MBニュース&トピック

 

2013年4月17日 

■愛知県で初の大型イベント!「ビンテージバイクフェア2013 in ラグーナ蒲郡」

 5月26日(日)、ラグーナ蒲郡 臨時駐車場(愛知県蒲郡市海陽町2)にて開催。時間は9時から15時。

 ビンテージバイクを愛する人の集いとしてバイク早押し大会、遅乗り大会、愛車自慢、バイク撮影会、プレゼント抽選会など、様々な催しを用意。入場料は車両1台につき500円(クルマも同料金)。

問:コンボイ イベント事務局 TEL 052-805-7210

2013年4月16日 

■中須賀、2012年度「優秀選手賞」を受賞

 ヤマハ・YSP・レーシング・チームの中須賀克行が受賞したのは、東京に在籍する新聞、ラジオ、テレビの記者で構成される東京運動記者クラブ/モータースポーツ分科会が選出する「2012年度 優秀選手賞」。そのトロフィー授与が4月13日、全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦が開催された鈴鹿サーキットにて行われた。中須賀にとって、日本レース写真家協会(JRPA)から選出された特別賞に続く受賞となった。

 今回の受賞は、昨年の全日本ロードレース選手権 JSB1000 クラスで 3 度目のチャンピオン獲得をはじめ、スポット参戦した MotoGP 最終戦バレンシア GPで 2 位表彰台獲得が高く評価されてのもの。二輪ライダーがこの賞を受賞するのは、特別賞を含めて 2007 年の阿部典史に続き 5 人目。

中須賀克行のコメント
「自分自身でも、昨年は最高の 1 年だったと思っていますが、シーズンを終えていろいろな賞をいただくたびに、本当に良い体験をした 1 年だったと改めて感じています。今回、東京運動記者クラブ/モータースポーツ分科会の優秀選手賞をいただき本当に光栄です。同時に、こうした賞をいただくたびに、昨年以上に今年も頑張ろうと気持ちが引き締まります」

2013年4月16日 

■30歳以上のすべてのライダーに贈る「第7回 ジャパンVET」開催!

 モトクロスを生涯の趣味として、何歳になっても年齢相応に楽しめる環境を目指した参加型ベテランズレースイベント「ジャパンVET」が5月5日(日)、埼玉県の にて開催される。

 アメリカで1980年代より続く「ワールド・ベテランズ・モトクロス(通称ワールドVET)」を手本に、30歳以上ならば誰でも参加でき、年齢別、技量別のクラス分けによる同年代同レベル同士のバトルが人気のイベントだ。

 毎回ひとりのレジェンドに焦点を当てて表彰する「レジェンドセレモニー」、今年は元カワサキファクトリーの野宮修一氏が登場。昼休みにステー上でトークショーをおこない、展示ブースとともに野宮さんの軌跡を紹介する。

 エントリー他、詳細は へ

問: ウェストポイントクラブハウス TEL 049-226-4141

2013年4月15日 

■エントリー大募集中! オフロードビギナーの祭典「2013 ピットクルーカップエンデューロin印西凸凹ランド」

 6月2日(日)、 (千葉県印西市竹袋265)にて開催。雨天決行。

 競技内容は初級者でも楽しめるオフロードコースでの耐久レースで、技量等に合わせて90分、60分、45分の3レースを設定。

○90分
A:レーサークラス(外車&国産EDレーサー、モトクロッサー85) 中級者対象
B:トレール&ミニモトクラス 中級者対象
○60分
C:トレールクラス 初級者対象
D:ミニ&ピットレーサークラス 初級者対象
○45分
E:体験プチレースクラス 超初心者クラス(中級者以上、レーサーマシン不可)
F:通勤クラス 資格なし
G:レディースクラス 女性限定(モトクロッサー以外)

 参加資格はレース当日までに16歳以上であること。全クラス、1チーム2名での出場可能。エントリー費については下記事務局へ問い合わせのこと。各レース定員になり次第、エントリー締め切りとなる。

問:ピットクルーカップエンデューロ大会事務局(ピットクルー津田沼店)
TEL 047-476-5300

2013年4月15日 

■普通二輪免許で大型二輪車のライディングが可能!「合同試乗会 in 山梨」

 5月12日(日)、湯村自動車学校(山梨県甲府市塩部2-2-15)にて開催。時間は10時から16時(12時~13時は昼休み)。

 カワサキショップ山梨、ハーレーダビッドソン山梨による合同試乗会で、二輪免許を持たない参加者でも普通二輪車を、普通二輪車のみの参加者でも大型二輪車の試乗が可能だ。

 試乗車は新型Ninja250他カワサキ各車種、ハーレーダビッドソン各車種、KTM各車種を予定。

問: カワサキショップ山梨 TEL 055-260-6151
 

2013年4月12日 

■ショップオープン情報「VICTORY名古屋」「SANCTUARY ARA-BULL(サンクチュアリーアラブル)」

●VICTORY名古屋

 “究極のモダン・アメリカン”として日本初上陸となる「VICTORY(ヴィクトリー)モーターサイクル」の正規代理店の日本1号店として4月20日(土)オープン。当日、11時スタートのオープン記念イベントでは、世界的カスタムビルダーとして有名なアレン・ネス&コーリー・ネス両名がアメリカより来日、トークショーを行う予定。来場者にはVICTORYオリジナルピンバッチのプレゼント他、トークショー後にはアレン・ネス&コーリー・ネスとともに楽しめるティーパーティ、当日販売されるVICTORYなどへの直筆サイン、全員での記念撮影会なども行われる予定だ。

愛知県愛知郡東郷町和合北蚊谷29-1(オートプラネット名古屋 モトスクエア)
TEL 0561-67-5233
営業時間:10時~19時(平日)、10時~20時(土日祝)
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)




●SANCTUARY ARA-BULL(サンクチュアリーアラブル)

  Z、ニンジャ、刀などのカスタム、メンテナンスをはじめ、独自のコンプリートマシン・RCMを手がけるAC・サンクチュアリーの6店舗目として埼玉県吉川市にオープン。カスタム車両のみならず、一般車両の販売、車検、修理などにも対応。

埼玉県吉川市中井1-134-6
TEL 048-940-6767
営業時間:10時~20時
定休日:毎週水曜日、イベント日、年末年始

2013年4月11日 

■聖地を舞台に世界チャンピオンから学ぶ「2013年スズキ北川圭一ライディングスクールin竜洋」間もなくエントリー受付開始!


 スズキのレーシングアドバイザーとしてお馴染み、元・世界耐久選手権チャンピオンの北川圭一氏のライディングスクールが、今年度もスズキの竜洋コース(静岡県磐田市)を舞台に開催される。

 内容は、安全でスムーズなライディングを習得するための技術と講義を交えた実践教習で、ビギナーからベテランまで幅広く、楽しくライディングテクニックを学べるというもの。数々のスズキの名車が生み出された竜洋コースを走れるのも貴重な体験だ。

 参加者は250cc以上のスズキ車ミッション車両(スクーターは除く)の持ち込みが条件で、オフロードモデル、アメリカンモデルも可。事情により、参加当日にスズキ車の都合がつなない場合はレンタル車両もあり(台数限定、要事前申込)。装具は革ツナギもしくは革製の上下、ブーツ、フルフェイスのヘルメット必須。ツナギはレンタルあり(数限定、申込順)。

 参加費用は18,000円(税込、お弁当、フリードリンク付き)。レンタル車両利用者は別途5,250円(税込、ガソリン代含む)が必要となる。エントリー受付開始は4月中旬予定。

開催日程
○第1回:2013年6月30日(日)
○第2回:2013年10月6日(日)
○第3回:2013年11月24日(日)
○第4回:2014年3月23日(日)

 詳細、問い合わせ、申し込みは「北川圭一オフィシャルウェブサイト」()へ。

2013年4月11日 

■五羊ホンダが二輪車累計生産台数1,000万台を達成

 ホンダの中国における二輪車生産・販売合弁会社である五羊-本田摩托(広州)有限公司 (五羊ホンダ)が生産を開始したのは1992年7月のこと。2003年9月からは日本やヨーロッパなど世界数十ヵ国への輸出も行われ、日本では「スペイシー100」として販売されている。

 その 五羊ホンダが4月11日、二輪車累計生産台数1,000万台を達成。地元政府関係者も参加した記念式典が行われた。

 五羊ホンダは多くのユーザーから好評の高品質な製品、上質なサービスの提供を通じ、今後も満足度のさらなる向上を目指していくという。

○五羊ホンダの歩み
1992年7月 五羊ホンダ設立、生産開始
2003年9月 100ccスクーター「スペイシー100」を日本へ輸出
2006年2月 年間生産能力100万台の新工場稼動
2007年7月 累計生産台数500万台達成
2013年4月 累計生産台数1,000万台達成

○五羊-本田摩托(広州)有限公司 Wuyang-Honda Motors(Guangzhou)Co., Ltd. 概要
設立 :1992年7月
本社所在地 :広東省 広州市増城新塘鎮
資本金 :4,900万USドル
出資率 :本田技研工業株式会社 40%、広州汽車集団股有限公司 50%、本田技研工業(中国)投資有限公司 10%
代表者 :李 少(董事長)、尾形 淳史(総経理)
事業内容 :二輪車の製造、販売
従業員数 :約4,000人(2013年3月末現在)
生産能力 :100万台/年
生産機種 :威領150(150ccモーターサイクル)、新優悦110(110ccスクーター)、凱影125(125ccカブ)
      <輸出専用機種>
      VISION110(110ccスクーター)、CGL125(125ccモーターサイクル)

2013年4月11日 

■ヤマハ、世界的権威あるデザイン賞を2年連続受賞

WR450F(2013 年欧州仕様)


Xenter 125(2013 年欧州仕様)

 「レッドドット・デザインアワード」は、ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」主催による世界的に格式の高いデザイン賞。国際的に活躍するデザイン専門家により革新性、機能性、品質、人間工学など9項目の評価基準から卓越したデザイン性をもつプロダクトが選定されるというもの。

 このデザイン賞の「プロダクトデザイン」部門で「レッドドット・デザインアワード2013」をヤマハのエンデューロ競技用モデル「WR450F」(欧州仕様2013 年モデル)が受賞。ヤマハにとって昨年の「TMAX」に続き2年連続の受賞となった。

 2013年度は世界54 ヵ国約1,800の企業やデザイナーから、自動車、二輪車、家電、家具など19のカテゴリーで応募数は合計4,662 点。ヤマハは「WR450F」の他にも、同じく同賞にエントリーしていた欧州向けハイホイールスクーター「Xenter(エックスエンター)125」および欧州向けスポーツツアラー「FJR1300A」が「佳作(honourable mention)」を受賞している。

FJR1300A(2013 年欧州仕様)

WR450Fデザイン担当 株式会社GKダイナミックス 三富貴峰(みとみたかね)動態デザイン部室長のコメント

「レッドドットは欧州では大変権威のあるデザイン賞であり、受賞できたことをたいへん喜んでいます。WR450Fのような競技用オフロードモデルのデザインは、まず機能優先であり、その機能の良いところを特徴的にアピールするのがデザインの役割です。その中でもこのモデルは、妥協のない操作性の追求とコンパクトな車体に大きなエンジンを組み合わせる設計によって、デザインの難易度が高く、たいへん苦労しながらまとめました。したがってレッドドット賞を受賞できたことは、開発チーム全体が理想に向かって努力したことが評価されたと考えています」

2013年4月10日 

■ホンダ「第15回国際バラとガーデニングショウ」に出展、里山で楽しむ森のガーデンライフを提案

出展テーマ:里山で楽しむ「森のガーデンライフ」(イメージイラスト)


クロスカブ「国際バラとガーデニングショウカスタマイズモデル」を参考出品 (写真は市販予定車)

 5月11日(土)~16日(木)、西武ドーム(埼玉県所沢市)にて開催される で、ホンダはブース展開。この日本最大規模の“ガーデニングの祭典”に、ホンダは過去8回、ミニ耕うん機やポータブル発電機などの汎用製品を使ったガーデニングや家庭菜園の楽しみを通じ、自然派のアウトドアライフを提案してきた。

 今回はアウトドアライフに役立つ最新のホンダ製品、里山の間伐材で製作したDIYガレージで楽しむ「森のガーデンライフ」を提案。日本のさまざまな風景やライフスタイルになじむ軽乗用車や二輪車と、自然の中で楽しむガーデニングをサポートする耕うん機や芝刈機、発電機などが展示 される。

主な展示モデル
<野菜やハーブづくり、土づくりをサポート>
○ガスパワー耕うん機 サ・ラ・ダCG FFV300
○ガスパワー耕うん機 ピアンタ FV200JG
<アウトドアライフや非常用の電源として>
○ポータブル発電機 EU16i
○ガスパワー発電機 エネポ EU9iGB
<美しい芝庭づくりをサポート>
○電動歩行型芝刈機 グラスパ・国際バラとガーデニングショウカスタマイズモデル参考出品
<移動や運搬に便利なモビリティーとして>
○軽乗用車 N-ONEアクセサリー装着車
○レジャーバイク クロスカブ・国際バラとガーデニングショウカスタマイズモデル参考出品

問:本田技研工業 お客様相談センター TEL 0120-112010

also read best-cooler.reviews

читать дальше agroxy.com

обращайтесь agroxy.com