MBニュース&トピック

 

2016年11月25日 

■最新H-Dが体感できる2日間「大試乗会 in お台場 ~ THE LEGEND ON TOUR ~」

 11月26日(土)・27日(日)の2日間、東京・お台場エリアの青海駅前特設イベント会場(東京都江東区青海1-3)にて開催。

 長きに渡る歴史と伝統が息づくハーレーダビッドソン(H-D)独特の世界を体感できる展示試乗・体感イベントで、免許を持っている人はもちろん、持っていない人でも気軽に参加可能だ。今回はよりH-Dの世界観を感じてもらうため、2017年最新モデルによる「ハーレーセミナー」や、コースを選ぶことができる「乗り比べ試乗会」を初開催。

知って得するハーレーセミナー
■2017年最新モデルの展示車・試乗車の紹介
■試乗する車両の特徴に合わせた「ワンポイントアドバイス」
■「ライディンクテクニック講座」
■新型エンジン「ミルウォーキーエイト」セミナー
■歴史や哲学など知って得する「ハーレー基礎知識」

乗り比べできる試乗会
■お台場周辺を楽しむ“スタンダードコース”
■レインボーブリッジを渡り、絶景が楽しめる“ロングコース”

 入場無料。時間は両日共に10時から17時となっている。

大試乗会 in お台場 ~ THE LEGEND ON TOUR ~

2016年11月24日 

■新たなる全日本ロードレース、モータースポーツ・ファン獲得へ! 「Team KAGAYAMA× KAWI JAMELE」コラボアイテム2017年春発売

2016MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦(鈴鹿サーキット)、Team KAGAYAMAを表敬訪問した加藤ミリヤ。

 全日本ロードレース選手権に参戦する「Team KAGAYAMA」はモータースポーツの認知、発展のため様々な試みをしている稀有な存在。今回はシンガーソングライターでアーティストの加藤ミリヤがデザイナーを務めるレディースブランド「KAWI JAMELE」の2017年のスプリングコレクションとコラボレーションした。全日本ロードレース最終戦(三重県鈴鹿サーキット)にて会見が行われコレクション発表が行われた。

 加藤は「デザインを考えている時に、疾走感、スピードを感じるものにしたいと思いました。そんな時にチームカガヤマと出会い、モータースポーツを生かしたデザインをすることが出来ました。サーキットを訪れたのは初めてで、今回のことで、レースにも興味がわいています。次回はもっと時間を作って訪れたい」と語った。

 
 チームオーナーでライダーでもある加賀山は「この機会が、モータースポーツを知らない人たちにもレースを知ってもらえる機会になれば嬉しい。また加藤さんの作品をレースファンが知るチャンスにもなってほしい。チームカガヤマを支えてくれる多くのスポンサーの協力があって、生まれたデザインなので感慨深い」と交流が広がることを願っていた。

 アライヘルメットの協力により「KAWI JAMELEのオリジナルヘルメット(非売品)も作成された。アイテムはカットソーをメインに全6種類を展開、2017年春から発売開始される。

(レポート:佐藤洋美)

2016年11月24日 

■ショップオープン情報「ハーレーダビッドソンMJM函館」

 創業68年、道南エリアで唯一のハーレーダビッドソン(H-D)販売拠点が11月26日(土)リニューアルオープン。ユーザーに対し高質なH-Dブランドの体験、より充実したサービスの提供を目指し、H-Dのグローバル基準に適合したCI及び最新のストアデザインプログラムを採用。すべての来場者がくつろぐことができるコミュニケーションエリアも充実。サービス工場は2017年2月末にオープン予定。今回のリニューアルを記念し、オープン初日から12月11日(日)までの期間中はオープニングフェアを開催。

北海道函館市松陰町17-11
TEL:0138-51-4686
営業時間:10時~19時
定休日:水曜日、年末年始

2016年11月23日 

■ドゥカティ、8度目となる“もっとも美しいバイク”に

 11月、イタリアで開催されたミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)5日間の会期中、投票によって選出される「The most beautiful bike of the 2016 EICMA show」(2016 EICMAでもっとも美しいバイク)、今年は地元・ドゥカティの「SuperSport」に決定。今回で12回目となったアワード、ドゥカティにとって4年連続8度目の栄冠となった。

  ショー最終日となる11月13日に投票は締め切られ、EICMAの来場者及びウェブサイト・Motociclismoユーザーによる12,000人を超える票は、大勢が見守る中で集計作業が行われ、結果SuperSportは全投票数の31.4%を獲得。2位より13.2%多い票を集める人気だった。アワードの授賞式は、昨年のショーを上回る来場者を集め大盛況となった2016 EICMAの最後を飾るイベントとなったという。

 今年7月、“ドゥカティスタの祭典”と言われるの会場で内覧会が行われ、10月のケルンショーで発表されたドゥカティSuperSportは、やといった、欧州で人気のスポーツ・ツーリング的ニューモデル。

 113HPの最高出力を発生し、リニアなトルクカーブを描く937cc L型2気筒テスタストレッタ11ディグリーエンジンを搭載。日常的なシーンにおいて快適で扱い易いスポーツバイクを求める人々に向けて設計され、楽しく、多目的で、親しみやすいSuperSportは、ドゥカティ製スポーツバイクならではのスタイルや走りを特徴としている。

2016年11月22日 

■多くのライダーがエアバッグを装着する時代は近い!

 ライディング&レーシング・ギアでお馴染みのアールエス タイチが、エアバッグを装着したレーシングスーツの開発、実戦投入を開始した。同社が使用するエアバッグはアルパインスターズ社製「TECH AIR」。アルパインスターズ以外のメーカーで、ベストタイプにアッセンブリーしたエアバッグユニットをレーシングスーツに組み込み、実戦投入したのは世界初となる。

 エアバッグは前身/後身の上半身ほぼ全域と、肩から上腕中央部付近をカバー、作動は危険を感知してから約25/1000秒でバッグが展開(一瞬の出来事)する。その後、約1分ほどでエアが抜けるため、車両や身体のダメージが軽微であればリスタートも可能。軽微なスリップダウンでは作動しない設計になっており、車両から振り落とされたり、ライダーが大きく転がる様な状況において、ユニットがあらゆる計算の結果「危険」と判断した際に作動するという。

アールエス タイチのレーシングスーツに装着される「Tech-Air Raceシステム」。

 電源にはリチウムイオンバッテリーを使用。満充電の状態から約25時間の使用が可能で、実際の走行時間を考えると、1レースウィーク中に充電しなおす必要はないという。充電に要する時間はバッテリーが空の状態から約6時間。

  TECH AIRを装着したアールエス タイチのレーシングスーツは、FIMロードレース世界選手権シリーズ(MotoGP) 第17戦・マレーシア・グランプリにおいて、Moto2クラスのハフィス・ シャーリン選手(Petronas Raceline Malaysia)と、Moto3クラスのカイルール・イダム・パウイ選手(Honda Team Asia)が、鈴鹿サーキットで開催された全日本ロードレース選手権・最終戦ではJSB1000 クラスの秋吉耕祐選手(au&テルルKohara RT)が着用している。

 アールエス タイチは、現時点においては開発段階だが、将来的には限られた一部の選手だけではなく、一般のユーザーも購入できるようになり、より高い安全性を手に入れることができることを前提に開発を進めていくという。

カイルール・イダム・パウイ選手 秋吉耕祐選手

2016年11月21日 

■“楽しいクルマ・バイク社会づくり”に取り組む想いを伝えたい!「ブリヂストンモータースポーツ企画展」開催

2016年ニュルブルクリンク24時間耐久レース出走車両
「TOYOTA GAZOO Racing with TOM’S LEXUS RC F」
(POTENZA RS/RW装着)
2016年鈴鹿8時間耐久ロードレース出走車両
「ヨシムラスズキシェルアドバンス GSX-R1000 L6」
(RACING BATTLAX装着)

 ブリヂストンの企業博物館「ブリヂストンTODAY」(東京都小平市)にて、11月30日(水)から12月21日(水)までの期間開催。「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」および「鈴鹿8時間耐久ロードレース」の参戦車両に加え、「SUPER GT」で使用されたタイヤが展示される。

 企画展はブリヂストンが携わる各レースでの活動を振り返るとともに、モータースポーツ活動を通じて“より良いタイヤづくり”を追求し、カーメーカー・バイクメーカーと共に“楽しいクルマ・バイク社会づくり”に取り組む同社の想いを来場者に伝える内容に。

 展示される鈴鹿8耐参戦車両は RACING BATTLAXを装着した「YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1」(2016年優勝車両)と「ヨシムラスズキシェルアドバンス GSX-R1000 L6」の2台。日中の路面温度が60度を超えることもあり、車両にもライダーにも非常に過酷な鈴鹿8耐でブリヂストン装着チームは2016年も優勝を飾り、11連覇を果たしている。

ブリヂストンTODAY
開館日:月~土曜日(日曜日、祝日は休館)
開館時間:10時~16時(入館は15時30分まで)
入館料:無料
住所:東京都小平市小川東町3-1-1
アクセス:西武国分寺線・小川駅東口より徒歩5分(駐車場あり)
TEL:042-342-6363

2016年11月21日 

■求人情報「ホンダドリーム 横浜上大岡」

「神奈川県横浜市港南区上大岡の『ホンダドリーム 横浜上大岡』は、業務拡大のために、スタッフを募集しています。未経験でも、やる気があって元気な方なら大歓迎! 整備士資格の取得サポートも行っています。経験者も歓迎します。当店は、年10回のイベントを開催しており、乗る人と親身に付き合える環境を大切にしています。バイクの整備・接客を通して楽しく仕事ができます」

●募集職種:サービススタッフ/メカニックスタッフ
●資格:要普通自動車免許、二輪免許
●待遇:昇給1、賞与2 交通費支給 退職金制度 バイク通勤可 社割有(部品・車輌) 社員旅行
●休日:月5日(交替)、GW、夏冬他
●勤務地:上大岡本店、南店
●応募方法:電話連絡の上、履歴書をご持参下さい。詳細は面談にて 担当:採用係

神奈川県横浜市港南区上大岡西1-2-3
TEL:045-845-2002
営業時間:9時30分~19時30分
定休日:毎週水曜日、第3火曜日

2016年11月18日 

■ホンダが米国で新型クルーザーモデル「Rebel 500」、「Rebel 300」を発表

 Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、ロングビーチで開催されているIMS Long Beach(ロングビーチショー)に合わせて、新型のクルーザーモデル「Rebel 500(レブル 500)」、「Rebel 300(レブル 300)」を発表した。

 このRebelシリーズは、デザインコンセプトを「SIMPLE」、「RAW」(未加工の素材)として、主に北米において、「ジェネレーションY」(米国において1980年代から1990年代に生まれた世代)と呼ばれる若い世代向けに開発。体格差や経験差、さまざまな使い勝手に対応できるよう、同一の車体にて排気量の異なるエンジンを搭載可能とし、ユーザーの感性を刺激するスタイリングと、いつでも気軽に楽しめるサイズ感のモーターサイクルを目指しているという。

 
=Rebel 500の主な特長=

 スタイリングは、アイコニックなフューエルタンク、くびれのあるナロースタイルのフレームボディー、マット&ブラックアウトに徹したパーツによって、タフでCOOLなイメージを表現。前後タイヤはファット&ワイドサイズ(フロント130/90-16、リア150/80-16)を採用し、ナロースタイルの車体と相反する存在感を演出。ユーザーの自由な楽しみ方を想起させるものとなっている。

 エンジンは471ccの直列2気筒DOHCを搭載。吸排気、FIのセッティングを最適化することで、パルスフィールとスロットルを開ける楽しみを表現している。

 
=Rebel 300の主な特長=

 Rebel 500と基本的なプラットフォームを共通とし、吸排気系、FIのセッティングを最適化した286ccの単気筒DOHCエンジンを搭載し、パルスフィールとスロットルを開ける楽しみを表現している。

Rebel 500。 Rebel 300。

 Rebel 500、Rebel300ともに、オプションのキットを装備することで、パッセンジャーシートの装着を可能とした仕様としている。なお、日本国内ではRebel 500およびRebel 250として発売を計画している。

 Honda Moto 2017では、新たにRebelのイメージ映像を公開している。「この映像を通して、魅力あるバイク像や憧れる風景などを織り交ぜて表現することにより、バイクがもたらす“楽しさ”や“喜び”をお客様に感じていただきます」という。
■Honda Moto 2017 

■Honda 

2016年11月17日 

■ホンダで人生を楽しむ世界の人々「Me and Honda」他、様々なコンテンツを公開

 ホンダのグローバル・ブランドスローガンとして知られる「The Power of Dreams」の特別サイトでは、その製品にまつわる物語やグラフィック表現を公開していく「Movies & Graphics」、世界中に存在するホンダ製品で人生を楽しむ人たちを紹介するドキュメントコンテンツ「Me and Honda」を発信中だ。

 「Movies」の第1弾のテーマはカブ。先日開催されたの会場でも公開されたベトナム・ホーチミンのスーパーカブ・ライダー達が主役の動画で、“何も特別ではない、ごくありふれたスーパーカブと共に暮らす人々の心のストーリー”の中に、2017年に世界累計生産台数1億台突破予定のスーパーカブの偉大さを知る。

 随時更新されていくという「Me and Honda」では、キック一発のXL100に乗る麦わらのエリック、Rucks(ズーマー)をBMX風に乗りこなす金髪のサリヴァン、制服姿の女子校生バイカー・プラパソンケブリー、バイクでリンボーのアラン、雪の中のゴリラを実験するモスクワのドロシェンコなど、素敵なライダーらも多数登場!

The Power of Dreams特別サイト

2016年11月17日 

■キムコがフラグシップスクーター「AK 550」を正式発表

 キムコは、“スリルオブツーリング”をキーワードに、高い運動性能とツーリングでの快適性を追求した550ccのスーパーツーリングスクーター「AK 550」を、ドイツで開催されたケルンショー及びイタリアで開催されたEICMAにて発表した。

 AK 550は、軽量なアルミニウム製メインフレームに2つのドライブモードを備えた新開発の550cc水冷並列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。ラジアルマウントのブレンボ製キャリパーをダブルで装備したフロントの倒立式サスペンションと、エンジンとスイングアームを別体式とすることで大幅にバネ下重量を低減したリアサスペンションによる、理想的な前後重量バランスとクラストップレベルの低重心設計により、高い運動性能と785mmという低いシートを実現したキムコの新しいフラッグシップモデル。

 またメーターにはEICMA2016にて発表したスマートフォンと接続することで、天気予報や不在着信通知、各種SNSの更新情報など、多彩な情報を表示可能なスマートメーター「Noodoe」を標準装備している。

 AK 550は、2017年上旬よりヨーロッパにて発売予定。日本国内販売については未定となっている。

■キムコジャパン 

ссылка best-mining.com.ua

220km.com.ua/category/ista/

www.agroxy.com/prodat/grechiha-132/poltavskaya-obl