MBニュース&トピック

 

2013年10月10日 

■親子バイク教室、中学生以上のバイク体験レッスンもあり「ヤマハ レディース&ビギナーライダー サポートレッスンinラグーナ蒲郡」

 女性、運転技術の向上を目指すビギナーを対象としたレッスンとして 11月9日(土)、ラグーナ蒲郡 西臨時駐車場(愛知県蒲郡市海陽町2丁目2番地)にて開催。時間は9時~16時まで(受付9時~)。

内容
①レディースライダーサポートレッスン(要事前申込:定員10名):
車両持込み 昼食付き(フェスティバルマーケット2Fの地魚食堂にてランチバイキング) 参加資格:普通二輪免許以上を所持する女性 参加料:3,500円(昼食代含む・税込)

②ビギナーライダーサポートレッスン(要事前申込:定員10名):
車両持込み 昼食付き(フェスティバルマーケット2Fの地魚食堂にてランチバイキング) 参加資格:普通二輪免許以上を所持、運転技術の向上を目指したい人 参加料:3,500円(昼食代含む・税込)  

③親子バイク教室(要事前申込:2回開催/各回定員6名):
車両無料貸出し 参加資格:補助輪無しで自転車に乗る事ができる小学生(参加小学生1名に対し保護者1名が必ず付き添うこと) 参加料:500円(税込)

④バイク体験レッスン〈中学生以上対象〉(要事前申込:定員7名):
車両無料貸出し 参加資格:中学生以上でバイク未経験者 参加料:500円(税込)

⑤バイク体験レッスン〈成人対象〉(要事前申込:定員7名):
車両無料貸し出し 参加資格:原付・普通二輪免許・四輪免許を所持するバイク経験のある人、長くバイクに乗っていなくて運転に全く自信のない人、もう一度乗ってみたいと思っている人 参加料:500円(税込) 

 申込み、問い合わせはヤマハスポーツバイク正規取扱各店にて。各レッスンとも定員になり次第、申込受付終了となる。

ヤマハ レディース&ビギナーライダー サポートレッスンinラグーナ蒲郡

2013年10月10日 

■ショップオープン情報「ユーメディア・オフロードワールド」

 神奈川県茅ヶ崎市を拠点に輸入/国産バイクや用品、アクセサリーなどの販売を行っている梅田モータースが、7月のマルチショップ展開に続き、オフロードモデル専門店としてKTM正規ディーラーをグランドオープン。オフロードに精通した専門スタッフが技術はもちろん、ライディングのアドバイスといった専門店ならではの情報発信、イベントの提供などを積極的に行っていくという。

神奈川県茅ヶ崎市萩園1270-35
TEL 0467-88-1399
営業時間:10時~19時30分
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

2013年10月9日 

■ダカール王者奪還へ向け、 新型 CRF450 RALLY発表

 来年1月に開催される「ダカールラリー2014・アルゼンチン・ボリビア・チリ」に参戦するホンダのワークスマシン「CRF450 RALLY」が発表された。

 新型 CRF450 RALLYは、今年1月に24年ぶりにワークス参戦したダカールラリーで得たデータをもとにエンジン出力、空力性能、耐久性、整備性などを大幅に向上させるべく開発。前回モデルに引き続き、ダカールラリーの特色である厳しい環境条件の変化に対して優位性の高いPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)が搭載される。

 この新型マシンは10月13日から開催される「モロッコラリー2013」にワークスチームであるTEAM HRCから参戦。ダカールラリー同様、5名5台体制で実戦を通じ、マシンの熟成が図られる。

 また、ラリー競技に参戦するチームを対象に、新型 CRF450 RALLYは2014年中に販売も開始されるという。

2013年10月8日 

■お宝を見つけた後は温泉でゆったり……、今年も盛況「第14回ミスター・バイクBGガレージセール」

 9月29日の日曜日、毎年恒例となっている本誌主催“日本最大級”のガレージセールがさがみ湖リゾートプレジャーフォレストで開催された。

 一昨年まではまだ夏の暑さが残る9月の第一日曜日に、昨年は秋が深まりつつある10月中旬に開催されたガレセ。今年はその中間、さらには好天に恵まれたこともあり、とても過ごしやすい1日に。自然の地形を利用した会場に吹く風がとても心地よかった。

 イベントはというと、掘り出し物や超お買い得品が並び、出店者との交渉という楽しみなひととき(?)など、毎年変わらない光景がそこら中で展開されていた。出店者、来場者共々、朝早いうちから会場に訪れ、辺りが暗いうちから商談が始まるというのもお馴染みの光景。昨年同様に朝早くから来場者の姿が目立っており、掘り出し物をいち早く発見するための熱意をビンビン感じる。

 会場レイアウトも一昨年までのように出店ブースがまとめられ、来場者の利便性は向上。園内送迎バスはもちろん、好評の商品運搬無料サービスも行われた。

 会場となったさがみ湖リゾートプレジャーフォレストは今春に温泉施設「うるり」をオープン。従来の遊園地共々、BGのガレセはさらに“ファミリー思い”のイベントに進化したのも今年のニュースで、掘り出し物探しで歩き疲れた身体を癒してくれる。

 イベントは今年も大きな混乱もなく無事終了。さがみ湖リゾートプレジャーフォレストによると、今年の総入園者の内、約3500人がガレセを目的に訪れた来場者であったとか。

シートの上に広げられたものの中から掘り出し物を探すのがガレセの楽しみ。 バイク単体は注目も高い。お手頃価格の原付スクーターも人気。
毎年「えぇっ!!」という価格の商品で大盛り上がり。カドヤさんからは涙モノのデッドストック品が! 歩き疲れたら「さがみ湖温泉うるり」で癒されたい。

2013年10月8日 

■求人情報「ガレージカンパニー」

ミハエル・シューマッハやデビッド・ベッカムのカスタムバイクを製作、ニコラス・ケイジやジェイ・レノといったハリウッド・セレブもヒョッコリやってくるというロサンゼルスのバイクショップ「ガレージカンパニー」。広いショップの中に並ぶのは’70〜’80年代の日本車やヨーロッパ車。ショーケースには、オーナーであるヨシ・コーサカのコレクション──キャブやメーター、小物が収められている。今やアメリカのみならずヨーロッパでも有名な「ガレージカンパニー」が日本人メカニックを募集中。修理はもちろん、アメリカで今流行っている最新のカスタムバイクを造ることも出来る。

●職種:メカニック
●内容:修理全般 日本車からヨーロッパ車、ハーレーダヴィッドソン全般(’70〜’80年代が多い) ハーレー専門でもOK  カスタムバイクの製作、車両の改造、パーツの製作
●条件:基本的には経験者のみ 年齢不問、独身希望  英語はしゃべれなくてもOK  VISA(査証)取得のサポートをします
●応募方法:下記連絡先に詳細問い合わせ(日本でOK!)

Yoshi Kosaka(ヨシ・コーサカ)
住所:956 W Hyde Park Blvd Inglewood, CA 90302
TEL: (310)330-9933
e-mail:[email protected]

2013年10月7日 

■モト・グッツィ伝統のクルーザーモデル“California 1400 Custom”を販売開始

 ピアッジオグループジャパンは、モト・グッツィのニューモデル“California 1400 Custom”を全国のモト・グッツィ専売店「モト・イタリアーナ」各店、及びモト・グッツィの正規販売店各店にて12月から販売開始すると発表した。価格は194万8千円。

 California 1400 Customは、モト・グッツィのベストセラーモデル“California”のデザインを一新したモデルで、「迫力ある車格、高級感溢れるエクステリアを誇るクルーザーながら、そのイメージを打ち破る軽快なハンドリングなど、高いパフォーマンス性を実現」したモデルとして紹介されている。

 歴代のCaliforniaモデルの持つ風格とデザインフィーリングを継承しながらも、このCalifornia 1400 Customには現代のテクノロジーを惜しみなく投入。先進の電子制御技術であるライド・バイ ・ワイヤシステムを採用する事で可能となったマルチマッピングシステムや、MGCT(Moto Guzzi Controllo di Trazione)と呼ばれるトラクションコントロール機能、ABSなどのセーフティシステムも装備して、あらゆるシチュエーションでライダーに満足を与える一台という。

 10月1日(火)より先着予約20名に「California特製モノグラフブック」がプレゼントされるキャンペーンも開始されている。

■ピアッジオコール TEL050-3786-2635 

2013年10月7日 

■ピアッジオのニューモデル“X10 350 i.e. Executive”を11月から販売開始

 ピアッジオグループジャパンは、ピアッジオのニューモデル“X10 350 i.e. Executive”を、11月より全国のピアッジオの専売店「スクーター・イタリアーノ」各店、及びピアッジオの正規販売店「コーナーショップ」各店にて販売すると発表した。メーカー希望小売り価格は83万8千円。

 このX10 350 i.e. Executiveは、イタリアンデザインを体現した流麗なボディライン、コミューターとしての使い勝手を追求した各種ユーティリティを兼ね備えたラグジュアリースクーター、X10 350 i.e.をベースに、ABSやASR(トラクションコントロール機能)など、先進技術のセーフティシステムを備えたモデル。シティユースからロングツーリングまで、ライダーに高い快適性と安全性を提供するモデルとなっている。

 パワフルかつ扱いやすい特性の新開発330ccエンジンは、環境性能とパフォーマンス性を両立。1,625㎜というロングホイールベースによる安定性、ロングストロークサスペンションによる快適性も実現。レッグシールド内には、3ヵ所の収納スペースを備え、12V電源ソケット、USBポートを内蔵、さらにシート下にはジェットタイプヘルメットを2つ収容可能な容量52リットルのラゲッジスペースを確保している。

 フロントホイールは、安定したハンドリングを生む15インチ径を採用。φ280mmのフロントダブルディスクブレーキとリアφ240mmディスクブレーキは前後連動式で、電子制御による3チャンネルABSと、滑りやすい路面状況においても駆動輪のスリップを抑えるASR(アンチ・スリップ・レギュレーション/トラクションコントロール機能)も標準で装備されている。

■ピアッジオコール TEL050-3786-2635 

2013年10月7日 

■速いだけでは勝てない「2013ライクアウインドGP 第2戦」開催

 11月17日(日)、スポーツランド生駒にて開催。各クラス熱いバトルが展開されたオープン戦、第1戦に続く、次回・第2戦は今年のシリーズチャンピオンを決める注目のレース。ビギナーからエキスパートまで全員が楽しめるようクラス分けされており、自分のレベルに応じたクラスに参加できるようになっている。

 さらに、ライクアウインドGPの見どころは“速いだけでは勝てない”ところ。各クラスに設定されたラップタイムより、少しでも速ければペナルティストップになり、ライダー交代などのタイミングも重要に。また、ライダー交代時のミニゲームを成功させれば周回数がプラスになるなど、運が勝敗に大きく関係してくるのも特徴だ。加えて、カスタムショップやバイクショップ対抗の大迫力“スプリントレース”もあり! 

開催内容
●初級クラス 2名1チーム60分 12,600円(税込/1チーム)
●中級クラス 2名1チーム80分 16,800円(税込/1チーム)*追加1名5,250円
●上級クラス 2名1チーム80分 16,800円(税込/1チーム)*追加1名5,250円
●キックボード耐久 4名1チーム30分 5,250円(税込/1チーム)*追加1名1,400円
●Shop&メーカ対抗スプリント1チーム1名10周×2ヒート 14,700円(税込/1チーム)

 レース詳細、申込み方法についてはLike a Wind ホームページ参照のこと。

問:株式会社ヴァンズ凸 Like a Wind 事務局 TEL 06-6267-3794

2013年10月3日 

■スマホがライディングスキルを評価!? 

 ヤマハが10月5日より提供する「SmartRiding(スマートライディング)」はバイクに設置し、簡単な操作でライディングスキルを数値化できるiPhone向け無料アプリ。

 「車両の傾く動きのスムーズさ」と「車両が曲がる力」の2軸により、スムーズなライディングかどうかをマップ上で確認できるため、コーナリング時のライディングスキルの目指すべき方向性が分かりやすくなり、楽しく効果的なライディングスキル向上が期待できるというもの。

 車両の車速およびヨー・ロールなどの車両挙動はGPSやジャイロセンサーによって計測されるため、スロットルおよびブレーキなどのライダー操作の計測は不要。このアプリの開発には、ヤマハ発動機の走行実験ライダー向けライディング教育システムに用いる独自の走行評価技術が応用されているという。

 走行結果は「動画再生画面」で走行ルートと合わせてコーナーごとの得点やバイクの動きで確認。「走行履歴画面」では以前の記録との比較もでき、走行結果はTwitterに投稿することで仲間とシェアすることも可能だ。

「SmartRiding(スマートライディング)」アプリWEBサイト

2013年10月3日 

■自民党オートバイ議連 総会、二輪車を取り巻く諸問題・課題について意見交換

  に続き、自由民主党(自民党)オートバイ議員連盟の総会(会長:逢沢一郎 衆議院議員)が10月3日に行われた。日本自動車工業会(自工会)、日本二輪車普及安全協会、全国オートバイ協同組合連合会といったオートバイ関連団体、省庁からは警察庁、経済産業省、国土交通省が出席。

 今回の議事は●二輪車ETCの普及について●小型限定普通二輪免許(125cc)の教習の柔軟化について●自動車取得税廃止代替財源としての自動車関係諸税(軽自動車税を含む)の増税反対について●二輪車駐車場整備状況について●第1回BIKE LOVE FORUM IN 鈴鹿についてなど。

 四輪車に比べ圧倒的に助成が少なく、搭載率(セットアップ率)は平成24年3月末現在で11.2%でしかない二輪車ETCは●購入助成金として1台あたり15,000円を5万台に支給●ETC搭載二輪車については通行料金を軽自動車の半額に、という要望が出される。

 小型限定普通二輪免許(125cc)については、会社員が週末の二日間程度で免許を取得できる教習内容を、という要望が。この件について「慎重に検討を要する」というスタンスの警察庁だが、警察庁の出席者からは不明瞭な言葉しか得られず、オートバイ議員連盟に改めて明瞭なデータの提供を求められる場面も。

 消費税の増税について自工会は取得税の引き下げを求めているが、そもそも二輪車には取得税が存在しない。よって、さらに二輪車にとってはダブルパンチとなる、自動車取得税廃止代替財源として自動車税、二輪車を含む軽自動車税などの自動車関係諸税の増税反対が要望されている。

 二輪車駐車場については、自転車駐輪場で自動二輪車も受け入れる自治体が増えているという報告もあったが、2020年の東京オリンピックにかけた都市インフラの整備が叫ばれる。

 以上、議事について逢沢会長は「二輪車を取り巻く諸問題・課題に対し全力で取り組み、すべての要望の実現に向けて力を尽くす」との言葉を決議に、総会は終了となった。

best-cooler.reviews/portable-freezer-fridge-from-world-famous-brand/

https://shopvashtextil.com.ua

agroxy.com/prodat/muka-222/zhitomirskaya-obl