MBニュース&トピック

 

2017年3月6日 

■“ヤマハ・ブルー”旋風を世界で!

 創立60周年を機にグローバルな戦略を掲げて3年目、ヤマハが2017年のモータースポーツ活動を発表した。今年もファクトリー・チームを国内外で展開。また、引き続き若手ライダーの発掘、育成プログラムをグローバルに進めていくという。主な参戦カテゴリーは以下の通り。


【ロードレース】
●FIMロードレース世界選手権
最高峰・MotoGPクラスには昨年チームタイトルを獲得したファクトリーチーム「Movistar Yamaha MotoGP」から、自身10度目の世界チャンピオンを目指すバレンティーノ・ロッシ、昨年ランキング4位の新加入マーベリック・ビニャーレスが「YZR-M1」で参戦。サテライトチーム「Monster Yamaha Tech 3」からはヨハン・ザルコ、ジョナス・フォルガーが参戦。2015年以来となる三冠獲得を目指す。

●FIMスーパーバイク世界選手権
昨年5年ぶりに復帰を果たしたスーパーバイク世界選手権には「Pata Yamaha Official WorldSBK Team」から、昨年の鈴鹿8耐で2連覇に貢献したアレックス・ローズ、同じく鈴鹿8耐優勝経験(2013・2014年)のあるマイケル・ファン・デル・マークが「YZF-R1」の“市販車最速”を証明すべく、2009年以来のチャンピオンを目指す。

●FIMスーパースポーツ世界選手権
今年より活動を再開したスーパースポーツ世界選手権には「GRT Yamaha Official WorldSSP Team」から、2016年の世界耐久選手権で「GMT94 Yamaha Official EWC Team」のランキング2位獲得に貢献したルーカス・マヒアスと、新加入のフィデリコ・カリカスロが参戦。マシンは新型「YZF-R6」。

●FIM世界耐久選手権(鈴鹿8時間耐久ロードレース )
2016年9月に開幕している世界耐久選手権には、それぞれ同選手権でチャンピオンの経験をもつ「GMT94 Yamaha Official EWC Team」と「YART Yamaha Official EWC Team」が参戦。昨年2連覇を達成した最終戦・鈴鹿8耐には引き続き2チームのファクトリー体制で参戦、ヤマハにとって初の3連覇を目指す。

●MFJ全日本ロードレース選手権
昨年に引き続き「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」と、若手育成を担うユースチーム「YAMALUBE RACING TEAM」が国内最高峰のJSB1000に参戦。ファクトリーチームからはJSB1000で5連覇、通算7度目のチャンピオンに輝いた中須賀克行と、ユースチームからステップアップを果たし、世界耐久選手権と並行しての参戦となる野左根航汰を加えた2名体制。ファクトリー仕様の「YZF-R1」で中須賀は6連覇、野左根は初優勝を目指す。ユースチームからは3年目となる藤田拓哉が「YZF-R1」にて出場。

●FIMアジアロードレース選手権
スーパースポーツ600に「YAMAHA RACING TEAM」が参戦。ライダーは伊藤勇樹、昨年は日本の地方選手権や鈴鹿4耐で腕を磨いたタイ出身のケミン・クボを起用。2年目となる今年も育成を進めながら、チャンピオンの獲得を目指す。2016年はヤマハライダーがチャンピオンを獲得したAP250では、引き続き現地法人が運営するチームをサポート。さらなる育成を進め2連覇にチャレンジする。


【モトクロス】
●FIMモトクロス世界選手権
最高峰MXGPクラスは「Monster Energy Yamaha Factory MXGP Team」から2015年MXGPチャンピオンのロマン・フェーブルとジェレミー・ファン・フォルベークが参戦、ファクトリー仕様の「YZ450FM」で戦う。新チーム「Wilvo Yamaha Official MXGP Team」からはショーン・シンプソンとMX2からステップアップを果たしたアーヌー・トヌスが「YZ450F」で参戦。MX2クラスは「Kemea Yamaha Official MX2 Team」からベノア・パトエル、ブレント・ファン・ドニンク、アルビン・オスルンの3名が「YZ250F」でチャンピオン獲得を目指し参戦。

●MFJ全日本モトクロス選手権
「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が国内最高峰のIA1とIA2に参戦。IA1には平田優が、IA2にはユースチームからファクトリーに昇格した渡辺祐介が出場。マシンはIA1がファクトリーマシン「YZ450FM」、IA2もファクトリーマシンとなる「YZ250FM」を使用し、両クラスでのチャンピオン獲得を目指す。


【エンデューロ】
●エンデューロ世界選手権
「Outsiders Yamaha Official Enduro Team」からロイック・ラリューがEnduroGPに、ジェーミー・マッカニーがEnduro 2に参戦。マシンは、EnduroGPが「WR450F」、Enduro 2が「WR250F」を使用。


【トライアル】
●全日本トライアル選手権
国内最高峰のIAスーパーに「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から通算11回のチャンピオンに輝き、2013年以降は4年連続でランキング2位を獲得している黒山健一がファクトリーマシン「TYS250Fi」にて出場。2012年以来、通算12回目となるチャンピオンを目指す。


 その他詳細はにて。

ロードレース、モトクロス、トライアルの全日本選手権には引き続きファクトリーチームで参戦。ヤマハ発動機の木村隆昭 代表取締役 副社長執行役員、各責任者と5人のファクトリーライダー。 全日本ロードレース選手権・JSB1000クラスに参戦する「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」 、今年は中須賀克行と野左根航汰の2名体制に。マシンは熟成の3年目「YZF-R1」。新型が投入されるライバルを迎え撃つ。
ロードレースと並び重要な開発拠点とされる全日本モトクロス選手権はIA1に加え、今シーズンからIA2にもファクトリー参戦。ライダーは平田優、ユースから昇格の渡辺祐介。マシンは新型が投入される。 全日本トライアル選手権IAスーパークラスに参戦する黒山健一。昨年後半に投入後、負け知らずの新型マシン「TYS250Fi」で自身にとって12度目となるチャンピオン奪還、そしてデ・ナシオンの日本チーム優勝を目指す。
全日本ロードレース選手権・JSB1000クラスに参戦するユースチーム「YAMALUBE RACING TEAM」の藤田拓哉。野左根に続きステップアップを目指す。 アジアロードレース選手権・SS600に参戦する「YAMAHA RACING TEAM」の伊藤勇樹とケミン・クボ。新型R6の投入はあるのか?
3月3日に行われた「2017年 ヤマハ発動機 モータースポーツ 活動計画 発表会」の会場には、昨年2連覇を果たした鈴鹿8耐優勝マシンの他、「Movistar Yamaha MotoGP」と「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のデサント製新チームウェア、ケミカルブランド「YAMALUBE」、そして二輪車をモチーフとしたヤマハ製品が展示された。

2017年3月6日 

■目指せ、地球2周分の距離! 原付から大型まで鈴鹿サーキットをクルージング「BIKE!BIKE!BIKE!2017」

 あらゆるライダーが鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)を身近に感じることができるイベントとして、今年は4月29日(土・祝)開催される。 

 50ccから大型バイクまで、公道走行可能な車両であれば、鈴鹿8耐やF1グランプリが行われる国際レーシングコースを愛車で走ることができるのが「サーキットクルージング」。今年は「8,000台集まれ!今年こそみ んなで達成しよう!地球2周!鈴鹿サーキット80,000kmクルージング」と題し、新たに走行時間・ 走行枠が拡大され、参加者全員で地球2周分の距離にあたる総走行距離80,000kmを目指す。このサーキットクルージングではプロのフォトグラファーによる走行写真撮影イベントも実施される予定だ。

 また、BS11(日本BS放送)で毎週水曜日23時から放送中の30分番組、大人のバイク時間によるスペシャルステージも開催。元・世界GPライダーであり番組ナビゲーターの中野真矢氏がバイクの魅力をたっぷり語る。さらに、同番組企画「ぐっさんのバイク旅」に出演するタレント・山口智充氏の来場も決定、トークショーや音楽ライブを開催予定だ。

 さらに、全日本ロードレース選手権J-GP3クラスに参戦する岡崎静夏選手 、2015年 度全日本モトクロス選手権レディースクラスチャンピオンの安原さや選手、2016年度全日本トラ イアル選手権レディースクラスのシリーズランキング2位の小玉絵里加選手 をゲストに迎え、GPスクエアではトークショーも行われる予定だ。

 「BIKE!BIKE!BIKE!2017」へバイクでの入場・参加料(バイクの乗車定員まで1台分の料金 。駐車料含む)は2,500円(4月29日当日)、通常前売は2,000円(4月19日~4月28日)。尚、イベント開催10日前まで限定販売される「早割り10」はお得な1,800円で、MOBILITY STATION(オンラインショッピングサイト)などにて販売中だ。

鈴鹿サーキット

中野真矢 岡崎静夏 安原さや

2017年3月4日 

■参加するだけでも豪華賞品が当たる!  カワサキモータースジャパン「KAZEチャレンジ・クルーズ2017」

 “4か月の期間内にバイクでどれだけ走れるか?”という、オートバイライフを楽しくするマイレージ・ゲームのような「チャレンジ・クルーズ」が今年もKAZE主催で実施中。

●実施期間
1st stage:2017年3月1日~6月30日まで
2nd stage:2017年7月1日~10月31日まで

●参加資格
KAZE会員(エントリーから各賞発表までの期間、会員である事)
カワサキのオートバイで参加すること

●内容
上記期間中、オートバイの走行距離を競う
参加クラスは原付のAクラス(125cc以下)と、軽二輪以上のBクラス(126cc以上)

●参加料
無料

●賞典
〇参加賞:エントリー者全員にカワサキタオルをプレゼント

〇Aクラスベスト3賞
1位 : トロフィー+カワサキ用品2万円分
2位 : トロフィー+カワサキ用品1万5千円分
3位 : トロフィー+カワサキ用品1万円分

〇Bクラスベスト6賞
1位 : トロフィー+カワサキ用品2万円分
2位 : トロフィー+カワサキ用品1万5千円分
3位 : トロフィー+カワサキ用品1万円分
4位 : トロフィー+カワサキ用品8千円分
5位 : トロフィー+カワサキ用品5千円分
6位 : トロフィー+カワサキ用品3千円分

〇飛び賞
全ての参加者の中から100位、200位、300位、400位、500位、600位、700位、800位の8名にカワサキウエアまたはグッズプレゼント

〇Over3000賞
Bクラスで3,000キロ以上走行した人の中から抽選で10名にカワサキウエアまたはグッズをプレゼント

〇Over1000賞
Aクラスで1,000キロ以上走行した人の中から抽選で5名にカワサキウエアまたはグッズをプレゼント

〇VERSYS-X 250賞
VERSYS-X 250でエントリーした参加者の中から抽選で5名にカワサキウェアまたはグッズをプレゼント

〇レディース賞
女性参加者の中から抽選で5名にカワサキウェアまたはグッズをプレゼント

〇ルーキー賞
スタート時の距離が10km以下の参加者の中から抽選で5名にカワサキウェアまたはグッズをプレゼント

〇特別賞
全ての参加者の方から抽選で4名にライダーサイン入りウェアプレゼント

〇U29賞
29歳以下の参加者の中から抽選で15名にU29オリジナルTシャツをプレゼント

KAZEチャレンジ・クルーズ2017

2017年3月3日 

■ビー・エム・ダブリューがビンテージレースシーンにリスペクトした R nineT Racerと R nineTシリーズに新たな可能性を提供するソリッドなR nineT Pureを発売

 ビー・エム・ダブリューは、BMW Motorradの新しいHERITAGE(ヘリテイジ)モデル、「BMW R nineT Racer」と「BMW R nineT Pure」を、全国のBMW Motorrad正規ディーラーで、2017年4月14日より開始すると発表した。

 極限まで無駄を削ぎ落としたR nineT Pureは、1970年から1980年代の伝説のロードスターを彷彿とさせる、アルミキャストホイール、シートスチールタンク、取り外し可能なパッセンジャー用セカンダリーフレーム(フットレストを含む)を備え、精密鋳造部品の代わりに鍛造部品を採用している。

 初期スーパーバイク時代の「レースマシン」にイメージが重なるR nineT Racer は、このセグメントにふさわしいハーフフェアリングに、魅力的な塗装が施されたスチールタンクを採用。低めに設定されたハンドルバー、レーシングシート、アルミキャストホイール、スポーティなフレームとサスペンション、前傾シートポジションなどを特徴としている。また、R nineTシリーズでは初めて安定した走行をサポートするASC(オートマチック・スタビリィ・コトロール)を標準装備している。

BMW R nineT Racer。 BMW R nineT Racer。希望小売価格は1,830,000円。
BMW R nineT Pure。 BMW R nineT Pure。希望小売価格は1,670,000円。

■BMW Motorrad フリーダイヤル0120-269-437 

2017年3月3日 

■ピアッジオグループジャパンがアプリリア 2017年モデルのRSV4 RF およびTUONO 1100 Factoryの受注を開始

 ピアッジオグループジャパンは、アプリリアの2017年モデルとして、究極のスーパースポーツ「RSV4 RF」(参考予定小売価格 2,750,000円消費税込)および「TUONO V4 1100 Factory」(参考予定小売価格 1,998,000 円消費税込)を全国のアプリリア正規販売店のRSV4取扱店にて、受注を開始したと発表した。今回のニューモデルの最大の特徴は、両モデルともに排ガス基準のEURO4対応となり、日本仕様もEU仕様と同出力設定が標準となった点だ。

Aprilia RSV4 RF。 Aprilia RSV4 RF。

 新型Aprilia RSV4 RFの特徴は、「栄光のレース経験から生まれた超越的な勝利のプロジェクトの結果として、アプリリアRSV4は最高のスーパーバイクであり続けるために根本から進化しました。新しいオーリンズ製サスペンションシステム、新しいブレーキシステム、コーナリングABSとダウンシフターを装備した新しいAPRC電子制御パッケージによって、以前よりもラップタイムが縮まるでしょう。7度のスーパーバイク世界チャンピオンに輝いたシャシー構造と201HPユーロ対応エンジンのコンビネーション」(ニュースリリースより)と紹介されている。

 ちなみに従来モデルからの主な変更点は、よりGPマシンに近づけたグラフィック、TFTカラーディスプレー、オーリンズNXフロントフォーク、オーリンズTTXリアショックアブソーバー、φ330mm新型フロントブレーキディスク、ブレンボM50フロントキャリパー、ボッシュ製91MPコーナリングABS、新型軽量ピストン及び新型バルブスプリング、可変インテークダクトの廃止、新型エキゾーストシステム、新型ECU及びAPRCシステムの更新、クイックシフト(AQS)の更新、クルーズコントロール及びピットレーンリミッターの追加など。

Aprilia TUONO V4 1100 Factory。 Aprilia TUONO V4 1100 Factory。

 Aprilia TUONO V4 1100 FACTORYは、「4度のワールドSBKチャンピオンに輝いたRSV4直系の、最も速く、最もスポーティなネイキッドとして、卓越したパフォーマンスレベルを達成するための新しい進化の段階がやって来ました。APRC、コーナリングABS、ピットリミッター、クルーズコントロールを備えた、先進のダイナミックコントロールパッケージを含む、新しい洗練された電子制御。真似のできない175HPを発生するV4エンジンは、素晴らしいパフォーマンスを一切犠牲にすることなくユーロ4承認を得ます。サスペンションとブレーキを改良しました」(ニュースリリースより)。

 こちらも主な変更点は、排気量を999㏄から1077㏄へとアップしたのをはじめ、EURO4対応で本国仕様と同じ出力設定が標準に、ヘッドライト及びフロントカウル形状の変更、RSV4と同形状のテールデザイン、TFTカラーディスプレー、オーリンズNXフロントフォーク、φ330mmの新型フロントディスク、ブレンボM50キャリパー、ボッシュ91MPコーナリングABS、新型エキゾーストシステム、新型ECU及びAPRCシステムの更新、クイックシフト(AQS)の更新、クルーズコントロール及びピットレーンリミッターの追加など。

■ビアッジオコール TEL03-3453-3903 

2017年3月3日 

■T.Pro 、日欧亜の三極必勝体制!


手島雄介代表。

 昨年はHonda熊本レーシングから鈴鹿8耐に参戦、レーシングライダー・手島雄介が代表を務める「T.Pro.Innovation」が2017年の体制発表を行った。今年は全日本ロードレース、CEVレプソルインターナショナル、アジアロードレースの3選手権に参戦する。


 全日本ロードレース選手権ではJ-GP2クラスに大木崇行がHP6を駆って参戦。國峰啄磨は初となるST600クラスで戦う。また、レーシングライダーの登竜門・MFJ CUP JP250にはCBR300で亀井 駿が戦うこととなった。

 スペインで開催、多くのトップライダーを輩出してきたロードレース選手権である CEVレプソルインターナショナルには、Moto2ヨーロッパ選手権に尾野弘樹、そして昨年の年間王座であるスティーブン・オデンダールのコンビで参戦。現実的にチャンピオンを狙える体制が整えられた。

 そして、5年目の節目となるアジアロードレース選手権にはインドの映画制作会社・RAMA UNITING ASIAのスポンサードで2クラスに参戦。昨年、あともう一歩のところでチャンピオンを逃したSS(スーパースポーツ)600には、インドのレーシングチームである「Ten10 Project」とのジョイントで羽田太河、山田誓己、シャンカール・サラト・クマールを起用。そしてAP250クラスはセス・ラジブの起用に加え、世界の軽量クラスで活躍してきた小山知良が昨年チャンピオンを逃したSS600からコンバート。新型CBR250RRを駆り、必勝体制で挑む。

(左より)國峰啄磨、岩田悟監督、亀井 駿。 尾野弘樹とNTS生田目代表。 (左より)羽田太河、山田誓己、小山知良。

2017年3月2日 

■ドゥカティジャパン「Scrambler Sixty2 “Make your Sixty2” Campaign」

 普通二輪免許で運転できるScrambler Sixty2 の新車を成約、登録した先着62名に、120,000円分(税込)のアパレルをプレゼント! このキャンペーンは反骨精神、扱い易さ、そしてバイクの楽しさを表現したScrambler Sixty2 のコンセプトである「自由なライフスタイルの表現」をオーナー自身が具現化できるというもので、定数に到達した時点で終了となる。

2017年3月2日 

■“ハンバーグ師匠”もスペシャルゲストで登場! 家族の誰もが楽しめる「TOUCH! FEEL!RIDE!~ハーレーダビッドソン体感&試乗会 in 名古屋~」

 ハーレーダビッドソン ジャパンが2017年、全国8ヶ所のイオンを中心とした地域に密着した大型ショッピングモールにて行う第2回目のイベントとして3月4日(土)・5日(日)の2日間開催。会場はイオンモール名古屋茶屋(愛知県名古屋市港区西茶屋2‐11)、時間は9時から17時。入場無料。

 「試乗だけじゃない。大人も子供も楽しめる。」をコンセプトに、買い物に訪れた人も楽しめるプログラムを多数用意。主な内容は●見て触れて乗りつくせる「新モデル展示&試乗」(普通二輪MT免許でもインストラクターの指示の下、場内での試乗が可能)●免許なしでもハーレーの鼓動を体感できる「ジャンプスタート」●普通自動車MT免許で走行できる「トライク体験試乗」●オリジナル遊具の「キッズコーナー」など。

 また、3月4日の13時から13時20分(予定)には“ハンバーグ師匠”のピン芸にファンも多いスピードワゴンの井戸田 潤をゲストに迎えトークショーを実施。バイクとの出会い、ハーレーの魅力、記憶に残るツーリングなどのエピソードを紹介予定となっている。

TOUCH! FEEL!RIDE!~ハーレーダビッドソン体感&試乗会 in 名古屋~

2017年3月1日 

■ショップオープン情報「ハーレーダビッドソン東大阪」

 グローバル基準に適合したCIおよび最新のストアデザインを採用し3月11日(土)リニューアルオープン。3月11日・12日の2日間は記念フェアを開催。純正パーツ&ウェアなどのセール、オリジナルカスタム車両の展示などを実施。また、フェア期間中に新車を成約した人にはストリートチューナー&ETCをプレゼント(なくなり次第終了)。

大阪府東大阪市御厨中1-16-24
TEL:06-6618-7272
営業時間:10時~19時
定休日:水曜日、第3火曜日(祝日の場合は翌日)

2017年3月1日 

■オリオンエース、2017春・新作カタログを無料配布中

 アメカジ・バイカー御用達の「JAM’S GOLD」、「CLAY SMITH」「MOONEYES」「FELIX」といったUSモーター・キャラクター製品、伝説のアメリカンファクトリー「INDIAN」など、さまざまなブランドを展開するオリオンエースの新作カタログが完成。全国の取り扱いショップやイベント会場にて無料配布中だ。また、ホームページもリニューアル、配信中なので要チェック!

問:オリオンエース
TEL:0422-30-9836

также читайте np.com.ua

обращайтесь tamada.ua

budmagazin.com.ua