MBニュース&トピック

 

2014年1月6日 

■ピアッジオグループジャパン「aprilia Touch & Ride キャンペーン」「aprilia スポーティ・スクーター 下取りキャンペーン」

 「aprilia Touch & Ride キャンペーン」は1月10日(金)から3月末日までの期間中、全国のモト・イタリアーナ店および正規販売店にてアプリリアに試乗の上、見積り希望者の先着100名に「aprilia 特製キーホルダー」をプレゼント。キャンペーン期間中は一部店舗にてレッグカバーや大型スクリーンを装着した防寒仕様の試乗スクーターも用意される。

SRV 850

 また、同期間中に「aprilia スポーティ・スクーター 下取りキャンペーン」も実施。内容は、全国のモト・イタリアーナ店および正規販売店にてキャンペーン対象モデルを購入、登録すると、下取りバイク、もしくはスクーターがある場合、購入モデルに応じて下取り価格が最大5万円アップするというもの。キャンペーン対象モデルはRS4 50(査定アップ金額:税込2万円)、SR Max 125/SR Max 300/Scarabeo 200(同:税込3万円)、SRV 850(同:税込5万円)となっている。

問:ピアッジオコール  TEL:050-3786-2635

2014年1月6日 

■ピアッジオグループジャパン「Piaggio/Vespa Touch & Ride キャンペーン」「Vespa LX50 下取りキャンペーン」

Vespa LX50

 「Piaggio/Vespa Touch & Ride キャンペーン」は期間中、全国のスクーター・イタリアーノ店および正規販売店にてピアッジオ・ベスパに試乗のうえ、見積りを希望した人先着100名に「Piaggio 特製キーホルダー」をプレゼント。期間中、一部店舗ではレッグカバーや大型スクリーンを装着した防寒仕様の試乗車も用意される。

 「Vespa LX50 下取りキャンペーン」は、全国のスクーター・イタリアーノ店および正規販売店にてVespa LX50 を購入・登録し、下取りスクーターがある場合、その価格が2万円アップされるというもの。

 いずれのキャンペーンも実施期間は1月10日(金)から3月末日までとなっている。

問:ピアッジオコール  TEL:050-3786-2635

2014年1月6日 

■トライアンフ・トロフィーのリコール

 対象モデルは「トロフィー」の車台番号SMTV2H10E9D587208 ~ SMTV2H10E9D589749 の9台。

 リコールの内容は「トライアンフ モ-ターサイクルのセンタースタンド左側取付部のフレームの強度が不適切なため、過度な力でセンタースタンドを立てる操作を繰り返すと、当該取付部に亀裂が生じ、最悪の場合、その取付部が破断してセンタースタンドを使用した際にオートバイが転倒するおそれがあります。

 トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表いたしました。

 対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にてセンタースタンド左側取付部にストッパー付ブラケットを追加します。作業時間は約10分間です」というもの。

問:トライアンフコール TEL:03-5330-7447 (2014年1月9日まで)  03-6809-5233 (2014年1月14日以降)

2013年12月27日 

■トライアンフ・ジャパン「RIDE NOWキャンペーン」

 TRF(トライアンフ・ライダーファイナンス)の新プログラムとして「TRFライダーナウ」を 2014年1月6日(月)から取り扱いを開始。

 TRFライダーナウ、例えば1月にトライアンフのバイクを購入(登録・納車)すると、ローンの引き落とし開始が通常2月からのところ、最長6ヵ月後の8月から開始することが可能というもの。消費税増税前からバイクを楽しみながら支払いは後にできるのだ。

  この新プログラムの導入を記念し「RIDE NOWキャンペーン」を2014年3月31日(月)申し込み分まで実施。対象モデルはトライアンフ新車全てのモデル(年式問わず)で、適用金利は2.9%に。増税前の今がチャンスだ。詳細はトライアンフ正規販売店まで。

トライアンフ

2013年12月27日 

■アメリカを愛するクリエイターによるポストカードブックが完成!

増井貴光・フォトブック A way of ROUTE66-1

 “増井貴光”と言えば国内外のバイクに関わる広告、雑誌などで活躍中のフォトグラファー。躍動感溢れるシーンを的確にとらえるスタイルは特に評価が高く、ファンも多い彼はROUTE66、ドラッグレース、Baja1000、Bonneville Salt Flats最速レースといった“アメリカ”にも精通し、コラム執筆などでもお馴染みだ。

 そんな増井氏が、ルート66で撮影した16枚の写真をポストカードにして一冊の本に。フリーペーパー「オンザロードマガジン」の編集長でありイラストレーターのガオ・ニシカワ氏、塚田富芳氏のイラスト・ポストカードブックと共に全4冊が発売された。普通のポストカードよりひとまわり大きいサイズで各1,500円。

 クルマやモーターサイクル好きは必見! アメリカの香りを是非、感じ取ってほしい。

問:桜花出版  TEL:03-3938-5781


GAOニシカワ・イラストブック ON ROUTE66-1

GAOニシカワ・イラストブック ON ROUTE66-2

トミ・ツカダ・イラストブック California101-1

2013年12月26日 

■GROMのコラボモデル他、東京オートサロンに話題の二輪車を出展

 2014年1月10日(金)から12日(日)まで、千葉県の幕張メッセで開催される新春恒例・カスタムカーの祭典「東京オートサロン2014 with NAPAC」にてホンダはブース展開。今年フルモデルチェンジとなった「フィット」、オールニュー・モデルの「ヴェゼル」や「N-WGN」などのカスタマイズ車両が出展される。

 二輪車は東京モーターショー2013に出展された「ゴールドウイングF6C」、ミラノショーに出展された「CBR1000RR SP」をはじめ、アメリカンキャラクター“ミュータント タートルズ”とコラボレーションした「GROM・ミュータント タートルズ カスタマイズ コンセプト」を披露。用品を装着した「リトルカブ・55周年スペシャル」といったカスタマイズモデルも出展される。

●主な二輪出展車両
<参考出展車:コンセプトモデル>
・CB1100EX(カスタマイズコンセプト)
・GROM・ミュータント タートルズ カスタマイズコンセプト

<参考出展車:市販予定車両>
・ゴールドウイング F6C
・CBR1000RR SP
・CTX1300

<参考出展車:競技用車両>
・MotoGP:RC213V(レプソル・ホンダ・チーム #93 マルク・マルケス)

<用品装着車(市販車両)>
・リトルカブ・55周年スペシャル

<その他の参考出展車両・製品>
・ゴールドウイング F6B

東京オートサロン Hondaブースのホームページ

2013年12月26日 

■ショップオープン情報「モト・イタリアーナ東京ベイ」

 全国10店舗目、東京では3店舗目となるアプリリア、モト・グッツィの専売店として2014年2月22日(土)にオープン。母体は、これまで国内でのモト・グッツィ販売のパイオニアとして活動してきた福田モーター商会。東京都江東区への移転と共に、アプリリアもその販売ラインナップに加わることとなる。

東京都江東区佐賀1-4-9
TEL:03-3468-6841(開設準備室、2014年1月19日まで)
   03-3630-9751(オープン日からの新番号)
営業時間:9時15分~18時
定休日:月曜日、第1火曜日

2013年12月26日 

■グッドライダー・防犯登録有効期間が10年に、既登録者も申請によって延長可能

  は、バイクユーザーの安全と防犯意識を高め、バイクの盗難に対し抑止力効果をもたらす制度としてスタート。警察と日本二輪車普及安全協会による「二輪車盗難照会システム」により、万が一盗難に遭った場合、車両の早期発見を可能とする。

 そんな防犯システムが2014(平成26)年1月1日より、有効期間が7年から10年に延長。1月1日以降に新規登録する人は有効期間は10年となる。

 2006(平成18)年以降2013(平成25)年中までに登録した人は有効期間7年だが、有効期間延長の申し出をによって10年に延長することも可能だ。

問:日本二輪車普及安全協会 TEL:03-6902-8190

2013年12月25日 

■新年1月のMOTORISEはバイク“父娘”旅だ!

 放映回数は70回を超え、ライダーの間ではもうすっかりお馴染み、毎週火曜日23時からBS11(日本BS放送)より情報発信中の“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」。ゲストは1年ぶりの登場、オリンピック金メダリストライダーの荒川静香さんと父・晃市さん。父娘(初?)共演という、2014年最初の放送に相応しい特集だ。

 前回の出演ではペーパーライダーだった彼女が、番組ナビゲーター・中野真矢との念願だった中野真矢とのツーリングが実現。お父さんも加わり、3人は自然の中を快走しつつ、名所を巡り、豪華ディナーを満喫する。父娘ならではのプライベートトークも必見!

 放送スケジュールは「Vol.71 荒川静香 バイク父娘(おやこ)旅! 軽井沢・浅間」が2014年1月7日(1月21日再放送)、「Vol.72 荒川静香 バイク父娘(おやこ)旅! 清里・野辺山」が1月14日(1月28日再放送)となっている。

 さらに、Vol.72では番組の新アシスタント・延時成実が加わり、古澤 恵と共に「東京モーターショー2013」をリポート。期待のニューモデルを紹介する。お見逃しなく!

MOTORISE

2013年12月24日 

■あの“名車”の名前が軽クロスオーバーとして復活!


2014 ハスラーX

 “ハスラー”は、かつて50ccから400ccに及んだ2ストローク・バイクに冠された、スズキ・オフロード・マシン“TSシリーズ”の愛称。長きに渡って人々に親しまれ、そして魅了した由緒正しき名前が、軽自動車に与えられることになった。

 東京モーターショー2013にも出展された新生ハスラーは、ワゴンタイプの乗用車とSUVを融合させた軽乗用車。2014年1月8日より発売される。

 スズキのベストセラー軽・ワゴンRと共通のプラットフォームを採用し、広い室内空間を確保しながらも、ワンランク上のラフロード走破性を両立しているのが特徴。アプローチアングル(28°)とデパーチャーアングル(46°)をしっかり確保しているあたり、今や国産唯一とも言えるクロスカントリー・モデル「ジムニー」をラインナップするスズキのこだわりを感じさせる仕上がりだ。

 エンジンは自然吸気とターボ、駆動方式は2WDと4WDを用意。もちろん、渡辺謙によってすっかりお馴染みとなった「エネチャージ」などグリーンテクノロジーも搭載。グレードによっては5速のマニュアル・トランスミッションを設定しているのも嬉しい。価格は104万8950円~157万6050円。

ハスラーWEBカタログ

1972 ハスラーTS400 1973 ハスラーTS250 1973 ハスラーTS125 1979 ハスラーTS50
www.best-cooler.reviews

www.adulttorrent.org

http://agroxy.com