MBニュース&トピック

 

2019年4月15日 

■アレックス・リンスがMotoGPで初、スズキGSX-RRは2年7か月ぶりの優勝

 4月14日、アメリカ・テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催されたロードレース世界選手権・第3戦アメリカズGP。最高峰MotoGPクラスは予選7番手からスタートしたTeam SUZUKI ECSTAR のアレックス・リンス(開幕前の彼のインタビューはコチラ、技術者へのインタビューはコチラ)が、Monster Energy Yamaha Moto のバレンティーノ・ロッシとのバトルを制し、自身にとってMotoGPクラスで初の優勝を飾った。スズキにとっては2016年9月、第12戦イギリスGP以来の勝利に。これでリンスはライダース・ランキング3位に浮上。開幕戦から好調のスズキ&GSX-RRだが、次戦スペインGP以降のヨーロッパラウンドでの戦いぶりも楽しみだ。

アレックス・リンスのコメント
「優勝できたなんて信じられない思いさ。嬉しすぎて言葉もないよ。朝のウォームアップでセッティングを変更してみたんだけど、フィーリングがあまり良くなかったから、決勝はいつものセッティングに戻したんだ。終盤のバレンティーノとのバトルはちょっと苦しかったし、プレッシャーもあったけど、とにかく最後まで集中を切らすことなく走り切った。チェッカーフラッグを受けた瞬間に喜びが一気に込み上げてきて、なんとも言えない思いだったよ。チームの皆、日本のスズキスタッフ、そして自分を支えてくれている全ての皆に心からお礼を言うよ。本当にありがとう」

●第3戦アメリカズGP 結果
1位:アレックス・リンス(Team SUZUKI ECSTAR)
2位:バレンティーノ・ロッシ(Monster Energy Yamaha Moto)
3位:ジャック・ミラー(Alma Pramac Racing)
4位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(Mission Winnow Ducati)
5位:フランコ・モルビデリ(Petronas Yamaha SRT)
6位:ダニロ・ペトルッチ(Mission Winnow Ducati)

●ライダース・ランキング(第3戦終了時点)
1位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ 54ポイント
2位:バレンティーノ・ロッシ 51ポイント
3位:アレックス・リンス 49ポイント

2019年4月12日 

■キムコジャパンが各種フェアを実施

 7月15日までの期間中、キムコ二輪車正規販売店にて実施。

 「キムコジャパン2019春の新車購⼊サポートフェア」は指定モデルの新車を成約の上、購入者アンケートに回答すると、購入モデルに応じて最大54,000円をキャッシュバック。加えてAK550、K-XCTシリーズ、レーシングSシリーズには純正リアキャリアまたはMFR製リアキャリアをプレゼント。


 「2019通勤通学サポートフェア」は指定モデルの新車を成約の上、購入者アンケートに回答すると、通勤通学に便利なレインウエアやバッグなど、選べるバイク用品をプレゼント。指定モデルはダウンタウン125i、ダウンタウン125i ABS、K-XCT125i、レーシングS125、ターセリーS150、ターセリー125、GP125i の正規輸入販売車両。




 「GP125iリアボックスプレゼントフェア」 は優れたコストパフォーマンスが特徴のスクーター・GP125i(税込メーカー希望小売価格183,600円)の新車を成約の上、購入者アンケートに回答すると、様々な荷物の収納に便利なKAPPA製リアボックス(K30N)をプレゼント。リアボックスは⼀般的なフルフェイスが収納可能な30リットルの容量があり、Monolockシステムによってワンキーでのロック開閉とボックス脱着が可能な高機能タイプ。


キムコジャパン

2019年4月11日 

■多くのライダーが情報発信、MFJ 東北復興応援ツーリング5年目へ

 オートバイの機動力を活かし、東日本大震災で被災した岩手県、宮城県、福島県の主に沿岸部の復興を応援する取り組みとして5年目、一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)は今年も「走ろう東北! MFJ 東北復興応援ツーリング 2019」を8月3日(土)から8 月31 日(土)まで開催する。

 多くのライダーが東北へ足を運ぶきっかけとなる現地イベントを開催、自由にツーリングをしながら被災地の今を知ってもらい、現地で見つけたおすすめスポットやルート、グルメ情報などをSNS に投稿し、新しい東北の魅力を発信してもらいことが「東北復興応援ツーリング」の目的。ツーリング期間終了後は投稿内容を総合的に審査、参加者の中から「最優秀東北復興応援ライダー」を選出し、12 月に開催する「MFJ MOTO AWARDS」にて表彰する。エントリー受付は下記公式ホームページより6月3日(月)から開始される予定だ。

 そのキックオフイベントが8月3日(土)、「MFJ 東北復興応援ミーティング in 石巻 2019」としてサン・ファン・バウティスタパーク(通称:サン・ファンパーク。宮城県石巻市渡波字大森30 番地 2)にて行われる。

 当日は、MFJ 東北復興応援大使の風間深志氏や東北を熟知したツーリング界のレジェンドライダー・賀曽利隆氏らゲストによるステージプログラムを実施。これまでの活動を振り返りながら今年の復興応援活動の在り方を参加者と共有し、メッセージとして発信。時間は13時から16時(予定)。参加無料、雨天決行、荒天中止。

「走ろう東北! MFJ 東北復興応援ツーリング 2019」公式ホームページ

2019年4月9日 

■トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン「春のスペシャルキャンペーン」

 6月30日までの期間、全国トライアンフ正規販売店にて対象モデルの新車を登録した人を対象に各種特典を用意。

 「特別低金利ローン」はタイガー1200シリーズ、タイガー800シリーズの新車に0.99% 、T100、T100 Black、スラクストンR、ボバー、ストリートトリプルシリーズの新車(ボバーブラック、スピードマスターは対象外)に1.99%の金利を適用。

 「ボンネビル・ボバー特別装備車サポート」はクルーズコントロールキット(税別59,900円)、LEDヘッドライトキット(同96,900円)といったアクセサリーを無償プレゼント(取付工賃はユーザー負担)。対象モデルはボンネビル・ボバーの新車(ボンネビル・ボバーブラック、スピードマスターは対象外)。

 「ストリートトリプルARROWサイレンサープレゼントは、新型ストリートトリプル R low、RSの新車 (ストリートトリプルSは対象外)を対象に、134,900円(税別)相当のARROW サイレンサーを無償プレゼント(取付工賃はユーザー負担)。

問:トライアンフコール  
TEL:03-6809-5233

2019年4月9日 

■ショップオープン情報「クシタニカフェ阿蘇店」

 南小国町・瀬の本高原の大自然を満喫、バイカーの聖地とも言える大分県湯布院水分峠と熊本県一の宮町城山を結ぶ「やまなみハイウェイ」の中間地点に建つドライブイン・三愛レストハウス内(熊本県阿蘇郡南小国町瀬の本高原)にオープン。九州の名水と浜松の焙煎職人が造る豆による“違う丸み”のあるコーヒー、そして阿蘇のうまみが凝縮したソーセージのご当地ホットドックなどを提供。

KUSHITANI CAFE

2019年4月8日 

■チャンスがいっぱい「KADOYA 2019 サマーフェア」開催

オリジナル レザーコインケース

 カドヤのメッシュジャケット、パンチングレザーウェア、レインウェア、ブーツ、グローブなど夏用アイテムの購入を検討している人に朗報。4月20日(土)から6月30日(日)までの期間中、直営店およびオフィシャル・オンラインショップにて税別2万円以上の商品を購入すると「オリジナル レザーコインケース」をプレゼント。尚、レザーコインケースのカラーはランダムでのプレゼントとなり、限定生産のため期間中に在庫が無くなり次第、フェアは終了となる。


皮革専門クリーニング「リフレザー」

 また、同期間中にカドヤが手掛ける皮革専門クリーニング「リフレザー」を申し込むと、撥水加工代金が半額となるキャンペーンも実施。愛用品のクリーニング&撥水加工のチャンスとなっている。

問:KADOYA 東京本店
TEL:03-3843-2000

2019年4月5日 

■平成最後となる“ライダーのためのお祭り”

 4月14日(日)、大磯ロングビーチ(神奈川県中郡大磯町)にて開催される「NAPS MOTOGYM 2019(ナップス モトジム)」は、スラローム競技の一種・ジムカーナをメインとした“運転技術No.1ライダー決定戦”。全く同じツインコースを両者同時にスタート、 一騎討ちのトーナメント形式でタイムを競い合うというもので、強豪揃いの一次予選通過者をはじめ、 東北、 関西、 四国、 九州から推薦された各地域のトップ選手、 昨年本選トーナメントに出場した選手を加えた合計80名が熱い戦いを繰り広げる。

 また、元AKB48の平嶋夏海、 MotoGPのMoto3クラスに参戦経験をもつ岡崎静夏、ST600にクラス唯一の女性ライダーとして参戦した平野ルナら豪華ゲストも登場。メーカーブース出展やニューモデルの試乗会などもあり。

平嶋夏海 岡崎静夏 平野ルナ

 尚、イベントの模様は5月12日(日)夜8時55分からtvk(テレビ神奈川)の特別番組にて放送(地上波初)される予定となっている。

開催概要
名称:NAPS MOTOGYM 2019 (ナップス モトジム)
日時:2019年4月14日(日)9時30分~16時  ※雨天決行、 荒天の場合は中止
場所:大磯ロングビーチ 第一、 第二、 第三駐車場(神奈川県中郡大磯町国府本郷546)
入場料:500円(中学生以上)

2019年4月5日 

■大人の趣味人が集う、ヘリテージカーの祭典

ホンダ・ブースの模様。1981年に登場した初代シティE(ホンダマチック車)と、同車と同時代に発売された原付バイクのモトコンポ、携帯発電機のデンタ。

 “CLASSIC MEETS MODERN”をテーマに往年の名車と最新モデルを展示、自動車文化と大人のライフスタイルの創成を目指すというイベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019」が4月7日(日)まで幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催されている。

 今年で4回目を迎えるこの催し、自動車メーカーやヘリテージカー販売店の展示・販売車両など約120台を展示。

 二輪メーカーとして馴染みあるホンダは今回「Honda ものづくりー継承されるM・M思想~生活を豊かにする“人中心”のコンセプト~」 をテーマに、1981年の初代シティや、同時に登場した“トランクバイク”ことモトコンポなどを出展。クロスカブを積んだ軽自動車・N-VANと対比させたレイアウトが特徴に。また、ホンダのデザインスタジオが制作した出展モデルの1/4スケール・モックアップモデルも見どころだ。

 過去から現代にいたる歴史(=ヘリテージ)にスポットライトを当てた AUTOMOBILE COUNCIL、その二輪車版が開催される日も近い!?

オートモビル カウンシル 2019

デザインスタジオのスタッフが製作した精巧な1/4スケール・モックアップモデル。実機はまだ手書きの設計図の時代であったが、モックアップモデルはコレクションホール収蔵品から作成された3Dデジタルデータを基にしているという。モトコンポは実車同様、ハンドルを折りたたみ車体に収納できる仕組みに。

当時としては稀なFF方式を採用した軽自動車・N360以来受け継がれるホンダのクルマづくりの基本思想である「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」という M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想は、バイクを積載する初代シティと最新モデルN-VANで表現される。
今年で誕生50周年ということで、日産のブースではフェアレディ「Z」とスカイライン「GT-R」を展示。トヨタのブースでは「Neo Classic 80′s」をテーマに、ハイソカー・ブームで爆発的に売れた白いX70系マークⅡなどが。
マツダのロードスターは今年で生誕30周年。歴代モデルと共に、誕生の4年前に製作されたプロトタイプモデルや、日本初公開となった初代ロードスター「クラブレーサー」を展示。また、オレンジのボディカラーが鮮烈な現行型ロードスターの30周年記念モデル(同時間に大阪ではRFの30周年記念モデル)の日本仕様が初お披露目となった。
今回、主催者展示として’60~’70年代のイタリアン・スポーツの傑作3台としてランボルギーニ・ミウラP400S、フェラーリ365GTB/4デイトナ、マセラティ・ギブリを出展。他、いつまでも眺めていたい歴史的クルマたち。

2019年4月4日 

■国内4社がEV普及に向けてスクラム、史上初! 電動コミューターの共通分野を決める会議体創設

コンソーシアム創設に臨んだ国内4社。左からホンダ三原大樹二輪事業企画部長、カワサキ古橋賢一モーターサイクル&エンジンカンパニー渉外部長、スズキ福留武志二輪企画部長、ヤマハ有西達哉戦略統括部長。

交換式バッテリーの仕様を共通化しよう

 国内ブランド4社がオールジャパンで、二輪車の電動化に対応し始めた。新分野開拓のための技術的仕様について、日本自動車工業会を離れて会議体を作るのは二輪車史上初の試みだ。

 4月4日、ホンダ、カワサキ、スズキ、ヤマハの国内ブランド4社は排気量125cc以下までに相当する小型コミューター分野で、交換式バッテリーの仕様の共通化を話し合う会議体「電動二輪車用交換バッテリーコンソーシアム」の創設を発表した。

 会見に臨んだホンダ二輪事業本部二輪事業本部の三原大樹部長は
「出資をして法人登記をするわけではない。知財技術グループ、事業グループを設けながら、各社の持っている技術を持ち寄って、ユーザーの使い勝手を議論する。各社から何人とはいえないが、一回で40人ほどが集まって議論する。知恵を出し合い、仕様を決め、標準化を進めていく」と意気込みを語った。

 電動コミューターは、単にエンジンをモーターに置き換えるだけでは普及しない。このコンソーシアムがテーマとするのは、ガソリンスタンドのように設置された充電専用の「バッテリー・ステーション」(※バッテリー・スタンドとも呼ばれ、名称は定着していない)を考え、そこで使う「交換用バッテリー」の大きさなど仕様を4社で標準化すること。

 小型コミューターはバッテリーの積載能力に限りがあり、同じカテゴリーのガソリン車のように電池をたくさん載せることで航続距離を延ばすことができない。搭載されたバッテリーだけに頼るのではなく、ステーションに用意された新たな充電済みバッテリーと交換しながら走ることで航続距離を延ばすことが可能になれば安心だ。バッテリーの性能アップを待たずに、ユーザーの要求レベルに近づけることができる。しかも、充電にかかる時間は、バッテリーを取り替える瞬間だけでいい。

 ただ、この交換式バッテリーの課題は、常に充電済みのバッテリーをステーションに用意しておくことが必要なため、バイクの数以上に大量のバッテリーを揃えなければならないことだ。そのためには、ガソリン車のようにそれぞれのモデルで独自のバッテリーを搭載するのではなく、例えば、乾電池のように仕様を統一して、統一規格のバッテリーを各社共通で使うことができれば、スケールメリットが得られる。最終的にユーザーの負担を軽くすることができる。

 このコンソーシアムに寄せる期待は大きい。カワサキ・モーターサイクル&エンジンカンパニー企画本部・古橋賢一渉外部長は言う
「カワサキには原付2種のラインナップがある。EV化は避けて通れないので、メリットを感じている」

「日常使いの電動コミューターのおける交換式バッテリーの標準化を目指す」と、時に笑みを浮かべながら語るホンダ三原大樹部長。 個性あふれるモデルを投入するカワサキにとって、交換式バッテリーの標準化は両刃の剣だ。それでも「コンソーシアムで得られるメリットは大きい」と語るカワサキ古橋賢一部長。


成功の鍵は、一刻も早い合意

 世界市場における二輪車の約2台に1台は国内ブランドだが、そのエンジン車市場でもインドの多国籍企業「ヒーロー・モトコープ」や、スズキと合弁解消後にBMWモトラッドと協業する同「TVSモーター」など技術力に裏打ちされた新興メーカーが国内ブランドを脅かしている。そこに追い打ちをかけるように電動化の波が拡がり、同時多発的に新興勢力が台頭しつつある。

 4社の危機感は大きく、2018年12月から4社共同でコンソーシアム設立の可能性を探ってきて、ようやく発表にこぎつけたことは評価できるが、コンソーシアムで合意した交換式バッテリーの仕様が決まったとしても、電動コミューターを普及させるためには、さらに大きなハードルを超えなければならない。

 ヒットを予感させるモデルの開発は当然のことだが、バッテリー交換のためのインフラを、誰がどう設置するのか。こうした役割を担うビジネスが成立するのか。それすら暗中模索だ。冒頭のホンダ・三原氏は、こう言う。
「ホンダ二輪事業部だけでも、決断には時間がかかる。まして4社で集まって決めていくとなればなおさらだ。電動化の流れにこのコンソーシアムが足かせにならないように、早く標準化の検討を進めて、普及に努めたい」

 海外勢と比較すると、国内ブランドのバイク電動化の挑戦は、むしろ遅れていると言っていいほどだが、世界で複数のバイク・メーカーが共同でバッテリーの標準化を目指した例はない。コンソーシアムの標準化は、電動の覇者の一歩を踏み出した、と言う未来が来ることを願いたい。

(取材・文:中島みなみ)

2019年4月4日 

■“チャレンジング・スピリットの原点”で入社式

 鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)のグランドスタンドにて4月1日、本田技研工業の入社式が行われ、新入社員1,628名(大卒:576名、高卒:334名、中途採用:718名)が参加した。会場には八郷隆弘 代表取締役社長がCB1100RSに、人事・コーポレートガバナンス本部長がNSXに乗って登場、新入社員に向け挨拶として「2030年ビジョン」「商品に込める想い」が語られたという。

 また、ホンダのマシンを駆って全日本トライアル選手権を戦う小川友幸 、全日本ロードレース選手権を戦う高橋巧らライダー&ドライバーも登場、デモ走行などが行われた。

 実にレース好きの企業らしい入社式だが、社長挨拶の冒頭部分をご紹介。

「この鈴鹿サーキットのグランドスタンドで入社式を行うのは、Hondaのチャレンジング・スピリットの原点であるレースのスターティング・グリッドから、皆さんにHondaのスタートを切ってもらいたかったからです。『初心、忘るべからず』今日の想いを、大切にして下さい。」

www.best-cooler.reviews/category/koolatron/

https://agroxy.com