PsP-Traumlandー・バイク編集部「日々是二輪日」

WEB Mr.BIKE EDITORIAL DEPARTMENT - PsP-Traumlandー・バイク編集部 WEB Mr.BIKE WEB Mr.BIKE

※編集部宛のメールはこちら「[email protected]」へ。

2018年1月18日 

祝・KAZE 30周年! カワサキコーヒーブレークミーティング・キャラバンが始まった。

- komiyama @ 7:45 PM

『本年で創立30周年を迎えるカワサキユーザーのメンバーズクラブ「KAZE」により開催される「Kawasaki Coffee Break Meetingキャラバン」の第一回アニバーサリーミーティングがさいたま市の「埼玉スタジアム2002」で2018年1月14日に開催された。』(泉田睦男)
……続きはこちらのリンクから。

2018年1月12日 

『行った年 来た年 MotoGP』 SUZUKI編

- komiyama @ 9:43 PM

ジャーナリスト 西村 章が聞いた
『技術者たちの2017年回顧と2018年への抱負』
「-プレシーズンは順調にテストを進め、開幕戦ではイアンノーネ選手が予選2番グリッドを獲得。リンス選手は18番手から追い上げて9位フィニッシュ、とまずまずの内容でした。何かがおかしい、と感じはじめたのはいつ頃からですか? 」
……続きはこちらのリンクから。

2018年1月11日 

YAMAHA XSR900 試乗 『これが時代の本流!? ネクラシックという 走りとスタイリングの融合。』

- komiyama @ 10:48 AM

『XSR900はMT-09のちょっとクラシックスタイルなバリエーションモデル。
ちょっと古め、という流れは珍しくはないけれど
いまどきの「ちょっと古め」が新しい段階に踏み込んできた。
カワサキZ900RS、BMWのRnineTアーバンG/Sと同じ流れ
それがスポーツヘリテージだ。』(中村浩史)
……続きはこちらのリンクから。

2018年1月5日 

2017 EICMAを振り返る Part2 海外メーカー編 Vol.3 『パーツやライディングギアも刺激的だ。 もちろんギャルも……(^0^)』

- komiyama @ 8:10 PM

『2017EICMAの振り返り。はい、まだ続いてるんです。今回はパーツメーカーやライディングギアブランド、またEICMA初の試みとなった別会場でのカスタムイベントを紹介します。』(河野正士)
……続きはこちらのリンクから。

2017年12月27日 

世界耐久選手権「81回ボルドール24時間耐久」レポート 『鈴鹿に向かって──。』

- komiyama @ 7:12 PM

『世界耐久選手権(EWC)の2017?2018年シーズンが始まった。緒戦はフランス・ポールリカール・サーキットで行われた『81回ボルドール24時間耐久』。野左根航汰(YART:ヤマハ・オーストリア・レーシング・チーム)がEWCフル参戦するのも注目される。2018年真夏のスズカの最終戦まで、長く熱い戦いが続く。』
……続きはこちらのリンクから。

2017年12月25日 

OILIBYA RALLY MOROCCO 2017 18年目のモロッコラリー<後編> 『サハラに挑戦しないか!?』

- komiyama @ 11:12 AM

『10月7日、昨日の長距離移動から一転、この日の予定は24.44キロのリエゾンと、364.5キロのスペシャルステージからなる予定だった。この日は二輪も四輪と同じルートだ。乗り合いのプレスカーは170キロ地点あたりにある砂丘群の中に先回りし待機することに。サハラのラリーといえば、やっぱり砂丘が連なる風景だ。冒険度満点の風景で選手を待ち構えよう、という魂胆だったのだ。』(松井 勉)
……続きはこちらのリンクから。

2017年12月20日 

18年目のモロッコラリー──前編 『サハラに挑む、世界に挑む7日間。』

- komiyama @ 10:11 AM

『巨大なアフリカ大陸の北西部。大西洋と地中海に面した海岸線。そこに拡がる緑豊かな土地を越え、内陸に行けば広大なサハラ砂漠が横たわる国、モロッコ。この土地で2000年に始まり今回で18回目の開催となるクロスカントリーラリーがある。それが0ILIBYA RALLY MOROCCO(以下・モロッコラリー)である。サハラを走る冒険ラリーはどうだったのか。一週間のラリーを追った。』
……続きはこちらのリンクから。

2017年12月18日 

ああ、青春のゼロハンスポーツ図鑑 Vol.4 YAMAHAその2(水冷編)

- komiyama @ 5:47 PM

『衝撃作となったホンダMB50の対抗馬として、国産50cc市販車としては初の水冷エンジンを採用して登場したRZシリーズの末弟。水冷エンジンはパワーアップと燃費を向上させるYEISを市販車として初めて採用し、振動を大幅に軽減させるオーソゴナルマウント方式で専用設計のダブルクレードルフレームに搭載した。リアにはモノクロスサスの採用など、エポックメイキングなRZ250に準じ、すべてを新設計とした意欲なニューモデルであった。さらなる高性能化へと突き進むゼロハンスポーツ戦争に火を付けた形になり、結果的には後の最高速度60km/h規制の発端にもなってしまった。』
……続きはこちらのリンクから。

2017年12月18日 

FIMアジアロードレース選手権 (ARRC)参戦記 第19回(最終回?)ナイトロ・ノリの「アジアはあぢ~でかんわ」Rd.6 タイ

- komiyama @ 5:02 PM

『ナイトロ・ノリこと芳賀紀行とその実兄である芳賀健輔がともに立ち上げたK-max Racing。2017 FIMアジアロードレース選手権スーパースポーツ600クラスに参戦を開始したチームは、今シーズン最後の戦いの地、タイ・チャン・インターナショナル・サーキットに降り立った。』……続きはこちらのリンクから。

2017年12月15日 

2017 EICMAを振り返る Part2 海外メーカー編 Vol.1 『V4を搭載することに 迷いはなかったのか!?』

- komiyama @ 11:19 AM

『2017EICMAミラノショーの振り返り。すみません、遅くなってますね。なんて言い訳は置いておいて、第二回目は外国メーカー編その1です。
 世界中にインパクトを与えたDUCATI パニガーレV4の車体設計責任者であるクリスチャン・ガスパーリさんにもインタビューしましたよ。』(河野正士)
……続きはこちらのリンクから

https://best-cooler.reviews

здесь alex-car.com.ua

ссылка xn--e1agzba9f.com