MBニュース&トピック

 

2018年6月6日 

■ホンダジェット、いよいよ日本国内で販売を開始

ホンダジェット

クラス最高峰の性能を実現したホンダジェットエリート。最大定員は乗員を含め7名。

 日本でホンダジェットの販売が開始されると聞いても、ほとんどの方はピンとこないかもしれない。それもそのはず、ビジネスジェット機は北米では約2万機が就航しているが、日本ではわずか57機(2016年現在)というから当たり前かもしれない。

 それはさておき、主翼上面にエンジンを配置するという世界でも類を見ないホンダ独自のテクノロジーによって開発されたホンダジェット。1986年に研究開発を開始し、2003年には実験機を開発、2006年北米で受注を開始、2012年量産機の生産を開始、2015年には引渡しを開始し、すでに6地域67カ国で販売されている。航空機としては新参ながら、空の上でもホンダクオリティは高い評価を得ており、昨年は同クラスでの受注数が世界第一位になるほど好評をもって受け入れられている。

 今回日本で販売される「HondaJet Elite」は、約17パーセントの航続距離延長(+396km)、新インレット構造による静粛性の向上、安全性制御をさらに進化させたコクピットなど従来型に改良を加えた最新型。燃費(同クラス比で年間平均で208リットルのドラム缶150本分節約)、最高速度(782km/h)、最大運用高度(13106m)、上昇性能(1250m/min)、航続距離(2661km)というハイスペックに加え、静粛性や室内サイズなど全ての主要性能項目で小型ビジネスジェット機でクラス最高水準を実現した。

 実は日本でも小型ジェット機の潜在的購買能力は高いそうなのだが、活用するためのインフラが欧米のように整備されていないことが普及を阻む原因のひとつである。そのような点の改善を含めてビジネスジェット市場の拡大を目指し、今後4〜5年で現在の2倍程度の市場開拓を目指す。国内の販売は、丸紅エアロスペースが行い、2019年前半の搬入開始を予定している。

 また前記のように一般的にはあまり縁のなさそうなホンダジェットだが、例えば最近よく見かけるオンデマンドバスのように、小さな地方空港へのエアリムジン的な使われ方にも適している。日本国内には84の空港が存在しているが、ホンダジェットならば日本国内の空港間をノンストップで結ぶことが可能。さらに北京、上海、台北などへも無給油で飛べる能力を持っているので、エアコミューターとしての高いポテンシャルも秘めている。

 かつて、スーパーカブが、それまでの常識をことごとく覆し、パーソナルモビリティの世界観を大きく変えたように、ホンダジェットも日本の空の常識を大きく変えていくかもしれない。ちなみに一番気になる価格は約5250000ドル。日本円にして約5億7750万円。性能や装備を考慮すれば、同クラスのビジネスジェット機と比較して、かなりお買い得だそうだ。

ホンダジェット ホンダジェット
パイロットの負担を減らし、安全性も高めたヒューマンインターフェイス設計のコクピット。 スピーカーを使わない業界初のBongioviオーディオシステム(オプション)やギャレー、安全ベルト付きの化粧室など高品質なキャビン。
ホンダジェット
ホンダジェットの生みの親であり、現在HACI(Honda Aircraft Company LLC)の社長を務める藤野道格氏と、Hondaの八郷社長、丸紅航空機グループCEOの氏家氏、丸紅エアロスペースの遠矢社長。各社がタッグを組んでホンダジェットの新たな可能性を拓く。 こちらの動画が見られない方、大きな画面で見たい方はYOU TUBEのWEBサイトで直接ご覧下さい。

2015年ホンダジェット日本初公開へ

2018年6月6日 

■トライアルGPもてぎ、フジガス3位表彰台を獲得!

 今年で19回目を数えるトライアル世界選手権第2戦は6月2、3日、ツインリンクもてぎにて開催され、レプソルホンダの藤波貴久選手がDay1で3位表彰台を獲得、Day2では今シーズンGASGASにスイッチしたハイメ・ブスト選手が強豪を抑えてGPクラス初優勝を飾りました。

 スペイン選手権でのアクシデントで肩を負傷、直後の開幕戦を8位で終え、第2戦もてぎでは「回復7割」と語っていた藤波選手。金曜の予選は10位で通過しました。翌日のDay1では、第10セクションまでクリーンを連発し、1ラップ目を8点におさめ、2位のポジションにつけました。続く2ラップ目には岩盤の5セクションと13セクションで5点をたたいてしまったのですが、後続とのポイント差によって、最終セクションを前に藤波選手の3位が決定しました。藤波選手はもてぎでは 2011年から連続の表彰台を獲得しています。

「2週間前の開幕戦では、出場できるかどうかといったコンディションでした。もてぎに来るまでにはかなり快方に向かってはいたものの、表彰台を狙える位置にくるのは難しいと思っていました。1ラップ目に凄くいい走りができ、2ラップ目は崩れてしまったのだけど最終的には表彰台に上がることができました。応援してくれたファンの皆さんと、ホンダのサポートに感謝しています」


 レースは、予選でGPクラス最下位となってしまったジェロニ・ファハルド選手(GASGAS)。1番手スタートから1ラップ目をオールクリーンで回り、2ラップ目も勢いを落とすことなく最終セクションを前に2位以下に大量の差をつけて、2009年以来2度目の優勝! 2位に入ったアダム・ラガ(TRRS)選手は、2ラップ目に最終以外をクリーンで回る猛烈な追い上げを見せました。

予選の不調を巻き返し、2度目の優勝を飾ったジェロニ・ファハルド選手。 アダム・ラガ選手は、Day1・2位、Day2・3位。

 いくつかのセクションがDay1よりも難易度をあげて行われたDay2。トニー・ボウ選手(Montesa)とラガ、ハイメ・ブスト選手(GASGAS)がクリーンを重ね、1ラップ目を終えてラガ選手が8点、ボウ選手11点、ブスト選手12点で折り返します。集中力を切らすことなく、2ラップ目を7点で終えたブスト選手がGPクラス初優勝。藤波選手は1ラップ目にミスが目立ち、2ラップ目で挽回したもののトータル51ポイントで9位にとどまりました。

トニー・ボウ選手はDay1・4位、Day2・2位。 Day2を征したのはハイメ・ブスト選手。

 日本人勢は、全日本チャンピオンの小川友幸選手(Honda)がDay1・14位、Day2・13位 、黒山健一選手(YAMAHA)Day1・9位、Day2・15位、野崎史孝選手(YAMAHA)Day1・15位、Day2位・14。
 小川選手のDay1は、クリーンか5点か?! といった攻めのレースでしたが、2ラップ目の13セクションで右足を負傷。それでもDay2はひとつポジションをUPしました。野崎選手は、朝のウォームアップでぎっくり腰になってしまい、全般において痛みに耐えながらのレースとなりました。黒山選手は、Day1を9位で終わらせたのですが、Day2は前半のミスから気持ちを切り替え、世界選手権のルールに忠実な走りを心掛けたとのこと。黒山選手は、7月に開催されるトライアルGPフランス大会とベルギー大会のトライアルEクラスにヤマハのTY-Eで出場することが決定しています。


ガッチこと全日本チャンプの小川選手、果敢な攻めの走り。 黒山選手はフランス、ベルギーに電動トライアラーで出場予定。

 今大会からスタートしたウーマンクラスには、全日本チャンピオンの西村亜弥選手が出場しました。序盤のセクションで頭からクラッシュするハプニングもあり、成績は最下位となったのですが、世界の強豪相手に奮闘しました。

ウーマンGPはDay1、Day2ともに2017年チャンピオン、エマ・ブリスト選手(Sherco)が優勝。 ウーマンGPには、全日本チャンピオンの西村亜弥選手が出場。

(写真・レポート楠堂亜希)

2018年6月2〜3日 ツインリンクもてぎ
天気 晴れ
観客数 土曜日 8600人 日曜日 9800人

リザルトはこちらで(外部サイトにジャンプします)




2018年6月6日 

■ショップオープン情報「ハーレーダビッドソン グッドウッド」


 グローバル基準に適合した最新のストアデザインプログラムを採用した次世代型店舗として6月9日(土)に移転、リニューアルオープン。1階はコンクリート床でガレージ感の強いショールーム、床や天井がウッドベースとなったくつろげる空間のラウンジスペースが特徴。サービススペースは2階となる。大型バイクを所有する女性スタッフも在籍、女性ならではの目線で車種選定からウェアーのコーディネートまで多様なアドバイスを提供。リニューアルオープン当日は様々なゲームを用意したパーティータイム(12時から14時限定)や、限定Tシャツの販売、来店記念品、家族でも楽しめる豪華賞品が当たるゲームなども用意したオープニングフェアを開催。店舗は京葉道路・市川IC より7分、首都高速湾岸線・千鳥町出口より8分、県道6号 市川浦安線沿い。

千葉県市川市欠真間 2-1-22
TEL:047-358-8403
営業時間:10時~19時、10時~17時30分(日祝)
定休日:毎週月曜日

2018年6月4日 

■SHOWA、二輪車用電子制御技術シリーズ他出展

 5月25日から28日まで、パシフィコ横浜で開催された。自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための自動車技術の専門展としてスタートしたこの催しに、二輪のサスペンションなどでお馴染みのショーワも出展、EICMA(ミラノショー)で話題となった独自の機構をもつハイパフォーマンス製品が出品された。

 会場ではカワサキNinja ZX-10R SEに採用される「SHOWA EERA Balance Free Damping Force」を展示。二輪車用に最適化した特性をもつ独自に開発した電子制御式油圧バルブを採用したもので、優れた操縦安定性と乗り心地を実現したもの。また、ホンダのモトクロッサー・CRF250R/450Rの2019年モデルにも採用された「GPシリーズA-Kit」はフロントフォークのインナーチューブにフリクション低減を実現したエメラルドコーティングなどが施される。

SHOWA EERA Balance Free Damping Force GPシリーズA-Kit


 また、二輪車用電子制御技術シリーズ「SHOWA EERA(イーラ)」の最新技術として速度に応じて減衰が変わるステアリングダンパーや、リアショックアブソーバーのライドハイトも参考出品。いずれメーカー標準装備、またはアフターマーケットパーツとしてリリースに向けて開発中という。

ショーワ


「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」には二輪車メーカーも話題のモデルを展示。(写真左より)第3世代Dual Clutch Transmission(DCT)やダブルウィッシュボーンフロントサスペンションなどを採用したホンダ・ゴールドウイング ツアー、ロボティクス技術を象徴するヤマハ・MOTOROiD(モトロイド)の試作モデル、スーパースポーツ・GSX-Rシリーズの技術を投入した原付二種スポーツバイクのスズキGSX-R125 ABS。

2018年6月1日 

■世界最高峰の“技”が繰り広げられる戦い、いよいよ明日!


(左より)藤波貴久、小川友幸、黒山健一、野崎史高の日本グランプリに挑む4選手。

 6月2日(土)・3日(日)の2日間、ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)で「2018 FIMトライアル世界選手権 第2戦 ストライダー 日本グランプリ」 が開催される。5月27日にはウエルカムプラザ青山に参戦する4名のライダーを迎え「日本人ライダー壮行会&トライアルパフォーマンス」 が行なわれ、世界最高峰の“技”が繰り広げられる戦いを目前に控えた束の間の時間、選手とファンは触れ合いを楽しんだ。

 壮行会では藤波貴久(Repsol Honda Team)、小川友幸(HRC CLUB MITANI )、黒山健一(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、野崎史高(YSP京葉×KEN OKUYAMA RACING)の4選手によるトークショーを実施。選手の活躍を間近で観ることができるなど、トライアルの魅力がアピールされた他、自転車でジャックナイフなどの技を披露。また本戦への意気込みが語られる。

 さらに、屋外の特設会場では世界レベルの技を実際のマシンで披露。その神業と迫力で来場者を喜ばせた他、サイン会も行われる。日本グランプリでは4選手による活躍に要注目だ!

 「2018 FIMトライアル世界選手権 第2戦 ストライダー 日本グランプリ」の詳細はコチラ()へ。

(撮影:徳永 茂)

2018年6月1日 

■スズキ「Vストローム 1000/650  3ラゲッジ サポートキャンペーン」実施

 2018年9月30日(日) までの期間中、キャンペーン実施店にて V ストローム 1000 ABS、1000XT ABS、650 ABS、650XT ABS (2017 年モデル以降の国内認定新車)と純正用品 「3ラゲッジシステム」を同時に購入、10 月 5 日(金)までに登録を完了すると、3ラゲッジシステムを30%オフで購入することが可能に。

 1000/650共通の3ラゲッジシステム(トップケース/トップケースアダプター/サイドケースセット/サイドケースブラケット)はアドベンチャーモデルに相応しい“旅の必需品”と言えるアイテム。このVストローム向けに開発された3つのケースが通常合計金額17万9928 円(メーカー希望小売価格、税込)のところ、12万5950 円(税込) となるお得なキャンペーンだ。

 詳細は下記キャンペーンサイトにて。

スズキ キャンペーンサイト

2018年6月1日 

■スズキ「MotoGP 日本グランプリ チームスズキエクスター『パドックツアーご招待』キャンペーン」を実施

 2018年8月31日(金)までの期間中、キャンペーン実施店にて対象機種の新車(国内認定車)を購入、9月5日(水)までに登録が完了したユーザーの中から、10月19日(金)から21日(日)にツインリンク もてぎ開催されるMotoGP 日本グランプリの「スズキ応援グッズ付き観戦チケット」(3 日分パスポート+スズキ応援席)を 抽選で50 名にプレゼント。さらに日本グランプリ・スズキホスピタリティブースでのランチ(10 月 20 日もしくは21 日のいずれか)を含むパドックツアーにも招待!

 対象機種はGSX-R1000R ABS、GSX-S1000 ABS、GSX-S1000F ABS、GSX-S750 ABS、 SV650 ABS、SV650X ABSの6機種。

 詳細は下記キャンペーンサイトにて。

スズキ キャンペーンサイト

2018年5月31日 

■ショップオープン情報「ハーレーダビッドソンバルコム福岡西」

 グローバル基準に適合した最新のストアデザインプログラムを採用した次世代型店舗として6月2日(土)新オープン。中国エリアを中心に1都3県に店舗を有する広域型ディーラー・バルコムモーターサイクルの九州エリア初出店となる。オープン当日と翌3日(日)の両日は10時より「Balcom Party」 と題したフリーフード&ドリンクの記念パーティーおよび限定セールを開催。ミュージシャンがオープンを祝してライブを行うほか、オープンを記念した来場記念品も用意。 店舗は福岡前原道路・今宿出口より約5分、国道 202 号・徳永交差点かど。

福岡県福岡市西区徳永北 13-17
TEL:092-805-7055
営業時間:10時~19時
定休日:毎週火曜日

2018年5月28日 

■「Panigale V4」の国内登場に合わせて メディア向け“ワークショップ”を開催

Ducati JapanがPanigale V4国内登場に合わせてメディア向けワークショップを開催。今後の各誌の試乗記事等に乞うご期待。

 スーパースポーツの頂点に君臨してきたDUCATIのPanigale1299をさらに凌駕する、ハイパースポーツモデルとして注目を集めているPanigale V4がいよいよ国内デビューする。それに合わせて、このほどDucati Japanがメディア向けの“ワークショップ”を開催した。
 日常的に高性能バイクも試乗する機会の多いメディア関係者といえども、このPanigale V4を全うに評価するには、心の準備と、詳細なメカニズムの知識が必要、との配慮による有意義なイベントだった。
 
 すでに多くの情報が入ってきているが、最大の特徴はやはりドゥカティのアイコンであるはずのLツインと決別し、最新テクノロジーを満載したV型4気筒エンジンに注目が集まってしまうことは致し方ないことだろう。
「デスモセディチ・ストラダーレエンジン」の名称で呼ばれるそれは、「デスモセディチGPエンジン」と同様、81mm(MotoGPのレギュレーションで許容される最大値という)のボアを有し、デスモドロミック機構を採用。ストロークはレース用エンジンより長く設定され(総排気量1,103cc)、低中回転域のトルクを引き上げるとともに、最高回転数を下げてパワーコントロールを容易にしている。とはいえ最高出力は214ps/13,000rpm。セグメント中最もパワフルなモーターサイクルであることに変わりはない。最大トルクは12.6kgm/10,000rpm。このような圧倒的なパフォーマンスにもかかわらず、デスモセディチ・ストラダーレエンジンは、長いメインテナンス・サイクルを実現し、バルブクリアランスの点検・調整も24,000km毎の設定されているというのには驚かされる。
 
 このハイパフォーマンス新型エンジンの搭載を実現したのが最新世代のエレクトロニクス・パッケージである6軸対応のボッシュ製慣性プラットフォーム(6D IMU)で、あらゆる走行状況においてアクティブセーフティとコントロール性を高めているという。その秘密は、ブレーキング中のドリフト制御、サーキット走行用に開発されたフロント・ホイールだけに作動するコーナリングABS、リーンアングルも考慮に入れたドゥカティ・クイック・シフト(シフトアップ/シフトダウン)など紹介しきれないほどの新しい制御システムの数々なのだが、それらはライダーには3種類の新しい「ライディング・モード」(レース、スポーツ、ストリート)として提供されるという。
 こうした数々の最新メカニズムを理解した上で試乗してください、というのが“ワークショップ”の目的だった。

「3歳からバイクフリークだった」というスゥエーデン生まれのDucati Japanリンドストレーム マッツ代表取締役社長。

 今後国内に導入されるPanigale V4の紹介記事は、メディアもこのように“学習”した上で詳細をお伝えすることになる。まさに乞うご期待だ。ちなみに正式な価格が発表されているので紹介しておこう。ベーシックなPanigale V4がメーカー希望小売価格(消費税8%込み)2,639,000円、オーリンズ製電子制御サス、オーリンズ製ステアリング・ダンパー、鍛造アルミニウム製ホイール、リチウムイオン・バッテリーを装備したPanigale V4 Sが3,280,000円、さらにカーボン製前後フェンダー、ヒールガード、スイングアームカバー、削り出しアッパーブラケット、アルカンターラ製シート、アジャスタブルフットペグ、レース仕様の可倒式レバーなどを装備したPanigale V4 Specialeが4,550,000円。

■撮影:依田 麗/Ducati Japan 

2018年5月28日 

■6月のMOTORISEはライダーに人気の伊豆半島へ!

 BS11(日本BS放送)で毎週金曜日22時30分から放送中の30分番組、大人のバイク時間「MOTORISE」は、全国視聴できる唯一のバイク専門番組。6月は“ぐっさん”こと山口智充の「バイク旅」シリーズだ。

 今回はライダーにも大人気の伊豆半島1周ツーリング。大荒れの天候の中、まずは海岸線を西伊豆方面へ。新鮮な海の幸を満喫し、お馴染みの触れ合いも!? 後半は一路、山間部を快走、風情豊かな中伊豆を目指し、温泉に絶景ツーリングルートと旅の醍醐味を満喫。さらに、ぐっさん若手時代の思い出の地も訪問する。

 放送スケジュールは「Vol-179ぐっさんのバイク旅!〝伊豆半島ツーリング〟 前編」が6月1日(6月15日再放送)、「Vol-180ぐっさんのバイク旅!〝伊豆半島ツーリング〟 後編」は6月8日(6月22日再放送)となっている。

 海からの潮風と新緑の香りを感じる贅沢な初夏の〝大人のバイク旅〟をお楽しみに!

MOTORISE

www.best-cooler.reviews/category/koolatron/

подробнее eurobud.com.ua

посмотреть agroxy.com