MBニュース&トピック

 

2013年1月10日 

■スキー&温泉旅行に最適「高速道路お得情報」

 は首都圏または関東北部エリアから湯沢・南魚沼エリアへの往復がお得に。リフト券割引などのスキー場優待特典、観光・物産・飲食施設優待特典、宿泊施設(湯沢温泉)優待特典あり。ETC車限定。

料金:
首都圏発着型   普通車5,000円 軽自動車等4,000円
関東北部発着型 普通車3,300円 軽自動車等2,600円

 期間は1月10日(木)から3月22日(金)までの平日を少なくとも1日含む連続する最大2日間となっている。

※利用区間・時間帯によってはETC時間帯割引を利用するほうが割安となる場合もあり

問:NEXCO東日本 お客さまセンター TEL 0570-024-024(ナビダイヤル。PHS・IP電話からは03-5338-7524) 

2013年1月9日 

■ホンダがタイで125cc新型スポーツモデル「MSX125」を発売

Hondaは、斬新で個性的なデザインのスポーツモデル「MSX125」をタイで生産し同国内で1月に発売する(Hondaのタイにおける二輪車販売合弁会社であるエー・ピー・ホンダカンパニー・リミテッドの発表)。

MSX125は、トレンドに敏感な若者を対象に新開発したモデルで、開発コンセプトは“ジャストサイズ&魅せるスペック”とし、コンパクトで扱いやすい車体と、大型スポーツモデルを彷彿させる本格的な装備を採用している。

スタイリングは、コンパクトで親しみやすいサイズとしながら、ボリューム感と躍動感を強調することで、遊び心にあふれたもの。車体は、新設計のスチール製モノバックボーンフレームに、ワイドサイズの前・後12インチタイヤや倒立タイプのフロントフォーク、前・後のディスクブレーキなどの本格的な装備を採用している。また現地での使用形態に合わせて、タンデム走行に対応するロングシートやピリオンステップも標準で装備。

エンジンは、「Wave125i」などに採用し、扱いやすさや燃費の良さで定評を得ている空冷4ストロークOHC、125cc単気筒を採用。4速マニュアルミッションを組み合わせ、市街地や郊外のレジャー用途で力強く扱いやすい出力特性としている。

ちなみにこのMSX125は、今後グローバルモデルとしてタイから各国に輸出する計画という。

2013年1月9日 

■ヤマハ・ファクトリー・レーシング、モンスター・エナジーとオフィシャルスポンサー契約締結

 ロードレースの世界選手権・MotoGPに参戦するヤマハ・ファクトリー・レーシングが、エナジードリンクでお馴染みのモンスター・エナジー社(Monster Energy Corporation)と新たにオフィシャルスポンサーとしての契約が締結された。

 2013年、2014年の2年間にわたり、ホルヘ・ロレンソ、バレンティーノ・ロッシが駆るYZR-M1、各ライダーのレーシングスーツ、チームスタッフのウェアや用品、ピットやブースなどに“モンスター・エナジー”のブランディングが展開されることになる。

 モンスター・エナジーは昨シーズン、ヤマハのサテライトチームであるTech3にスポンサード。モンスター・エナジーのイメージカラーであるブラックに塗られた2台のYZR-M1の活躍により、鮮烈なイメージを与えている。


リン・ジャービス(ヤマハ・モーター・レーシング・マネージングダイレクター)のコメント
「モンスター・エナジーとヤマハのパートナーシップが新たなステージに入ることを伝えられる日が訪れたことを嬉しく思っています。モンスター・エナジーとヤマハは以前より、国内・国際レベルを問わず、スーパーバイク、耐久、モトクロス、スーパークロスなど、さまざまなレース活動における協力関係をグローバルに展開してきました。また、MotoGPではモンスター・ヤマハ・テック3チームのスポンサーとして既に4年の月日を共にしています。パートナーシップの拡大は、自然な流れとも言えますし、さらに期待をもてるものだと感じています。
 今回の契約は、ヤマハとモンスター・エナジーがさらに緊密な協力関係のもとでスポーツ分野におけるマーケティングプログラムを展開し、モーターサイクルレースのすべてのカテゴリーにおいても、将来にわたって才能あるライダー達の成功をサポートすることを目指しています。
 ヤマハ・ファクトリー・レーシングにとっても、さらに新たな“エナジー”をもたらしてくれるパートナーシップ拡大であり、モンスター・エナジーのサポートによって、私たちのチーム、そしてライダーのパフォーマンスのさらなる高まりを世界中のファンの皆さんにお見せできる日を待ち遠しく思っています」

2013年1月9日 

■ピアッジオグループジャパン「アプリリア新春キャンペーン」


 3月31日(日)までの期間、モト・イタリアーナ及び正規販売店にて各種キャンペーンを実施中。

 内容は、アプリリアRS4 125およびRS4 125 Alitariaをベースに、人気オプションである純正クイックシフター、ピレリ製ラジアルタイヤDIABLO ROSSOⅡ(フロント:110/70 ZR 17 リア:150/60 ZR 17)を標準で装備した「SPORTS PACKAGE 限定車」(469,000 円~)を用意。

 「アプリリア Scooter キャンペーン」では対象モデルを購入・登録すると、各モデル別に設定された価格を上限にアプリリア純正アクセサリー&アパレルをプレゼント。対象モデル(プレゼント価格)は●SR50/SR MOTARD125(10,000円分)●SPORTSCITY CUBE 250i.e./SCARABEO 200(20,000円分)●SCARABEO 250(30,000円分)。

 「Shiver/MANA GT/DORSODURO 5万円アパレル・アクセサリーキャンペーン」も対象モデルを購入・登録すると、5万円分を上限にアプリリア純正アクセサリー&アパレルをプレゼント。対象モデルは●SHIVER 750(Newグラフィックは対象外)●MANA GT 850 ABS●DORSODURO 750。

 期間中、キャンペーン実施店に来場した人には「アプリリアオリジナルクリアフォルダー」をプレゼント!

問:ピアッジオジャパンコール TEL 03-5330-6993

2013年1月8日 

■ハーレーダビッドソン ジャパン正規販売網「日本上陸100thフェア」

1913年、日本に初めて輸入されたハーレーダビッドソン である1913年式「MODEL 9E」

 2013年、1号機生誕110周年となるハーレーダビッドソン(H-D)だが、日本には1913年に「MODEL 9E」が初めて輸入されたという。今年は H-D日本上陸100周年でもあるのだ。

 そのアニバーサリーモデルとして「日本上陸100th記念限定カスタムペイント」が施された、ダイナファミリー「FXDL ローライダー」、ソフテイルファミリー「FLSTN ソフテイルデラックス」がそれぞれ100台限定販売。1月19日(土)から2月11日(月)までの期間、全国の正規販売網にて「日本上陸100thフェア」も開催される。


FXDL LOW RIDER Japan 100th Anniversary Custom Paint Limited  メーカー希望小売価格:2,200,000円

FLSTN SOFTAIL DELUXE Japan 100th Anniversary Custom Paint Limited  メーカー希望小売価格:2,500,000円


















 「日本上陸100th記念限定カスタムペイント」モデルは「MODEL 9E」をモチーフに、グレー基調のボディーカラーにピンストライプが入ったカスタムペイントのフューエルタンクと前後フェンダーを装着。さらにフューエルタンクには日の丸をモチーフとしたグラフィックとシリアルナンバーがおごられる。

Willie G. Davidsonのメッセージ入りパブミラー

 この「日本上陸100th記念限定カスタムペイント」モデルを購入すると、もれなくWillie G. Davidsonのメッセージ入りパブミラーをプレゼント。

問:ハーレーダビッドソン ジャパン カスタマーサービス
TEL 0800-080-8080

2013年1月8日 

■ライダーにとって春の風物詩「モーターサイクルショー」、今年も東西2大都市にて開催

大阪モーターサイクルショー(写真は昨年の開催模様)

 国内&輸入メーカー、販売店、パーツ、アクセサリー関連企業などが集結する、バイク好きにとって“春の風物詩”とも言えるイベントが間もなく開催される! 

 3月15日(金)~17日(日)の3日間、インテックス大阪2号館で催される「第29回 大阪モーターサイクルショー2013」のテーマは“見て乗って遊んで変身! めっちゃ楽しいバイクイベント!”。出展・展示ゾーンでは国内メーカー、輸入車、販売店、パーツ&アクセサリー関連企業によるブースを展開。カスタムメーカーや4miniコンストラクターによる出品もあり。屋外ではMCショーの中で一番人気の催しである「ニューモデル体感試乗会」をはじめ、四輪免許のみ所持者や女性ライダーが気軽に参加できる「原付(1種・2種・電動バイク)試乗会」なども行われる予定だ。入場料(当日)は大人1,500円、ペア2,500円、高校生1,000円。中学生以下は無料となっている。

 一方、3月22日(金)~24日(日)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「第40回東京モーターサイクルショー2013」も大阪に負けない様々な催しを実施予定。詳細は決定次第、ホームページにて発表される。

問:大阪モーターサイクルショー2013事務局 TEL 06-6357-2677

東京モーターサイクルショー運営事務局 TEL 03-5637-3510

2013年1月7日 

■ホンダモーターサイクルジャパン「INTEGRAクーポンプレゼントキャンペーン」


写真は装着イメージ

 3月31日までの期間中、デュアル・クラッチ・トランスミッションを搭載したNew Mid Conceptのスクーティング モーターサイクル「INTEGRA」を新車で成約すると、「リアボックスセット」が特別価格で購入できるクーポン券をプレゼント中。

 クーポン券の内容は●トップボックス 40L 1KEY●パニアケース29L 1KEY●リアキャリアブラケット●パニアステイ●パニアサポートステイからなる「リアボックスセット」合計152,250円を84,000円で購入できるというもの(価格は消費税込)。

 詳細、キャンペーン実施店検索はにて。

2013年1月4日 

■2013年も手に汗握る熱き戦いに期待!「主要モータースポーツ・イベント開催スケジュール」

●全日本ロードレース選手権(〔 〕内は開催クラス、2&4は四輪レース併催)
第1戦 3月30・31日 ツインリンクもてぎ(栃木)〔JSB1000/J-GP2/ST600/J-GP3〕
第2戦 4月13・14日 鈴鹿サーキット2&4(三重)〔JSB1000〕
第3戦 6月1・2日  オートポリス2&4(大分)〔JSB1000/ST600(2レース)〕
第4戦 6月29・30日 筑波サーキット(茨城)〔JSB1000/J-GP2/ST600/J-GP3〕
第5戦 8月3・4日  ツインリンクもてぎ2&4(栃木)〔J-GP2/J-GP3〕
第6戦 8月24・25日 スポーツランドSUGO(宮城)〔JSB1000/J-GP2/ST600/J-GP3/FIMアジア国別対抗〕
第7戦 9月7・8日   オートポリス(大分)〔J-GP2/J-GP3/FIMアジアロードGP〕
第8戦 9月28・29日 岡山国際サーキット(岡山)〔JSB1000/J-GP2/ST600/J-GP3〕
第9戦 11月2・3日  鈴鹿サーキット(三重)〔JSB1000(2レース)/J-GP2/ST600/J-GP3〕

○その他ロードレース主要イベント
7月25~28日 FIM世界耐久選手権シリーズ 鈴鹿8時間耐久ロードレース 鈴鹿サーキット(三重)


●全日本モトクロス選手権

第1戦 4月6・7日  HSR九州(熊本)
第2戦 4月20・21日  オフロードビレッジ(埼玉)
第3戦 5月11・12日 世羅グリーンパーク引楽園(広島)
第4戦 5月25・26日  スポーツランドSUGO(宮城)
第5戦 6月15・16日  北海道オフロードパーク(北海道)
第6戦 7月13・14日  藤沢スポーツランド(岩手)
第7戦 9月7・8日  名阪スポーツランド(奈良)
第8戦 10月5・6日  オフロードビレッジ(埼玉)
第9戦 10月19・20日 スポーツランドSUGO(宮城)

○その他モトクロス主要イベント
8月4日 MFJモトクロス全国大会 ウッズモータースポーツランド下市(奈良)


●全日本トライアル選手権

第1戦 3月10日  真壁トライアルランド(茨城)
第2戦 4月14日  名阪スポーツランド(奈良)
第3戦 5月12日  小田浦和田山タナカ森林農場(熊本)
第4戦 7月14日  わっさむサーキット(北海道)
第5戦 9月22日  フィールド幸楽トライアルパーク(山口)
第6戦 10月13日 キョウセイドライバーランド(愛知)
第7戦 10月27日 スポーツランドSUGO(宮城)

○その他トライアル主要イベント
11月10日 MFJトライアルグランドチャンピオン大会 真壁トライアルランド(茨城)


●全日本エンデユーロ選手権
第1戦 3月31日  テージャスランチ(広島) 広島大会
第2戦 5月3・4日  定義大倉牧場跡地(宮城) 定義2DAYSエンデューロ
第3戦 7月13・14日  夕張市(北海道) 夕張2DAYSエンデューロ
第4戦 11月2・3日  スポーツランドSUGO(宮城) SUGO2DAYSエンデユーロ


●全日本スーパーモタード選手権(S1 PROクラスは各戦2レース開催)
第1戦 4月13・14日  茂原ツインサーキット(千葉)
第2戦 5月18・19日  琵琶湖スポーツランド(滋賀)
第3戦 6月22・23日  エビスサーキット(福島)
第4戦 7月20・21日  TSタカタサーキット(広島)
第5戦 8月17・18日  スポーツランドSUGO(宮城)
第6戦 9月14・15日  HSR九州(熊本)
第7戦 10月26・27日 名阪スポーツランド(奈良)

●MotoGP
第1戦 4月7日  カタール(ロサイル)
第2戦 4月21日  アメリカ(オースティン)
第3戦 5月5日  スペイン(ヘレス)
第4戦 5月19日  フランス(ル・マン)
第5戦 6月2日  イタリア(ムジェロ)
第6戦 6月16日  カタルーニャ(カタルーニャ)
第7戦 6月29日  オランダ(アッセン)
第8戦 7月14日  ドイツ(ザクセンリンク)
第9戦 7月21日  アメリカ(ラグナ・セカ)
第10戦 8月18日  アメリカ(インディアナポリス)
第11戦 8月25日  チェコ(ブルノ)
第12戦 9月1日  イギリス(シルバーストーン)
第13戦 9月15日  サンマリノ(ミサノ)
第14戦 9月29日  アラゴン(アラゴン)
第15戦 10月13日 マレーシア(セパン)
第16戦 10月20日 オーストラリア(フィリップアイランド)
第17戦 10月27日 日本(ツインリンクもてぎ)
第18戦 11月10日 バレンシア(バレンシア)


●スーパーバイク世界選手権

第1戦 2月24日  オーストラリア(フィリップアイランド)
第2戦 3月10日  インド(ブッダ)
第3戦 4月7日  スペイン(アラゴン)
第4戦 4月28日  オランダ(アッセン)
第5戦 5月12日  イタリア(モンツァ)
第6戦 5月26日  ヨーロッパ(ドニントンパーク)
第7戦 6月9日  ポルトガル(ポルティマオ)
第8戦 6月23日   T.B.A.
第9戦 6月30日  イタリア(イモラ)
第10戦 7月21日  ロシア(モスクワ)
第11戦 8月4日  イギリス(シルバーストーン)
第12戦 9月1日  ドイツ(ニュルブルクリンク)
第13戦 9月29日  アメリカ(ラグナ・セカ)
第14戦 10月6日   フランス(マニクール)
第15戦 10月20日 スペイン(ヘレス)


●世界耐久選手権

第1戦 4月20・21日 フランス・ボルドール24時間(マニクール)
第2戦 7月28日  日本・鈴鹿8時間(鈴鹿サーキット)
第3戦 8月18日  ドイツ・オッシャースレーベン8時間(オッシャースレーベン )
第4戦 9月21・22日 フランス・ル・マン24時間(ル・マン)












●モトクロス世界選手権

第1戦 3月2日  カタール
第2戦 3月10日  タイ
第3戦 4月1日  オランダ
第4戦 4月14日  イタリア
第5戦 4月21日  T.B.A.
第6戦 5月5日  ポルトガル
第7戦 5月19日  ブラジル
第8戦 5月26日  メキシコ
第9戦 6月9日  フランス
第10戦 6月16日 イタリア
第11戦 6月30日 スウェーデン
第12戦 7月7日  ラトビア
第13戦 7月14日 ロシア
第14戦 7月28日 ドイツ
第15戦 8月4日  チェコ
第16戦 8月18日 ベルギー
第17戦 8月25日 イギリス
第18戦 9月8日  T.B.A.


●トライアル世界選手権

第1戦 4月27・28日  日本(ツインリンクもてぎ)
第2戦 5月25・26日  アメリカ
第3戦 6月15・16日  アンドラ
第4戦 6月23日  スペイン
第5戦 7月7日  イタリア
第6戦 7月14日  チェコ
第7戦 7月27・28日  イギリス
第8戦 8月31日・9月1日 フランス

2012年12月27日 

■アルパインスターズ、2013モーターサイクル・スプリング・コレクションを発表

「SOLARIS TEXTILE JACKET」 肩と肘の取り外し可能なCE認可プロテクションがクラス最高のプロテクション性を実現、サプライヤーと共に生地の段階から共同開発した3シーズン向けジャケット。背面の反射パイピングはライダーの視認性を向上。女性向け「STELLA」もラインナップ。

 1963年の設立以来、成功を遂げた多くの世界チャンピオン・ライダーとの技術的協力を得て、常にパフォーマンスの向上と発展を追い求めてきたアルパインスターズ。2012年のMotoGPでは、3クラス全てのチャンピオン(ホルヘ・ロレンソ、マルク・マルケス、サンドロ・コルテセ)がアルパインスターズを着用するという成功を収めた。

 そんな同社が発表した約40品目に及ぶ2013スプリング・コレクションは、最新鋭の材料・素材と構築技術を投入。3月より順次販売が開始される。

 ラインナップでは定番、レザー・ジャケットのニューモデルを投入しながら、テキスタイル・ジャケットにも力を入れているのが特徴。また、デニムの新製品が用意されているのも注目だ。

 いずれの製品も通気性や耐水性といったライディングギアに求められる性能の進化を果たしながら、着心地や履き心地の向上も図られている。


「GP TECH LEATHER GLOVE」 MotoGPチャンピオン、ホルヘ・ロレンソによってテストされた最高峰レーシンググローブ。様々な角度からのプロテクションを強化しつつ、驚きのしなやかさも実現。

「GRAN TORINO WATERPROOF BOOT」 近年、希少となりつつあるスタンダードなデザインを採用。100%防水メンブレンを内蔵し、あらゆる天候で高性能を実証。CE認可の安全性も確保。

問:アルパインスターズ・セールスルーム TEL 043-202-0680

2012年12月26日 

■間近で見ることができるまたとないチャンス! ダカールラリー2013 参戦マシン特別展示中

ダカールラリー参戦マシン「CRF450 RALLY」

 本田技研工業・青山ビル1階ショールーム 「Hondaウエルカムプラザ青山」では現在、2013年1月5日に開幕する「ダカールラリー2013」への参戦マシン「CRF450 RALLY」の展示を行っている。

 「ダカールラリー2013」は2013年1月に南米のアルゼンチン・チリ・ペルーを縦断して開催され、総走行距離8000km以上を約2週間で走破するレース。この大会に「TEAM HRC」からライダー3名体制でモト部門(二輪車)に参戦する。

 また、ホンダがワークスチームとして参戦するのは24年ぶりのレースということでも注目だ。今回の展示は、マシンを間近で見ることができるまたとない機会なので、ぜひ来館してみてほしい。


 ホンダのダカールラリー情報はへ。

Hondaウエルカムプラザ青山(12月29日~1月3日は休館日)

http://designedby3d.com

oncesearch.com/details/girlsdoporn_e239_20_years_old_xxx_sd_mp4_rarbg

www.rs-clinic.com.ua