MBニュース&トピック

 

2013年5月1日 

■フジガス、自国グランプリ8年ぶりの優勝!

※フジガスの勇姿をクリックすると、違うアングルの勇姿が見られます

 好転に恵まれたトライアル世界選手権開幕戦・決勝2日目、今回より新しいエンジンとなったモンテッサホンダを駆る藤波貴久(Repsol Montesa Honda)はこの日好調な滑り出しを見せ、最終ラップの最終セクションまでもつれ込んだ優勝争いを制し3年ぶりの優勝! 日本GPでは2005年以来8年ぶりの優勝を飾った。

 大会1日目に優勝を飾った昨年度のチャンピオン、トニー・ボウ選手は2日目も快調な滑り出しだったが、1ラップ目の最終セクション、水際でストップ。痛い失点5を喫し、1ラップ目を18点で終える。

 この日好調だったのはジェロニ・ファハルド選手、1ラップ目を失点1、2ラップ目失点3と合計4点のダントツトップ。初日4位の藤波選手は1ラップを4点、2ラップ目を6点と、10点で2位につけた。
3ラップ目、それまで好調だったファハルド選手が11セクションまでに大量失点。ファハルド14点、藤波15点と両者の差は1点となり、30メートルの岩場を駆け上がる最終セクションを迎えた。先にトライしたファハルド選手、最終の上りで後輪を滑らせ5点。合計19点でこの日を終えた。

 会場が大きくざわついた。なんとこの時点で正確な得点差は会場にも藤波選手にも伝えられていなかった。マインダーと慎重にコースをチェックし、大勢の観客が見守るなかマシンをスタートさせた藤波選手は急斜面を勢いよく駆け上がる。途中、足つきで1点を失点するも、藤波の集中力は途切れることなく、ゴールで待っていたのは「おめでとう!」の声だった。3年ぶりの優勝に歓喜の雄叫びをあげた藤波の目からは涙があふれた。

 ドラマチックな展開に大勢の観客はこの日一番の盛り上がりで、会場は祝福の声と拍手に包まれた。
(レポート&撮影:楠堂亜希)

藤波貴久のコメント
「よかった。本当によかったです。この勝利は、とても大きな一勝になると思います。昨日は全く不本意な結果に終わりましたが、練習のときにはノンストップルールを上手に走れていましたので、今日は自信を持って走ることを心掛けました。最終セクションでは1点をついてしまったので、トライ中に『負けた』と思ったのですが、セクションを出たところでファハルド選手に『おめでとう』と声をかけられ、優勝を知りました。新しいエンジンを作ってくれたHondaやHRCの皆さん、そしてなにより、ファンの皆さまのおかげで勝つことができました。ありがとうございます。本当にありがとうございます。長い間、本当に長い間、お待たせしました」

2013年4月30日 

■最新機種も投入! 「DREAM Festa」はホンダの気になるモデルをまとめて体感!

 全国ドリーム会が開催する「Honda DREAM Festa」は幅広いバイクファンを対象に、スポーツモデルを中心としたホンダのニューモデルが体感できる試乗・商談会。今年も全国展開中で、前週の大阪(舞洲スポーツアイランド )に続き、4月27(土)・28(日)には晴海ふ頭公園の特設会場を舞台に東京で開催された。

  DREAM Festaの参加者はホンダドリーム各店、またはウェブサイトより事前申し込みを行うことで、会場ではホンダの最新モデルに思う存分試乗できるというもの。参加費は無料だ。


4月23日に発売されたばかりのCBR400Rは注目度№1、順番待ち多し。4台の試乗車もフル稼働だった。

4月25日発売のCRF250Mも早速試乗車として用意。大型二輪免許保持者にはゴールドウイングF6Bが人気!
















 試乗車は軽二輪から普通二輪、大型二輪までバラエティに富んだラインナップ。東京会場からは発売ホヤホヤのモデル、新型ツインエンジンを搭載するCBR400R、モタードのCRF250Mが新たに投入された。さすが当日はCBR400Rの注目は高く、4台用意された試乗車はフル稼働状態に。また、2月に発売されたクルーザー、ゴールドウイングF6Bの人気も高かった。その他ゴールドウイングなど、中々触れる機会のないモデルを実際に試乗できるのもDREAM Festaの特徴だ。


発売前の原付二種に触れることもできた。GROMに跨るのは会場でユーザーの声を直に聞く、ホンダモーターサイクルジャパンの井内社長。愛車CRF250Lで来場していた。

気になるバイクがあれば、ドリーム店のスタッフが丁寧に説明してくれる。そして実際気に入ったら即、特典プレゼントも用意された商談へ! 成約するとさらにプレゼントがいただけます。 




















ウェアやグッズ販売の他、各ドリーム店オリジナルのカスタマイズが施された車両も展示・販売されている。

 実際に試乗して、欲しくなったモデルがあれば、即見積り&商談できるのもDREAM Festaの特徴。専用スペースで落ち着いて検討できるようになっている。ちなみにDREAM Festaではイベント会場ならではの商談&成約特典プレゼントも用意!

 DREAM Festaは試乗&商談の他にも、じっくりと跨ったり眺めたりできる展示車両も用意されている他、ウェア&グッズの販売、パーツサプライヤーによるブース出展もあり。カスタマイズの相談など、一日中いても飽きない内容となっている。

 今後の開催日程は以下の通り(受付:9時30分~15時30分 試乗:10時~16時)。

●5月12日(日) 
八幡自動車学校 (北九州市八幡西区御開3丁目38-1 )

●5月19日(日) 
鈴鹿サーキット 南コース (三重県鈴鹿市稲生町7992 )


パーツ&タイヤ・メーカーのブース出展もあり、カスタマイズの夢広がる。そして、イベントに華を添えるドリームギャル!




 今年のホンダは新車ラッシュ。気になるモデルがある人はDREAM Festaで要チェック! 詳細は まで。尚、ホンダドリーム店では上記以外にも全国34ヶ所にて店頭試乗会も実施中だ。 

※写真をクリックすると、違う写真が見られます。






Honda DREAM Festa 

2013年4月26日 

■“カワサキ仲間”大集結! コーヒーブレイク/U29ミーティングの開催スケジュール続々決定

 カワサキ・ファンならだれでも入会できるカワサキ・ライダーのためのユーザークラブ・KAZE(Kawasaki Amusing Zone for Everybody )。KAZEは今年も全国で様々なイベントを実施中だ。

 もはやすっかりお馴染みとなっている「カワサキコーヒーブレイクミーティング」は、7月のイベントで遂に100回目! 100回記念マグカップ&ステッカーが用意されるほか、スペシャルゲストも来場予定。もちろん、美味しいコーヒーの他、楽しいイベントも用意されている。雨天決行、現地集合/現地解散。

 一昨年から始まった「カワサキオーナーズU29ミーティング」は、29歳以下のカワサキ・ファンならば誰でも参加できる“若者”主導イベント。当日はジャンケン大会や愛車自慢大会など、楽しい催しが用意されているので友達、ツーリング仲間を誘って是非、遊びにいってほしい。雨天決行、現地集合/現地解散。

 尚、いずれのイベントも近隣にはKAZE会員にお得な提携施設(参照)もあるので、仲間と一緒に一泊ツーリングなんていうのもアリだ!

 開催スケジュールは以下の通り。

●5月19日(日) 10時~13時30分
カワサキU29ミーティング in 知多
会場:駐車場(愛知県知多市緑浜町2番地)

●5月26日(日) 9時30分~12時30分
カワサキコーヒーブレイクミーティング in 那須塩原
会場:駐車場(栃木県那須塩原市湯本塩原字前黒)

●7月7日(日) 10時~13時30分
カワサキU29ミーティング in 福岡
会場:イベント広場(福岡県福岡市早良区百道浜2-3-26)

●7月28日(日) 9時30分~13時30分
カワサキコーヒーブレイクミーティング in 淡路(通算100回記念イベント)
会場:駐車場(兵庫県淡路市南鵜崎8-10)

●10月6日(日) 10時~13時30分
カワサキU29ミーティング in りんくう公園
会場:(大阪府泉佐野市りんくう往来北1-271)

●10月24日(日) 10時~13時30分
カワサキU29ミーティング in 船橋
会場:駐車場(千葉県船橋市浜町2-4-1)

問:カワサキモータースジャパン KAZE本部事務局 TEL 0120-100819(KAZEフリーコール)

2013年4月26日 

■求人情報「ナガツマ」「バイカーズコア」

ナガツマ

「株式会社ナガツマ各店では、ただいまスタッフを募集中です。バイク好きの方が輝ける職場です。バイク好きなあなたにもってこい! 経験・資格などは必要ありません。未経験者の方でも親切にお教えします」

●営業・販売スタッフ:店頭での販売  バイクの出張バイク査定業務 他業界からの営業も歓迎 初任給 180,000円 ~280,000円
●整備スタッフ:バイクの修理・簡単な整備 初任給 180,000円 ~ 280,000円
※月給は経験・能力による
●資格:18~40歳位まで 要普通免許
●勤務時間:10時~20時
●休日:月7〜8日  GW  夏季  年末・年始休暇
●待遇:諸手当(資格・皆勤・残業・他)、賞与年2回、昇給年1回、社会保険、制服貸与、交通費支給、バイク通勤可
●勤務地:茨城守谷店、千葉柏店、東京足立店、東京世田谷店その他
●応募方法:電話連絡の上、履歴書を持参して下さい。

株式会社ナガツマ
TEL 03-3883-1101(採用係まで)




バイカーズコア

「埼玉県戸田市にある『中古バイク販売&買取バイカーズコア』では、業績好調につきただいまメカニックを大募集中! 経験者大歓迎! 販売も出来る方は、実績に応じてインセンティブ報酬をお支払い致します。明るく元気な方、またやる気をもって仕事に望める方、ぜひ当店で発揮して下さい! 詳しくは、弊社HPまたはお電話にてお問い合わせください」

●仕事内容:オートバイ修理、整備の補助
●応募資格:16歳-55歳 整備経験者歓迎
●時給・勤務時間:応相談
●応募方法:弊社HPの問合せフォーム、または採用担当まで電話連絡下さい。後日履歴書持参の上面接いたします。

バイカーズコア
埼玉県戸田市美女木東1-4-13
TEL 048-485-9996

2013年4月25日 

■二輪安全運転の甲子園!?  今年も熱戦の予感「第46回二輪車安全運転全国大会」


 8月3日(土)・4日(日)の2日間、鈴鹿サーキットにて開催。雨天決行。

 二輪車運転者の安全運転技能と交通マナーの向上を図ることにより交通事故防止を目的に 昭和43年(1968年)から毎年開催され、今年で46回を迎える全国大会は、47都道府県の代表・二輪ライダーが集い、各種競技種目を競うというもの。

 「女性クラス」(50cc)、「高校生等クラス」(50cc)、「一般Aクラス」(400cc)、「一般Bクラス」(1100cc)の4クラスが設けられ、各都道府県1クラス1人のライダーが出場する。全国大会に出場するには、まず都道府県で開催される大会に出場することが条件となる。

 出場資格は「各クラスの使用車両を運転する資格を有する者。二輪車安全運転都道府県大会における成績優秀者で、同大会の開催者である二輪車安全運転推進委員会委員長から全国大会の選手としてふさわしいと推薦されたライダー。高校生等クラスの出場資格は、高等学校、中等教育学校(後期課程に限る)、高等専門学校、専修学校及び各種学校在学者又は卒業者ならびにその他の働いている若者であって、大会初日において20歳未満の者」。


 競技種目は①法規履行走行 : 法規履行能力を競うもの②技能走行:競技コースに設置した10の課題を競うもの(ブレーキング、コンビネーションスラローム、スラローム、コーナリング、応用千鳥走行、ストレートブリッジ、傾斜地走行、悪路応用走行、ブロックスネーク、レムニー走行)。
 団体優勝チーム及び各クラスの個人優勝者には、警察庁長官・全日本交通安全協会会長の連名の賞等が授与。他、団体3位までに賞が贈られる。高校生等クラスの優勝者には、文部科学大臣賞が授与され、この他個人では各クラス8位までの入賞者に賞が贈られる。

 大会の詳細、都道府県大会の開催スケジュールなどは を参照のこと。

問:財団法人 全日本交通安全協会  TEL 03-3264-2641

2013年4月25日 

■青木宣篤が間瀬サーキットの二輪イベントをお手伝い

 海外での豊富なレース経験に加え、GPマシンの開発も務めるレーシングライダー・青木宣篤が、今年は新潟県・間瀬サーキットへ! 

「雪でバイクシーズンが短い甲信越、北陸のライダーに少しでもサーキットを楽しんでもらおう!」と、参加しやすい250ccクラスを中心に多くの人に楽しんでもらうためのレース&レッスンを行う。

 レースは市販車250ccであればなんでもOKの「SNB250」、排気量制限なしの「アンリミットクラス」の2種(いずれもフリー走行+予選+決勝レース)。

 さらに、 125cc以上あればなんでもOKの「青木レッスンクラス」も設定。 先導走行スタイルで初心者でも安心、ツーリング感覚で参加できるクラスで、 参加車両がスズキ車であれば青木選手が実際に乗ってセッティング(他メーカー車は手押し&走りを見てアドバイス)。こちらは 走行20分×4本、フリー走行1本となっている。

 今後の開催スケジュールは5月12日(第2戦)、8月18日(Maze耐)、10月6日(第3戦)。詳細、エントリー方法は下記ホームページにて。

問:日本海間瀬サーキット TEL 0256-85-2201

2013年4月24日 

■未経験者大歓迎! 5月30日開催「日光サーキット ライディングハイスクール」

 ミスター・バイクBGでお馴染みの市川 仁さんをはじめ、 阿久津 晃輝さん(全日本ロードレース選手権ST600クラスライダー)、荒井 克仁さん(HRCトロフィーNSF100全国大会2009優勝)を講師に迎え、ライディングテクニック、レーシングスーツなど装備品に関する講義や、転倒した時の応急手当の知識など、サーキットで安全・安心に1日を過ごすためのスキルを指導。

 限定15台の少人数スクールで、参加対象は初心者から上級者まで、サーキット未経験者もOKだ。参加費用は16,000円(お弁当付)となっている。

問:日光サーキット TEL 028-674-4390

2013年4月24日 

■世界のトップライダーを目指す「ルーキーズカップジャパン」がスタート

世界を目指す3人の少年、左から、布施海透 選手(14 歳)、亀井 駿 選手(14 歳)、中村修一郎 選手(13 歳)。

 「ルーキーズカップジャパン」は、世界中から約100名の若手レーシングライダーが集結する「ルーキーズカップ・セレクション・イベント」への参加選手を日本国内から選抜するカリキュラム。セレクション・イベントで選ばれた24名は、翌年のMotoGPヨーロッパ・ラウンドの前座、すなわちMotoGPクラスを頂点とするロードレース世界選手権で、Moto3クラスに参戦する若手ライダーの登竜門である「レッドブル・ルーキーズカップ」に参加できるシステムとなっている。

 そんな世界を目指すルーキーズカップジャパンがついにスタート。その第一歩として3月23・24日、3人の少年が青木拓磨校長のもと、鈴木大五郎選手、武田雄一選手をインストラクターに迎え、ダートトレーニングとレーシングスクール、模擬レース、データロガーを使用したライディング解析が行われた。

 続いて4月4~6日の3日間、舞台を日本海間瀬サーキットに移して行われた第2回カリキュラムでは個別課題を与えられ、実戦さながらの練習走行と2度のタイムアタック、3回の模擬レースが行われた。

 彼ら3人のトレーニングは8月21日まで行われ、その成果を発揮すべく、秋にヨーロッパで開催されるセレクション・イベントに挑む。

問:ルーキーズカップジャパン事務局 TEL 03-5981-8336

2013年4月23日 

■世界チャンピオンのライディングレッスンもあり! 全国8会場で開催「スズキ ファンRIDEフェスタ」


世界チャンピオンのレクチャーが受けられる「北川圭一ライディングレッスン」も開催!

 「走る喜び」「使う楽しみ」を体感できるイベントとして、北海道から九州まで日本全国で開催。

 スズキのニューモデルを集めた大試乗会では、待望の国内仕様として3月21日より発売される「GSR750 ABS」をはじめ「V-Strom650 ABS」「スカイウェイブ650LX」「バンディット1250F ABS」「グラディウス400 ABS」「GSR250」などを用意。試乗した人には「ボールペン付タッチペン」をプレゼント!

 また、FIM世界耐久選手権2005・2006年世界チャンピオンである北川圭一氏による「ライディングレッスン」を開催(一部会場のみ)。乗車姿勢や身体の使い方といった基本的なテクニックを世界チャンピオンが的確にアドバイスしてくれるという、貴重な体験ができるレッスンだ。

 その他、豪華スズキグッズが当たる「じゃんけん大会」、パーツメーカーによるブース出展などもあり! 参加費は無料(北川圭一ライディングレッスン参加の場合、スズキ車で参加の場合は500円、スズキ車以外での参加は1,000円が必要)となっている。

●開催日程
5月11日(土)・12日(日)
近畿エリア「舞洲スポーツアイランド 空の広場」(大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目)
5月12日(日)         
北海道エリア 「北海道グリーンランド駐車場」(北海道岩見沢市志文町1015)
5月19日(日)         
中部エリア 「デイトナ敷地内テストコース」(静岡県周智郡森町一宮4805)
5月19日(日)         
九州エリア 「オートポリス(レイクサイドコース)」(大分県日田市上津江町上野田1112-8)
5月25日(土)・26日(日)  
関東エリア 「お台場J街区」(東京都港区台場)
6月8日(土)・9日(日)    
四国エリア 「愛媛県二輪車交通公園」(愛媛県伊予郡松前町徳丸932-3)
6月23日(日)         
広島エリア 「広島モータースクール」(広島県広島市西区山田町30)
6月23日(日)
東北エリア「仙台ハイランド」(宮城県仙台市青葉区新川早坂12)

※4月21日(日)に開催予定だった「仙台ハイランド」は雪による天候不良のため、6月23日(日)に延期

問: スズキ お客様相談室 TEL 0120-402-253
(スズキファンRIDEフェスタホームページ)

2013年4月22日 

■土日休めないライダーに朗報! NANKAI「平日ライダーズMEET 西日本編」

 5月28日(火)、(兵庫県淡路市塩田新島8-5 )にて開催。時間は9時30分から16時30分。

 「平日にもたまには有休とってバイクに乗ろう!」を合言葉に、異例の平日開催というユニークな催し。土日に休めない人にとっては格好のライダーズ・ミーティングだ。

 MCにバイク雑誌でおなじみの多聞恵美さん、カズ中西さんを迎え、有名メーカーによる用品&パーツの展示、アウトレット品販売ブースをはじめ、2013ナンカイメイト・椎名梓ちゃんとの撮影会、大ジャンケン大会もあり! その他、足湯や淡路島グルメも楽しめるイベントとなっている。

 当日、 イベント来場者は淡路ワールドパークONOKOROの入園料が無料(通常800円)に。さらに先着1000名限定で来場記念品もプレゼント!

南海部品

proffitness.com.ua

coleman coolers