MBニュース&トピック

 

2014年3月25日 

■ヤマハのLMW(リーニング・マルチ・ホイール)第1弾「TRICITY」
まずはタイ市場で発売開始

 ヤマハ発動機は、長期ビジョン“広がるモビリティの世界”を具現化するヤマハ初の市販マルチホイールモデル、125ccオートマチックコミューター「TRICITY (トリシティ)」を、4月からタイ市場で年間1万台の計画で販売すると発表した。

「TRICITY」は、AT二輪車と同様の扱い易い運転操作を実現しつつ、新たなコミューター市場の創造をめざし、“ニュースタンダード シティコミューター”のコンセプトのもとに開発された※LMW(リーニング・マルチ・ホイール)製品の第1弾だ。タイのグループ会社、TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)で生産、販売を開始し、その後2014年中にもグローバルモデルとして欧州や日本市場への導入を予定しているという。

 主な特徴は、1)軽快でスポーティなハンドリングと安定感の両立による新しい楽しさ、2)様々な路面状況で快適な乗り心地、3)シティコミューターとしての高い利便性、4)パワフルで経済的な水冷125ccYMJET-FIエンジン、5)フロント二輪の特徴を活かした先進的かつ親しみやすい個性的デザインなど。

※LMW=Leaning Multi Wheel オートバイのように傾斜して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録申請中

■ヤマハ 

2014年3月25日 

■あなたのバイクライフで心がけているグッドマナー募集中! 「グッドマナー・JAPAN RIDERS」宣言活動がスタート

 日本自動車工業会(自工会)と日本二輪車普及安全協会(二普協)が行っている「グッドマナー・JAPAN RIDERS」宣言活動は、ライダーひとりひとりの“安全とマナー”の小さな思いやりの言葉を集め、バイクと社会のよりよい関係を築いていこうというもの。JAPAN RIDERSの輪が広がることで素敵なライダーが増え、バイクがもっと社会で大切な存在になることを目指して活動していくという。

 そんな活動に共感するライダーの生の声“ジャパンライダース宣言”を募集中。宣言の投稿は、またはTwitterアカウントから可能。宣言された皆さんの動画も公開中だ。

グッドマナー・JAPAN RIDERS専用サイト

2014年3月25日 

■「全国バイク駐車場案内」にスマホ専用サイトも開設された!

 昨年10月、全国二輪車安全普及協会、NMCA日本二輪車協会などが統合された新組織 「日本二輪車普及安全協会」(二普協・JMPSA)は、二輪車ユーザーがより安全で快適なバイクライフを過ごせる社会をめざし、二輪車を取りまく環境の向上のために活動中。

 「」もその活動の中のひとつ。全国2,000件を超える二輪駐車場(月極・時間貸)情報が紹介されている。

 これまでもモバイル版サイトはスマートフォンにも対応していたが、3月21日より専用サイトがスタート。急速に普及しているスマートフォンのユーザーの利便性や操作性の向上が図られている。


一般社団法人日本二輪車普及安全協会

全国バイク駐車場案内

2014年3月25日 

■ドゥカティ ジャパンが業界初のファイナンシャルサービスをスタート

 4月1日より開始されるファイナンシャルサービスは、新しいドゥカティライフスタイルを提案するもの。「デスモプラン」は据置価格にパーツやアクセサリーを含むことができる、業界初の据置設定型ローンだ。

 そのサービス開始に伴い、デビューキャンペーンが4月1日から6月30日までの期間限定で実施される。内容は、据置設定ローン「デスモプラン」、アパレル用品やパーツ、アクセサリー、メンテナンスなどを対象とした「ドゥカティスタプラン」に関して特別低金利が適用されるというもの。例えば、Monster696とベストマッチアクセサリーが「頭金0円・月々2,900円から」というのも可能となる。

 4月5日(土)・6日(日)には「Ducati Financial Services fair」も開催。ドゥカティジャパンネットワーク店(ストアおよびディーラーにて実施)において特別金利キャンペーン期間中に「デスモローン」を契約した人には「Ducati Financial Services オリジナル・スマートフォン・チャージャー」がプレゼントされる。

ドゥカティ ジャパン

2014年3月24日 

■スズキニューモデルを中心とした大試乗会、全国10会場で開催!「スズキファンRIDEフェスタ」

 「走る喜び」が体感できるイベントとして、2014年5月より北海道から九州まで日本全国10会場・全13回開催。

 国内モデルが投入された「隼(ハヤブサ)」をはじめ「GSR750 ABS」「V-Strom650 ABS」「GSR400 ABS」「グラディウス400 ABS」「GSR250S」「バーグマン200」など、話題のスズキニューモデル勢ぞろい! 参加料は無料だ。


 さらに一部会場では毎回好評、FIM世界耐久選手権2005・2006年世界チャンピオンである北川圭一氏による「ライディングレッスン」を 同時開催。ライディングテクニックの基本を世界チャンピオンが的確にアドバイスしてくれるというレッスンで、スズキ車ならワンコイン(500円。スズキ車以外は1,000円)で参加できるというのも嬉しい!


 その他、豪華スズキグッズが当たる「じゃんけん大会」も実施。スズキニューモデルの「走る喜び」とは如何に? 家族、友人を誘って参加してみてほしい。

※写真は2013年に開催されたスズキファンRIDEフェスタの模様

開催日程
【北海道エリア】
6月 8日(日):北海道グリーンランド駐車場(北海道岩見沢市志文町1015)

【東北エリア】
6月15日(日):仙台ハイランド(宮城県仙台市青葉区新川早坂12)

【関東エリア】
5月24日(土)・25日(日):お台場NO地区(東京都江東区青海2丁目)
※北川ライディングレッスン同時開催

【中部エリア】  
5月11日(日):デイトナ敷地内テストコース(静岡県周智郡森町一宮4805)
7月13日(日):タカスサーキット(福井県福井市西二ツ屋町2-1-35)
7月20日(日):長島総合自動車学校(三重県桑名市長島町西外面1306)
※北川ライディングレッスン同時開催

【近畿エリア】
5月10日(土)・11日(日):舞洲スポーツアイランド 空の広場(大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目)
※北川ライディングレッスン同時開催

【四国エリア】
6月21日(土)・22日(日):HST四国(香川県坂出市江尻町1-85)
※北川ライディングレッスン同時開催

【中国エリア】
6月 8日(日):女鹿平温泉クヴェーレ吉和(広島県廿日市市吉和4291)

【九州エリア】
6月15日(日):オートポリス・レイクサイドコース(大分県日田市上津江町上野田1112-8)

スズキファンRIDEフェスタ ホームページ

               
       
        
                     
 

 

2014年3月24日 

■ヤマハMT-09、2度目の快挙!

MT-09(2014 年欧州向けモデル)

 日本でも4月10日より発売が開始される“クロスプレーンコンセプト”に基づいて開発されたヤマハのスポーツモデル「」がドイツのデザイン賞「Red Dot(レッドドット)アワード:プロダクトデザイン2014」を受賞。2月に受賞した「」に続く2つ目のデザイン賞受賞となった。

 「Red Dot(レッドドット)アワード」は格式の高い世界的なデザイン賞で、プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの3 部門で毎年卓越したデザイン性をもつ製品を選定。2014 年度は世界53 ヵ国 約1,800 の企業やデザイナーから合計4,815 点の応募があり、「MT-09」は「プロダクトデザイン」部門で受賞している。

 尚、ヤマハは「プロダクトデザイン」部門で2012年に「TMAX」 、2013年に「WR450F」(欧州仕様2013 年モデル) も受賞を果たしている。

MT-09デザイン担当・GK ダイナミックス笹浪一正(ささなみ かずまさ)動態デザイン部室長 のコメント
「今回、MT-09が世界で最も権威あるデザイン賞の1つであるRed Dotアワードを受賞出来た事を、開発チーム一同大変嬉しく誇りに感じています。卓越した走行性能を極端にコンパクトな車体に凝縮させた新しいスタイリングが評価された結果だと感じています。今後も、ワクワクするような魅力的なデザインを創る事を目指します」

2014年3月24日 

■累計生産台数1,500万台達成! これからも世界のユーザーに喜びを

 日本に向けて昨年より「」、「」を、今年2月からは「」の輸出を開始した、ホンダのベトナムにおける二輪&四輪車の生産販売合弁会社であるホンダベトナムカンパニー・リミテッド(HVN)。3月21日には二輪車累計生産台数1,500万台を達成、記念式典が行われた。

 HVNは1997年12月に二輪車の生産を開始。2008年には二輪車累計生産台数500万台を、2011年には1,000万台を達成している。


Air Blade

 今回、1,500万台目の車両となったのは、125ccのeSPエンジンを搭載したスクーター「Air Blade」。このモデルは2007年4月にベトナムでの販売を開始して以来、累計して200万台以上を販売しており、ベトナムにおけるホンダ二輪車の販売台数(2013年販売実績は187万台)のうち約21%を占める人気製品だとか。

 ホンダは「現地で求められる取り組みを行うとともに、多くのお客様からご好評をいただいている高品質な製品、上質なサービスの提供を通じて、今後もベトナムと世界のお客様に喜びをお届けしていきます」という。

2014年3月21日 

■ホンダが新コンセプトモデル「NM4」を世界初公開

 Hondaは、「第30回 大阪モーターサイクルショー2014」の会場において開催したプレスコンファレンスにて、新コンセプトモデル「NM4(エヌエムフォー)」2タイプを、参考出品車(市販予定車)として世界初公開した。

 このNM4は、「近未来」と「COOL」を開発のテーマに設定し、これまでのモーターサイクルとは一線を画した新感覚で独自のスタイリングを追求したモデルという。

 デザインは、コンセプトに掲げた「フロントマッシブスタイリング」と、ライダーが潜り込むようにして車両との一体感を重視した「コックピットポジション」を具現化している。低く構えたコックピットポジションと、アジャスタブルタイプのバックレストによって、新感覚のライディングフィールを楽しむことができる。また、見やすさと楽しさを表現したインストルメントパネル越しに見える風景は、映画の世界に入り込んだかのようなNM4ならではの世界を提供してくれるという。

 力強さを表現したフロントフェアリングには、LEDヘッドライトを採用。また、テールランプとウインカーにもLEDを採用。なお、フロントフェアリングの左右には、小物などを収納できるユーティリティーボックスを設けている。

NM4-01。マットバリスティックブラックメタリック。 NM4-02。パールグレアホワイト。

 バリエーションは、ワイドで迫力のあるリアタイヤとローフォルムを強調し、絞り込んだスタイリングの「NM4-01」(黒のマシン、マットバリスティックブラックメタリック)と、独特の存在感とボリュームのあるリアデザインの「NM4-02」(白のマシン、パールグレアホワイト)の2タイプを設定。NM4-02の左右のリアボディーには、ユーティリティーボックスとしての機能を持たせている。

 このNM4は、3月28日(金)から30日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「第41回東京モーターサイクルショー」にも出展される。

■NM4の諸元概要
 全長2,380×全幅810×全高1,170mm、シート高650mm、エンジン型式:水冷4ストローク直列2気筒OHC、総排気量:745cm3、トランスミッション:デュアル・クラッチ・トランスミッション(標準装備)、タイヤ(前×後):120/70ZR18M/C(59W)×200/50ZR17M/C(75W)

●ホンダ お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)

2014年3月21日 

■ドゥカティジャパンがMonster 1200/Monster 1200 Sを7月から国内発売

 ドゥカティジャパンは、昨年11月のEICMAショーで発表され「世界で最も美しいバイク」に選ばれたMonster 1200/Monster 1200 Sの日本導入を正式に決定。日本仕様の諸元確定、そして価格と発売予定月が発表されている。 いよいよ史上最強のMonsterの国内導入だ。

 Monster 1200/Monster 1200 Sの日本仕様は、エンジンの最高出力が94.0kW(126HP)/7,250rpm、最大トルクは120.0Nm(12.2kg-m)/7,000rpmとなった。シート高は745~770mmで高さ調整可能なローシートを標準装備。注目の価格は、希望小売価格(8%税込)で、Monster 1200が1,560,000円、Monster 1200 Sが1,810,000円。発売時期は、2014年7月導入予定となっている。

 カラーMonster 1200がドゥカティ・レッドのボディカラーにレッドフレーム、ホイールはブラックの1色。Monster 1200 Sは、ドゥカティ・レッドのボディカラーにレッドフレーム、ホイールがブラックと、スターホワイトのボディカラーにブロンズフレーム、ホイールがブラックとの2色のバリエーションとなる。

Monster 1200。
パフォーマンスとフレキシビリティを両立させた新テスタストレッタ11°DSエンジンを搭載。3種類のライディング・モードによる多用途性、アジャスタブル・シートとパッセンジャー用グラブハンドルの快適性によって、あらゆる環境に対応し、どのような状況でも本能的で忠実な走りを実現するという。
Monster 1200 S。
テスタストレッタ11°DSエンジン搭載。レースからフィードバックされたブレンボ製ブレーキとオーリンズ製サスペンション、カーボン・フロント・マッドガード、軽量でアグレッシブなデザインが特徴のマシン加工ホイールなどを採用。

●ドゥカティジャパン 

2014年3月21日 

■ハーレーダビッドソンジャパンが SUPERLOW 1200Tを4月5日から販売開始

 このSUPERLOW(スーパーロー) 1200Tは、小柄な方はもとより女性の方でも安心のコンパクトなライディングポジションを実現したモデルで、足つき性の良いストレッチされた“リデュースドリーチ・ツーアップツーリングシート”や、フットコントロールには振動を軽減するミニフットボードを採用、フットポジションはスーパーロー883よりも7.6cm手前になり、足つき性の向上やジフィースタンドの出し入れがし易くなっているモデルだ。

 SUPERLOW 1200Tの開発に際して、車体はスーパーロー883用に開発されたものと同じハンドリングを実現する軽快なシャシーシステムを採用。搭載されるエンジンは、排気量1,201ccのエボリューションエンジン。また、新しいハンドアジャスタブルサスペンションにより、荷物とパッセンジャーを乗せての快適なロングツーリングも可能にしている。ツーリング時に便利な施錠可能なサドルバッグ、デタッチャブルウィンドシールドも標準装備。人気のスポーツスターファミリーに、ツーリングに必要な装備を備えたニューモデルの登場だ。

■XL1200T スーパーロー1200T主要諸元

全長×全高×全幅:2,210×850×1,300mm、ホイールベース:1,500mm、シート高:705mm、最低地上高:95mm、車両重量:274kg、エンジン:空冷Evolution、排気量:1,201cm3、ボア×ストローク:88.9×96.8mm、圧縮比:10.0、燃料供給型式:インジェクション、最大トルク:87Nm/3,750rpm、フュエルタンク容量:17L、タイヤ(前×後):120/70ZR18 M/C 59W×150/70ZR17 M/C 69W
価格:モノトーン1,563,000円/ツートーン1,598,000円

●ハーレーダビッドソンジャパン カスタマーサービスTEL0800-080-8080 

here best-cooler.reviews

http://agroxy.com