MBニュース&トピック

 

2016年10月13日 

■試着試走会やトークショーを開催、GOLDWIN「Euro20th ANNIVERSARY PARTY」

 10月29日(土)、(山梨県北杜市大泉町西井出8240-1)にて開催。ゴールドウインが展開するモーターサイクル向けブランド「Euro」の20周年を記念し、20thモデルをはじめとするEuroシリーズ、R(REAL RIDE STYLE)、M(MULTI-USE STYLE)、L(LADIES STYLE)各シリーズといった2016年秋冬コレクションの試着試走会を実施する。

 また、元世界GPライダーの平 忠彦氏、BMWモトラッド・ライダートレーニング公認インストラクターの齋藤栄治氏、俳優の赤川 蓮氏ら、Euroにゆかりあるゲストを招いたトークショー、齋藤氏によるライディング・テクニック・セミナーも行われる。

問:Euro Club事務局
TEL:042-350-3193

2016年10月13日 

■ヤマハ・ジョグCE50他の改善対策(平成28年10月12日届出)

 対象車両は型式JBH-SA36J(通称名:ジョグCE50)の車台番号SA36J-779053~SA36J-802978(製作期間:平成25年1月25日~平成25年9月30日)の23,690台、型式JBH-SA39J(通称名:ジョグCE50D)の車台番号SA39J-812227~SA39J-821552(製作期間:平成25年1月25日~平成25年9月24日)の3,808台、型式JBH-SA39J(通称名:ジョグCE50ZR)の車台番号SA39J-812277~SA39J-821452(製作期間:平成25年1月25日~平成25年9月23日)の5,152台、計2型式、計3車種、計32,650台。

 不具合の部位(部品名)は「原動機(点火コイル)」。

 不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「原動機において、点火コイルの電気配線の配索設計が不適切なため、電気配線がホルダとメインハーネスのクランプの間に挟まることがある。また、点火コイルの端子の製造が不適切なため、端子の強度が不足しているものがある。そのため、低温時に電気配線の被覆が硬化した際に、車両の走行振動で電気配線が振れると点火コイルの端子に繰り返し応力が加わり亀裂が発生し、最悪の場合、点火コイル端子が折損して走行中にエンジンが停止し、走行不能となるおそれがある」というもの。

 改善対策の内容は「全車両、点火コイルを良品と交換するとともに、電気配線の配索を点検し、ホルダとメインハーネスのクランプの隙間に電気配線が挟まっているもの若くは隙間が小さいものは、配索を修正する」という。

 改善箇所説明図は

問:ヤマハ発動機 お客様相談室
TEL:0120-090-819

2016年10月12日 

■「タイトルは諦めてない!」 今週末、ヤマハの戦いに注目!!

5名のヤマハ・ライダーを中心に、ミーティングの最後に記念撮影(※写真をクリックすると、なぜ皆さん上を向いているのかわかります)

 週末にツインリンクもてぎで行われるMotoGP第15戦「日本グランプリ」を控えた10月12日、ヤマハは「YAMAHA MotoGP FAN MEETING 2016」を開催。ファンやスポンサー各社を招待した。

 会場にはヤマハのMotoGPライダーであるホルヘ・ロレンソ、バレンティーノ・ロッシ、ポル・エスパルガロ、ブラッドリー・スミス、そして中須賀克行が登場。彼らはファンからの質問に答え、プレゼント抽選会や記念撮影で来場者を大いに喜ばせた。また、ヤマハ発動機 技術本部の辻 幸一 MS開発部長が日本グランプリの見どころなどについて熱いスピーチ、ミーティングの興奮を最高潮の状態で締めくくった。

 さて、MotoGPは日本グランプリを含めて残り4戦。ライダース・ランキングではロッシが2位、ロレンソが3位につけており、ポイント的には厳しい状況にあるものの「まだ、タイトルは諦めてない!」と辻部長。YZR-M1を駆る5名のライダーに注目だ。


●Movistar Yamaha MotoGP
ホルヘ・ロレンソのコメント
「今日は、イベントに参加してくれてありがとう。またこんなに情熱的なファンのみんなに会えて本当にうれしいよ。日本グランプリでは、皆さんに最高の走りを見せたいと思っているので、ぜひ、ヤマハ、そして僕たちヤマハライダーを応援して欲しい」

バレンティーノ・ロッシのコメント
「毎年、日本グランプリは僕にとって特別なレースなんだ。いつも大きな喜びを感じていて、今回は特に、こうして多くのファンと会えてとてもうれしいよ。週末はいよいよ本番だけど、もてぎで皆さんのことを待っているからね。ヤマハライダー、そして僕自身のベストを尽くので応援よろしく!」

●Monster Yamaha Tech 3
ブラッドリー・スミスのコメント
「今日はこんなに多くのヤマハファンに集まってもらい、ヤマハライダーのみんなと、こうしてイベントに参加できてとてもうれしく思っている。今週末の日本グランプリで、またヤマハファンのみんなに会えることを楽しみにしているんだ。もてぎで会おう!」

ポル・エスパルガロのコメント
「僕自身、いつも日本グランプリをとても楽しみにしているんだけど、今日は、このようなイベントに参加でき、こうしてファンの皆さんに会えて、さらにうれしいよ。今回はMotoGPだけど、この夏の鈴鹿8耐のようにいい走りを見せたいと思っているので、ぜひ応援してね!」

●YAMALUBE YAMAHA FACTORY RACING
中須賀克行のコメント
「今日は多くのファンに集まってもらって本当にありがたいですね。日本グランプリに参加できることはうれしいし、MotoGPライダーの高いレベルを間近で感じることも楽しみです。また、ライダーとして多くを吸収でき、スキルアップにもつながると考えています。ぜひ週末は、ヤマハの活躍を楽しみにしていてください!」

左よりP.エスパルガロ、J.ロレンソ、中須賀克行、V.ロッシ、 B.スミス。ロッシと中須賀を除く3名は今シーズン限りでヤマハを離れることになるが、最終戦までは“ヤマハ・ファミリー”として全力サポートを受ける。 ファンから集められた中から代表質問がそれぞれぶつけられ、5人は答えた。ちなみに写真はロレンソへの質問。
やはりこの人は人気者。2018年シーズンまでヤマハで戦う。 ヤマハで3度タイトルを獲得したロレンソ、日本でブルーのウェアを纏った彼の姿は今週末で見納め!?
プレゼント抽選会では幸運な人に各選手のサイン入りグッズやヤマハ発動機60周年記念ブック、ヘッドフォンなどが渡った。 ミーティングに来場したファン全員が5人の選手と記念撮影。 最後に、辻 幸一 MS開発部長のスピーチ。日本グランプリは地元GPだが全18戦の中の1戦として全力で戦うのみ! と。

2016年10月12日 

■昭和の二輪、四輪愛好者の年代を超えた交流を目的に開催「第16回 小さな町の小さなカーフェスタ」

 10月23日(日)、 生活用品やバイク・自動車の部品等の有効利用を図るためのリサイクルの推進と、最近では見かけなくなった昭和時代の二輪、四輪車を展示し、愛好者等の年代を超えた交流を目的に、細倉マインパーク第2駐車場(宮城県栗原市鶯沢南郷柳沢2-3)にて開催。

 内容はフリーマーケット、ガレージセール及び二輪、四輪絶版車の展示、電気自動車及び電動バイク(トライク)の展示・試乗会、チャリティー募金など。

 すべて当日受付で、ブースがなくなり次第、受付終了となる。予定数は二輪20台、四輪30台、フリーマーケット50ブース。出展料は無料(チャリティー募金の協力)。尚、不法改造車両については展示不可。時間は7時から14時(受付は7時から10時)。雨天決行。

問:小さな町の小さなカーフェスタ実行委員会(代表:佐藤宏樹)
TEL:090-7522-5469

2016年10月11日 

■輸入&国産バイク大集合!「第6回 フクオカ・モーターサイクル・フェスティバル」

 10月23日(日)、福岡タワー特設会場(福岡市早良区百道浜2-3-26)にて開催。時間は9時から16時。雨天決行。入場無料。会場では新車・中古バイクやウェア・グッズ類の展示・販売、カスタムバイク展示、タッチバイク、バイク引き起こし体験、ジャンプスタート体験、じゃんけん大会など実施。

 また、今回は「熊本地震」チャリティーイベントも実施。熊本県にて製作された「チャリティーリストバンド くまモンバージョン」(くまモン公認グッズ)を販売、売上の一部は熊本地震への義援金となる。


(Facebook)

2016年10月11日 

■Hondaが大型二輪教習車「NC750L(教習車仕様)」の一部仕様を変更し自動車教習所向けに発売

 Hondaは、力強いトルク特性や、燃費性能に優れた直列2気筒、745ccエンジンを搭載する大型二輪教習車「NC750L(教習車仕様)」の一部仕様を変更し、全国の自動車教習所を対象に10月11日(火)からに発売すると発表した。

 このNC750L(教習車仕様)は、教習時に頻繁に使用する極低速域での操作性と低・中速域での扱いやすさを追求した、力強いトルク特性を持つ直列2気筒、745ccエンジンを搭載。教習指導員が見やすい表示ランプ類や、転倒時における車両の破損や損傷を軽減させるバンパー類など、二輪教習に適した特殊装備を付加した自動車教習所専用モデル。

 今回、扱いやすさのさらなる向上を図るためにクラッチレバーの形状を変更し、クラッチ断続操作時における操作フィーリングを高めるとともに、操作レシオを変更することで操作荷重を低減。また、フレーム側のバンパー取り付け部の形状を変更し、保守整備時における整備性をより高めたほか、イグニッションキーには剛性の高いウェーブキーを新たに採用するなど、教習生と教習指導員双方の立場から求められる使い勝手や耐久性、整備性に配慮したモデルとなっている。カラーリングは夜間の教習時にも車両の挙動を確認しやすいパールサンビームホワイト1色の設定としている。

 ちなみに販売計画台数(国内・年間)は500台。メーカー希望小売価格(消費税8%込み)は895,320円(消費税抜き本体価格 829,000円)。

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれず。
※「NC750L(教習車仕様)」は、自動車教習所専用のモデルで、一般に販売する計画は無い。

■Honda 

2016年10月7日 

■JAF Happy Bike!! 「絶景ツーリング」の第7弾は北海道へ!

 JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)ホームページの「JAF Happy Bike!!」は、“楽しくバイクに乗ろう”をコンセプトとしたバイクユーザーのためのコンテンツ。「絶景ツーリング」コーナーでは、日本全国の絶景スポットを見に行くツーリング動画を公開している。途中の観光地やご当地グルメなどの立ち寄りポイントも動画内で紹介中だ。

 現在、その第7弾となる北海道編「富良野~ニセコパノラマライン編」を公開中。今回は富良野からスタート、ライダー憧れの雄大な大地を堪能しながら小樽へ。ロープウェイに乗り換えて天狗山山頂まで登り、北海道三大夜景を楽しむ。日本百名道にも選ばれるニセコパノラマラインでは、極上のワインディングロードを味わうことも!

 今回のライダーは桜井未来、小野寺淳、下川原利紗、バイクはカワサキNinja250SL ABS KRT Edition、Ninja400 ABS、VULCAN S ABS。

JAF Happy Bike!! 「絶景ツーリング第7弾 富良野~ニセコパノラマライン編」

2016年10月6日 

■ヤマハがインターモトでMT-09のモデルチェンジを発表

 ヤマハ発動機は、ネイキッドとスーパーモタードの“異種混合”スタイルと優れた走行性で人気の「MT-09」をモデルチェンジし、2016年12月下旬から欧州で発売すると発表した。この新型MT-09は、10月5日からドイツのケルンで開催中の「INTERMOT 2016 国際オートバイ・スクーター専門見本市」で展示された。
 
 MT-09は、2013年から欧州を中心に世界各国で販売され人気のモデル。このMT-09とともに、「MT-10」、「MT-07」、「MT-03」、「MT-25」、「MT-125」をラインアップするMTシリーズは、≪Torque×Agile≫の“官能的なライディングを実現する新ロードスター”のコンセプトを具現化し、幅広いユーザーから支持を得ている人気シリーズとなっている。
 
 今回の、MT-09のモデルチェンジは、現行モデルのさらなる熟成を狙い、“Multiperformance Neo roadster”をコンセプトに開発、1)LED・4灯のコンパクトなヘッドライトと大型エアスクープによるフロントマスク、2)アルミ鍛造ステーの片持ち可動リアフェンダー、3)シフトダウン時に穏やかな車体挙動をもたらすA&S(アシスト&スリッパー)クラッチ、4)滑らかなシフトアップを支援するQSS(クイック・シフト・システム)などを新たに採用している。

 ヤマハは、二輪車事業での取り組みとして“基本プラットフォームをベースにしたバリエーション展開の拡大”を掲げている。このMT-09に搭載された3気筒エンジンやアルミ製フレームは、先進国向け製品の核となるコンポーネントで、これらは2015年発売の「MT-09 TRACER」や2016年発売の「XSR900」などへも展開されている。

 新型MT-09の発売は12月下旬からで、参考小売価格は8,799ユーロ、販売計画台数は発売から1年間、EU圏内で7,000台となっている。

■YAMAHA 

2016年10月6日 

■500台以上、1000人を超えるオーナー&ファンが参加!「MTオーナーズミーティング」

 ヤマハMTシリーズ(MT-25、MT-03、MT-07、MT-09、MT-09 TRACER、MT-01)のオーナーはもちろん、ヤマハファン、バイクファンなど多くの人々を対象とした「MTオーナーズミーティング」が9月24日(土)開催された。ドラッグスターやセローなど、ヤマハ発動機販売は自社モデルのオーナーズミーティングを定期的に開催しているが、MTシリーズは今回が初めてとなる。

 会場となったヤマハ発動機本社内の企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」には、イベント開始直後から雨が降り出す生憎の天候にも関わらず続々とMTシリーズのオーナーらが参集。500台以上のMTシリーズを含む約700台の二輪車が来場したという。

 コミュニケーションプラザ前の広場には14社がブース出展、ドレスアップパーツを装着したMT参考モデルの展示を中心にツーリングアイテムなどの情報を発信。リニューアル直後の館内ではMTシリーズ開発陣によるトークショーが行われたが、定員300名の会場は立ち見が出るほどの盛況ぶり。また、開発スタッフとは直接コミュニケーションを図ることもできた。

 「ぜひ来年も開催してほしい」などの声も聞かれた今回のミーティング。今後、MTシリーズのさらなるバリエーション展開などの期待を含め、次回もお楽しみに!

2016年10月5日 

■来るべく時代に向け、ホンダとヤマハが原付一種領域でタッグ

合同記者会見に出席した本田技研工業株式会社 取締役 執行役員 青山真二 二輪事業本部長、ヤマハ発動機株式会社 取締役 常務執行役員 渡部克明 MC事業本部長。

 すでに一部情報がニュースなどで伝わっているが、本田技研工業とヤマハ発動機が協業に向けた業務提携について検討を開始したことを正式に発表した。

 協業は日本国内50cc原付スクーターや定格出力0.60kw以下の電動二輪車を含めた原付一種(原一)領域に限る。今年の2月、ヤマハ側よりホンダ側へ提案。販売店は協業の範囲ではない。まずは2017年3月の契約、2018年中にホンダがヤマハへOEM供給するモデルの販売を目指す。OEM供給されるモデルは、ホンダのダンクやタクトなどと共通のプラットフォーム(フレーム、エンジン)を使い、ホンダの熊本工場で生産されるヤマハ独自のデザインが施されたモデルとなる。

当日の案内にも関わらず、記者会見には多くのメディア関係者が駆け付けた。

 昨今、軽自動車や電動アシスト自転車などによる近距離移動手段の多様化により、原一バイクの販売は減少。二輪車メーカーにとって厳しいビジネス状況は続いているが、日本の二輪車保有台数の半分以上は原一であり、エントリーモデルとして今後の二輪文化を盛り上げていくために原一バイクの重要性を重んじているのは二社共通の考えだという。

 原一領域とは言え、世界で鎬を削ってきたホンダとヤマハが共同開発含めた提携を行うというのはバイク・ファンにとって大きなニュース。両社が提携を行うほど二輪業界は変わりつつあるという現実があるが、二輪業界の将来に向けたポジティブな提携と捉えたい。


 協業に向けた主な検討内容、各社コメントは以下の通り(プレスリリースより)

1. 50cc原付スクーターのOEM供給
Hondaが生産・販売を行う日本市場向け50cc原付スクーター「TACT(タクト)」・「Giorno(ジョルノ)」をベースとしたモデルを、2018年中の開始を目標に、ヤマハへOEM供給します。
ヤマハは、このOEM供給を受け、それぞれ「JOG(ジョグ)」・「Vino(ビーノ)」に該当するモデルとして販売する予定です。

2. 次期50cc原付ビジネススクーターの共同開発・OEM供給
現在、日本市場向けにHonda「BENLY(ベンリィ)」、ヤマハ「GEAR(ギア)」としてそれぞれ開発・生産・販売している、50cc原付ビジネススクーターに関して、次期モデルの共同開発、及びHondaからヤマハへのOEM供給を検討します。

3. 原付一種クラスの電動二輪車普及に向けた協業
日本市場における原付一種クラスを中心とした電動二輪車の普及を目的に、航続距離・充電時間・性能・コストといった課題の解決を目指した基盤づくりの協業を検討します。そして、今後生まれる取り組みの成果を同業他社、異業種にも広く提案することで、電動化の普及に取り組みます。

本田技研工業株式会社 取締役 執行役員 青山真二のコメント
「今回の協業を通じて、お客様の期待を超える原付一種商品を提供することで、日本の二輪車市場の活性化と、将来の電動二輪車の一刻も早い普及に向けた市場環境づくりに全力で取り組みます」

ヤマハ発動機株式会社 取締役 常務執行役員 渡部克明のコメント
「このたびのOEM提携をきっかけとしてスタートすることとなった協業は、単なる製品供給の枠を超えた、日本の二輪車文化の未来を拓く活動であると確信しています」

читать далее farm-pump-ua.com

там yarema.ua

обращайтесь xn--80aaahqpcuvhvipz6j.com.ua