MBニュース&トピック

 

2016年7月22日 

■トライアル国別対抗世界選手権、“史上最強”の日本代表選手決定

 イギリスがその発祥の地と言われるトライアルは、ライディング技術の正確性を競う競技。自然の中に設けられたルートに沿い、複数のセクション(採点区間)内にある岩山や急坂、沢などをいかに足を着かずに走破するかを競い、テクニックや体力に加え、走行ラインを読む知的な能力も必要とする。

藤波貴久

 そんなトライアルの国別対抗世界選手権「TRIAL DES NATIONS 」(トライアル・デ・ナシオン)が、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)の主催によって年に一度開催される。ナショナルチームとして戦う、サッカーで言えばワールドカップ、テニスで言えばデビスカップのようなイベントである。

 今年は「2016 FIM トライアル・デ・ナシオン」として9月10日・11日、フランスのIsola2000が舞台。ルールの変更によって今年は3名となった日本代表チームは、世界選手権に参戦中の藤波貴久(Repsol Honda Team)、全日本選手権でチャンピオン争いをしている小川友幸(HRC CLUB MITANI)と黒山健一(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)の3名に決定した。

小川友幸 黒山健一


昨年、3位入賞を果たした日本代表チーム。

 2011年以来4年ぶりの参戦となった。現在考えられる最強のメンバーが揃ったところで、更に上の成績に期待したい。

2016年7月21日 

■俳優・福士誠治がモータースポーツの魅力を紹介「Feeling First」


福士誠治(ふくし せいじ):1983年生まれ、神奈川県出身。2001年のデビュー以来、映画・テレビ・舞台で幅広く活躍中。

 ホンダが専用ウェブサイト、Youtubeのホンダ公式チャンネルで公開する「Feeling First」は、俳優の福士誠治の視点や体験を通して、二輪、四輪のモータースポーツの魅力的な世界を紹介するプロモーション映像。現在、予告編を公開中だ。

 本編は全5話。二輪編となる第1話と第2話は北海道・美瑛町の映像でスタート。二輪愛好家でもある福士が、大自然を軽快に走り回るバイクに心を揺さぶられ、再びバイクの世界の扉を自ら開けることに。世界GPや鈴鹿8耐で活躍した伊藤真一も共演、アドバイスを行う。

 第3話以降は大型二輪免許取得に励む福士が、鈴鹿8耐や全日本ロードレース、全日本スーパーフォーミュラを観戦。 過酷なレースに挑戦するライダーやドライバー達の情熱や、熱狂的なファンの姿などから、モータースポーツの魅力をドキュメンタリーストーリーとして紹介していくという。

 本編は8月12日(金)より公開となる。

~Feeling First “福士誠治 モータースポーツへの扉”~

2016年7月21日 

■スズキの電動アシスト自転車「ラブSNA24」「ラブSNA26」がマイナーチェンジ

 スズキは、電動アシスト自転車「ラブSNA24」「ラブSNA26」をマイナーチェンジして、7月27日より発売すると発表した。

 主な変更点は、1)モーターの剛性が高い「タフパワーアシスト」を採用し、パワフルで滑らかな走り出しを実現。2)車体色を「カッパーメタリック」(新色)、「モダンシルバー」、「チョコブラウン」の3色設定とした。

 走行距離の目安としては、「エコモード」使用時で約42km(2015年モデルは約35km)、「オートマチックモード」使用時が約30km(2015年モデルで約25km)、「パワーモード」使用時約26km(2015年モデルで約23km)。ちなみにこの走行距離の目安は、新品のバッテリーを満充電後、バッテリー残量がなくなるまでに走行できる距離を、定められた条件で測定したもの。気象、道路、整備、乗り方などの使用条件や、経年劣化などにより実際の走行距離は異なる場合がある(測定方法は、業界統一テスト条件によるもの)。

 主な特長としては、1)バッテリー容量6.6Ah、充電時間約4時間、2)リングを回してハンドルを固定し、駐輪時の前輪のフラつきをとめる「くるピタ」の採用(ハンドルを完全に固定する機能ではない)、3)荷物やかばんが傷つきにくい「スムースイン樹脂バスケット」の採用、4)使い易い「バックライト付手元スイッチ」で、走行条件や荷物の重さに応じて3つのアシストモードの切り替えが可能、5)いたずらによるサドルの抜き取りを抑止し、車体から簡単に外れない「サドルガードマン」機構を採用、6)ツインLEDビームランプを採用した独立点灯のバッテリーライトを装備、7)大型でキズやヘコミに強い樹脂製の「スムースインオリジナル樹脂バスケット」の採用、など。

 
●商品名
ラブSNA24(SNA24L6)/ラブSNA26(SNA26L6)
●メーカー希望小売価格
96,120円(消費税抜き 89,000円)
●発売日
2016年7月27日
●車体色 3色
カッパーメタリック(T78)/モダンシルバー(S4R)/チョコブラウン(T2E)
ラブSNA26。 ラブSNA24。

■スズキ 

2016年7月20日 

■鈴鹿8耐・ダンロップのブースではトークショー他イベントを開催

 7月28日(木)~31日(日)に開催される2016 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦「“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第39回大会」において、ダンロップの住友ゴム工業がブース出展。ダンロップ・サポートチームをはじめ、元・世界GPライダーの八代俊二氏、元世界耐久チャンピオンの北川圭一氏、3年連続全日本トライアルチャンピオン・小川友幸選手など、多数のゲストを迎えてトークショーが行われる。

 また、ブースでは新製品「SPORTMAX α-13SP」をはじめとする高性能ラジアルタイヤ「SPORTMAX」シリーズを展示。年間を通して全国で開催している「サーキットステーション」「ツーリングステーション」などのイベントも紹介される。

ダンロップ・ブース出展概要
●出展期間:7月29日(金)~31日(日)
●出展場所:鈴鹿サーキット グランプリスクエア内
●展示タイヤ:DUNLOP SPORTMAXシリーズ
・SPORTMAX α-13SP
・SPORTMAX ROADSMARTIII
・SPORTMAX GPR-300
・SPORTMAX α-13
・SPORTMAX Roadsport

2016年7月19日 

■旅先で出会うことができた“空気”を表現、MPG写真展2016「バイクのある風景」

 7月27日(水)から8月6日(土)まで、EIZO銀座ガレリア(東京都中央区銀座7-3-7ブランエスパ銀座ビル3階)にて開催。ニコニコ動画サイト内のコミュニティ“ニコニコツーリング”より派生したバイク乗り・写真集団「MPG」(Motorcycle Photo Graphers)所属メンバー15名による合同写真展だ。時間は10時~18時30分(日・月曜定休)。

 バイクは風を感じながら走り、時には止まってゆっくりと流れる空気や風景を感じる素敵な乗り物。そのバイクと日本の各所にある素敵な風景を切り取ることで、旅先で出会うことができた“空気”を表現した作品が展示されるという。

 7月30日(土)には15時より同会場内セミナールームにて、今回の写真展のプロデューサーであるプロカメラマン・小崎直史氏によるスペシャルセミナーを開催(事前予約不要)。

MPG(Motorcycle Photo Graphers)

2016年7月17日 

■参加者にプレゼントも用意! 渋谷でヤマハの電動スクーター「E-Vino」体感イベント開催

ヤマハ電動スクーター「E-Vino」 渋谷「ロフト」

 7月20日(水)から8月2日(火)までの2週間、若者の街・渋谷の「ロフト」(東京都渋谷区宇田川町21-1)1階・間坂ステージにて、原付1種(50cc以下)電動二輪車「E-Vino」の展示イベントが開催される。

 多くの学校が夏休みとなるタイミングに、主に若者を対象に行われるもの。屋内スペースでは、電動二輪車だから可能となった“アクセルを実際にまわして、後輪が駆動する様子を体感できる”コーナーを設置。来場者が被写体となって撮影が楽しめる工夫も凝らされる。

 また、イベント参加者にはプレゼントを用意。クリーンでオシャレな E-Vinoを是非、体感してみてほしい。

ヤマハ電動スクーター「E-Vino」

2016年7月15日 

■鈴鹿8耐の栄光に向けはずみ、Hondaライダーがファンを前に抱負語る!

「2016 鈴鹿8耐 Hondaファンミーティング」にて、鈴鹿8耐を戦うホンダ主要2チーム・5選手が、平日にも関わらず来場したファンの皆さんと記念撮影。※以下、写真をクリックすると大きく、または違う写真を見ることができます。

 真夏の祭典・鈴鹿8時間耐久ロードレースを2週間後に控え、舞台となる鈴鹿サーキットでは決勝を見据えたテストが行われた。翌7月15日、テストに参加したホンダの主要2チームのライダーが本田技研・本社ビルのウエルカムプラザで開催された「2016 鈴鹿8耐 Hondaファンミーティング」に駆けつけ、トークショーなどが行われる。

 イベントに出席したライダーは♯5 F.C.C. TSR Hondaの渡辺一馬、パトリック・ジェイコブセン、♯634 MuSASHi RT HARC-PRO.の高橋 巧、マイケル・ファン・デル・マーク、ニッキー・ヘイデンの5選手。TSR Hondaのライダーとしてエントリーしているドミニク・エガーターは7月17日決勝のロードレース世界選手権・Moto2クラスに出場のため欠席。


♯5 F.C.C. TSR Hondaの渡辺一馬、パトリック・ジェイコブセン。 ♯634 MuSASHi RT HARC-PRO.の高橋 巧、マイケル・ファン・デル・マーク、ニッキー・ヘイデン。

 今シーズンはル・マン24時間など鈴鹿以外の世界耐久シリーズにも参戦しているTSR Honda、8耐は初出場となるジェイコブセンだが、先月行われたポルティマオ12時間耐久で渡辺と一緒に戦っていることもあり不安要素はなさそう。鈴鹿8耐常勝チームのHARC-PRO.は昨年はリタイアだったこともあって今年は雪辱に燃えており、2連覇(2013・2014年)を達成している高橋&ファン・デル・マークに、13年ぶりの8耐となる2006年MotoGPチャンピオンであり、今年から参戦しているスーパーバイク世界選手権で早くも優勝を飾ったニッキー・ヘイデンがジョイントし、どのような戦いを見せるか、注目が集まる。当然、両チームの目標は優勝である。

 イベントではトークショーやファンからの質疑応答の他、サイングッズ争奪のじゃんけん大会も実施。最後はファンの皆さんとの記念撮影でお開きとなった。

普段じゃんけんの風習の無い外国人選手たちではあるが、通訳の伊藤ソニアさんにやり方を教わりながら、若干後出し気味ながら自ら参加するというサービス精神を発揮。プレゼントをゲットできた人はもちろん、多くの来場者を喜ばせてくれた。


鈴鹿8耐の決勝が行われる7月31日、Hondaウエルカムプラザ青山ではパブリック・ビューイングを実施。皆で一緒に盛り上がると楽しさ倍増だ! 今回のファンミーティングで司会を務めたモータージャーナリスト/フリーアナウンサーの辻野ヒロシさんは現地からレポートとなる模様。

 尚、今回のファンミーティングが行われたHondaウエルカムプラザ青山では7月31日(日)「LIVE in AOYAMA 鈴鹿8時間耐久ロードレース パブリック・ビューイング」を開催。1986年に日本初の鈴鹿8耐の衛星生中継イベントを実施して以来、今回で31回目となる。レースを迫力の大画面で観覧できるほか、過去の優勝マシンの展示、ビギナー向けガイドコーナーも設置。キッズスペースや授乳室も用意される他、館外のフードテラスでは食事の提供も行われる。入場無料。開場は10時。

Hondaウエルカムプラザ青山


Hondaウエルカムプラザ青山に展示中、鈴鹿8耐を制したホンダのマシン(1991年RVF750、1998年RVF/RC45、2000年VTR1000SPW、2005年CBR1000RRW)。

2016年7月15日 

■ハーレーダビッドソンの新世代フラットトラックレーサー XG750Rのデビューを記念してSTREET750に特別限定モデルを発売

 ハーレーダビッドソンジャパンは、ハーレーダビッドソンの新世代ダートトラックレーサー「XG750R」のレースデビューを記念して「HARLEY-DAVIDSON STREET 750」の限定カスタムペイントモデルを、2016年7月15日(金)より全国の正規ディーラーにて台数限定で販売開始すると発表した。

 ハーレーダビッドソンは、5月29日(現地時間)に、米国イリノイ州で開催されたAMA PRO FLAT TRACKスプリングフィールドマイルにて、同社のSTREET750をベースにした新世代フラットトラックレーサー「XG750R」をデビューさせた。そしてこの度、この「XG750R」のレースデビューを記念して、ハーレーダビッドソン伝統のワークスカラーであるオレンジとブラックベースにレーシングスピリットの象徴であるチェッカーストライプのオリジナルカスタムペイントを施したSTREET750、4色を台数限定で発売するというもの。車両本体価格:900,000円(税込)。

 またこれに合わせて、2016年7月14日~9月30日の期間中、H-Dファイナンスプランを利用の上、STREET750の新車を正規ディーラーにて購入し、2016年9月30日(金)までに納車を完了された方で、ローン所要資金50万円以上の方を対象に6万円分の商品券をプレゼントする「HARLEY-DAVIDSON STREETローンサポート」キャンペーンも行っている。

カラーはレーシングオレンジ×黒のチェッカーライン有りと無し、黒×黒のチェッカーライン有りと無しの4タイプ。

■ハーレーダビッドソンジャパン
 カスタマーサービス TEL0800-080-8080 

2016年7月14日 

■イタリアで泥んこになって走るツアー、1名にプレゼント!

 2016年9月17日・18日にイタリア・フィレンツェ周辺にて開催されるは、 “泥んこになって走りたい” “バイクの限界にチャレンジしたい” “バイクで空を舞ってみたい” “Multistrada 1200 Enduroを乗りこなしたい”といった、真の冒険野郎にドゥカティが届けるプログラム。今年から新たにMultistrada 1200 Enduro用のDREが開校することで、オフロード性能を存分に活かせる会場にて真のオフロード体験が可能となった。
 
 ドゥカティ ジャパンが実施する「イタリアで真の冒険野郎に! キャンペーン」では、そんなツアーを1名にプレゼント。

 応募方法は、WEBページ()からリンクされている応募フォームより応募。応募はひとり1回限り(複数回の応募は無効) となる。締め切りは2016年7月22日(金) 23時59分。

イタリアで真の冒険野郎に! キャンペーン

Ducati Riding Experience Enduroに参加!?  ケーシー・ストーナーとMultistrada 1200 Enduro

2016年7月14日 

■“バイクのある風景”など募集、岩手県二戸市がフォトコン実施中!

 夏になると多くのライダーが北海道を目指すが、“戸エリア”はその中継地点として点在。「戸」のつく市町村は、一戸、二戸、三戸、五戸、六戸、七戸、八戸、九戸と、青森・岩手両県に分布している。そのひとつ、岩手県の二戸(にのへ)市の観光協会は10月11日まで「おすすめスポット発掘フォトコンテスト」を実施、作品を募集中だ。

 応募希望者は事前にエントリー、二戸市内および“戸(へ)”のつく市町村内で撮影した写真で応募することが可能。エントリーすることで「戸エリアお試し優待券」を受け取ることができ、楽しく「戸めぐり」をしながら写真撮影を行うことができるというもの。

 フォトコンテストの応募部門は全5つ。賞は全ての応募作品から選ばれる最優秀賞、優秀賞の他、部門賞、審査員特別賞も設けられている。詳細は「おすすめスポット発掘フォトコンテスト」のサイト()にて。

「おすすめスポット発掘フォトコンテスト」概要
●応募部門
①バイクのある風景部門(ライダー)
②初めて来たよ部門(該当エリアに住んでいない者限定)
③地元民おすすめ部門(該当エリア居住者限定)
④スマホ部門(誰でも)
⑤優秀コメント部門(上手いコメント)
●最優秀賞:賞品+副賞(賞金10万円)
●優秀賞:商品+副賞(賞金3万円)
●募集期間:平成28年7月11日~平成28年10月上旬
●応募資格:プロ・アマ問わず、未発表の作品

二戸市観光協会公式サイト

на сайте militarycenter.com.ua

купить сумку женскую

читайте здесь agroxy.com