5月19日 

オンナには弱いよ!

- Noah Sellen @ 8:39 PM

今日は一日デスクワークだったので腰痛が悪化し、明日の「DE耐」にむけて行きつけの整体にいきました。そしたら整体院の前にきれいなGB250クラブマンがあるじゃないですか。行き着けなのに今まで一度も見たことない。

よく見ると初期型なのになんと6000キロ位しか走ってなくて、スポークやリムにもサビなし。タイヤも肉があって整備もされているような印象。いいね、こりゃいいね、なんつってジロジロ眺め回して中に入っていきました。

さて、あんなバイクに乗ってるのは誰だろうな。あのおばちゃんかな? いや違うな。アッチのおにいさん? スーツじゃんか。 じゃあのカーテンの向こうで施術を受けてる人だろうなぁ。どんな人だろう。もしかしたら読者かしら……

なーんて思ってたら、ヘルメット持って現れたのは女の人!しかもかわいい!うひゃー!

思わず話しかけましたね。「きれいに乗ってますね」なんつって。気の効いた一言も出やしない。だってこっちは寝巻きみたいな格好で寝癖&目充血&サンダル履きという、チョー地元ファッションで行ってるんだからカッコもつかないっすよ。

でもその人はステキで、軽快な会話ができてとても嬉しかった。何でも海外に行っちゃうから売りたいとか。あーもったいない、あんなきれいな初期クラブマンなんてなかなかないぞ。俺が買っちゃおうかなぁ。

そんなカッコいい彼女はスタタンとエンジンをかけて颯爽と走っていきました。カッコいいぜ。やっぱりカッコいい女性ライダーを見て、男性ライダーは奮い立つよね。あんなかわいい女の子とツーリングなんつってムフフ ってかってに盛り上がるわけだ。まずもってそんなシチュエーションにはなりにくいけどさ。男は女には弱いようにできてるんだよ(笑)

それなのにさらに男ってバカだなぁと思うのは、女性ライダーがいたらなんだかカッコつけてフカしてみたり、やたら飛ばしてみたりしちゃうんだ。そんなの全然カッコよくないのにね。僕は最近やっとそれに気付いて、女性ライダーにはニコヤカに手を振るという作戦に移行しました。結果は……まだボウズ。

明日はツインリンクもてぎでミニバイクによる7時間耐久レースに、しばしば誌面にも登場するエミコ嬢と、キャメラマン広一郎さんと僕とで出ます。天気良さそうなので遊びにきたらいかがでしょ。BGステッカーあげますよ、たぶん(笑)

(ノア)

 

2012年5月16日 

あたらしい号が出てるぞ~

- Noah Sellen @ 10:05 AM

おっとと、もう16日でした。最新の6月号が発売されてますね。コンビニへどうぞ~!

今月号のカスタムラボでは、老舗カスタムショップの「オートマジック」を紹介しています。その代表の荒木さん、カスタムとは新しい価値観の提供だと力説してくださいました。

んでは次のカスタムはどんなのがいいでしょか? と聞いたら「3輪だね!」とのことです。

 

写真で跨っているのはナナハンカタナのエンジンとフレーム下半分。ナナハンカタナそのものが現在ではあまり高い価格で取引されていないため、新たな価値観を付け加えてあげることでそのポジションを高めたいじゃないか! と熱っぽく話しておりましたよ。

このフレーム&エンジンのフロント周りに2輪を取り付け、前2輪後ろ1輪のトライクとしようという訳。しかも前2輪の幅は少なめで、後輪を積極的にドリフトさせるような乗り方を可能とする作りこみを目指しているそう。ふふふ、楽しみですね!

来年の東京モーターサイクルショーまでには形にして、出展および新たなカスタム三輪の世界を示してくれるというからこれまた楽しみ。

カタナカウルの前からタイヤが2本のぞいてたら、いやー斬新だなぁ!!

(ノア)

2012年5月13日 

おわ!

- Noah Sellen @ 8:00 PM

 

去年編集部のみんなを誘って、富士スピードウェイで行われてる「ミニろく」というミニバイクでの6時間耐久レースに出場しました。

残念ながら本番は雨でしたが、まぁでもみんなでワイワイやるのは楽しいし、バイクが100ccじゃそんなに怖い思いもしないし、楽しい経験となりました。BGではもてぎの「DE耐」の記事は毎年あるけど、ミニろくもけっこう盛り上がっているもののなかなか紹介する機会もなかったからね、DE耐以上にユルイ感じのこのレースも紹介(&参加)できてよかったと思ってます。

今年はカズ中西さんも出るらしいし、なんだい、けっこうBGでももりあがってんじゃん?なんて思ってたら、去年テック21カラーのTZR50で参戦してた「ハヤシカスタム」さんからお誘いがあって、「ノア君速いんだって?じゃこれに乗りなさい」とライダーに起用してくれた。

TZR50どころか2スト50cc自体をサーキットで走らせた経験なんてないから、一体どこから「速い」なんて思ったのかわからないけれど、林さんは僕をたきつけるのが好きだからね、ズに乗って「出ましょ出ましょ!」と年間ライダーとして全3戦分の参戦費用を先に払っちゃいました。

で、先日初めてそのTZRで練習走行に行ったのだけど、車体は小さいしパワーバンドは小さいしでなかなか慣れないもんですね! タイムはどってことなかったけど、「こんな世界もずいぶん楽しいじゃないか!」と2ストをパインパイン言わせながら思いましたとさ。

パワーバンドが狭いもんだからいつも必死で回し続けてると、タコメーターがレッド飛び越えてブラックまで行っちゃってヒヤリとするけど、林さんは「大丈夫、壊れるものないから」と平気。そっかー、2ストは焼きつくことはあってもバルブがないから機械的に何かとぶつかちゃってぐしゃぐしゃになるってことはないんだな。

そんな練習走行時に、サーキットのゴミ箱で見つけたのがコレ。たぶんエイプかなんかのでしょうけど、見事にバルブとピストントップが当たってグッチャグチャ。さらにコンロッドも曲がっちゃってるし…… ミニはもろもろ安いとは言え、こうなちゃったらちょっと落ち込むよね……。

でもエンジンブロー事例としてはついつい目を引く破壊っぷりで、思わず「おわ!」となったわけです。

ミニろく初戦は5/27日、富士スピードウェイのショートコースです。関東からは気持ちのよいツーリングコースなのでよかったら冷やかしに来てください。

その前の週はツインリンクもてぎでDE耐です。ということは、何? 2週間で7時間の耐久レースと6時間の耐久レースをやるんか俺は! しかも両方ミニバイク。

絶対腰痛になるな……。 (ノア)

2012年5月10日 

アキナの?

- Noah Sellen @ 8:27 AM

どこに行くにも基本的にバイクの僕は、昨日も出先でたまたま宮崎敬一郎さんに出会って「ボロイののってんなぁ!」と笑われました(←本文とも写真とも関係なし)

えっと、そう。車には全然興味がないというか、いや、そんなことはないんだけど第一プライオリティが「バイクが積めるか」だから、少なくともスポーツカーは所有したい対象ではないのです。今最も注目してるのはニッサンのNV200ってヤツかな。貨物なのにFFだから、荷室がとっても低い! バイクの出し入れは本当に簡単そうです。さらに5ナンバー仕様もあるから、僕みたいに「もう毎年車検はイヤダ!」と思ってる4ナンバー乗りは選択肢が増えると言うこと。

でもね、NV200ってまだ新しいからそれなりに高いじゃん。そうなるとステップワゴンなんかも選択肢に入ってくるよね、燃費がいいし。あ、でも車格が大きいなぁ……

そんな貨物車萌えの僕が久しぶりにスポーツカーに乗りました。

新しいハチロク!

「買ってみた」というオーナーが「乗っていいよ」というので白糸スピードランドでブイブイ走りました。うーん! 楽しい! 太ももの裏側がゾワゾワする! しかも転ばないから最高じゃん! ……なんて言ったら、オーナーの方は「だからつまらない! バイクみたいな危険がないから面白くないんだよ…… 失敗しても頭をよぎるのが『ヤバいかも』じゃなくて『修理費いくら?』だもんよ」ですって。

そっかー、そういう見方もありますね。

ま、でも、バイクも車もスポーツしたらゾワゾワするのは一緒だな、と確認できた次第です。うん、普通に楽しかったよ!

(ノア)

2012年5月6日 

ヘソ曲がったらもどらない。

- Noah Sellen @ 8:36 PM

写真はVTスパーダのクラッチレバーっす。

折れてます。

転んだ時には折れてなくて曲がってるだけだったんだけど、優しく優~しく曲げ戻そうとしたらパキンと折れた。折れるんだコレが! 優しく優~しくプラハンで叩いて戻そうとしてもやっぱり折れる。

オフ車のレバーって材質が違うみたいで、比較的簡単に曲げ戻せる気がするけど、オンはダメだね! 絶対曲げ戻せないで必ず折れる。

バーナーであぶったり、ガスコンロに乗せてチンチンに温めた上で万力にはさんでグイグイと曲げると戻ったりもするけど、手間と火傷をするリスクと、あとはガス代を考えたらレバーを新しくした方が良いと思う。

そもそもそんなに熱を入れたレバーって本来の強度が出ているだろか……?

長年の経験から曲げ戻らないって知ってるのに、それでも試しちゃってまた折ったのが今回。ま、曲がってても折れててもどっちにしても使えないんだからチャレンジしたくなるよね。

不思議なのはがしゃーん!っていう転倒はスゴイエネルギーがかかってるのに、その時は曲がるだけで折れることは少ないんだよな。しかも必ず外向きに曲がる。手をはさまないようにそういう作りになってるんだろうけど、欲を言えば曲げ戻せると嬉しいなぁ、鉄のステップみたいに。

あ、レバーも鉄で作ればいいんだ、アルミではなく。

今しがたGWが終わりましたよ。現実が待っています……ひえー!

(GW1日も休んでない ノア)

 

2012年5月3日 

「パフォーマンスネイキッド」とは

- Noah Sellen @ 9:22 PM

今月号から始まった新企画

「日本車新時代」とは、新しいものも旧いものも、それぞれ新しい時代を迎えようとしているんじゃないかな、という訴えかけをしようというもの。

新車の方では既存のビッグネイキッドカテゴリーから、次の時代のマシンと感じるアルミフレーム&SS系エンジン搭載車に注目しました。

ま、そのイキサツはすでに出ている5月号を読んでもらいたいですが、この新たな(?いや、新しくもないんだけど、国内ではまだ広く認知はされていないのではないかな、という意味で)カテゴリーのネーミングに迷った。

やっぱりね、名前がついてないとみんなその存在に気づかないんだよね。

今までは「ストリートファイター」とか「ハイパーネイキッド」とか、それぞれ雑誌やメーカーによって色んな呼ばれ方をしてきたと思う。

だけど「ストリートファイター」はちょっと違うと感じてたんだ。なんだかテレビゲームを連想しちゃうし、そもそも誰と戦うんだかわからない。さらにドゥカティから同名の車種が登場しちゃったからね、いまやカテゴリーそのものを「ストリートファイター」と呼ぶのは難しいでしょう。個人的には大人のエンスーな趣味であるバイクに「ファイト」「戦う」というイメージをリンクさせたくなかったという気持ちもあるけどね。

では「ハイパーネイキッド」? いや、これは浸透してないし、スーパーの上ならハイパー、その先ならウルトラ、ギガ? テラ? と何だかまだまだ上が出てきそうでヤダった。

悩んだ末出したのが「パフォーマンスネイキッド」。難点は略せないことかなぁ。「パフォネ」ってかっこ悪いもん。書く時は「パフォーマンスNK」と書けばカッコはつくかな?

このパフォーマンスってのは直訳すると「性能」だから、必ずしも「運動」性能だけを指すわけじゃなくて、総合的に色んな性能が次の次元へと進んだよ、という意味で名づけました。

取り回しだって一つの性能。

低速での扱いやすさも一つの性能。

操りやすさも一つの性能。

そしてもちろん、その気になった時の実力も一つの性能。

フェーザーに乗ってるとそれら性能が高次元で、本当に21世紀のバイクに乗っていると感じます。今のところ困ってるのは、乗る時には必ずといっていいほど雨が降ることだけど…… なんだろな、雨バイクなのかな?少なくとも雨の中での「パフォーマンス」はかなり検証できてますよ不本意ながら。

もう一つの新時代は絶版車の世界。

絶対王者のZ1の人気がとどまることを知らない中で、価格もどんどん上がっていくから憧れで終わっちゃう人も増えてきたはず。だったらZ1でこそないけれど、兄弟車で似た魅力、そして違った魅力ももったZ1000なんてどうよ?と始まったのが「The Next Zed」です。

新車も絶版車も、単一カテゴリーにあんまり執着せずに、広い目で見てバイクを楽しみましょうぜ! というのがメッセージですね。すでに読者の方から心強いお便りをいただいてますので、がんばって連載を続けて行きまーす!

あ、ちなみにね、パフォーマンスNKがマイナーなカテゴリーかと思ったら全然そんなことなかった。新車販売の上位には入ってこないのに、週末の箱根や伊豆に行くとワンサカ走ってる。ということは持ってる人はよく走ってる人ってことなのかな……??

(ノア)

 

cl24.com.ua

eurobud.com.ua