MBニュース&トピック

 

2012年6月22日 

■中国向けに扱い易く快適な実用モデルYBシリーズ“YB125SP”を新発売

ヤマハ発動機は、2012年6月下旬より、中国向けYBシリーズに“YB125SP”を新たに導入すると発表した。

この“YB125SP”は、中国二輪車市場での販売拡大を目指し、高い実用性とともに扱い易さ、手軽さを求めるニーズに対応した製品で、ヤマハの次期中期経営計画にある「事業規模拡大」政策を担う製品のひとつとなるという。

生産は重慶建設・ヤマハモーターサイクル有限公司(以下CJYM:Chongqing Jianshe・Yamaha Motor Co., Ltd.)が行い、ヤマハのグループ会社である上海ヤマハモーターサイクル販売有限公司(Shanghai Yamaha Jianshe Motor Marketing Co., Ltd.)が販売する。

ちなみに、年間約1,400万台で推移する中国の二輪車市場では、実用性の高いモーターサイクル型のモデルが約6割を占め(2011年ヤマハ調べ)、その中で、2004年からCJYMが生産している“YB125”は、信頼性と実用性の高さで根強い人気を得ているという。

今回発表された“YB125SP”は、現行“YB125”の基本性能を継承しながら、初心者でも扱い易い乗車性、また長時間の荷物運搬や二人乗りでも快適さを求めるニーズに対応すべく開発されたモデル。足付き性が良くリラックスできるライディングポジション、二人乗りでも快適なロング&ローシート、フラットで積載性の高いリアキャリアなどを特徴としている。

バリエーションは4種。ホイールの種類(キャスト/スポーク)、フロントブレーキ方式(ドラム/ディスク)、主な外装パーツへのメッキ処理の有無などが選択可能に。

発売は6月下旬から。メーカー希望小売価格は6,680元~(税込み)、(編集部注:6月22日現在で約12万7千円に)。販売計画台数は、10万台(年間、中国国内)。

■ヤマハ発動機お客様相談室
TEL0120-090-819

2012年6月22日 

■「子どもカーモデラー教室」の参加者を募集中、世界に1台の“自分だけの夢の車”をつくってみよう!

 自動車産業の中で、新規開発車種の外形や室内、各装備のデザインを立体化するのがカーモデラーの仕事。そのカーモデラーの人々の造形技能・技術を紹介する「クレイモデルエキジビジョン2012」が8月29日(水)・30日(木)、科学技術館(東京都千代田区)にて開催される。

 この催しではデザイナー、モデラー志望の学生、モノ作りに興味をもつ子どもたちの想いに応えるべく実技体験プログラムを用意。カーモデラーの指導により、小中学生は1/15サイズのモデルを製作したり、公募したスケッチの中から選出された案を学生デザイナーとカーモデラーが一緒に1/5モデルを製作。

 また、カーモデラー育成講座や、二輪モデル、スケールモデル、クレイを使った造形物など、各メーカーのプロの技、モデリングも披露される。

 現在「子どもカーモデラー教室」の参加者を募集中だ。応募多数の場合には抽選となる。締切は7月20日(金)必着。興味のある方は日本カーモデラー協会事務局にメールにてお問合せいただきたい。

日本カーモデラー協会事務局 Email:[email protected]

2012年6月21日 

■ピアッジオグループジャパン「アプリリアRS4 125 スペシャル バリューキャンペーン」

 スーパーバイク世界選手権・第7戦サンマリノラウンドにおいて、アプリリアを駆るマックス・ビアッジが連勝、ランキングトップを独走していることを記念し、8月31日まで実施。

 期間中、全国のアプリリア正規販売店に来店、アンケートを記入した先着100名にビアッジのレースシーンポスターをプレゼント。さらに、RS4 125を成約・登録すると、希望小売価格20,000円相当のアプリリア純正アクセサリー/アパレルをプレゼント!

 同時開催フェア&キャンペーンとして「Scarabeo 200デビューフェア」(7月31日まで)、「SHIVER / MANA GT / DORSODURO 1.9%特別ローンキャンペーン」(8月31日まで)も実施中だ。

問:アプリリア/モト・グッツィコール TEL 03-5330-6993

 

2012年6月20日 

■7月のMOTORISEは二人の若きレーシングライダーにスポット


 BS11(日本BS放送)で毎週火曜日23時から放送中「大人のバイク時間 MOTORISE」、7月のテーマは「挑戦者たち レーシングシーンの新時代」。いま注目すべき二人のライダーにスポットをあてたドキュメンタリーだ。

 7月3日(再放送17日、31日)のPart-1(Vol.35)は女子大生にしてGP3クラスに参戦する岡崎静夏選手、7月10日(再放送24日)のPart-2(Vol.36)ではGP2クラスに挑む高校生ライダー・野佐根航汰選手が登場。彼らの大先輩にあたる番組ナビゲーター・中野真矢がそれぞれの所属チームを訪問し、バイクとの触れ合いやレーシングライダーとしての意識をインタビューする。

 実際に、両選手が参戦する全日本ロードレース選手権・第3戦の筑波大会の模様もレポート。ブリヂストンのモーターサイクルレーシングマネージャー・山田宏氏が全日本選手権の魅力を紹介するとともに、決勝に挑む若きレーサーをカメラが追う。

MOTORISE

2012年6月20日 

■もてぎ“恒例”イベント「花火の祭典~日本の夏の風物詩 音と光の大競演」は8月14日!

写真はイメージです

 森の中のモビリティテーマパーク、ツインリンクもてぎで夏と冬の“風物詩”となりつつある「花火の祭典」が8月14日(土)開催される。

 プログラムは6部構成で展開。“二尺玉”をはじめ、地表近くの高さで花火が開き地面が割れて美しいドーム状の光線を描く“地割れスターマイン”、大空に五重の輪が開く“四重芯変化菊”など、サーキットの地形的特徴を生かした大迫力の花火が真夏の夜空に放たれる。

 花火の打ち上げを担当するのは群馬の「菊屋小幡花火店」。卓越した技術で各地の花火競技会で入賞を収めている創業明治5年の老舗だ。尚、今年は群馬県の地元食材をふんだんに使用した、花火の祭典“夏”特製弁当も登場!

 現在、お得な前売り観覧チケットを販売中。特別観覧テーブル席や、VIPスイートルームでの食事、フリードリンク、記念品付きの各種「開業15周年記念チケット」も用意されている。

問:ツインリンクもてぎ TEL 0285-64-0001

2012年6月19日 

■“原点”のモデルを眺めながら、お茶でホッと一息

ホンダRC181(♯2)は1966年、ジム・レッドマンとマイク・ヘイルウッドの活躍によって8戦6勝、メーカータイトルを獲得した。

今まで以上にくつろげる、明るく開放的なコミュニティスペース。

 本田技研工業の本社ビル1階「Hondaウエルカムプラザ青山」に6月1日、カフェスペースがオープン! 各種ドリンクが用意(ブレンドコーヒー200円、アールグレイティー150円他)されるカウンター、自由に使える席が新設され、今まで以上にくつろげるコミュニティスペースが生まれている。待ち合わせなどにも最適だ。

 カフェスペースの前には「Honda原点モデル展示コーナー」も新設。第1回は「世界グランプリへの挑戦~最強のライバルに挑め~」をテーマに、1966年にホンダが初めて世界GPの最高峰であった500ccクラスに投入、メーカータイトルを獲得した「RC181」を展示中だ。

 さらに現在、当時のホンダにとって最強のライバルであったイタリアのマシン「MVアグスタ500 FOUR」も加えて展示。熾烈な戦いを繰り広げたマシン同士が40年以上の時を経て、今は静かに佇む姿がとても印象的だ。

 そんな貴重なマシン達を前に、お茶を飲みながら当時の思いを馳せてみてはいかが?

カフェスペース前に「Honda原点モデル展示コーナー」を新設。現在、ホンダRC181最強のライバルであったMVアグスタ500 FOUR(♯1)も展示中。

Hondaウエルカムプラザ青山
東京都港区南青山2-1-1Honda青山ビル1階
TEL 03-3423-4118  
開館時間:10:00~18:00

2012年6月18日 

■中須賀、今年もMotoGP参戦へ!

昨年の最終戦・バレンシアGPにJ.ロレンソの代役で出場。舞台となったリカルド・トルモ・サーキットを、GP参戦50周年カラーのYZR-M1で走る♯89中須賀克行。

中須賀克行

 レギュラーシートの全日本ロードレース選手権JSB1000はもちろん、鈴鹿8耐でもヤマハのエースとして大きな期待を背負っている中須賀克行選手。JSB1000クラスで2年連続チャンピオン(2008・2009年)の実績をもち、今シーズンも同クラスで3戦中2勝を挙げ、現在ランキング首位に立っている。

 そんな彼、負傷したJ.ロレンソの代役として昨年の最終戦・バレンシアGPでヤマハ・ファクトリー・レーシングからYZR-M1を走らせ、MotoGP初出場で6位を獲得した記憶も新しいが、再び世界最高峰のレースを戦うチャンスを得る。10月14日、ツインリンクもてぎで開催される「2012 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ 第15戦 Air Asia 日本グランプリ」にワイルドカード枠で出場することになった。

 チームは中須賀選手がJSB1000を走る「YAMAHA YSP Racing Team」からの参戦となる。ヤマハスポーツバイクの専門販売店「YSP(ヤマハスポーツプラザ)」がメインスポンサーとなる同チームが、二輪ロードレースの最高峰となるMotoGPクラスに参戦するのは今回が初めて。

 地元・日本で、世界最高峰クラスでの日本人の活躍に期待したい!

2012年6月18日 

■コンプリートマシンのオーナーには“スペシャル”な記念も用意!「ヨシムラ ツーリングブレイクタイム 」 

 ヨシムラ・ファンにとってはもちろん、多くのライダーにとってもすっかりお馴染みとなった も遂に32回目! 7月7日(土)、鈴鹿8耐参戦直前のイベントとしてヨシムラジャパン本社(神奈川県愛甲郡愛川町中津6748 )にて9時より(14時まで)開催される。雨天決行。

 無料でドリンクが振舞われるなど、ヨシムラの本社が手作りのアットホームな空間に変身するこのイベントは、ツーリングの集合場所などとして気軽に立ち寄れる雰囲気が特徴。ただ、毎回多くのライダーが押し寄せる人気の秘密はそれだけではない。毎回、様々な催しが用意されているのだ。

 今回は8耐直前ということもあり、過去のエピソードなども語られる吉村不二雄社長と加藤陽平監督によるトークショー(10時45分~)をはじめ、来場者の集合写真撮影(11時45分~。写真は後日ホームページに掲載)、各回12名限定の工場見学(9時30分~/13時~)など貴重な催しが盛りだくさん! また8耐グッズの先行販売、ヨシムラデモマシン&商品や8耐関連品の展示、先日のテイストオブツクバに参考出品されたZ1レーシング手曲ストレートサイクロンの展示も行われる。

 さらに今回は初めての試みとして、今までヨシムラが世に送り出したコンプリートマシンのオーナーに集まってもらう企画を実施(9時~11時)。貴重なマシンのオーナー同士の情報交換の場となる。尚、コンプリートマシンのオーナーは愛車の撮影を行ってくれ、写真は後日、不二雄社長のサイン入りで送ってくれるという、スペシャルな記念も用意されている。

 詳しい内容、スケジュールはヨシムラジャパンのホームページにて!

ヨシムラジャパン

2012年6月18日 

■二輪と四輪のレースが楽しめる1日「MOTEGI 2&4レース」

J-GP2クラス

 8月4日(土・予選)・5日(日・決勝)、栃木県のツインリンクもてぎにて開催。二輪はJ-GP2とJ-GP3の2クラス、四輪は国内トップカテゴリーであるフォーミュラ・ニッポンという、いずれも全日本選手権の併催となる。

 市販4ストローク600ccのマシンをベースとするST600のステップアップクラスとして2010年からスタートしたJ-GP2クラスはオリジナル製作のフレームで出場が可能。世界選手権のMoto2クラスに近いレースだ。

 一方J-GP3クラスは世界選手権Moto3クラスを戦うホンダNSF250Rがメインのレースで、今年からスタートしたクラスだけにどのチームもデータは少なく、誰もが優勝や上位を狙える状態にあると言える。

 圧倒的速さを誇るフォーミュラ・ニッポンと合わせて、真夏のスリリングなバトルを見逃すな!

J-GP3クラス

 尚「MOTEGI 2&4レース」は「ツインリンクもてぎ15thアニバーサリーデー」「Enjoy Honda」も同日開催。ホンダコレクションホール所蔵のF1や世界GPマシンがファンの前を駆け抜ける「レーシングマシンデモンストレーション」をはじめ、ゲストライダー&ドライバーが一堂に会してイベントを盛り上げる「前夜祭」なども行われる。

問:ツインリンクもてぎ TEL 0285-64-0001

国内トップカテゴリーのフォーミュラ・ニッポン

2012年6月15日 

■スズキは、新基準対応電動アシスト自転車「ラブSNA24」「ラブSNA26」に、バッテリー容量アップや上級用装備の充実などのマイナーチェンジを施し6月26日から発売開始

 スズキの電動アシスト自転車「ラブSNA24/26」は、パナソニック サイクルテックが生産、販売する「リチウムビビ・SX」をベースに、OEM供給を受けるモデル。

 今回の主な変更点は、(1)バッテリー容量のアップ(3.1Ah→5Ah)により航続距離を延長、「オートマチックモード」使用時で約23km(2011年モデル約12km)、「エコモード」使用時約33km(同約17km)、「パワーモード」使用時約19km(同約11km)。(2)「ミニヒップアップサドル」の採用。人間工学をもとに開発したもので、疲れにくくおしりにやさしいサドル形状で、乗車中の負担を軽減する。(3)リングを回してハンドルを固定し、駐輪時の前輪のフラつきをとめる「くるピタ」の採用(ハンドルを完全に固定する機能ではない)、(4)テコの原理で、軽く踏むだけでスッと立つスタンド「かろやかスタンド2」の採用。(5)太陽光で充電し、暗くなると自動点滅を開始する「ソーラーオートテール2」の採用。(6)大容量の「ワイドスムースイン樹脂バスケット」の採用。

 また、車体色も、従来の「プラズマシルバー」から新色「モダンシルバー」に変更し、既存色の「アクティブホワイト」、「チョコブラウン」と合わせ3色設定としている。

 持ち運びや充電が楽な重さ約1.4kgの軽量リチウムイオンバッテリーの採用、一回の充電にかかる電気代は約3円と経済的で、一回の充電にかかる時間は約3時間、使い易い手元スイッチで、走行条件や荷物の重さに応じて3つのアシストモードの切り替えが可能、いたずらによるサドルの抜き取りを抑止し、車体から簡単に外れない「サドルガードマン」機構を装備、シングルLEDビームランプを採用した独立点灯のバッテリーライトの装備、盗難抑止効果の高い、ディンプルキーの採用、など従来からの特徴はそのまま。

 価格はラブSNA24/26ともに89,800円。6月26日発売開始。

問:スズキ株式会社お客様相談室 フリーダイヤル0120-402-253 

http://designedby3d.com

oncesearch.com/details/girlsdoporn_e239_20_years_old_xxx_sd_mp4_rarbg

www.rs-clinic.com.ua