MBニュース&トピック

 

2016年11月2日 

■スズキがインドネシアモーターサイクルショーでニューモデル、GSX-R150とGSX-S150を発表

 スズキのインドネシア子会社、スズキ・インドモービル・モーター社(SIM社)は、2016年11月2日から6日までインドネシア・ジャカルタで開催されている「インドネシアモーターサイクルショー」において、アセアン地域向け二輪車の新型モデル「GSX-R150」、「GSX-S150」を発表した。

 アセアン地域における二輪車は、日常の交通手段としての用途がメインだが、モータースポーツの人気を背景に、趣味性の高いスポーツモデルの需要も高まってきている。スズキはこのような需要に応えるため、これまでも日本から大型二輪車の「ハヤブサ」などを完成車で輸出して販売してきたが、より幅広いユーザー層へ向けたステップアップモデルとして小排気量スポーツバイクの「GSX-R150」、「GSX-S150」を投入し、アセアン地域におけるスズキブランドの向上を図るという。

「GSX-R150」、「GSX-S150」はSIM社で生産し、2017年初頭よりインドネシア国内をはじめ、順次アセアン地域内で販売を開始する予定だ。

●「GSX-R150」の主な特長

 スーパースポーツバイク「GSX-Rシリーズ」に加わったニューモデル。軽量でコンパクトな車体に147.3cm3の水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを搭載。キーレスイグニッションシステム(上級仕様車のみ)や、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。「GSX-R」の伝統を受け継いだスポーティーなスタイリング。全長2,020mm×全幅700mm×全高1,075mm。

●「GSX-S150」の主な特長

 ストリートスポーツバイク「GSX-Sシリーズ」のニューモデル。軽量でコンパクトな車体に147.3cm3の水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを搭載。ワン・アクション式シャッター付ステアリングロックや、「スズキイージースタートシステム」を採用。シリーズ共通のイメージとなる低く構えたデザインを採用。全長2,020mm×全幅745mm×全高1,040mm。

■スズキ 

2016年11月2日 

■ヤマハ、国内外のデザイン各賞を獲得

YZF-R1

 既に優れたデザインとして一定の評価を受けている世界各国の作品の中からドイツデザイン協議会が参加作品を推薦、その推薦を受けて初めて応募できる国際的に権威あるデザイン賞「German Design Award」。同デザイン賞にヤマハ製品として「YZF-R1」が初ノミネート、4,000 点を超えるエントリーの中からトランスポーテーション部門で優秀賞にあたる「Winner」を受賞した。

 ヤマハ・スーパースポーツの新型フラッグシップYZF-R1は、MotoGP マシン「YZR-M1」の技術思想を体感できるサーキット最速のポテンシャルを備えるモデルとして開発。デザインもM1のイメージを投影するとともに “Speed Racer”をコンセプトにイノベーションを図り、新たなR-DNA を構築している。

 これでYZF-R1は「グッドデザイン賞 2015」「iFDesign Award 2016」「Red Dot Award:プロダクトデザイン2016」に続く4つ目のデザイン賞受賞となった。


GEAR

 一方、ビジネススクーターの「GEAR」は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2016 年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞。ヤマハにとって同賞の受賞は2012 年の「SR400」、2015 年の「ヤマハFRP プール」に続く3度目となる。

 グッドデザイン・ロングライフデザイン賞はユーザーから長年にわたり支持され、社会におけるスタンダードを担いうるデザインに与えられる賞。主に一般ユーザーから推薦されたデザインの中から審査が行われ、受賞が決定する。

 GEARは1994 年に販売が開始され、オートマチック、容易な乗り降りと積載性を両立する車体、低く広いリアデッキ、事業者別の塗装に対応する白色樹脂の外装などが支持され、業務用スクーターの市場を開拓。現在では配達業務から地方でのコミューター用途まで幅広い支持を得ている。

ヤマハ発動機 グッドデザインアワードサイト

2016年11月1日 

■スズキ「アドレス110・アドレスV125シリーズ ボックス型リュックプレゼントキャンペーン」実施中! 

 原付二種スクーターの高い利便性と快速ぶりを世間に知らしめ、一大ブームを築いたスズキの原二アドレス・シリーズ。その最新モデルを対象としたキャンペーンを実施中だ。

 期間中にアドレス110、またはアドレス125シリーズの新車(国内認定車)をキャンペーン実施店にて購入、期限までに登録を完了させると「アドレスロゴ入りボックス型リュック」(サイズ:H47.5×W32.5×D15cm)がプレゼントされるというもの。

 キャンペーン期間は2017年3月31日(金)まで、登録は2017年4月7日(金)までとなっている。詳細は下記キャンペーンサイトにて。

アドレス110・アドレスV125シリーズ ボックス型リュックプレゼントキャンペーン

2016年11月1日 

■求人情報「カワサキモータースジャパン」

「株式会社カワサキモータースジャパンでは、モトクロスレースチームのメカニック、ヘルパーを募集しています。詳細のお問い合わせは下記までお願いいたします」

株式会社カワサキモータースジャパン
営業統括部 販売促進部 レース運営グループ 担当:藤吉(ふじよし)
TEL:078-921-2493

2016年11月1日 

■ドゥカティXDiavel Sのリコール(平成28年10月31日届出)

 対象車両は型式EBL-GA01(通称名:XDiavel S)の車台番号ZDMGA01JAGB001886~ZDMGA01JAGB004463(輸入期間:平成28年3月24日~平成28年6月24日)の138台、計1型式、計1車種、計138台。

 不具合の部位(部品名)は「走行装置(後輪ホイール)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「後輪ホイール・ハブ部の形状が不適切なため、整備等の脱着作業において、後輪ホイールに位置決めピンを差し込む際に誤った位置に差し込むことがある。そのため、位置決めピンに過大な応力がかかり、そのままの状態で使用を続けると、当該ピンが破損し、ホイールへ駆動力が伝わらなくなり、最悪の場合、転倒するおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、後輪ホイールと位置決めピンを点検し、損傷がある場合は、後輪ホイールを対策品に交換するとともに位置決めピンを新品と交換する。損傷がない場合は、誤っ
た取り付けを防止するためのインサートを取り付ける」という。

 改善箇所説明図は

問:ドゥカティジャパンお客様相談窓口
TEL:0120-030-292

2016年10月31日 

■“ぐっさん”のバイク旅シリーズ・第3弾は沖縄へ、11月のMOTORISE!

 毎週水曜日23時からBS11(日本BS放送)にて放送中、ハードからソフトまで様々なモーターサイクルシーンを紹介する“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」は、 全国視聴できる唯一のバイク専門番組。

 11月の1~2週目は“ぐっさん”こと山口智充がナビゲーターを務める 「バイク旅」シリーズの第3弾。番組初となる沖縄県を巡る旅では特有の景色を望み、南国の風を感じながらのツーリングだ。

 今回、ぐっさんが訪ねるのは「沖縄一! いや、今まで食べた中で一番旨い!」と本人が語る寿司屋。地元の人々と交流し、青い空と海が続く真夏のような沖縄で大将のもとへバイクを走らせる。

 インフォメーションのコーナーでは、延時成実が参加した「ライダーサポート東北@SUGO」と「MTオーナーズミーティング」の模様を前編で、20回目の開催となった「カフェカブミーティング」の様子を後編でお届け。

 放送スケジュールは「Vol-140 ぐっさんのバイク旅 沖縄ツーリング! 寿司屋“もとい”の大将を訪ねて 前編」が11月2日、「Vol-141 ぐっさんのバイク旅 沖縄ツーリング! 寿司屋“もとい”の大将を訪ねて 後編」は11月9日となっている。


 3週目は“1リッターのガソリンでどれくらい走れるのか?”という燃費の限界に挑戦する競技「Honda エコ マイレッジ チャレンジ2016」を番組アシスタントの下河原利紗が取材。物づくりの喜びに加え、環境を考える機会ともなる大会に追ったドキュメンタリーに乞うご期待!

 「Vol-142 ガソリン1ℓで日本一週⁉〝伝統の燃費競技大会〟」の放送スケジュールは11月16日だ。

MOTORISE

2016年10月31日 

■GATTI、40歳・4年連続チャンピオンの快挙!

 2016 MFJ全日本トライアル選手権の最終戦(第7戦)が10月30日、宮城県のスポーツランドSUGOにて開催された。8セクション3ラップと2つのスペシャルセクションで争われた最高峰・国際A級(IA)スーパークラスは黒山健一(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が優勝。

 前戦でタイトルに王手をかけていた“GATTI”こと小川友幸(HRC CLUB MITANI)は10位に入ればチャンピオンとなる今回、RTL300Rを駆って3位でフィニッシュ。40歳にして4年連続チャンピオン獲得となった。IAスーパークラスでは自身6度目のタイトルとなる。


小川友幸のコメント
「今シーズンは、40歳で4年連続チャンピオンを目標に、各大会を集中して戦ってきました。大勢のファンの前でチャンピオンを決めることができたことに満足しています。常に信頼できるアドバイスで支えてくれたチームスタッフをはじめ、マシンセッティングでともに戦ってくれたHRCやスポンサーの皆様、そしてトライアルファンに感謝いたします。来シーズンは、5年連続チャンピオンという、さらに高い目標に向けてチャレンジします。また、イベントにも積極的に参加して、トライアルを盛り上げていきますので、応援をよろしくお願いします」

三谷知明監督(HRC CLUB MITANI )のコメント
「今シーズンの目標としてきた4年連続チャンピオンを獲得できたことは、小川選手のコンディション作りと集中力の成果だと思います。チームを支えてくれたスポンサーをはじめ、大勢のトライアルファンに深く感謝いたします。我々の挑戦にはゴールがありません。小川選手には、これからも大胆かつ繊細な走りでファンを魅了してもらいたいと考えています。そのためにもチーム一丸となって頑張ります。来シーズンも応援をお願いいたします」

2016年10月30日 

■JAF Happy Bike!! 「絶景ツーリング」の第8弾・東北編を公開

 JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)が展開している“楽しくバイクに乗ろう”をコンセプトとしたバイクユーザーのためのWEBコンテンツでは、日本全国の絶景スポットを見に行く「絶景ツーリング」コーナーを展開中。ツーリング途中の観光地やご当地グルメなどの立ち寄りポイントを動画内で紹介している。

 その第8弾となる「鳥海ブルーライン~蔵王エコーライン編」を公開。秋田・鳥海ブルーラインから月山花笠ライン、蔵王エコーラインを通って蔵王山までの山岳ワインディングが中心のコースだ。標高の高い山々を駆け抜ける爽快感が楽しめる他、コースの間では山形の観光スポットや郷土料理も紹介される。

 今回のライダーは今回のライダーは桜井未来、小野寺淳、下川原利紗、バイクはカワサキNinja250SL ABS KRT Edition、Ninja400 ABS、VULCAN S ABS。

JAF Happy Bike!! 「絶景ツーリング第8弾鳥海ブルーライン~蔵王エコーライン編」

2016年10月29日 

■長野県内の高速道路が定額乗り放題! 信州の旅に最適なドラ割・第2弾発売

 長野県内の高速道路が定額で乗り放題となるETC車限定のドラ割・第2弾として発売された「信州めぐりフリーパス」は、NEXCO東日本(東日本高速道路株式会社)とNEXCO中日本(中日本高速道路株式会社)の両社が長野県内の地域観光と高速道路利用の促進を目的に連携したもの。期間は2017年4月28日(金)まで。

 フリーパスは首都圏出発エリアから周遊エリア(長野県内)までの高速道路往復と周遊エリア内の高速道路乗り放題の料金がセットになった「首都圏出発プラン」と、周遊エリア内の高速道路が定額で乗り放題となる「周遊プラン」を用意。 今回「首都圏出発プラン」に2日間コースが新たに追加され、利用者の予定に合わせて選択の幅が広がっている。

 尚、フリーパスには長野県内各地の観光施設での特典、周遊エリア内のSA・PAでの特典の他、アンケートに回答した人の中から長野県特産品プレゼントなども用意されている。

 対象車両はETCの普通車・軽自動車(二輪車含む)で、販売価格は「首都圏出発プラン」3日間が普通車9,500円・軽自動車7,500円、2日間が普通車8,500円・軽自動車6,500円。「周遊プラン」(2日間)は普通車5500円・軽自動車4,500円。利用開始前までにNEXCO東日本のウェブサイト「ドラぷら」からの申込みとなる。詳細は下記ウェブサイトにて。

信州めぐりフリーパス

2016年10月28日 

■ホンダ・ジャイロXのリコール(平成28年10月27日届出)

 対象車両は型式JBH-TD02(通称名:ジャイロ X)の車台番号TD02-1100002~TD02-1112581(製作期間:平成 23 年 5 月 9 日~平成 27 年 9 月 30 日)の12,580台、型式JBH-TD02(通称名:ジャイロ X)の車台番号TD02-1180004~TD02-1180619(製作期間:平成 23 年 5 月 16 日~平成 27 年 8 月 21 日)の228台(郵政専用車両)、型式JBH-TD02(通称名:ジャイロ X)の車台番号TD02-1180104~TD02-1180669(製作期間:平成 24 年 1 月 19 日~平成 27 年 9 月 15 日)の438台、計 1型式、計 1車種、計13,246台。

 不具合の部位(部品名)は「緩衝装置(フロントピボットアーム)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「フロントフォークにおいて、ピボットアームブッシュの表面処理が不適切なため、ブッシュホルダとブッシュ間のオーリングが早期に摩耗してグリースが流出すると、フロントピボットアームとブッシュ側面の摺動抵抗が大きくなることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、右側フロントピボットアームへ過大な応力が加わり折損し、最悪の場合、前輪ブレーキ操作時にフロントブレーキケーブルが引っ張られ、前輪がロックして転倒や走行不能となるおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、ピボットアームブッシュを対策品に交換するとともに、フロントピボットアーム及びオーリングを新品に交換する。なお、改善措置用部品の供給に時間を要することから、当面の暫定措置として、全車両、フロントピボットアームを点検し、作動不良が確認されたものについては、フロントピボットアームを新品に交換し、ピボットアームブッシュにグリースを塗布す
る。それ以外については、ピボットアームブッシュにグリースを塗布する」という。

 改善箇所説明図は

 本件は、平成27年4月14日付け届出番号「3554」にてリコール届出を行ったものであるが、新たな原因が判明したため、対象を拡大し届出するもの。

問:本田技研工業 お客様相談センター
TEL:0120-086819

читайте здесь farm-pump-ua.com

alex-car.com.ua/cart/mark/all/all/all/268

ссылка alex-car.com.ua