MBニュース&トピック

 

2013年4月25日 

■二輪安全運転の甲子園!?  今年も熱戦の予感「第46回二輪車安全運転全国大会」


 8月3日(土)・4日(日)の2日間、鈴鹿サーキットにて開催。雨天決行。

 二輪車運転者の安全運転技能と交通マナーの向上を図ることにより交通事故防止を目的に 昭和43年(1968年)から毎年開催され、今年で46回を迎える全国大会は、47都道府県の代表・二輪ライダーが集い、各種競技種目を競うというもの。

 「女性クラス」(50cc)、「高校生等クラス」(50cc)、「一般Aクラス」(400cc)、「一般Bクラス」(1100cc)の4クラスが設けられ、各都道府県1クラス1人のライダーが出場する。全国大会に出場するには、まず都道府県で開催される大会に出場することが条件となる。

 出場資格は「各クラスの使用車両を運転する資格を有する者。二輪車安全運転都道府県大会における成績優秀者で、同大会の開催者である二輪車安全運転推進委員会委員長から全国大会の選手としてふさわしいと推薦されたライダー。高校生等クラスの出場資格は、高等学校、中等教育学校(後期課程に限る)、高等専門学校、専修学校及び各種学校在学者又は卒業者ならびにその他の働いている若者であって、大会初日において20歳未満の者」。


 競技種目は①法規履行走行 : 法規履行能力を競うもの②技能走行:競技コースに設置した10の課題を競うもの(ブレーキング、コンビネーションスラローム、スラローム、コーナリング、応用千鳥走行、ストレートブリッジ、傾斜地走行、悪路応用走行、ブロックスネーク、レムニー走行)。
 団体優勝チーム及び各クラスの個人優勝者には、警察庁長官・全日本交通安全協会会長の連名の賞等が授与。他、団体3位までに賞が贈られる。高校生等クラスの優勝者には、文部科学大臣賞が授与され、この他個人では各クラス8位までの入賞者に賞が贈られる。

 大会の詳細、都道府県大会の開催スケジュールなどは を参照のこと。

問:財団法人 全日本交通安全協会  TEL 03-3264-2641

2013年4月25日 

■青木宣篤が間瀬サーキットの二輪イベントをお手伝い

 海外での豊富なレース経験に加え、GPマシンの開発も務めるレーシングライダー・青木宣篤が、今年は新潟県・間瀬サーキットへ! 

「雪でバイクシーズンが短い甲信越、北陸のライダーに少しでもサーキットを楽しんでもらおう!」と、参加しやすい250ccクラスを中心に多くの人に楽しんでもらうためのレース&レッスンを行う。

 レースは市販車250ccであればなんでもOKの「SNB250」、排気量制限なしの「アンリミットクラス」の2種(いずれもフリー走行+予選+決勝レース)。

 さらに、 125cc以上あればなんでもOKの「青木レッスンクラス」も設定。 先導走行スタイルで初心者でも安心、ツーリング感覚で参加できるクラスで、 参加車両がスズキ車であれば青木選手が実際に乗ってセッティング(他メーカー車は手押し&走りを見てアドバイス)。こちらは 走行20分×4本、フリー走行1本となっている。

 今後の開催スケジュールは5月12日(第2戦)、8月18日(Maze耐)、10月6日(第3戦)。詳細、エントリー方法は下記ホームページにて。

問:日本海間瀬サーキット TEL 0256-85-2201

2013年4月24日 

■未経験者大歓迎! 5月30日開催「日光サーキット ライディングハイスクール」

 ミスター・バイクBGでお馴染みの市川 仁さんをはじめ、 阿久津 晃輝さん(全日本ロードレース選手権ST600クラスライダー)、荒井 克仁さん(HRCトロフィーNSF100全国大会2009優勝)を講師に迎え、ライディングテクニック、レーシングスーツなど装備品に関する講義や、転倒した時の応急手当の知識など、サーキットで安全・安心に1日を過ごすためのスキルを指導。

 限定15台の少人数スクールで、参加対象は初心者から上級者まで、サーキット未経験者もOKだ。参加費用は16,000円(お弁当付)となっている。

問:日光サーキット TEL 028-674-4390

2013年4月24日 

■世界のトップライダーを目指す「ルーキーズカップジャパン」がスタート

世界を目指す3人の少年、左から、布施海透 選手(14 歳)、亀井 駿 選手(14 歳)、中村修一郎 選手(13 歳)。

 「ルーキーズカップジャパン」は、世界中から約100名の若手レーシングライダーが集結する「ルーキーズカップ・セレクション・イベント」への参加選手を日本国内から選抜するカリキュラム。セレクション・イベントで選ばれた24名は、翌年のMotoGPヨーロッパ・ラウンドの前座、すなわちMotoGPクラスを頂点とするロードレース世界選手権で、Moto3クラスに参戦する若手ライダーの登竜門である「レッドブル・ルーキーズカップ」に参加できるシステムとなっている。

 そんな世界を目指すルーキーズカップジャパンがついにスタート。その第一歩として3月23・24日、3人の少年が青木拓磨校長のもと、鈴木大五郎選手、武田雄一選手をインストラクターに迎え、ダートトレーニングとレーシングスクール、模擬レース、データロガーを使用したライディング解析が行われた。

 続いて4月4~6日の3日間、舞台を日本海間瀬サーキットに移して行われた第2回カリキュラムでは個別課題を与えられ、実戦さながらの練習走行と2度のタイムアタック、3回の模擬レースが行われた。

 彼ら3人のトレーニングは8月21日まで行われ、その成果を発揮すべく、秋にヨーロッパで開催されるセレクション・イベントに挑む。

問:ルーキーズカップジャパン事務局 TEL 03-5981-8336

2013年4月23日 

■世界チャンピオンのライディングレッスンもあり! 全国8会場で開催「スズキ ファンRIDEフェスタ」


世界チャンピオンのレクチャーが受けられる「北川圭一ライディングレッスン」も開催!

 「走る喜び」「使う楽しみ」を体感できるイベントとして、北海道から九州まで日本全国で開催。

 スズキのニューモデルを集めた大試乗会では、待望の国内仕様として3月21日より発売される「GSR750 ABS」をはじめ「V-Strom650 ABS」「スカイウェイブ650LX」「バンディット1250F ABS」「グラディウス400 ABS」「GSR250」などを用意。試乗した人には「ボールペン付タッチペン」をプレゼント!

 また、FIM世界耐久選手権2005・2006年世界チャンピオンである北川圭一氏による「ライディングレッスン」を開催(一部会場のみ)。乗車姿勢や身体の使い方といった基本的なテクニックを世界チャンピオンが的確にアドバイスしてくれるという、貴重な体験ができるレッスンだ。

 その他、豪華スズキグッズが当たる「じゃんけん大会」、パーツメーカーによるブース出展などもあり! 参加費は無料(北川圭一ライディングレッスン参加の場合、スズキ車で参加の場合は500円、スズキ車以外での参加は1,000円が必要)となっている。

●開催日程
5月11日(土)・12日(日)
近畿エリア「舞洲スポーツアイランド 空の広場」(大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目)
5月12日(日)         
北海道エリア 「北海道グリーンランド駐車場」(北海道岩見沢市志文町1015)
5月19日(日)         
中部エリア 「デイトナ敷地内テストコース」(静岡県周智郡森町一宮4805)
5月19日(日)         
九州エリア 「オートポリス(レイクサイドコース)」(大分県日田市上津江町上野田1112-8)
5月25日(土)・26日(日)  
関東エリア 「お台場J街区」(東京都港区台場)
6月8日(土)・9日(日)    
四国エリア 「愛媛県二輪車交通公園」(愛媛県伊予郡松前町徳丸932-3)
6月23日(日)         
広島エリア 「広島モータースクール」(広島県広島市西区山田町30)
6月23日(日)
東北エリア「仙台ハイランド」(宮城県仙台市青葉区新川早坂12)

※4月21日(日)に開催予定だった「仙台ハイランド」は雪による天候不良のため、6月23日(日)に延期

問: スズキ お客様相談室 TEL 0120-402-253
(スズキファンRIDEフェスタホームページ)

2013年4月22日 

■土日休めないライダーに朗報! NANKAI「平日ライダーズMEET 西日本編」

 5月28日(火)、(兵庫県淡路市塩田新島8-5 )にて開催。時間は9時30分から16時30分。

 「平日にもたまには有休とってバイクに乗ろう!」を合言葉に、異例の平日開催というユニークな催し。土日に休めない人にとっては格好のライダーズ・ミーティングだ。

 MCにバイク雑誌でおなじみの多聞恵美さん、カズ中西さんを迎え、有名メーカーによる用品&パーツの展示、アウトレット品販売ブースをはじめ、2013ナンカイメイト・椎名梓ちゃんとの撮影会、大ジャンケン大会もあり! その他、足湯や淡路島グルメも楽しめるイベントとなっている。

 当日、 イベント来場者は淡路ワールドパークONOKOROの入園料が無料(通常800円)に。さらに先着1000名限定で来場記念品もプレゼント!

南海部品

2013年4月20日 

■スズキが上海モーターショーでGSR250のハーフカウルバージョン「GW250S」を発表

 スズキは、4月20日から中国・上海市で開催された第15回上海モーターショーにおいて新型二輪車「GW250S」を発表した。

 このモデルは、スズキの中国における合弁企業である常州豪爵鈴木摩托車有限公司が生産し、中国国内をはじめ日本や欧州などでも好評のロードバイク「GW250」(日本名:GSR250)にハーフカウル(小型風防)を装備したモデルで、世界初公開となった。
 ハーフカウルを装備することで、よりスポーティーなイメージとなり、また、高速走行などにおける防風効果を高めている。またハンドル位置も「GW250」に対して高めに設定されていることで、より快適な乗車姿勢を実現しているという。
 スズキはこの「GW250S」を2013年6月より中国国内で販売開始するとともに、今後海外市場にも投入する計画というから国内販売も期待しよう。

■スズキ 

2013年4月19日 

■ショップオープン情報「ホンダドリーム川崎中原」「ライダースランド・ヨーヨー」

●ホンダドリーム川崎中原

 ユーザーの更なる利便性向上と満足度向上を目指し、質の高いサービスを提供するホンダ二輪ディーラー「ドリーム店」として5月25日(土)にオープン。

 取り扱い車種はスポーツバイクを中心としたホンダ二輪のフルラインナップ。各種カスタマイズパーツ、ホンダライディングギアも扱う。試乗車はINTEGRA、CBR400R、PCX150を用意。

 店舗はJR南武線・平間駅より徒歩約7分、首都高速・大師ICまたは第三京浜・京浜川崎ICよりクルマで約15分。二輪車3台、四輪車2台分の駐車場完備。



神奈川県川崎市中原区上平間1700-291
TEL 044-555-2222
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日












●ライダースランド・ヨーヨー

 東京・城北地区初となるKTM正規ディーラー(マルチショップ)として4月20日(土)オープン。

 人気モデルの展示や試乗車はもちろん、純正アパレルPOWERWEARや純正パーツ&アクセサリーのPOWERPARTSも豊富に用意。経験豊かなメカニックによる徹底したサービス態勢で、オリジナルパーツの開発を含むチューニングやカスタム、ドレスアップなど、ユーザーにあわせて提案を行う。

 オン・オフを問わずユーザーとの活発なコミュニケーションやイベント開催なども行い、購入後も多くのユーザーが集う、楽しめる環境を提供。

東京都北区浮間2-24-7
TEL 03-5392-3411
営業時間:10時~19時30分
定休日:火曜日、第2水曜日、不定期第3水曜日

2013年4月19日 

■トライアンフ9車種のリコール(平成25年4月19日届出)

 対象車両は型式CB(通称名:タイガー800 ABS)の車台番号SMTTRE15B8C520502~SMTTRE15B8D567100(製作期間:平成23年10月12日~平成24年8月16日)の137台、型式CC(通称名:タイガー800 XC)の車台番号SMTTRE11B8C527744(製作期間:平成23年12月14日)の1台、型式CD(通称名:タイガー800 XC ABS)の車台番号SMTTRE16B8C520026~SMTTRE16B8D566894(製作期間:平成23年10月10日~平成24年8月15日)の70台、型式NX(通称名:スピードトリプルR ABS)の車台番号SMTTPN135GC528250~SMTTPN135GD563874(製作期間:平成23年12月16日~平成24年7月11日)の24台、型式NV(通称名:スピードトリプル)の車台番号SMTTPN105GC536256~SMTTPN105GD557467(製作期間:平成24年2月8日~平成24年5月22日)の5台、型式SMTTMD106(通称名:デイトナ675)の車台番号SMTTMD1066C528533~SMTTMD1066D555204(製作期間:平成23年12月17日~平成24年5月11日)の67台、型式LE2(通称名:デイトナ675R)の車台番号SMTTMD1166C534489~SMTTMD1166D555097(製作期間:平成24年1月31日~平成24年5月9日)の20台、型式SMTTMD406(通称名:ストリートトリプル)の車台番号SMTTMD4066C528336~SMTTMD4066C553035(製作期間:平成23年12月17 日~平成24年5月3日)の15台、型式SMTTMD416(通称名:ストリートトリプルR)の車台番号SMTTMD4166C529417~SMTTMD4166C549542(製作期間:平成23年12月22日~平成24年4月3日)の30台、計9型式(計9車種)、計369台。

 不具合の部位(部品名)は「方向指示器」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「前後部の方向指示器の樹脂製取付部分の原料が不適切だったため、強度が不足しており、振動や衝撃により取付部分に亀裂が発生する可能性がある。そのままの状態で使用を続けて亀裂が進行すると、取付部分が破断して方向指示器がぶら下がることがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、前後部の方向指示器の取付部分を良品と交換する」という。

問:トライアンフコール TEL 03-5330-7447 (正規販売店の案内)
 

2013年4月19日 

■KTM 14車種のリコール(平成25年4月19日届出)

 対象車両は 型式200EXC(通称名:200EXC)の車台番号VBKGSA201DM193591~VBKGSA205DM195537(製作期間:平成24年9月17日~平成24年10月18日)の18台、型式250EXC(通称名:250EXC)の車台番号VBKGSA208CM267913~VBKGSA204DM283592(製作期間:平成23年9月27日~平成24年9月18日)の31台、型式250EXC(通称名:250EXC SIX DAYS)の車台番号VBKGSA203BM259684~VBKGSA207DM287040(製作期間:平成22年7月1日~平成24年10月16日)の27台、型式250EXC-F(通称名:250EXC-F)の車台番号VBKRFA406BM142403~VBKEXA400DM188212(製作期間:平成22年7月5日~平成24年6月15日)の29台、型式250EXC-F(通称名:250EXC-F SIX DAYS)の車台番号VBKRFA40XBM143408~VBKEXA40XDM194440(製作期間:平成22年7月21日~平成24年10月5日)の213台、型式350EXCEXA41(通称名:350EXC-F)の車台番号VBKEXA406DM272079~VBKEXA405DM275930(製作期間:平成24年4月19日~平成24年6月11日)の5台、型式350EXCEXA41(通称名:350EXC-F SIX DAYS)の車台番号VBKEXA407CM165427~VBKEXA404DM278642(製作期間:平成23年6月21日~平成24年7月6日)の110台、型式350FRFRA42(通称名:FREERIDE 350)の車台番号VBKFRA402CM271363 ~VBKFRA402DM282574(製作期間:平成24年3月23日~平成24年9月5日)の106台、型式400EXCEXA42(通称名:400EXC)の車台番号VBKEXA405BM260535~VBKEXA403BM260758(製作期間:平成22年8月26日~平成22年9月1日)の4台、型式450EXCEXA43(通称名:450EXC)の車台番号VBKEXA408BM396111(製作期間:平成22年9月2日)の1台、型式450EXCEXA43(通称名:450EXC SIX DAYS)の車台番号VBKEXA401BM394667~VBKEXA402BM395066(製作期間:平成22年7月19日~平成22年7月21日)の9台、型式500EXCEXA44(通称名:500EXC)の車台番号VBKEXA404DM482938~VBKEXA402DM482940(製作期間:平成24年4月24日)の2台、型式500EXCEXA44(通称名:500EXC SIX DAYS)の車台番号VBKEXA401CM478649~VBKEXA408DM486703(製作期間:平成23年6月29日~平成24年11月5日)の31台、型式530EXCEXA44(通称名:530EXC SIX DAYS)の車台番号VBKEXA404BM476554~VBKEXA404BM476649(製作期間:平成22年7月16日~平成22年7月19日)の10台、計9型式(計14車種)、計596台。

 不具合の部位(部品名)は「消音器」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「消音器の騒音低減機構を容易に除去できる構造であるため保安基準第30条に抵触する」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、トルクスネジを取り外し、リベット留めに変更する。また、排気管の開口部に脱着可能なキャップを取り付けている車両については、キャップを取り外せないよう溶接して固定する」という。

問:KTM JAPAN TEL 03-3527-8885

in detail best-cooler.reviews

ссылка alex-car.com.ua

alex-car.com.ua/cart/mark/all/all/all/179