MBニュース&トピック

 

2012年10月2日 

■ホンダ、ダカール参戦マシン「CRF450 RALLY」を発表

 ドイツ・ケルンで開催中の「インターモト – 国際オートバイ・スクーター専門見本市 2012」 にて、ダカールラリー2013のモト部門に参戦する「CRF450 RALLY(ラリー)」の姿が明らかとなった。

 市販車CRF450Xをベースとするこのマシンは現在、日本国内を中心にテストが重ねられているが、10月14日にモロッコで開催される「モロッコラリー2012」に実戦投入。既に発表されているエルダー・ロドリゲス(ポルトガル)、フェリペ・ザノル(ブラジル)、サム・サンダーランド(イギリス)、ハビエル・ピゾリト(アルゼンチン)の4名に、メキシコで開催されているオフロードレース「Baja 1000」で11度の優勝を誇るジョニー・キャンベル(アメリカ)を加えた全5名というダカールラリー同様の体制で参戦。主にデータの収集を目的とし、実戦を通じてマシンの熟成を図っていくという。

 ホンダはダカールラリーの前身となる「パリ・ダカールラリー」に1981年より9年間参戦。1982年の第4回大会でシリル・ヌヴー(フランス)が初優勝を飾り、1986年から1989年に4連覇を達成するなど、通算9戦5勝という実績を挙げている。

2012年10月2日 

■停電時にガスで電源を確保するホンダの2つの新製品

 未曾有の大災害となってしまった東日本大震災は言うに及ばず、昨今は台風や集中豪雨、竜巻などの自然災害に伴う停電がいつ起きても不思議ではないし、電力不足による計画停電も記憶に新しい。
 我が国ではついこの前まで、電気は安定供給されるのが当たり前だったのだが……
 
 2003年ホンダは、ガスにより発電しその排熱を利用し給湯する家庭用ガスエンジンコージェネレーションを世界で初めて量産化したが、今回新たに発売されるのは、そのユニットに停電時でも電源と給湯を確保する自立運転機能を追加した。
 従来モデルは停電時の使用ができなかったが、この新システム「MCHP1.0R」では、停電時に①コンセントの差し替え②スイッチの切り換え③リコイルスターターによるエンジン始動という簡単な操作で、最大合計980wの電気供給と給湯が可能になった。
 ガスも水道が遮断されるような状態になってしまうと発電も給湯もできないが(断水時ならば発電のみ可能)、一般的な停電時の電源確保はいうまでもなく、普段の日常生活時にはエネルギー利用率92パーセントという高効率な発電、給湯、暖房用として使用し、光熱費やCo2が削減できるので、日常使用でのメリットも大きい。

コージェネユニット(左)と給湯暖房ユニット(右)を組み合わせ「エコウィル」のブランドで販売される。 停電時、エンジンの起動はひもを引っ張るリコイルスターター方式。それほど力を入れなくてもスタートできる。

 もうひとつの新技術は、低圧LPガスを燃料とした小型発電機「EU9iGP」。
 これは東日本大震災時に1000台のガソリンエンジン発電機を提供したホンダに寄せられた「非常時に入手しにくいガソリンではなく、LPガスを使った発電機があれば」という要望に応えたもので、一般家庭にあるLPガスシステムに専用のガス供給ボックスを追加し、そこからホースを発電機に接続して供給される低圧LPガスによって発電する小型発電機。
 一般的なガソリンエンジンの発電機と同様にコンパクトサイズで、-15℃の低温環境でも使用可能。また、正弦波インバーターにより安定した高品質な電源なので、パソコンやなどの電子機器用としても使用できる。本体の価格は199500円。

発電機を入れる防音ボックスも同時発売。吸音材と防音構造により、約10dBの騒音を低減。実際に体感するとほぼ半分になったような静かさで、夜間でも心配なく使用できそう。スライド方式なので出し入れもスムーズ。99750円 追加工事は一般家庭にあるLPガス配管の途中に専用のガス供給ボックスを追加するだけ。専用ガス供給ボックスは230790円~(工事費用は別途)。

●問い合わせ
本田技研工業株式会社 日本営業本部 汎用パワープロダクツ営業部エネルギー事業推進室
TEL048-452-0312
 

2012年10月2日 

■10月6日いよいよスタート「お台場学園祭2012」って!?

 10月6日(土)から14日(日)までの土日祝を中心に、臨海副都心地域の各所(お台場エリア)にて 開催される「お台場学園祭2012」は、わくわくドキドキするような楽しいイベントを通し、クルマやバイクに触れてもらうことが目的。目指したのは「大人から子どもまで誰もがワイワイ盛り上げれる“学園祭” 」で、クルマやバイクにはまったく興味がない人にこそ、遊びに来てほしいイベントだ。

 主な内容は以下の通り。参加は無料だ。

1. オープニングイベント 開会宣言
2. 自動車メーカートップによるトークセッション 「クルマメーカーBOSSトーク」
3. 乗って体感!「新型自動車体験試乗会」
4. 親子バイク教室&バイク体験試乗会
5. お台場ミスキャンパスコレクション「ファッションショー」
6. 先進運転支援システム 「プリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」の同乗体験
7. 衝突回避ブレーキ体験
8. 自動車蚤の市「オートジャンブル」
9. 自動車メーカーVS学生トークバトル 「そこ、社長に聞いてみよ!」、「教えて!エキスパート」
10. 「こどもモーターショー」
11. 「MEGAWEBフェスタinお台場学園祭」
12. タカラトミー クルマ大集合!
13. 4輪・2輪車メーカー対抗! 「ソープボックスダービーinお台場学園祭」
   一般参加体験「ソープボックスに乗ってみよう」
14. 「学生フォーミュラ in お台場学園祭」
15. 日本最大級のドッグラン登場! 「お台場ワンコ学園」
16. 特別車両展示会 「4輪・2輪車大集合!」
17. 「こどもエンジニア教室」 

 尚、イベント詳細についてはオフィシャルWEBサイトに随時掲載される。週末はいざ、お台場へ!

お台場学園祭2012オフィシャルWebサイト

 

2012年10月2日 

■モリワキ、レミー・ガードナーのレース活動を応援してくれる人を募集中

ワイン&レミー・ガードナー

 WGPや鈴鹿8耐の活躍でお馴染み、日本にファンも多いワイン・ガードナーの息子、レミー・ガードナーが家族と共にスペインに移住、スペインのロードレース選手権に参戦中だ。そんなレミーを技術や資金面などで協力している、ガードナー家と縁あるモリワキ・エンジニアリングは支援プロジェクトを運営している。

 モリワキは、純粋にレミーの素晴らしいライダー及び人としての人間性と、未来ある若者にレースを続けるチャンスをと想い、彼への支援をしてくれる人の募集を開始した。支援者にレミーの成長を見ていただきたいという思いと、少しでもモータースポーツに興味を持ってくれる人を増やしたいとの思いから始まったプロジェクトで、集まった全額はチームガードナーレーシングへ送金される。

 興味のある方は下記WEBサイトへ。

二輪最高峰ロードレースのチャンピオンを目指す「レミーガードナー」支援プロジェクト

2012年10月1日 

■スズキ「GSR250ヨイバイクを探せクイズ!」「秋のグルメギフト券プレゼントキャンペーン」

 「GSR250ヨイバイクを探せクイズ!」は12月25日(火)まで実施。期間中に普通二輪免許を取得し、かつ期間内に協賛店にてGSR250の新車を購入した人が対象となる。

 応募方法は、で出題されるクイズの答えを に記入、GSR250を購入した協賛店に渡すというもの。正解者にはもれなく1,000円のQUOカードがプレゼントされる。

 「秋のグルメギフト券プレゼントキャンペーン」は11月30日(金)までの期間中、 で対象車(レッツ4、レッツ4バスケット、レッツ4パレット、アドレスV50、e-Let’s、 e-Let’s W)を新車で購入すると、もれなく3,000円分のグルメギフト券をプレゼント!

GSR250ヨイバイクを探せクイズ!

秋のグルメギフト券プレゼントキャンペーン

2012年10月1日 

■デグナーの新作カタログが完成

 「DEGNER2012秋冬新作カタログVOL.9」は、今年の新作やNEWブランドまで網羅するレザーファンに贈るウェアカタログ。

 「DEGNER ツーリングバッグコレクションVOL.6」は、ツーリングバッグを革からテキスタイルまで網羅したバイカー必見のバッグコレクション。

 いずれのカタログもデグナーのオフィシャルサイトにて公開中。また、請求すれば無料プレゼント中だ。

問:デグナー TEL 075-501-7137

2012年9月28日 

■最速を求める男たちのドキュメンタリー・フィルム「FASTEST」、間もなく公開!

 10月20日・土曜日より公開される「ファステスト」は、2010年シーズンまでを中心としたMotoGPドキュメンタリー映画。7年前に公開され、世界的に高い評価を得た「FASTER」の続編とも言える作品である。

 内容は、9度の世界チャンピオンを獲得、“史上最強のライダー”との呼び声高いバレンティーノ・ロッシと、彼の前に立ちはだかるホルヘ・ロレンソやケーシー・ストーナーら若手実力者との激闘がインサイドストーリー的に映し出されたもの。ロッシの勝利に対する容赦なさも改めて感じさせる。また、ミニバイクに乗る9歳当時の幼いロレンソが、流れるリアをコントロールしている貴重な映像も印象的。他、安全や、エンジニアによるセッティングのハナシも興味深い。

 来季、ロッシとロレンソが再びヤマハでチーム・メイトとなる前にスクリーンで見ておきたい作品だ。

 バイク好きで知られる俳優、ユアン・マクレガーがナレーションを担当。2011/アメリカ/カラー/16:9/110分。

FASTEST

 

2012年9月27日 

■10月のMOTORISEは、ライダー達のライフ・スタイルに注目

 BS11(日本BS放送)で毎週火曜日23時から放送中「大人のバイク時間 MOTORISE」、 10月の第一弾(10月2日放送。再放送は10月16・30日)は「Vol-41 ライダーズ・イベント&ミーティング」。2りんかん祭り、鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー、YAMAHAドラッグスターミーティング、そしてバイクの日 スマイル・オン2012を、ライダー達の声を交えて紹介。

 第二弾(10月9日放送。再放送は10月23日)は「Vol-42 ライダーズ・カフェ」。「なぜライダーは一杯のコーヒーにこだわるのか?」をテーマに、ライダーとコーヒーに関わるシーンをレポートする。


MOTORISE

 

2012年9月26日 

■2012年ラストは初の鹿児島で開催!「カワサキコーヒーブレイクミーティング in 霧島」

 4月15日の大分・オートポリスを皮切りに、これまで日本全国5ヶ所で催されてきた「カワサキコーヒーブレイクミーティング」(KCBM)。カワサキ使いの間ではもうすっかりお馴染み となっているこのイベント、ツーリングの中継地として、また、午前中開催なので午後は家族サービスに充てられるとお父さんライダーから大好評だ。

 そんなKCBMの今年ラストが10月14日(日)、 (鹿児島県霧島市牧園町高千穂3311)で開催される。時間は9時30分から12時30分、現地集合・現地解散。雨天決行となる。当日はおいしいコーヒーはもちろん、「最初はK!」でお馴染みのジャンケン大会などのイベントも用意。会場周辺にはペンションやホテルなど、もあるので、是非ご利用いただきたい。

 尚、KCBMは「地球環境の未来に貢献するKawasaki」の一員として、資源有効活用のために参加者にマイカップ持参の協力をお願いしている(従来のマグカップは会場で購入可。税込500円)。

※写真は6月10日に行われた「カワサキコーヒーブレイクミーティング in 福島」の模様

問:カワサキモータースジャパン KAZE本部事務局 TEL 0120-100819

2012年9月25日 

■続々登場、高速道路各社“乗り放題”キャンペーン

 したのに引き続き秋の行楽に最適、高速道路各社が展開中のお得なキャンペーンに、新プランが続々と追加されている。「新潟めぐり!秋の休日チケット」を除き各プラン、ETC車限定。事前にWEBサイトからアクセス、利用日を指定し、画面案内に従って申し込み手続きをする必要がある。


●NEXCO東日本エリア

「北関・磐越 ぐるっとパス」

周遊エリア内(群馬、栃木、茨城、福島、新潟を結ぶ指定された高速道路)が乗り放題に。
期間:11月26日(月)までの金・土・日および10月9日、11月22日のうち連続する最大2日間または3日間
料金:周遊プラン 普通車5,500円 軽自動車・二輪車4,500円(2日間)  普通車6,000円 軽自動車・二輪車5,000円(3日間) 首都圏出発プラン 普通車7,000円 軽自動車・二輪車5,500円(2日間)  普通車7,500円 軽自動車・二輪車6,000円(3日間)

「えちごトキめきフリーパス」

首都圏・関東北部発、新潟の高速道路が最大3日間乗り放題に。
期間:12月3日(月)までの連続する最大2日間または3日間
料金:普通車8,000円 軽自動車・二輪車6,500円(2日間) 普通車9,000円 軽自動車・二輪車7,000円(3日間)

「新潟めぐり!秋の休日チケット」

土日祝日の好きな1日、新潟県内の高速道路が最大5回、乗り降り自由に。
期間:12月2日(日)まで
料金:普通車2,800円 軽自動車・二輪車2,400円(優待特典、クーポン・サービス券あり)
購入方法:新潟県内の料金所事務室(スマートICを除く)、北陸道・黒崎PA(上下)または関越道・越後川口SA(上下)のインフォメーション、NEXCO東日本新潟支社にて販売


問:NEXCO東日本 お客さまセンター TEL 0570-024-024(ナビダイヤル。PHS・IP電話からは03-5338-7524) 




●NEXCO中日本エリア

「ぐるっと北陸ドライブプラン」

名古屋エリアを発着地とし、北陸周遊エリア内の高速道路が乗り降り自由に。
期間:11月30日(金)までのうち連続する最大3日間
料金:普通車6,000円 軽自動車・二輪車4,800円(SA・PAでの優待特典あり)

「秋の山梨ETC周遊プラン」

東京または名古屋を発着エリア~山梨の周遊エリアまでの往復、周遊エリア内の乗り降り自由が定額料金で利用可能に。
期間:12月18日(火)まで
料金:東京発着 勝沼・河口湖周遊コース(利用期間は連続する最大2日間) 普通車2,900円 軽自動車・二輪車2,300円
   東京発着 山梨全域周遊コース(利用期間は連続する最大2日間) 普通車3,900円 軽自動車・二輪車3,100円
   名古屋発着 山梨全域周遊コース(利用期間は連続する最大3日間) 普通車6,900円 軽自動車・二輪車5,500円

「びわ湖・近江路ドライブプラン」

5コースの発着エリア~周遊エリア(名神高速道路・竜王IC~北陸自動車道・木之本IC間)までの往復、周遊エリア内の乗り降り自由が定額料金で利用可能に。
期間:12月14日(金)までの連続する最大2日間
料金:一宮・小牧発着エリアコース 普通車2,900円 軽自動車・二輪車2,300円
   名古屋・豊田発着エリアコース 普通車3,600円 軽自動車・二輪車2,900円
大阪発着エリアコース 普通車4,500円 軽自動車・二輪車3,600円
金沢発着エリアコース 普通車5,000円 軽自動車・二輪車4,000円
富山発着エリアコース 普通車6,100円 軽自動車・二輪車4,900円


問:NEXCO中日本 お客さまセンター TEL 0120-922-229(フリーダイヤル。PHS、IP電話からは052-223-0333)

 

www.bestseller-sales.com

http://topobzor.info