MBニュース&トピック

 

2014年1月7日 

■ピアッジオグループジャパン、「Moto Guzzi Touch & Ride キャンペーン」「V7 Special / V7 Racer 下取りキャンペーン」

V7 Racer V7 Special

 1月10日(金)から3月末までの期間中、全国のモト・イタリアーナ店およびモト・グッツィ正規販売店にてモト・グッツィに試乗のうえ、見積りを希望した先着100名に「Moto Guzzi 特製キーホルダー」をプレゼント。

 また、キャンペーン対象モデルのモト・グッツィ V7 Special/V7 Racer を購入、登録すると、下取りバイクがある場合、下取り価格が5万円アップするキャンペーンも並行して実施される。

問:ピアッジオコール  TEL:050-3786-2635

2014年1月6日 

■ホンダが25年ぶりのステージ優勝、“世界一過酷なラリー ”戦いの火蓋切る!

第1ステージを制した♯3 ホアン・バレダ

 ホンダのワークスチームとして復帰を果たし2年目、 が現地時間1月5日・午前4時20分、遂に始まった。

 第1ステージはアルゼンチンのロサリオからサン・ルイスに向かう809km(移動区間:629km、競技区間:180km)。途中行われる競技区間は細い道によって注意深く走ることが要求され、見つけにくいジャンピングスポットが点在。

 そんな短くも難しいステージを、♯3 のCRF450 RALLYを駆るホアン・バレダがトップタイムをマーク。今大会最初のステージ優勝となった。また、ホンダにとって4連覇を成し遂げた最終年(1989年)「パリ~チュニス~ダカールラリー」第15ステージ 以来、25年ぶりのステージ優勝でもあった。

 しかし“世界一過酷なラリー”はまだ始まったばかり。復帰2年目、“勝利”を目指すTEAM HRCの戦いは1月18日の第13ステージまで続く。「この先の展開から目が離せない!」という人は を要チェックだ!


ホアン・バレダ

ホアン・バレダ(スペシャルステージ1 / 優勝、総合1位) のコメント
「最高の一日でした。Hondaと、そして特にこの一年間、CRF450 RALLYを作り上げてくれたチームとともに、第1ステージでの勝利を喜んでいます。この結果でダカールをスタートすることができて大変うれしいです。今日はタフな一日でした。岩だらけで難しく、とても滑りやすいコースが数km続き、それを抜けた次のパートからはいいペースで走れ、最終的にトップでフィニッシュすることができました」

SS1順位
順位       №                ライダー                マシン        タイム/差
1位        ♯3                 ホアン・バレダ        ホンダ         02:25:31
2位        ♯2                 マルク・コマ            KTM           +00:00:37
3位        ♯1                 シリル・デプレ        ヤマハ        +00:01:40

TEAM HRC ダカールラリー2014 ライブレポート

♯7 エルダー・ロドリゲス(第1ステージ:22位、総合22位) #10 パウロ・ゴンサルヴェス(第1ステージ:5位、総合5位)

2014年1月6日 

■30周年の「Team GREEN」からお年玉、オリジナル・グッズを計7名にプレゼント!

 今年の鈴鹿8耐に22年ぶりの参戦を表明! カワサキ・ファンの期待を背負うを機にチーム・ロゴを一新、記念のオリジナル・グッズを製作した。


Team GREENオリジナルマフラータオル

 優れた吸収&速乾素材の「Team GREENオリジナルマフラータオル」は携帯にも便利なコンパクトサイズ(約106×20cm)。カワサキ・マシンの応援など、モータースポーツの観戦にも是非持って行きたいアイテムだ。こちらを2名にプレゼント。


Team GREEN 創立30周年記念ステッカー

 「Team GREEN 創立30周年記念ステッカー」は新ロゴをあしらったもの。もちろん、復活した“サムアップ”も! こちらは5名にプレゼント。


 ご希望の方は()の上、e-mail([email protected])にてご応募を。

 希望商品(「Team GREENオリジナルマフラータオル」または「Team GREEN 創立30周年記念ステッカー」)、住所、氏名、WEB Mr.Bikeに対するご意見、ご希望を明記のこと。締切は2014年1月31日(金)。


 運良くプレゼントが当たった方にはWチャンス。喜びの写真と感想など、応募と同じ上記メールアドレスより「当たった君」係までお送りいただいた方には「WEB Mr.Bike特製ステッカー」をもれなくプレゼント!

提供:カワサキモータースジャパン

2014年1月6日 

■ピアッジオグループジャパン「aprilia Touch & Ride キャンペーン」「aprilia スポーティ・スクーター 下取りキャンペーン」

 「aprilia Touch & Ride キャンペーン」は1月10日(金)から3月末日までの期間中、全国のモト・イタリアーナ店および正規販売店にてアプリリアに試乗の上、見積り希望者の先着100名に「aprilia 特製キーホルダー」をプレゼント。キャンペーン期間中は一部店舗にてレッグカバーや大型スクリーンを装着した防寒仕様の試乗スクーターも用意される。

SRV 850

 また、同期間中に「aprilia スポーティ・スクーター 下取りキャンペーン」も実施。内容は、全国のモト・イタリアーナ店および正規販売店にてキャンペーン対象モデルを購入、登録すると、下取りバイク、もしくはスクーターがある場合、購入モデルに応じて下取り価格が最大5万円アップするというもの。キャンペーン対象モデルはRS4 50(査定アップ金額:税込2万円)、SR Max 125/SR Max 300/Scarabeo 200(同:税込3万円)、SRV 850(同:税込5万円)となっている。

問:ピアッジオコール  TEL:050-3786-2635

2014年1月6日 

■ピアッジオグループジャパン「Piaggio/Vespa Touch & Ride キャンペーン」「Vespa LX50 下取りキャンペーン」

Vespa LX50

 「Piaggio/Vespa Touch & Ride キャンペーン」は期間中、全国のスクーター・イタリアーノ店および正規販売店にてピアッジオ・ベスパに試乗のうえ、見積りを希望した人先着100名に「Piaggio 特製キーホルダー」をプレゼント。期間中、一部店舗ではレッグカバーや大型スクリーンを装着した防寒仕様の試乗車も用意される。

 「Vespa LX50 下取りキャンペーン」は、全国のスクーター・イタリアーノ店および正規販売店にてVespa LX50 を購入・登録し、下取りスクーターがある場合、その価格が2万円アップされるというもの。

 いずれのキャンペーンも実施期間は1月10日(金)から3月末日までとなっている。

問:ピアッジオコール  TEL:050-3786-2635

2014年1月6日 

■トライアンフ・トロフィーのリコール

 対象モデルは「トロフィー」の車台番号SMTV2H10E9D587208 ~ SMTV2H10E9D589749 の9台。

 リコールの内容は「トライアンフ モ-ターサイクルのセンタースタンド左側取付部のフレームの強度が不適切なため、過度な力でセンタースタンドを立てる操作を繰り返すと、当該取付部に亀裂が生じ、最悪の場合、その取付部が破断してセンタースタンドを使用した際にオートバイが転倒するおそれがあります。

 トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表いたしました。

 対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にてセンタースタンド左側取付部にストッパー付ブラケットを追加します。作業時間は約10分間です」というもの。

問:トライアンフコール TEL:03-5330-7447 (2014年1月9日まで)  03-6809-5233 (2014年1月14日以降)

2013年12月27日 

■トライアンフ・ジャパン「RIDE NOWキャンペーン」

 TRF(トライアンフ・ライダーファイナンス)の新プログラムとして「TRFライダーナウ」を 2014年1月6日(月)から取り扱いを開始。

 TRFライダーナウ、例えば1月にトライアンフのバイクを購入(登録・納車)すると、ローンの引き落とし開始が通常2月からのところ、最長6ヵ月後の8月から開始することが可能というもの。消費税増税前からバイクを楽しみながら支払いは後にできるのだ。

  この新プログラムの導入を記念し「RIDE NOWキャンペーン」を2014年3月31日(月)申し込み分まで実施。対象モデルはトライアンフ新車全てのモデル(年式問わず)で、適用金利は2.9%に。増税前の今がチャンスだ。詳細はトライアンフ正規販売店まで。

トライアンフ

2013年12月27日 

■アメリカを愛するクリエイターによるポストカードブックが完成!

増井貴光・フォトブック A way of ROUTE66-1

 “増井貴光”と言えば国内外のバイクに関わる広告、雑誌などで活躍中のフォトグラファー。躍動感溢れるシーンを的確にとらえるスタイルは特に評価が高く、ファンも多い彼はROUTE66、ドラッグレース、Baja1000、Bonneville Salt Flats最速レースといった“アメリカ”にも精通し、コラム執筆などでもお馴染みだ。

 そんな増井氏が、ルート66で撮影した16枚の写真をポストカードにして一冊の本に。フリーペーパー「オンザロードマガジン」の編集長でありイラストレーターのガオ・ニシカワ氏、塚田富芳氏のイラスト・ポストカードブックと共に全4冊が発売された。普通のポストカードよりひとまわり大きいサイズで各1,500円。

 クルマやモーターサイクル好きは必見! アメリカの香りを是非、感じ取ってほしい。

問:桜花出版  TEL:03-3938-5781


GAOニシカワ・イラストブック ON ROUTE66-1

GAOニシカワ・イラストブック ON ROUTE66-2

トミ・ツカダ・イラストブック California101-1

2013年12月26日 

■GROMのコラボモデル他、東京オートサロンに話題の二輪車を出展

 2014年1月10日(金)から12日(日)まで、千葉県の幕張メッセで開催される新春恒例・カスタムカーの祭典「東京オートサロン2014 with NAPAC」にてホンダはブース展開。今年フルモデルチェンジとなった「フィット」、オールニュー・モデルの「ヴェゼル」や「N-WGN」などのカスタマイズ車両が出展される。

 二輪車は東京モーターショー2013に出展された「ゴールドウイングF6C」、ミラノショーに出展された「CBR1000RR SP」をはじめ、アメリカンキャラクター“ミュータント タートルズ”とコラボレーションした「GROM・ミュータント タートルズ カスタマイズ コンセプト」を披露。用品を装着した「リトルカブ・55周年スペシャル」といったカスタマイズモデルも出展される。

●主な二輪出展車両
<参考出展車:コンセプトモデル>
・CB1100EX(カスタマイズコンセプト)
・GROM・ミュータント タートルズ カスタマイズコンセプト

<参考出展車:市販予定車両>
・ゴールドウイング F6C
・CBR1000RR SP
・CTX1300

<参考出展車:競技用車両>
・MotoGP:RC213V(レプソル・ホンダ・チーム #93 マルク・マルケス)

<用品装着車(市販車両)>
・リトルカブ・55周年スペシャル

<その他の参考出展車両・製品>
・ゴールドウイング F6B

東京オートサロン Hondaブースのホームページ

2013年12月26日 

■ショップオープン情報「モト・イタリアーナ東京ベイ」

 全国10店舗目、東京では3店舗目となるアプリリア、モト・グッツィの専売店として2014年2月22日(土)にオープン。母体は、これまで国内でのモト・グッツィ販売のパイオニアとして活動してきた福田モーター商会。東京都江東区への移転と共に、アプリリアもその販売ラインナップに加わることとなる。

東京都江東区佐賀1-4-9
TEL:03-3468-6841(開設準備室、2014年1月19日まで)
   03-3630-9751(オープン日からの新番号)
営業時間:9時15分~18時
定休日:月曜日、第1火曜日

http://agroxy.com

agroxy.com