MBニュース&トピック

 

2017年9月7日 

■「Ninja 650&Z650 photo contest」へ旅の思い出を投稿しよう!

  Ninja650ならびにZ650購入者を対象としたフォトコンテストを実施中だ。内容は、カワサキモータースジャパンFacebook公式ページにおいて、ツーリング先で撮影・投稿されたNinja 650・Z650の写真の中から優秀作品を表彰するというもの。

 概要は下記の通り。

●参加資格
Ninja 650・Z650(2017~2018年モデル)所有者

●参加方法
①カワサキモータースジャパンFacebook公式ページ「いいね」をクリックし、イベント情報をシェア。
②カワサキモータースジャパンFacebook公式ページにて、イベント欄より 「Ninja 650&Z650 photo contest」を選択。
③投稿する写真のテーマは「ツーリング先での愛車と風景」。テーマに沿った写真に「ひとことコメント」と「ハッシュタグ」をつけて投稿すると完了。

ハッシュタグ
・「♯カワサキ650フォトコン」(必須)
・「♯Ninja 650」or「♯Z650」(所有するどちらかを選択)

●募集期間:~2017年11月30日(木)まで

●当選発表:2017年12月22日(金)
入賞作品については、カワサキモータースジャパンFacebook公式ページタイムラインおよび、カワサキモータースジャパンホームページにて発表(入賞者にはコメント欄およびFacebookメッセージ機能を用いて連絡後、賞品を発送)。 

●入賞賞品
・Ninja 650部門
最優秀賞:クリスタルフォトスタンド&カワサキグッズ(Ninjaキーホルダー&防水バッグ)
優秀賞:クリスタルフォトスタンド&カワサキグッズ(Ninjaキーホルダー&Ninjaキャップ)
・Z650部門
最優秀賞:クリスタルフォトスタンド&カワサキグッズ(Zキーホルダー&防水バッグ)
優秀賞:クリスタルフォトスタンド&カワサキグッズ(Zキーホルダー&Zキャップ)

カワサキモータースジャパンFacebook公式ページ

2017年9月6日 

■スズキ・アドレス110の改善対策(平成29年9月5日届出)

 対象車両は型式EBJ-CE47A(通称名:アドレス110)の車台番号CE47A-100016~CE47A-131715(製作期間:平成 27 年 2 月 24 日~平成 29 年 6 月 23 日)の25,965台、計1型式、計1車種、計25,965台。

 不具合の部位(部品名)は「①動力伝達装置(ナット) ②始動装置(イグニッションスイッチ)」。

 不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「①動力伝達装置において、ベルト駆動用プーリの固定ナットの締付方法とトルク設定が不適切なため、必要な締結力が得られないものがある。そのため、走行中にナットが緩み、異音が発生し、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、駆動力を伝えることができず走行不能に至るおそれがある  ②イグニッションスイッチにおいて、接点板の製造工程が不適切なため、通電時の温度上昇により、はんだフラックスが軟化して接点表面に広がることがある。そのため、そのまま使用を続けるとイグニッションスイッチが接触不良となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある」というもの。

 改善対策の内容は「①全車両、プーリ固定ナットを対策品に交換するとともに、ナットのネジ及び座面にエンジンオイルを塗布した上で、規定トルクを変更して締付ける。また、ベルト駆動用プーリのプレートを新品に交換する ②全車両、イグニッションスイッチを対策品に交換する」という。

 改善箇所説明図はコチラ

問:スズキ お客様相談室
TEL:0120-402-253

2017年9月5日 

■ホンダ・高橋 巧がスーパーバイク世界選手権にスポット参戦

高橋 巧

 MuSASHi RT HARC-PRO. Hondaから全日本ロードレース選手権の最高峰・JSB1000クラスにフル参戦、今シーズンはCBR1000RR SP2で初戦から2連勝するなど、ランキングは第6戦を終えた時点でトップから5点差の2位につけている高橋 巧。そんな彼が、“市販車世界最速決定戦”ことFIMスーパーバイク世界選手権に、Red Bull Honda World Superbike Teamよりスポット参戦することになった。出場レースは第10戦ポルトガル(9月17日)、第12戦スペイン(10月22日)。

 HRCのテストライダーである高橋 巧はCBR1000RR SP2の開発にも携わっており、その豊富な経験がホンダとチームに大きく貢献することが期待されている。

高橋 巧のコメント
「世界を目指してチャレンジを続けてきた自分にとって、これまでの戦績や経験を高く評価していただき、今回、スーパーバイク世界選手権で走る機会を与えていただいたことを、本当に光栄に感じています。CBR1000RR SP2で全日本ロードレース選手権を戦ってきた経験をフルに活かし、上位入賞を目指して、チームに貢献したいと思います。スーパーバイクファンの皆さんの前で、全力の走りを披露したいと思います。ご期待ください」

マルコ・キーニ(ホンダモーターヨーロッパ  ワールドスーパーバイク・オペレーション・マネージャー)のコメント 
「高橋選手をチームに迎えることを大変嬉しく思っています。ポルティマオとヘレスでの活躍が楽しみです。高橋選手は実力のあるライダーで、特に今年の活躍は素晴らしいものがあります。間違いなく、彼は日本で最も速いライダーの一人です。Hondaはこれまでも、高橋選手をライダーとして、またテストライダーとして高く評価してきました。彼のCBR1000RRの長期に渡る経験は、チームとHondaが今のパッケージをより深く理解し、今後の開発の方向性を見出す上で、大きなプラスになると確信しています」

高橋 巧は現在、全日本ロードレース・JSB1000ではランキング2位。 Red Bull Honda World Superbike Teamのチームメイトはステファン・ブラドル。

2017年9月5日 

■鳥&ライダーの視点で大自然を駆け抜ける臨場感を!

 出光興産が1989年から継続して協賛している、岩手県北部の雄大な自然を舞台に開催されるバイク競技大会「イーハトーブトライアル大会」を題材としたトライアルバイク体験動画とテレビCMを制作した。

 体験動画「Bird Ride」(約4分30秒)は出光興産のウェブサイト内・特設ページにて公開中。パソコンやスマートフォンで360度VTR映像が楽しめるというもので、スマートフォンは見たい方向に本体を向けることで、上下左右様々な方向の映像が観ることが可能。空を飛ぶ鳥の視点で大自然とライダーを俯瞰、またはライダーの視点で自らバイクを操り、大自然を駆け抜けていく臨場感を味わうことができる。

 テレビCMは360度映像の特徴を生かし、イーハトーブトライアルの世界観をパノラマで表現。大会の協賛を通じ、次世代ライダーの挑戦を支援する出光興産の想いが発信される。

 これら作品はドローンによる空中撮影の他、大会にゆかりあるプロライダー3名のヘルメットに取り付けた360度カメラによる撮影が実施されたという。

(イーハトーブトライアル・特設ページ)
(テレビCM)

2017年9月4日 

■MotoGP観戦&ダイキャストモデルをプレゼント! スズキ「GSX-R1000R ABS W キャンペーン」

 キャンペーン実施店にてGSX-R1000R ABSの新車(国内認定車。消費税込みメーカー希望小売価格:2,041,200円)を購入、期限までに登録を完了した人を対象とした“2つのプレゼント”キャンペーンを実施中だ。


●MotoGP 日本グランプリ 「スズキ応援グッズ付チケット」プレゼントキャンペーン

 9月25日(月)までに購入、登録を完了した人の中から抽選で50名に、ツインリンクもてぎで開催されるMotoGP日本グランプリでの「スズキ応援グッズ付チケット」をプレゼント。チケットは、3日分パスポート+スズキ応援団V5席で、スズキホスピタリティでの食事(10月14 日もしくは 10 月15 日のいずれか)へも招待。プレゼントは、対象車種を成約した本人のみが対象となる。


●1/12 スケールGSX-R1000Rダイキャストモデルプレゼントキャンペーン

 11月30日(木)までに購入、12月8日(金)までに登録が完了した人に「1/12スケール GSX-R1000Rダイキャストモデル」をプレゼント。プレゼントは、対象車種を成約した本人のみが対象となる。

 詳細は下記キャンペーンサイトにて

GSX-R1000R ABS W キャンペーン

2017年9月4日 

■必見! “凄ワザ”バイクパレードでお馴染み「伏見デルタ祭」開催

 秋の全国交通安全運転期間中に恒例となっている安全運転啓発イベント「伏見デルタ祭2017」が9月24日(日)、京都の二輪専門教習所・伏見デルタ(京都府京都市伏見区横大路千両松町9)にて、一般社団法人・京都府指定自動車教習所協会、京都府警察本部交通部、京都伏見警察署の後援で開催される。“楽しく安全な二輪ライフを”をモットーに、子どもからお年寄りまでが幅広く二輪の楽しさを感じ、正しい知識を学べることを目指した催事で入場は無料。時間は10時から16時。

 YouTubeやTVで話題になっているインストラクター18台による、パトカー&白バイ撮影会、白バイ隊員Q&Aコーナー、レディーストライアル選手&教官によるデモ走行&トークショー、チャリティオークション&指導員トークショー、チェーンソーアート、ミニセグウェイ体験などを実施。バイクショップ・用品店による大商談会も行われる。

二輪専門教習所 伏見デルタ 

2017年9月1日 

■BMW、二輪車にETC車載器を全車標準装備に

 これまで四輪車に対し、補助金の助成があってもイマイチ普及率が伸びていない印象のあった二輪車のETC車載器だが、エリア内の高速道路が定額で自由に乗り降りできるツーリングプランが発売されるなど、二輪車用ETC車載器の需要が伸びる気配も。

 そんな中、BMWグループは2017年9月1日以降出荷分の二輪車全モデルにETC車載器を標準装備に。これは二輪車メーカーとしては日本初の試みに。

 BMW Motorrad に採用される車載器は、薄型の本体にGPS とETC の一体アンテナを搭載し ているため、車両のスタイリングを損なわず搭載可能。また、次世代の ETC サービスとして料金収受や渋滞回避、安全運転支援等の情報提供サービスを可能とする最新の ETC 2.0 で、高速道路上の緊急情報や注意警戒情報を点滅で知らせる情報専用 LED インジケーターも付いており、将来的にも二輪車ユーザーの利便性向上が期待される。

 尚、BMW Motorrad の2017年9月1日以降出荷モデルは「G 310 R 」(税込メーカー希望小売価格599,000 円)から「K 1600 GTL 」(同3,331,000円)の全24タイプ。

BMW Motorrad

2017年9月1日 

■活躍目覚ましいヤマハ・野佐根が引き続き世界耐久にフル参戦!

野左根 航汰(のざね こうた)
出 身 地 千葉県
生年月日 1995 年 10 月 29 日
主な成績
2017 年: 全日本 JSB1000 ランキング 6 位
(第 6 戦終了時)
2016 年: 全日本 JSB1000 ランキング 5 位
2015 年: 全日本 JSB1000 ランキング 7 位
2014 年: 全日本 JSB1000 ランキング 8 位
2013 年: 全日本 J-GP2 チャンピオン
2012 年: 全日本 J-GP2 ランキング 3 位
2011 年: 全日本 J-GP2 ランキング 7 位
2010 年: 全日本 J-GP3 ランキング 9 位  

 ユース・チームから今シーズンはファクトリー・チームに昇格、全日本ロードレースの最高峰クラスであるJSB1000を戦う一方、FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)2016-2017シーズンにも「YART Yamaha Official EWC Team(YRAT)」から参戦を果たしたヤマハの野左根航汰。

 EWCではル・マン24 時間、オッシャースレーベン8時間での2戦連続2位、スロバキア8時間で 4位、鈴鹿8耐の5位と、チームのランキング3位獲得に貢献。 JSB1000 では第4戦もてぎ大会で最高峰クラス初優勝を果たし、第6戦もてぎ2&4 では今季2勝目をマークするなど、目覚ましい活躍を続けている。

 そんな彼、9月に開幕するEWC 2017-2018シーズンに同チームより、レギュラーライダーとしてフル参戦することとなった。チームメイトは昨シーズン同様、ブロック・パークスとマービン・フリッツ。開幕戦は 9月15~17日、フランスで開催されるボルドール24時間。

 今、もの凄い勢いで経験を吸収している野佐根の今後のさらなる成長に期待したい!

野左根航汰のコメント
「YART の一員として再び EWC にフル参戦できることを心からうれしく思います。また、このような機会を与えてくれたマンディ監督、ヤマハに感謝します。2016-2017 シーズンは、慣れない環境、初のサーキットなど苦労しました。また、ホームの鈴鹿 8 耐でも期待に応えられず、めざしていたチャンピオンにも届かず、力不足を痛感しました。それでも全日本の JSB1000 ではここまで 2 勝と、EWC の経験が間違いなく僕を成長させてくれていることを実感しています。2017-2018 シーズンは 2 回目の挑戦、言い訳はできません。どんな環境でも戦力となってチームをチャンピオンに導き、ファンの皆さんに、さらに成長した姿を見せられるようがんばります」

2016-2017 世界耐久選手権  第2戦 ル・マン24時間耐久レース

2016-2017 世界耐久選手権  第2戦 ル・マン24時間耐久レース MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦 JSB1000

2017年8月30日 

■バイク女子会が野宿に挑戦、9月のMOTORISE!

 毎週金曜日22時30分からBS11(日本BS放送)にて放送中、ハードからソフトまで様々なモーターサイクルシーンを紹介する“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」は、全国視聴できる唯一のバイク専門番組。9月は、番組企画で結成されたガールズ モーターサイクル クラブ〝biko〟のメンバー・延時成実と下川原利紗がバイクキャンパーに!

 “野宿ライダー”の異名をもつアウトドアライダーのカリスマ・寺崎 勉氏をゲストに迎え山に向かい、オフロードを走行し、バイクキャンピングのノウハウを学ぶ。そしてbikoのふたりは初めての“野宿”を体験する。

 放送スケジュールは「Vol-161 女子会〝biko〟バイクで野宿! Part1」が9月1日(9月15日再放送)、「Vol-162 女子会〝biko〟バイクで野宿! Part2」は9月8日(9月22日再放送)となっている。 9月のMOTORISEもお見逃しなく!

 また、 MOTORISEは番組公式Twitterの運用をスタート! アカウント名は「@BS11_MOTORISE」。番組ナビゲーターの中野真矢をはじめ、バイク女子会・bikoメンバーの古澤恵、延時成実、下川原利紗らがロケ現場からの最新情報、オンエア情報が告知される他、スタッフからの撮影秘話、バイクイベント情報など、バイクにまつわるありとあらゆる情報を発信中だ。

MOTORISE

2017年8月30日 

■ショップオープン情報「KTM名古屋」「ハーレーダビッドソンシティ中野」

●KTM名古屋

 これまでKTMはもちろん、様々なブランドを取り扱うマルチショップとして展開していたMFD名古屋がKTM専売の正規ディーラー、オレンジショップとして9月1日(金)オープン。開放的なショールームでは純正パーツ&アクセサリーである POWERPARTS や、純正アパレル POWERWEAR を豊富に取り揃え、全員がSTREET&OFFROAD ライダーであるスタッフが豊富な経験から、初心者の方は もちろんベテランライダーにも的確なアドバイスを実施。ツーリングやサーキットイベントなどもサポートし、KTM のパフォーマンスを存分に楽しめるコンテンツを提供していくという。

愛知県名古屋市天白区中平4-205
TEL:052-800-2755
営業時間:10 時~20時
定休日:火曜日


● ハーレーダビッドソンシティ中野

 ハーレーダビッドソ ン(H-D)のグローバル基準に適合した最新ストアデザインプログラムを採用し、9月1日(金)リニューアルオープン。2階に設けられたオープンデッキはショールームと直結、ユーザー同士のコミュニケーションスペースへと進化。 これからH-Dライダーデビューする人も気軽に立ち寄ることができる空間に。9月18日(金)までの期間はリニューアルオープン記念キャンペーンとして、来店した人には記念品をプレゼント、成約した人には特典を用意。

東京都中野区野方 4-42-9
TEL:03-6909-1180
営業時間:11時~20時
定休日:水曜日

https://showroom-kiev.com.ua

частный кредит под залог недвижимости

продвижение сайта