MBニュース&トピック

 

2017年1月11日 

■ドゥカティXDiavel、XDiavel Sのリコール(平成28年12月21日届出)

 対象車両は型式EBL-GA01(通称名:XDiavel)の車台番号ZDMGA01JAGB002055~ZDMGA01JAGB004142(輸入期間:平成28年3月24日~平成28年6月14日)の95台、型式EBL-GA01(通称名:XDiavel S)の車台番号ZDMGA01JAGB001886~ZDMGA01JAGB004629(輸入期間:平成28年3月24日~平成28年7月5日)の133台、計1型式、計2車種、計228台。

 不具合の部位(部品名)は「①動力伝達装置(最終減速プーリー)②(サイドスタンド)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「① 動力伝達装置において、ドライブプーリーを固定するナットの締付トルクの設定値が不適切なため、走行中、駆動ベルトから受ける力でナットが緩むことがある。そのため、プーリーがガタつき、そのままの状態で使用を続けると、プーリーのスプライン部が摩耗し、最悪の場合、後輪へ動力を伝えられなくなるおそれがある ②サイドスタンドを固定するスクリュの締付トルクの設定値が不適切なため、走行時の振動等によってスクリュが緩むことがある。そのため、駐車中、サイドスタンドに過大な負荷がかかって破損して、車両が転倒するおそれがある。また、スクリュが脱落すると走行中にサイドスタンドスイッチの配線が引っ張られて損傷し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「①全車両、ドライブプーリーの固定ナットを良品に交換するとともに、ロックワッシャーを対策品に交換して、ナットを新しく設定した締付けトルクで締め付ける。なお、ドライブプーリーが損傷している場合は、ドライブプーリーも良品に交換する ②全車両、サイドスタンドを固定する下側のスクリュをネジロック剤を塗布した対策品に交換し、新しく設定した締付けトルクで締める。さらに上側のスクリュはネジロック剤を塗布したうえで適切に締め付ける。なお、サイドスタンド及び配線が損傷している場合は、良品と交換する」という。

 改善箇所説明図は

問:ドゥカティジャパンお客様相談窓口
TEL:0120-030-292

2017年1月10日 

■東京本店・仙台店・福岡店で開催「KADOYA直営店ウインターバーゲン」はお買い得品を大放出!

 毎年新春恒例となっているKADOYAのバーゲン、東京本店・仙台店・福岡店にて1月28日(土)・29日(日)開催される。時間は10時から19時。バーゲンの2日間は超目玉品の革ジャン、パンツ、ベスト、ファブリックウェアといったこの時期に必須な冬物アイテムはもちろん、定番品も通常よりお得なプライスで多数ラインナップ。さらに、期間中だけのスペシャルアイテム、サンプル品や貸出し品に至るまで大放出。セール価格は店頭での“お楽しみプライス”となるので、是非お店へ! 

東京本店:東京都台東区西浅草3-29-21  TEL:03-3843-2000  
仙台店:宮城県仙台市若林区六丁の目中町7-73  TEL:022-287-8000
福岡店:福岡県福岡市東区箱崎2-42-5 TEL:092-651-2900

2017年1月6日 

■スズキが昨年に続きMotoGPマシンカラー車他、東京オートサロンに参考出品

スイフト レーサー RS(参考出品車)

 1月13日(金)から15日(日)まで、千葉県の幕張メッセで開催されるチューニング&カスタムカーの祭典が開催される。スズキは参考出品車3台を含む全10台を出品。

イグニス モトクロッサー スタイル(参考出品車)

 昨年はMotoGPに参戦する「チームスズキ エクスター」のカラーリングを施したが話題となったが、今年も二輪ファンを喜ばせるモデルを用意。

 1月4日に発売されたばかりのをベースとする「スイフト レーサー RS」はチームスズキ エクスターのトリトンブルーのボディカラーに専用シート、17インチアルミホイールなどを装備。

 一方「イグニス モトクロッサー スタイル」は、コンパクトクロスオーバースタイルにオフロードレースの世界観を加えたモデル。スズキのモトクロスをイメージさせるチャンピオンイエローのボディカラーにデカールが施され、オフロードタイヤが装着される。

 他、参考出品車は「スペーシア カスタムZ プレミアム」を展示。

●その他、展示車両
小型乗用車:新型スイフト、新型ソリオ ハイブリッド、イグニス Fリミテッド、ソリオ バンディット Fリミテッド
軽乗用車:新型スペーシア カスタムZターボ、ハスラー Fリミテッド、アルト ラパン Fリミテッド

東京オートサロン2017 スズキブース紹介ページ

2017年1月6日 

■ホンダがCES 2017で自立バイク「Honda Riding Assist」を世界初公開

Honda Riding Assist

 アメリカ・ラスベガスで1月8日まで開催されている世界最大の家電見本市「CES 2017」。ホンダは「Cooperative Mobility Ecosystem(考える・つながる・楽しいモビリティのある世界)」をテーマに、AI、ビッグデータ、ロボティクスを活用したモビリティによって人々の生活を豊かにするモノ・コトづくりの提案を行っている。その中で、独自のロボティクス技術を活用した二輪のコンセプトモデル「Honda Riding Assist」が世界初公開された。

 NC750Sがベースと思われるこのモデル、ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培った独自のバランス制御技術を二輪車に応用。ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができ、ライダーが少しバランスを崩してもバイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減。通常の走行時には既存の二輪車と同等の操縦性も有し、「ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにする」提案だという。果たして実用化は!?

 他、CES 2017でホンダは世界初公開となるAI技術・感情エンジンを搭載し、自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカー「Honda NeuV」や、お馴染み「UNI-CUB β」も出展している。

2017年1月5日 

■東京モーターショー2017のショーテーマ&ロゴが決定

 東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)にて2017年10月27日(金)から11月5日(日)までの10日間に渡って開催される「第45回東京モーターショー2017」(TMS2017)は、前回に引き続き乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具関連製品、自動車関連サービスを含む総合ショーに。人数限定の「プレビューデー」を一般公開に先駆けて実施するなど、主催団体である一般社団法人 日本自動車工業会は前回より来場者が満足できる魅力あるショーを目指すという。

ステートメント(宣言)

 TMSは自動車産業の枠を超えて、さまざまなアイディアやテクノロジーを取り入れ、「これまでのモビリティの価値を拡張していく」というビジョンを掲げ、大きく生まれ変わるための取り組みをスタート。2017年は、その飛躍のスタートとなる年として、未来につながる「第45回東京モーターショー2017」にすべく、「ステートメント(宣言)」を設定。この思いがショーテーマとロゴデザインに表現されているという。

 ショーテーマ「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」は、開催年ごとにクルマの価値や楽しさを拡張しながら、業界の垣根を超えて世界最先端のナレッジが集まり、新たなイノベーションやビジネスを生み出せるようなイベントを目指すという思いを込めたもの。

東京モーターショーオフィシャルサイト 

2016年12月28日 

■いよいよ地元・大阪へ! 1月のMOTORISEは“ぐっさん”のバイク旅シリーズで新年スタート

 毎週水曜日23時からBS11(日本BS放送)にて放送中、ハードからソフトまで様々なモーターサイクルシーンを紹介する“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」は、全国視聴できる唯一のバイク専門番組である。

 新年1月はバイク好きタレントとして知られる “ぐっさん”こと山口智充がナビゲーターを務め、旧友やお世話になっている方々を訪ねる「バイク旅」シリーズ。その第4弾は彼の地元・大阪を中心に関西を巡る旅だ。

 前編では道中、美味しいものを味わいながら人々や動物? と触れ合い、大阪から奈良のドライブウェイへ。絶景へと向けてバイクを走らせる。

 後編は港町・神戸を皮切りに、恒例“視聴者プレゼント”の作成を経て、20年来の親交があるという今回のぐっさんの逢いたい人“マスター”の居るイカ焼き屋へ。

 放送スケジュールは「Vol-145 ぐっさんのバイク旅 関西(大阪・奈良・神戸)ツーリング! “イカ焼き屋のマスターを訪ねて” 前編」が1月4日、「Vol-146 ぐっさんのバイク旅 関西(大阪・奈良・神戸)ツーリング! “イカ焼き屋のマスターを訪ねて” 後編」は1月11日となっている。

 同級生も出演!? 完全なる“ぐっさんプレゼンツ”の関西コテコテツーリングをお楽しみに!

MOTORISE

2016年12月28日 

■明るく元気な新エンジェル4名が誕生

ツインリンクもてぎエンジェル第19期生の4名。(写真左から)悠木恵愛さん、平田菜々子さん、五十嵐あいるさん、谷美奈さん。

 “森の中のモビリティテーマパーク”ツインリンクもてぎ(栃木現茂木町)のイメージガール「ツインリンクもてぎエンジェル」。昨年9月、そのが、応募総数120名の中から9名が最終審査に臨み、4名が新エンジェルに決定した。

 彼女らは2017年4月1日(土)・2日(日)に開催される「スーパー耐久シリーズ2017 第1戦もてぎスーパー耐久レース」にデビュー。現在活動中の4名とともに1年間、ツインリンクもてぎで開催されるレースやイベントの魅力を紹介していく。

ツインリンクもてぎエンジェル

2016年12月27日 

■GIVE ME 5! マルク・マルケス2016年チャンピオン獲得記念グッズを読者プレゼント

mm93記念Tシャツ(前)

mm93記念Tシャツ(背)

 世界最高峰のロードレース・MotoGPにおいて今シーズン、全18戦中5勝含める表彰台12回、リタイア僅か1回という成績で同クラス3度目、世界選手権で5度目となるチャンピオンを獲得したホンダのワークス・ライダー、マルク・マルケス。最年少記録を次々と塗り替えていった天才的ズバ抜けた速さに加え、よりクレバーな一面も際立っていたことが印象的な2016年シーズンであった。

 そんな彼のチャンピオン記念グッズを読者プレゼント! 誇らしげに“GIVE ME 5”の文字をメインにあしらったTシャツは各スポンサー名も配され、背面にはアイコンである“mm93”のロゴも。サイズはXLのみ。記念ステッカー(1枚)とのセットで2名に。また、記念ステッカー2枚1組を4名に。

mm93記念ステッカー




ご希望の方は読者登録(h)の上、e-mail([email protected])にてご応募を。

 希望商品(「mm93記念Tシャツ」または「mm93記念ステッカー」)、郵便番号、住所、氏名、WEB Mr.Bikeに対するご意見、ご希望を明記のこと。締切は2017年1月20日(金)。

2016年12月26日 

■走って、回って、トークして オートレース場に新鮮なシーンがたくさん!

闘い済んで日が暮れて、お客さんとはいチーズ。過去最大のお客さんに来てもらいました!

 誰がいちばん速いか決めたらいいんだ! …じゃなくて同じバイクを使ったスポーツなんだものいっしょにファンサービスしよう、と始まったオーバルスーパーバトル。12月中旬のお天気に恵まれた日曜日、3回目にしていちばんのファンのみなさんに来ていただきました!

 同じくバイクを使うスポーツということもあるし、ロードからオートへの選手移籍など、なにかとかかわりの深いロードレースとオートレース。そこで、ロードレースのシーズンオフを待って、川口オートレース場で行なわれるのが、ロード&オートの共同ファンイベントである「オーバルスーパーバトル」。

 早いもので、今年で3回目を迎え、今回はイベント史上最も多い7000人ものお客さんがいらっしゃってくれました。もちろん、この中には、この日に開催されていた山陽大会の車券を買いに来ているオートレースファンもいて、オートレースの広報チームの方によると、いつもの場外車券発売日よりも2000人ほど多かったそうな。これが、オーバルスーパーバトルの動員と言っていいかもしれませんね。

今回のメンバー。オートレーサーや全日本ライダー、JP250ライダーと色とりどりでした。 オートレース代表の皆さん。左から岩田、渡辺、青山、青木ハル、青木ノブ、佐藤、それにキャンギャルは青木ノブ選手の娘さんでした♪
このイベントの立役者、青木兄弟のハル&ノブ。ふたりとも運営側だっていうのに楽しんでましたね。いーんだいーんだ、そういうイベントだもの。 昼休みには来場されたお客さんのタンデムイベントも。装具いっさいレンタルで、オーバルコース走行をお楽しみいただけます。


スタンド前では、全日本トライアルの「ミスター・バックフリップ」野本佳章がデモンストレーションを披露。ショートレンジのバックフリップは芸術!

 このイベントに参加してくれたのは、オートレースから青木治親、青山周平、渡辺篤、佐藤裕児、岩田裕臣といったロードレース出身のライダーたちと、ロードレースから青木宣篤、鶴田竜二、今野由寛、岡崎静夏、渥美 心、佐藤太紀らと、さらにオーストラリアからジョシュ・ウォーターズという豪華メンバー! 新しい試みとして今年スタートしたJP250クラスのエントラントたちも顔を揃えてくれていました。

 さらに、このイベントには欠かせない「バイク芸人」こと、チュートリアルの福田充徳さん! 特に福田さんは、過去2回のこのイベントで、メインイベントの「無差別バトルロイヤル」で2連勝中! 今年はKTMワンメイクレースに出場し、予選を勝ち抜いた3人のメディア代表、そしてオートレース選手たちと挑戦します。

「今年の開催は、スケジュールの都合で参加できそうもなかったんですが、会社にムリ言って出させてもらいました!」(福田さん)という気合の入れよう。明らかに一番ヤル気だったのが、この福田さんでしたね。しかし、ヤルな、よしもと(笑)

 イベントの内容は、JSBマシンとJ-GP2マシン、さらにJ-GP3という全日本ロードレースでおなじみのマシンが、1周500mのオートレース専用オーバルコースでスピードを競う「ロードレース/異種混合」レース、JP250クラス、さらにKTMワンメイクレースが開催予定。それでも、朝のフリー走行や決勝レースの間に出場ライダーのトークショーがあったり、触れ合える時間帯があったりと、このイベントならではのほのぼの時間が流れます。いいよね、こういったライダーとファンが直接触れ合えるイベントって。通常のレースでは、ライダーもファンサービスをしながら、レースに集中したいから、どうしてもじゅうぶんに触れ合えなくなりがちですからね。

 レースでは、異種混合レースでJ-GP3の250cc単気筒マシン&岡崎シズちゃんが、JSBの1000cc4気筒マシンや、スーパーチャージドモンスターH2Rを抑え切って優勝したり、賞金レースとなったJP250クラスで、オートレース選手である青木ハルがオトナげなく優勝したり(笑)、普段のロードレースやオートレースでは見られないシーンがたびたびで、一風変わったレースイベントとして新鮮なことばかり。

 あ、そうそう、チュートリアル福田さんへの挑戦権をかけて争われたメディア対抗KTMワンメイクでは、わたくし中村が後続のライダーに接触されて転倒し、レースは中止。結果は、ルールによって周回数75%をクリアしていた時点で、トップに立っていた福田さんが、そのまま優勝! 見事3年連続優勝を果たしました。見に来てくれていたみなさん、転倒騒ぎでちょっとご心配をおかけしましたが、わたくし中村、元気です!

 さぁて、4回目の開催となるオーバルスーパーバトル2017では、誰が福ちゃんをストップするのか!がひとつの楽しみになりそうですね。

(文:中村浩史 撮影:島村栄二)

2連覇中の「絶対王者」(福ちゃん)と筆者ナカムラ。ほかにもバイカーズステーション誌やロードライダー誌、ブリヂストンタイヤのレーシングマネージャー、山田宏さんもメディア対抗に参戦しました。 KTMワンメイクレースに使用されるのは、390DUKEとRC390。500mのオーバルでの最高速度は、DUKE/RCで130km/hほどでした。DUKEはオートレース協会がトレーニングやイベント用に購入したのだそうです。 イベントにひと役かったKTMのマシンたち。「DUKEよりRCの方がレースとなると乗りやすかったですね」とは福ちゃんの弁。
JSBとJ-GP2とJ-GP3が混走(!)した異種混合レースは、あんとJ-GP3マシンの岡崎静夏ちゃんが優勝! しーちゃん、J-GP3マシンでの初優勝だって! JP250クラスでは、オートレース代表の青木ハルが2戦2勝。賞金30万円をかっさらいました(笑)。オトナ気ねぇ……。
最終レースとなった異種混合レースでは、オートレーサーAR600を駆る青木ハルが、JSBマシンもスーパーチャージャーもブッチギリました! さて、2017オーバルスーパーバトルで、Stop福田は誰が果たすのでしょう?

2016年12月25日 

■「X-ADV」間もなく発売!?  BSが新車装着用タイヤ納入

X-ADV

 EICMA2016(ミラノショー)に出展、2017年の発売開始に向けて量産を決定したホンダ「X-ADV」(エックス-エーディーブイ)。アドベンチャースピリットにあふれるスタイリングと装備に加え、都市での快適な走行と利便性を高次元で融合させ、新しいジャンルを目指したモデルだ。

水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒745ccエンジンを搭載し、トランスミッションにはホンダ独自の技術である二輪車用DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を標準装備。アップライトなライディングポジションと衝撃吸収性に優れた前・後サスペンションなどによって、未舗装路の走行も考慮されるという、ユーザーのより充実したライフスタイルを演出するとともに、楽しさを広げるバイクとして世界で注目されている。








 そんなX-ADVの新車装着タイヤとして、ブリヂストンが「TRAIL WING」(トレイルウィング)を納入することに。同タイヤはオフロードを意識したパタンデザインに加え、市街地での走行性能も重視し、ロングライフやウェット性能を追求したオン・オフ兼用モデル。サイズはフロント用が120/70 R17 M/C 58H(TW101)、リア用は160/60 R15 M/C 67H(TW152)となっている。

ブリヂストン 

www.np.com.ua/elektromehanicheskoe-oborudovanie/miksery-ruchnye.html

http://budmagazin.com.ua/

выход из запоя