MBニュース&トピック

 

2016年8月3日 

■ダンロップ、今年も全国6ヵ所で二輪車用タイヤの安全点検を実施

タイヤ点検活動の様子(2015年実施時)

 住友ゴムグループの二輪車用タイヤの販売会社・ダンロップモーターサイクルコーポレーションは8月7日(日)、「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」の一環として二輪車用タイヤの安全点検を実施する。2012年より全国の道の駅やレストハウスなどで実施してきたこの活動、これまで延べ1,649台のタイヤ点検を行っている(2014年は悪天候のため中止)。

 今回の活動はタイヤに起因する事故の未然防止を目的とし、装着されているタイヤの残溝チェック、タイヤ表面の損傷、摩耗度合いなどを調べる外観点検が行われる。また、タイヤの安全で正しい使用・管理方法について説明した専用のチェックカードを配布するなど、ライダーにタイヤの日常点検の重要性を訴求していくという。

二輪車用タイヤ 「DUNLOP 全国タイヤ安全点検」
●実施日時:8月7日(日) 9時~15時
●実施会場/所在地
道の駅 喜多の郷/福島県喜多方市松山町鳥見山字三町歩5598-1
ターンパイク箱根 大観山駐車場/神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋955
道の駅 桜の郷 荘川/岐阜県高山市荘川町猿丸88
瑞穂の里・さらびき/京都府船井郡京丹波町大朴休石10-1
道の駅 風の家/岡山県真庭市蒜山上徳山1380-6
道の駅 ゆふいん/大分県由布市湯布院町川北899-76

2016年8月3日 

■最新モデルが特別価格で購入できるチャンス!  キムコジャパン「サマーキャンペーン」「選べるサポートキャンペーン」

 全国の正規販売店にて9月30日まで実施。期間中に特別価格の適用、盗難補償やロードサービスといった付帯サービスの選択によって、「Downtown350i ABS」の場合、合計で最大94,800円(税込)割引で購入可能となるキャンペーンだ。

「サマーキャンペーン」の対象モデル(税込割引額)
●Downtown350i ABS/Downtown125i(64,800円)
●K-XCT300i /K-XCT125i/Racingking180i ABS+MOTOCAM(43,200円)
●Racing150i ABS+MOTOCAM /Tersely GT125i(32,400円)

「選べるサポートキャンペーン」のプラン(サポート内容/税込割引額)
●フルサポート(3年保証・ロードサービス・盗難補償・立ちごけ補償・買取保証/無し)
●Aプラン(3年保証・ロードサービス/10,000円)
●Bプラン(3年保証・盗難補償/20,000円)
●Cプラン(3年保証/30,000円)
※XCITING400i ABS を除く8月1日時点でのカタログ掲載モデルが対象

 キャンペーンの詳細はにて。

キムコジャパン

Downtown350i ABS K-XCT300i
Racingking 180i ABS+Motocam Racing 150i ABS+Motocam Tersely GT125i(写真はイタリア仕様の300ccモデル)

2016年8月2日 

■ダンロップの住友ゴム工業「2016 SPORTMAXスポーツマックス 秋のツーリングキャンペーン」

 8月より全国のダンロップ・モーターサイクル用タイヤ取扱店にて実施。モーターサイクル用タイヤ「SPORTMAX」シリーズの対象商品(前後1セット)を購入すると、先着5,000名に「Coleman」と「DUNLOP」のオリジナルコラボレーションネックウォーマーをプレゼントされるキャンペーンだ。

 対象商品は●ROADSMART III(ロードスマートスリー)●GPR-300(ジーピーアールサンビャク)。

 詳細は下記公式WEBサイトにて。

RIDERS NAVI

2016年8月1日 

■荒川静香さんはじめ、東北に関わりある著名人が到着を待っている! 「ライダーサポート東北@SUGO」

 「東日本大震災から5年目となる2016年、震災を風化させず復興支援を継続」することを目的に9月17日(土)開催。開催会場となるスポーツランドSUGO(宮城県柴田郡)をゴールに、途中東北6県にあるサービスエリアや道の駅に立ち寄り、3カ所のスタンプを収集するという、ライダーを中心とするツーリング形式のイベントだ。

 会場には仙台にゆかりの深い荒川静香さんをはじめ、東北に関わりのある著名人がライダーの到着を待っており、集まった参加者と本コースでパレードランやトークショー、チャリティオークションなどを実施。地元グルメ、ヤマハ車両のTouch&Try、ワイズギアによるコーヒーの提供とヤマルーブケミカルのお試し「ヤマルーブカフェ」もあり。集まった収益金および募金は東日本大震災および熊本地震の義援金として寄付される。

 参加資格は事前申込後、バイクで来場可能な人(メーカー不問。サーキット走行に適していない車両はパレードランに参加できない場合あり。事前申込していない人も当日入場可能だが、パレードランには参加できない)。

 参加費は二輪車:1人2,000円、2人(タンデム)3,000円(スタンプ帳、ステッカーおよび現地限定ノベルティ含む。税込)。参加方法は専用サイト()に必要項目を入力し、事前申込のうえ、指定振込先に参加費を振込のこと。申込期間は8月28日まで(参加費の振込は8月31日まで)となっている。

問:「ライダーサポート東北@SUGO」事務局」
TEL:03-5713-3844

2016年8月1日 

■TVCMのロケ地でも有名なポイント他、絶景ツーリング“山口編”を公開

 JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)ホームページの「JAF Happy Bike!!」は、“楽しくバイクに乗ろう”をコンセプトとしたバイクユーザーのためのコンテンツ。「絶景ツーリング」コーナーでは、日本全国の絶景スポットを見に行くツーリング動画を公開。途中の観光地やご当地グルメなどの立ち寄りポイントも動画内で紹介中だ。

 その第5弾となる「絶景ツーリング 山口編」の公開がスタート。まるで羊の群れの中を走っているような雰囲気となるカルスト地形の秋吉台スカイラインから、エメラルドグリーンの海に架かる一直線の海上橋を渡り角島に向かうというルートだ。今回のライダーは采女 華、市村 亮、TOMO、バイクはスズキGSX-S1000F ABS、Vストローム650 ABS、GSR250。

 JAFは今後も「Happy Bike‼」を通じ、安全で楽しい絶景ツーリングを提案していくという。

JAF Happy Bike!!「絶景ツーリング第5弾 秋吉台スカイライン~角島大橋編」

2016年7月29日 

■8月のMOTORISEは、火山活動が生み出したダイナミックな景色の中をツーリング!

 BS11(日本BS放送)で毎週水曜日23時から放送中の30分番組、大人のバイク時間「MOTORISE」。 全国視聴できる唯一のバイク専門番組、8月は全日本トライアル選手権レディースクラスで活躍する小玉絵里加選手をゲストに迎え、番組ナビゲーター・中野真矢と共に伊豆諸島・三宅島へ。

 二人は太平洋を眺めながら大自然を一望できる絶景スポットや、観光スポットをバイクで巡りつつ、島のグルメや自らゲットした地元の“新鮮食材”も紹介。「エンデューロレース」で復興島おこしを行っている三宅島のダイナミックな景色の中を、オフロードバイクで駆るネイチャーツーリングの模様をお楽しみに!

 放送スケジュールは「Vol-134 バイクで三宅島!夏を満喫 Part1」が8月3日、「Vol-135 バイクで三宅島!夏を満喫 Part2」は8月10日となっている。

MOTORISE

2016年7月29日 

■“やらまいか精神”の浜松に、今年も熱い日がやってくる!「バイクのふるさと浜松2016」

 静岡県浜松市が主催、毎年夏の恒例イベントとなっている「バイクのふるさと浜松」が、今年は8月20日(土)・21日(日)の2日間、浜松市総合産業展示館(浜松市東区流通元町) にて開催される。入場無料。

 世界に誇る日本のバイクメーカーであるホンダ、ヤマハ、スズキ創業の地でもある浜松を舞台に、全国から2万人以上のファンが来場するイベントで、今年はさらにパワーアップ。バイクに乗っている人、バイクが好きな人はもちろん、これまでバイクに興味がなかった人も楽しめるよう、恒例となっている「交通安全宣言パレード・ラン」をはじめ、親子バイクスクール、二人乗り体験&インストラクターデモ走行、夢のバイクデザイン画コンテストなどなど、多彩なコンテンツを用意される。

 また、展示場では3メーカーのタッチ&トライコーナーやMotoGPマシンの展示、バイク用品メーカー、販売店コーナー、交通安全啓発コーナー、バイクモデラーズミーティングコーナー、キッズ バイクづくりワークショップコーナーなどもあり。

主な内容
●交通安全パレード・ラン(20日 浜松城公園スタート)●ヤングマシン・Motoツーリング 読者ミーティング(20日)●親子バイクスクール(20日)●静岡県警察音楽隊コンサート 交通安全啓発(20日)●KAZU中西 交通安全講座(20日)●新旧名車サウンドデモ走行(20日・21日)●トライアルデモンストレーション(20日・21日)●二人乗りバイクスクール(21日)●3メーカーPRステージ(21日)など

問:浜松市 産業部 産業振興課
TEL:053-457-2825

2016年7月28日 

■お間違え無いよう、今年は8月21 日開催! 「バイクの日スマイル・オン2016」

昨年の模様

 1989年、政府総務庁(現・内閣府)交通安全対策本部が二輪車の交通事故撲滅を目的に制定したのが「8月19日:バイクの日」。以降、バイクの日を中心に、全国自治体の交通安全対策室や地元警察により安全運転講習などが開催されているのはご承知の通り。

 また、日本自動車工業会(自工会)や日本二輪車普及安全協会(二普協)などの二輪車関係団体は2000年より「バイク月間」をスタート。現在は7~9月の期間に二輪車の交通安全啓発活動を展開し、バイクの日には交通安全パレードなどのイベントを実施してきた。

 今年のバイクの日は日曜日となる8月21日、昨年と同様に東京・秋葉原「ベルサール秋葉原」(東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル1F)を舞台に、二輪車ユーザーを中心に広く一般の人々へ交通安全意識の啓発とバイクの日の社会的認知の向上を図り、バイクの魅力を感じてもらうため「バイクの日スマイル・オン2016」として開催される。

 当日は秋葉原の中央通り(万世橋~外神田5~上野広小路)にて警視庁・女性白バイ隊「クイーンスターズ」先導で、約60名の女性ライダーによるパレードを実施。またゲストを招いたトークショー、車両展示なども行なわれる予定だ。

●スケジュール
11時~:開会式
11時30分~:交通安全パレード
12時30分~:アニメ「ばくおん!!」ステージ
13時30分~:警視庁交通安全教育ステージ
14時30分~:熊本地震復興応援ステージ
15時30分~:「バイクの日」スマイル・オン2016 女性ライダーミーティング

日本二輪車普及安全協会・バイク月間

昨年の模様

2016年7月27日 

■鈴鹿8耐“11連覇”を目指すブリヂストン、特設ブースで各種イベントを開催

 MotoGPやスーパーバイク世界選手権とは異なり、タイヤ・メーカーによる競争が行われている世界耐久選手権シリーズ。その第3戦にあたる「鈴鹿8時間耐久ロードレース第39回大会」が7月28日から31日に開催される。今年からEWCクラスにおいて予選から本戦までに使用できるタイヤ本数の上限が20本(SSTクラスは13本)と少なくなったことで、タイヤ・マネージメント戦略にも注目が集まっている。

 鈴鹿8耐にタイヤを供給する4メイクスの内のひとつ、ブリヂストンは参加する15チームをサポート。2006年からの連覇記録を「11」に伸ばすべく、今年もチームを足元から支えていくという。

 そんなブリヂストンは鈴鹿8耐レースウィーク期間中、サーキット内の特設ブースにおいてBATTLAXタイヤ・ラインアップを紹介する他、トークショーやイベントを開催。さらにアニメ「ばくおん!!」とのコラボレーションエリアも新たに設けられる。

 また、レースをより一層楽しむためのスペシャルWEBサイトを開設、レース速報をはじめ、さまざまな情報を順次配信していくという。

鈴鹿8耐スペシャルサイト

鈴鹿8耐レース速報

2016年7月26日 

■ヤマハ準備万端、2連覇目指し“いざ出陣!” 

ヤマハ発動機 技術本部 MS戦略部の河野部長、MS開発部の辻 部長を中心に、ヤマハ・ファクトリー体制の2チーム、6名のライダー&2名の監督。外国選手は日本に到着したばかりだとか。※以下、写真をクリックすると大きく、または違う写真を見ることができます。


辻 部長が2016年仕様のR1について説明。昨年、不安材料だった燃費は10%低減させ開発目標をクリア。「安定したラップタイムを8時間コンスタントに刻む」ことを目的に、開発がすすめられたという。

 真夏の祭典・鈴鹿8耐(決勝・7月31日)を間近に控えた7月26日、東京・六本木で開催された「YAMAHA 8耐 MEDIA CONFERENCE」に6名のライダーやチーム監督らが集結、意気込みや抱負を語った。

 ご承知の通り、ヤマハは今年の8耐にファクトリー体制で2チームが参戦。昨年の鈴鹿8耐を制した「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からは、全日本ロードレースの最高峰・JSB1000クラスで5連覇を目指すヤマハのエース・中須賀克行、MotoGP ライダーのポル・エスパルガロ、そしてヤマハが今年から活動を再開したスーパーバイク世界選手権で活躍するアレックス・ローズが出場。タイヤはブリヂストンを使用する。

 一方、世界耐久選手権シリーズのレギュラーチーム「YART Yamaha Official EWC Team」は同チームのブロック・パークスに加え、JSB1000をヤマハ若手育成チームから戦う野左根航汰、藤田拓哉を起用。タイヤはピレリだ。

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のポル・エスパルガロ、中須賀克行、アレックス・ローズ、そして自身レーサーだったこともあり、選手の気持ちを汲むことができる吉川和多留監督。2連覇がかかったチーム、プレッシャーもあると中須賀。エスパルガロは今シーズン限りで去るヤマハに感謝を込めて走りたいと語った。昨年はヨシムラから鈴鹿8耐を戦ったローズ、すでに耐久仕様のR1との相性もバッチリの様子。 世界耐久選手権のシリーズを通して戦う「YART Yamaha Official EWC Team」のブロック・パークス、野左根航汰、藤田拓哉。藤田は3度目、野左根は初めての鈴鹿8耐となる。耐久スペシャリストと鈴鹿を知り尽くす日本の若手とのジョイント、戦いぶりに注目だ。マンディ・カインツ監督は「ファクトリー体制を誇りに思う」と語る。

 レースマシンのYZF-R1、フル・モデルチェンジによってデビューイヤーとなった昨年の鈴鹿8耐では正直不安もあったとヤマハ発動機 MS開発部の辻 部長。2クラスで優勝を果たす活躍を見せたが、レースが終わって早々に反省会を行い、2年目となる今年の8耐に向けR1は性能、燃費、信頼性のすべてが開発目標をクリア。

 もっとも、レースはマシンが優れているだけでは勝つことはできない。事前テストを重ね、マシン、ライダー、チームワークのすべてが昨年より大きく進歩し、どちらのチームが優勝してもおかしくない仕上がり具合だという。

 ヤマハの鈴鹿8耐参戦の意義は、世界のヤマハ・ファン、レース・ファンと感動を分かちあうこと。昨年の覇者として驕ることなく、2連覇への挑戦が間もなく始まる!

source best-cooler.reviews

подробно best-mining.com.ua

читать далее agroxy.com