MBニュース&トピック

 

2017年7月5日 

■KTMが世界一有名なヒルクライムを新記録で優勝!

 今から101年前となる1916年に初開催という大変歴史あるアメリカ・コロラド州の「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレース」。標高4302m地点まで19.99kmのコースを156のコーナーを攻めながら登りつめタイムを競うモータースポーツだ。

 そんなレースの二輪車最高峰となるヘビーウェイト・モーターサイクル・クラスにて、2017年モデルで大幅にアップデートされたKTMの 1290SUPER DUKE Rを駆るクリス・フィルモアが9分49秒625というレコードタイムで優勝を飾った。それまでの最速はコースが全舗装となった2012年、ドゥカティ・ムルティストラーダ1200Sを駆るカーリン・ダンが記録した9分52秒819。

 元AMAスーパーバイク選手権/現MotoAmerica選手権でKTMのスーパースポーツバイクを走らせ、スーパーモタード選手権ではタイトルを獲得しているフィルモア、実はパイクスピークでは新人。排気量1301ccで177馬力を発揮、新型LC8/Ⅴ型2気筒エンジンを搭載する1290SUPER DUKE Rは、KTMのオプションパーツ「Power Parts」でセットアップされたもの。

クリス・フィルモアのコメント
「目標は、ルーキーイヤーである今年にコースレコードを更新することだった。しかしレースが始まると、コースは3つのセクションに別れていて、それぞれ走行時間が分けられていることが分かった。したがってコースを通して走ったのは、タイムアタックのときが最初だった。そこではウォームアップランもサイティングラップもなく、ただ順番にスタートしていくだけだった。だからレース前は、レコードを更新できる確信が得られなかった。もちろんスタート地点からは、あらゆる地点のコンディションも予測できなかった。

またバンピーな路面がいたるところにあり、レコード更新は難しいだろうと、多くのライダーにアドバイスを受けた。しかし、だからこそレコードを更新する価値があると感じた。自分は最高のバイクと最高のサポートを受け、目標を達成した。そして1290SUPER DUKE Rの高いポテンシャルを見せつけ、KTMの名をパイクスピークのレース史に刻むことができた。こんなに嬉しいことはない」

2017年7月5日 

■ヤマハ・コミュニケーションプラザが今年も親子で気軽に参加できる夏休み特別イベントを開催

コミュニケーションプラザ 1 階展示風景

 “ヤマハ発動機の過去・現在、そして未来を語り合える場”を基本コンセプトに、静岡県磐田市にあるヤマハ発動機の本社に併設される企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」(CP)にて夏休み期間中、小・中学生を対象にモノづくりの楽しさを体験することを目的とした特別イベント「親子で楽しめる工場見学&体験教室」を開催する。

 内容は、CPおよびモーターサイクル組立工場の見学に加え、「エンジン分解・組立教室」「モーター工作教室」 「ボートふしぎ発見教室」「手作りバッグ教室」を開き、教材を使って楽しく実験・実習できるというもの。

■開催日
7 月 25 日(火)・28 日(金)・ 8 月 10 日(木)・11 日(金)・22 日(火)・23 日(水)・24 日(木)・29 日(火)・30 日(水)
※開催日によって見学コースと体験教室の内容が異なりますので事前にご確認ください
■開催時間
午前の部 10:00〜工場もしくはコミュニケーションプラザ見学 11:00〜体験教室
午後の部 13:30〜工場もしくはコミュニケーションプラザ見学 14:30〜体験教室
■開催場所
コミュニケーションプラザ(ヤマハ発動機株式会社本社敷地内)
■対象
小・中学生と保護者 (1 グループ 1 名以上の保護者が同伴)
■定員
各回 10 組 20 名程度
■参加費
無料
■申し込み方法
コミュニケーションプラザへ事前申し込み
■問い合わせ先
ヤマハ発動機株式会社 コミュニケーションプラザ
TEL:0538-33-2520  FAX:0538-33-2530

2017年7月5日 

■東北復興応援ツーリング、3年目を迎え大きくリニューアル

 東日本大震災発生から4年が経過し、被災地への関心や応援意識が薄れつつあった2015年、改めて東北沿岸部の復興サポートを目的に現地までツーリング、応援活動、現地で入手したおすすめルートや面白スポットといった情報シェアしようと一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)が始めた「東北復興応援ツーリング」。今年は道の駅などの協力も得て8月1日から31日までの1か月をツーリング期間として「走ろう東北! MFJ東北復興応援ツーリング2017」として開催される。

 3年目を迎え、大きくリニューアルされた東北復興応援ツーリングでは、東北4県で開催される「お出迎えスポット」(下記参照)で、MFJ東北復興応援大使の平 忠彦氏、風間深志氏が参加ライダーをお出迎え。募金活動や、ツーリング・ドライブ コミュニケーションメディア“ROOTEE”を使った参加者同士の情報共有、交流の場が提供される。参加費は無料(ROOTEEへの無料登録が必要)となった。

 また、MFJ復興応援大使がツーリング期間に立ち寄る「お立ち寄りスポット」もあり。8月5日・6日にエビスサーキットで開催される「福島モトフェス」には元GPライダーの原田哲也氏、青木宣篤氏も参加予定だ。

 また「MFJ MOTO AWARDS」では、“ROOTEE”に投稿されるルート、写真、スタンプの達成率などを総合評価し、より新しい東北の魅力を発信した、東北復興応援に貢献したツーリングライダーを参加者の中から表彰。表彰者には認定プレートが贈呈される。

お出迎えスポット
●宮城:8月5日(土)「MFJ東北復興応援ミーティング in SUGO 」
会場:スポーツランドSUGO(インフォメーションゲート) 宮城県柴田郡村田町菅生6-1 
ホスト:平 忠彦

●福島:8月6日(日)「MFJ東北復興応援ミーティング in よつくら港 」
会場:道の駅 よつくら港 福島県いわき市四倉町五丁目218-1
ホスト:平 忠彦

●青森:8月26日(土)「三沢まつり」
会場:青森県三沢市ミスビードルドーム・三沢市アーケード街 他
ホスト:風間深志

●岩手:8月27日(日)「初さんまうにアワビ帆立かきホヤわかめ祭 」
会場:大船渡市赤崎下蛸ノ浦漁港 鎌田水産株式会社本社前 岩手県大船渡市赤崎町字鳥沢164-2
ホスト:風間深志

  お立ち寄りスポットの情報、その他詳細は下記WEBサイトにて。

走ろう東北! MFJ東北復興応援ツーリング2017

2017年7月4日 

■レッドバロン「2017年北海道ツーリングキャンペーン」を開催

バイクステーション稚内

 18年以上の永きにわたって取り組んできたキャンペーンを今年も8月31日(木)まで開催。全国のレッドバロンにてオートバイを購入した会員、ロイヤルクラブ会員を対象に、期間中は「バイクステーション稚内」をはじめとする道内13拠点にて、北海道をツーリングするライダーをサポートする。

 「バイクステーション」は理想的なツーリングスタイルを提供するため、愛車の点検・メンテナンスを受けながらライダーは旅の疲れを癒し、翌日には共にベストコンディションで出発できるという、ツーリングライダーのための整備工場付ホテルのこと。中でものテント200張り分のキャンプスペースや20の客室を用意。2015年には北見と釧路を統合したもオープンしている。 今年は9月30日(土)まで営業。

 キャンペーンの内容は①キャンペーン登録者にもれなく記念ステッカーを進呈②「バイクステーション稚内」宿泊者、来場したレッドバロン会員、ロイヤルクラブ会員に「最北端到達証明書」を進呈③ツーリング途中の故障に対応するため、北海道内各拠点に代車(大型・中型)を用意、というもの。

レッドバロン

(モバイル版)

2017年7月4日 

■カワサキが「北海道満喫!! ツーリング応援キャンペーン」に協賛

 8月31日(木)までの期間実施。内容は、キャンペーン期間中に北海道エネルギーグループが運営するENEOSガソリンスタンドで、 ガソリンを給油した際のレシート合計30L分を集めて応募した人の中から抽選で400名に豪華賞品が当たるというもの。

 詳細は下記キャンペーンサイトにて。

北海道満喫!! ツーリング応援キャンペーン

2017年7月3日 

■7月のMOTORISEはチュート福田とツーリング&サーキットへ!

 毎週金曜日22時30分からBS11(日本BS放送)にて放送中、ハードからソフトまで様々なモーターサイクルシーンを紹介する“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」は、全国視聴できる唯一のバイク専門番組。7月は番組ナビゲーター・中野真矢とバイク大好き芸人・チュートリアル福田充徳がホンダ&ヤマハのニューモデルを一気乗り!

 前編では番組アシスタント・古澤 恵を交えて都内近郊をプチツーリング。後編では場所をサーキットに移し、最新モデルの性能を満喫。インプレッションと共に各バイクの特徴を“自己流”で分析・解説する。

 また「ホンダ・CBオーナーズミーティング」「ヤマハ・YZF-Rオーナーズミーティング」、トライアル世界選手権・日本GPの時に開催された「MOTORISE・スペシャルイベント」の模様も紹介!

 放送スケジュールは「Vol-157 チュート福田の〝ニューモデル〟一気乗り! プチツーリング編」が7月7日(7月21日再放送)、「Vol-158 チュート福田の〝ニューモデル〟一気乗り! サーキット編」は7月14日(7月28日再放送)となっている。

 7月のMOTORISEもお楽しみに!

MOTORISE

2017年7月3日 

■ショップオープン情報「ハーレーダビッドソン高松」「ハーレーダビッドソン セントラル世田谷」

●ハーレーダビッドソン高松

 香川県内に約7年ぶりとなるハーレーダビッドソン正規ディーラーとして高松自動車道・高松中央ICから約10分、県道10号線沿いに7月7日(金)新規オープン。最新のストアデザインと最新鋭の設備機器を導入、店内には広々としたコミュニティースペースも用意される。 7月9日(日)までは各種オープン記念の限定特典を用意。

香川県高松市春日町 211-1
TEL:087-818-0080
営業時間:10時~19時
定休日:水曜日


●ハーレーダビッドソン セントラル世田谷

 東名高速・東京ICより10分、世田谷通り沿いに7月8日(土)新規オープン。吹き抜けで開放感あるショールームは、すべての来場者がリラックスしながらハーレーダビッドソンの世界観を体感できるスペースに。 7月9日(日)までは各種オープン記念の限定特典を用意。

東京都世田谷区成城 3-20-10
TEL:03-3415-7780
営業時間:10時~19時
定休日:火曜日(祝祭日の場合は営業)

2017年7月3日 

■カワサキ・ニンジャ250R、KLX250、D-TRACKER Xのリコール(平成29年7月3日届出)

 対象車両は型式JBK-EX250K(通称名:ニンジャ250R)の車台番号EX250K-A00152 ~ EX250K-A49225(製作期間:平成20年2月18日~平成24年11月27日)の19,990台、型式JBK-LX250S(通称名:KLX250)の車台番号LX250S-A00072~LX250S-A24843(製作期間:平成 20 年 1 月 26 日~平成 28 年 12 月 27 日)の4,677台、型式JBK-LX250V(通称名:D-TRACKER X)の車台番号LX250V-A00030 ~LX250V-A10681(製作期間:平成 20 年 1 月 26 日~平成 28 年 12 月 8 日)の4,396台、計3型式、計3車種、計29,063台。

 不具合の部位(部品名)は「燃料装置(燃料ポンプ)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「燃料ポンプにおいて、バッテリから供給される電圧の変動と、燃料ポンプの製造バラツキにより、内部部品が早期に摩耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、摩耗が進行し、燃料ポンプが作動不良となり、エンジンが始動できなくなるおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、燃料ポンプを対策品に交換する」という。

 改善箇所説明図は

問:カワサキモータースジャパン お客様相談室 
TEL:0120-400-819  

2017年7月3日 

■ドゥカティが「バイカーズ・クラシックス」でXDiavelのスペシャル・モデルを公開

 ドゥカティはベルギーのスパ・フランコルシャンで開催された「バイカーズ・クラシックス」でXDiavelのスペシャルモデルを発表した。

 このスペシャルモデルは、ベルギー在住のフレッド・クルーガーが作り上げ“Thiverval”と名付けられたカスタムで、XDiavelを未来的に解釈した斬新で未来的なパワー・クルーザーだ。XDiavelのDNAは維持しながら、カスタマイゼーションによる大きな可能性を示している。

 ちなみに2016年に登場したドゥカティXDiavelは、クルーザーというコンセプトをドゥカティの流儀に従って解釈したモデルで、パフォーマンスと快適性、操る楽しみとリラックスできる乗り心地のすべてが組み合わせられ、ヨーロッパにおいて2016年にレッド・ドット・デザイン・アワード、米国でも2016年のグッドデザイン・アワードを受賞するなど、高い評価を得ているモデルだ。

 スペシャル・モデルのモデル名となった“Thiveral(ティベラル)”とは、パリ郊外にある小さなサーキットにちなんで名付けられたという。AMDカスタムバイク・ビルディング世界選手権を2度にわたって制したフレッド・クルーガーは、世界で最も有名なカスタマイザーの1人。彼は独創的でありながらも、XDiavelおよび「ドゥカティDNA」を備えたパワー・クルーザーを作りたいとチャレンジを開始。

 エンジンはむき出しのままだが、トレリスフレームはバイクのラインをシンプルに見せるためにうまく隠してある。そして明確にXDiavelらしさを伝えてくるヘッドライトはオリジナルのままだが、タンクやテールといった上部構造は完全に新設計となっている。カラーもブラックを基調に、グロスとマット、そしてクローム・フィニッシュがアクセントとして使用されている。テールは、エグゾーストとシートが一体化され、シート後部にはリアライトが設置されている。

■ドゥカティジャパンお客様窓口 フリーダイヤル:0120-030-292
 

2017年7月3日 

■BOBBER & SCRAMBLERに3タイプの特別仕様車が登場

 トライアンフモーターサイクルズジャパンは、ボンネビルボバーとストリートスクランブラーに、“インスピレーションキット”を装着した3つの特別仕様車「OLD SCHOOL」、「QUARTER MILE」、「EXPEDITION」を全国のトライアンフ正規販売店で7月15日(土)から販売を開始すると発表した。

 これらの特別仕様車は、ボバーとスクランブラーのノーマル車両にトライアンフ正規販売店にて、それぞれ専用に用意されたオプションパーツキットである“インスピレーションキット”を装着して製作される「トライアンフ正規販売店・特別仕様車」だ。

OLD SCHOOL for Bobber。

●OLD SCHOOL for Bobber
特別仕様車:1,897,200円~(消費税込メーカー希望小売価格)
 キットパーツ内容:ブラシ仕上げVANCE&HINESサイレンサー、ハイハンドルバー(クローム・ケーブルキット込)、ショートフロントマッドガード、レザーブラウンシート、ハンドルグリップ(ブラウン)、スイングアームバッグ(ブラック)、オイルフィラーキャップ、削り出しヘッドライトベゼル、スロットルボディーバッジ、クラッチバッジ、ジェネレーターバッジ、ヘッドボルトカバー。※上記の特別仕様車価格は、ノーマルの車両本体価格:1,530,000円~にインスピレーションキット価格:367,200円(どちらも消費税込メーカー希望小売価格)を合わせたもの。別途装着に関わる工賃が発生する。また登録諸費用、税金(消費税のぞく)も含まれず。

QUARTER MILE for Bobber。

●QUARTER MILE for Bobber
特別仕様車:1,897,200円~(消費税込メーカー希望小売価格)
 キットパーツ内容:ブラック仕上げVANCE&HINESサイレンサー、ブラックエギゾーストヘッダー、クリップオンハンドルバー、ショートフロントマッドガード、レザーブラックシート、ハンドルグリップ(ブラック)、オイルフィラーキャップ、削り出しヘッドライトベゼル、スロットルボディーバッジ、クラッチバッジ、ジェネレーターバッジ、ブラックインテークカバー。※上記の特別仕様車価格は、ノーマルの車両本体価格:1,530,000円~にインスピレーションキット価格:367,200円(どちらも消費税込メーカー希望小売価格)を合わせたもの。別途装着に関わる工賃が発生する。また登録諸費用、税金(消費税のぞく)も含まれず。

EXPEDITON for Scrambler。

●EXPEDITON for Scrambler
特別仕様車:1,544,500円~(消費税込メーカー希望小売価格)
 キットパーツ内容:VANCE&HINESステンレスサイレンサー、ベンチシート(ブラウン)、ハンドルグリップダイヤモンド(ブラック)、ワックスコットンパニア(左側)、オイルフィラーキャップ、ハンドルバーブレースパッド(ブラウン)、ナンバーボードキット、ドレッサーバーキット(ブラック)、ヘッドライトグリル&ベゼル、LEDウインカーキット(前後)。※上記の特別仕様車価格は、ノーマルの車両本体価格:1,220,500円~にインスピレーションキット価格:324,000円(どちらも消費税込メーカー希望小売価格)を合わせたもの。別途装着に関わる工賃が発生する。また登録諸費用、税金(消費税のぞく)も含まれず。

■トライアンフコール 03-6809-5233 

https://best-mining.com.ua

220km.com.ua/category/ista/

www.agroxy.com/prodat/grechiha-132/poltavskaya-obl