MBニュース&トピック

 

2014年1月22日 

■クシタニプロショップ「ビギナーサポートフェアー」他

 2月1日(土)から3月31日(月)まで実施。二輪免許取得中の人、取得後6ヶ月以内の人、これから取得予定の人を対象に、全商品が5%オフに(一部、セール商品等除外品あり)。

 「SSテキスタイルJ&P先行予約受注会」では、2月発売予定の新型テキスタイルジャケット(写真)・パンツを予約した人に特典を用意。特典は①ポイントが2倍②予約時にキーホルダーをプレゼント③不要のテキスタイルジャケットを3,000円にて下取り(予約1着に付、下取り1着。バイク用なら他社メーカーのものでも可。ほつれ・ やぶれ・汚れ不可)。こちらは2月1日(土)から28日(金)まで実施。

 3月1日(土)から31日(月)まではレザースーツの修理が20%OFFとなる「レザースーツメンテナンスフェアー」も実施される。

問:クシタニ  TEL:053-441-2516

2014年1月21日 

■BMW F800S、F800STのリコール(平成26年1月16日届出)

 対象車両は型式F800S(通称名:BMW F800S)の 車台番号WB10216027ZP17798 ~ WB102160X9ZP24405(製作期間:平成18年6月2日 ~ 平成19年2月19日)の786 台、型式F800ST(通称名:BMW F800ST)の車台番号WB10234J27ZR01470 ~ WB102340X8ZR09907(製作期間:平成18年8月2日 ~ 平成20年1月9日)の607 台、型式F800ST(通称名:BMW F800ST)の 車台番号WB10234058ZU39060 ~ WB10234029ZU42466(製作期間:平成20年1月16日 ~ 平成21年2月24日)の194 台、計2型式(計2車種)、計1,587 台。

 不具合の部位(部品名) は「動力伝達装置」。
 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「後車軸において、製造公差の組み合わせにより、後輪駆動用インプットシャフトとベアリングの接触部に隙間ができるため、錆が発生して接触部が摩耗するものがある。定期点検を実施せず、長期間使用した場合、摩耗が進行して走行安定性に支障をきたすおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、リアホイールの遊び等を点検し、規定範囲を超える場合はインプットシャフトおよびベアリングを良品と交換する」という。

  改善箇所説明図は

問:BMWカスタマー・インタラクションセンター TEL:0120-269-437

2014年1月21日 

■BMW S1000RRなど16車種のリコール(平成26年1月16日届出)

 対象車両は型式EBL-K16AA(通称名:BMW K1600GTL)の 車台番号WB1060205BZZ13036 ~ WB1060200CZZ18484(製作期間:平成23年1月18日 ~ 平成24年3月27日)の407台、型式EBL-K16AA(通称名:BMW K1600GTL)の車台番号WB1060209CZ393702 ~ WB1060207DZ397183(製作期間:平成23年3月28日 ~ 平成25年3月4日)の273台、型式EBL-K16AA(通称名:BMW K1600GTL)の 車台番号WB1060207DZ438590 ~ WB1060208EZ43957(製作期間:平成25年3月12日 ~ 平成25年7月18日)の84 台、型式EBL-K16AA(通称名:BMW K1600GT)の車台番号WB106010XCZY45142 ~ WB1060102EZY50483(製作期間:平成23年2月29日 ~ 平成25年7月18日)の218台、型式K1300S(通称名:BMW K1300S)の 車台番号WB10508049ZV65279 ~ WB1050804AZV72365(製作期間:平成20年10月15日 ~ 平成22年7月13日)の401台、型式EBL-K13AA(通称名:BMW K1300S)の車台番号WB1050809BZV72427 ~ WB1050807CZV76431(製作期間:平成22年8月16日 ~ 平成24年4月17日)の142台、型式EBL-K13AA(通称名:BMW K1300S)の 車台番号WB1050803CZ392555 ~ WB1050802DZ393696(製作期間:平成24年5月4日 ~ 平成25年2月6日)の31台、型式EBL-K13AA(通称名:BMW K1300S)の車台番号WB1050809DZ436513 ~ WB1050801DZ437008(製作期間:平成25年2月7日 ~ 平成25年3月22日)の7台、型式K1300R(通称名:BMW K1300R)の 車台番号WB1050180X9ZV77314 ~ WB1051800AZV82137(製作期間:平成20年10月17日 ~ 平成22年7月12日)の291台、型式EBL-K13AA(通称名:BMW K1300R)の車台番号WB1051802BZV82187 ~ WB1051800DZV87200(製作期間:平成22年8月16日 ~ 平成25年4月25日)の177台、型式K1300GT(通称名:BMW K1300GT)の 車台番号WB10538099ZW00173 ~ WB105380XAZW05578(製作期間:平成20年11月20日 ~ 平成22年4月22日)の222台、型式R1200RT(通称名:BMW R1200RT)の車台番号WB1043006AZW29178 ~ WB104300XAZW37820(製作期間:平成21年11月12日 ~ 平成22年7月13日)の246台、型式EBL-R12JA(通称名:BMW R1200RT)の 車台番号WB1043003BZW37868 ~ WB1043002DZW57631(製作期間:平成22年7月14日 ~ 平成25年6月21日)の648台、型式EBL-R12NA(通称名:BMW R1200GS)の車台番号WB10A0105DZ107796 ~ WB10A010XDZ127056(製作期間:平成24年11月9日 ~ 平成25年7月16日)の451台、型式S1000RR(通称名:BMW S1000RR)の 車台番号WB1050703AZV30707 ~ WB105070XBZV39907(製作期間:平成21年10月14日 ~ 平成22年9月14日)の535台、型式S1000RR(通称名:BMW S1000RR)の車台番号WB1050704BZ068708 ~ WB1050708BZ074754(製作期間:平成22年9月16日 ~ 平成23年6月1日)の302台、型式S1000RR(通称名:BMW S1000RR)の 車台番号WB1052401CZ028698 ~ WB1052405DZ039933(製作期間:平成23年9月9日 ~ 平成25年7月15日)の631台、型式HP4(通称名:BMW HP4)の車台番号WB10D0102DZF91159 ~ WB10D0106DZF92945(製作期間:平成24年8月30日 ~ 平成25年6月12日)の83台、型式HP4(通称名:BMW HP4)の 車台番号WB10D0101DZ464321 ~ WB10D0104DZ464538(製作期間:平成25年6月20日 ~ 平成25年7月16日)の9 台、型式C600S(通称名:BMW C600S)の車台番号WB1013103CZZ45972 ~ WB1013100DZZ52394(製作期間:平成24年2月24日 ~ 平成25年6月10日)の336台、型式C650GT(通称名:BMW C650GT)の 車台番号WB103308CZZ64742 ~ WB1013306DZZ72288(製作期間:平成24年2月24日 ~ 平成25年6月5日)の414台、型式F700GS(通称名:BMW F700GS)の車台番号WB10B0107DZZ75537 ~ WB10B0108EZZ83793(製作期間:平成25年5月22日 ~ 平成25年7月19日)の361台、型式F800GS(通称名:BMW F800GS)の 車台番号WB10B0206DZ000333 ~ WB10B0209DZ007969(製作期間:平成25年5月22日 ~ 平成25年5月27日)の187台、型式F800GS-A(通称名:BMW F800GS-A)の車台番号WB10B0507EZ300167 ~ WB10B0506EZ300614(製作期間:平成25年3月14日 ~ 平成25年4月15日)の66台、型式F800GT(通称名:BMW F800GT)の 車台番号WB10B0300DZ045086 ~ WB10B0303EZ049800(製作期間:平成24年9月25日 ~ 平成25年7月19日)の241台、型式F800R(通称名:BMW F800R)の車台番号WB1021703AZS42474 ~ WB102170XAZS49986(製作期間:平成21年6月2日 ~ 平成22年2月11日)の281台、型式F800R(通称名:BMW F800R)の 車台番号WB1021705AZZ36518 ~ WB1021704BZZ44028(製作期間:平成22年2月11日 ~ 平成23年2月18日)の236台、型式F800R(通称名:BMW F800R)の車台番号WB102170XBZ088878 ~ WB1021703CZ093504(製作期間:平成23年5月13日 ~ 平成24年2月10日)の72台、型式F800R(通称名:BMW F800R)の 車台番号WB1021707CZ387830 ~ WB1021700DZ392482(製作期間:平成24年2月24日 ~ 平成25年2月12日)の60台、型式F800R(通称名:BMW F800R)の車台番号WB1021707DZ432556 ~ WB1021709EZ434827(製作期間:平成25年2月15日 ~ 平成25年7月19日)の99台、計17 型式(計16 車種)、計7,511台。

 不具合の部位(部品名) は「電気装置(操作スイッチ)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「ハンドル左右の操作スイッチにおいて、スイッチ内部基板の熱膨張と収縮に対する設計が不適切なため、当該基板の配線が断線することがある。そのため、操作スイッチが作動せず、エンジンが始動できない、前照灯の切り替えができない、方向指示器が作動しない、又は警音器が鳴らないおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、左右操作スイッチを対策品と交換する」という。

 改善箇所説明図は

問:BMWカスタマー・インタラクションセンター TEL:0120-269-437

2014年1月20日 

■お馴染み辻本 聡、松井 勉らが語る“リアル”とは!? 冒険家、アスリート、旅人よ、集え!「冒険家サミット2014」

 1月25日(土)、IID 世田谷ものづくり学校 101 IID Gallery / 110b Presentation Room(東京都世田谷区池尻 2-4-5 )にて開催。時間は12時から19時30分。

 身体と精神の限界を超越したところで挑戦し続けるエクストリーマーらが登場。自分の気持ちに正直に生きている彼らの感じている想い、楽しさ、行動などが語られる他、開催時間中は各エクストリマーの冒険映像も上映される。新たな刺激を求める人必見のサミットだ。

 3つの講座(各90分)が用意され、Session3(16時~17時30分)では「モーターサイクル・アドベンチャー〜ルーツへの旅立ち」を開催。辻本 聡氏(ヨシムラスズキファクトリーレーシングティーム監督/日テレMotoGP解説)、江本 陸氏(レーサー/ライター/臨床心理カウンセラー)、松井 勉氏(モーターサイクル・ジャーナリスト) が出演し、バイクに関わる“リアル”が語られる。

 Session1(12時~13時30分)では「男たちの第2章〜悔いなき挑戦。あらたなる一歩」として遠藤憲昭氏(トラベラー/元DEVILOCK プロデューサー)、佐藤良一氏(ウルトラランナー)、関 健作氏(ブータン写真家)、宮地藤雄氏(トレイルランナー)が、Session2(14時~15時30分)では鈴木由路氏(ハンググライダー日本代表選手)、池田貴広氏(自転車パフォーマー/BMX世界チャンピオン・ギネス世界記録保持者)が出演。18時からは全パネリスト参加の「冒険家ライブトーク&懇親会」も行われる。

 参加料は通しチケット+懇親会6,000円、通しチケット5,000円、1コマ2,000円、懇親会1,500円となっている。チケット申し込みはにて。

冒険家サミット2014

2014年1月20日 

■2週間に及んだ世界一過酷な戦いがフィニッシュ

最終・第13ステージを制した♯3 ホアン・バレダ


最終・第13ステージ3位の♯7 エルダー・ロドリゲス

 アルゼンチンをスタート、ボリビアを経由し、チリでゴールという14日間・8000km以上に及ぶ「ダカールラリー」。南米を舞台に争われた“世界一過酷”なラリーレイドの最終日・第13ステージは、CRF450 RALLYを駆るホアン・バレダが今大会自身5度目、TEAM HRCにとって6度目のステージ優勝を獲得した。

 前日、総合2位だったバレダは逆転を狙うべく猛プッシュするも転倒。マシンにダメージを負い、大きく順位を落としてしまう。が、最終日にトップでゴールを飾るなど、その速さと最後まで攻め続けたファイティング・スピリットは、今大会で最も大きな印象を与えた選手であった。

 最終(総合)結果は、KTMのマルク・コマが正にダカール“巧者”的見事な戦いで優勝。ヤマハのオリビエ・ペインは3位を獲得している。序盤のミスコースが悔やまれるTEAM HRCのエルダー・ロドリゲスは激しいプッシュで5位まで順位の挽回を果たした。市販プロトタイプのCRF450RALLYを駆り、注目を浴びるラリーレイド界の“霊長類最強女子”ことライア・サンツは16位で戦いを終えている。

エルダー・ロドリゲス(総合5位) ホアン・バレダ(総合7位) と山崎勝実ダカールラリーTEAM HRC代表 ライア・サンツ(総合16位)

2014年1月20日 

■もてぎエンジェル第16期生が決定

写真左から岸田彩美さん、鈴木愛里彩さん、信藤真有子さん、寺町みつきさん

 ツインリンクもてぎのイメージガール「ツインリンクもてぎエンジェル」第16期生を決定する最終審査が行われ、応募総数153名の中から選出された11名が最終審査へ。審査員による投票の結果、明るく元気な4名の新エンジェルが誕生した。

 16期生の4名は3月29日(土)・30日(日)に開催される「スーパー耐久シリーズ2014」にデビュー。現在活躍中のツインリンクもてぎエンジェル 、黒木あさみさん、小林みきさん、下河原愛さん、山口あやの4名とともに、1年間ツインリンクもてぎで開催されるさまざまなレース・イベントの魅力を紹介していく。

●ツインリンクもてぎエンジェル第16期生プロフィール、コメント

寺町みつき(てらまちみつき) 誕生日:5月7日(おうし座) 出身地:岐阜県 サイズ:T165 B83 W58 H88
「今の嬉しい気持ちを忘れずに、明るさいっぱい、笑顔いっぱいのエンジェルになりたいと思います! 精いっぱいがんばります!」
信藤真有子(しんどうまゆこ) 誕生日:2月10日(みずがめ座) 出身地:東京都 サイズ:T165 B83 W58 H89
「エンジェルになることができて最高に幸せです。この幸せをみなさんにわけてあげられるエンジェルになりたいです!」
鈴木愛里彩(すずきありさ) 誕生日:5月18日(おうし座) 出身地:栃木県 サイズ:T168 B83 W58 H85
「ツインリンクもてぎエンジェルになれて本当に嬉しいです! 地元栃木代表としてツインリンクもてぎを盛りあげていきます!」
岸田彩美(きしだあやみ) 誕生日:3月11日(うお座) 出身地:埼玉県 サイズ:T161 B82 W59 H85
「まさか私がエンジェルになれると思ってなかったので本当にうれしいです! 初心を忘れずにがんばります!」

問:ツインリンクもてぎ TEL:0285-64-0001

2014年1月17日 

■スズキ「GSRシリーズ用品クーポンプレゼントキャンペーン」

 スズキのネイキッド・スポーツ「GSRシリーズ」の購入を検討している人にチャンス到来! 3月31日(月)までの期間、対象機種(///)の新車をキャンペーン実施店にて購入すると「用品クーポン」をプレゼント中だ。

 店頭にある「オートリメッサアクセサリーカタログ」に掲載される用品の購入に使用できるクーポンで、GSR750 ABS/GSR400 ABS購入者は31,500円分、GSR250/GSR250S購入者は15,750円分(いずれも5%消費税込)となる。

 クーポンはキャンペーンサイトからダウンロードできる他、キャンペーン実施店でも入手可能。尚、用品の納期が2014年4月1日以降となる場合、消費税は8%となる(増税分は購入者負担)。

 実施店の検索他、詳細は下記キャンペーンサイトにて。

GSRシリーズ用品クーポンプレゼントキャンペーン

2014年1月16日 

■ショップオープン情報「ホンダドリームさいたま中央」「ホンダドリーム新座」

 ユーザーの利便性向上と満足度向上を目指し、ホンダドリーム2店舗がオープンする。ニーズに幅広く応えられる“ホンダドリームネットワーク”の更なる構築とともに、質の高いサービスを提供していくという。ドリーム店ではスポーツバイクを中心としたホンダの二輪車をフルラインナップ。各種カスタマイズパーツ、ホンダ・ライディングギアも取り揃えられる。


●ホンダドリームさいたま中央

 3月14日(金)オープン(2月22日プレオープン)。試乗車はNC750X、CBR400R、FORZA Siを用意。二輪車10台、四輪車20台分の駐車場を完備。アクセスは国道17号線「埼大通り交差点」より930m、首都高速大宮線「浦和南出口」より約5km、JR埼京線「与野本町駅」より約1.4km。

埼玉県さいたま市中央区上峰2-9-17
TEL:048-851-0720
営業時間:10時~19時
定休日:水曜日、第3火曜日


●ホンダドリーム新座

 3月21日(金)オープン(3月20日プレオープン)。試乗車はゴールドウイング、CB1100、 CB400スーパーフォアを用意。二輪車7台、四輪車5台分の駐車場を完備。アクセスは関越自動車道「所沢IC」よりクルマで約10分、東京外環自動車道「和光IC」よりクルマで約11分、JR武蔵野線「新座駅」より徒歩約20分。

埼玉県新座市野火止1-10-30
TEL:048-483-7733
営業時間:10時30分~19時
定休日:水曜日、第3火曜日

2014年1月16日 

■ハーレーダビッドソン体験・試乗イベント、今年は2月に四国・徳島からスタート!

 ハーレーダビッドソン(H-D)の参加型プログラム「DEMO RIDE CARAVAN(デモライドキャラバン)」がアスティとくしま(徳島市山城町東浜傍示1-1)にて2月1日(土)・2日(日)の2日間開催される。入場無料。

 2014年で生誕111年となるH-D独特の世界を誰でも気軽に体感できる催しで、最新2014年モデルに一般公道で試乗(要大型二輪MT免許)できるのはもちろん、会場内の特設コースでは普通二輪MT免許のみ所持者も試乗が可能。多くの新車や中古車、各販売店自慢のカスタム車両も展示される。

 また、H-Dオリジナルのフェイクタトゥーやネイルアートを楽しめる「H-Dフェイクタトゥーコーナー」や「H-Dネイルアートコーナー」、H-D純正ウェアに身を包みライダーに扮装して記念写真が撮影できる「H-Dフォトコーナー」など、免許を持っていない人でも楽しめるプログラムも用意。16歳以上であれば、エンジン始動からギアチェンジまでH-D独特の鼓動感を体感できる疑似走行体験「ジャンプスタート」など、H-Dの世界を身近に体感できるようになっている。

 そんなデモライドキャラバン、今後の開催予定は2月8・9日:大阪(大阪南港ATC)、2月15日・16日:福岡(福岡市ヨットハーバー)、3月1・2日:名古屋(サンビーチ日光川)、3月15・16日:岡山(コンベックス岡山)、4月19・20日:仙台(夢メッセみやぎ)、5月17・18日:長野(エムウェーブ)、5月31・6月1日:札幌(つどーむ)の他、北関東、南関東、関西、九州地域4会場(日時・会場未定)。

問:ハーレーダビッドソン ジャパン カスタマーサービス  TEL:0800-080-8080

http://www.harley-davidson.co.jp/

2014年1月15日 

■今年で30周年のYSP、2014年のスローガンは「感謝と躍進」

 ヤマハスポーツバイクの専門店として1984年に誕生、今年で30周年を迎えるYSP(YAMAHA SPORTS PLAZA)の全国組織である「YSPメンバーズクラブ」(YSPメンバーズ店舗90店)。毎年恒例となっているスローガン、今年は「感謝と躍進」だ。

 これは「これまでの30年間のご愛顧への『感謝』と、ヤマハのオートバイのことなら知識・技術を持ち合わせているYSPに安心してお任せいただきたい、気軽に来店いただきたい、これまで以上にお客さまに選ばれるYSPへ『躍進』していくという想いを表現」しているという。

 そんな YSPメンバーズクラブは今年も様々なオリジナルメニューを用意! YSP3年保証やYSP延長保証、YSP無制限24時間ロードサービス、YSPスペシャル盗難補償といった安心サポートメニューのさらなる浸透に加え、30周年を記念してキャンペーンも実施。

 「YSPご来店・ご成約感謝キャンペーン」は期間中、YSPに来店または車両を成約した人にプレゼントが抽選で当たるというもの。応募コースは「ご来店」と「ご成約」の2コース。応募はYSP店頭にて。応募期間は4月1日(火)~6月30日(月)、7月1日(火)~9月30日(火)。

 「YSPゲットライセンスキャンペーン・プレミアムコース」は大型二輪へのステップアップを応援。大型免許取得前に全国のYSP各店にエントリーし、免許取得後にエントリーしたYSP店で対象モデルを新車購入すると、免許取得費用の一部として50,000円サポートしてくれるというもの。3月1日(土)から8月31日(日)までにエントリーし、9月30日(火)までに成約した人が対象だ。 キャンペーン対象外モデルを購入した人に普通&大型二輪免許取得費用の一部として20,000円をサポートする「YSPゲットライセンスキャンペーン」も引き続き実施中。

 「YSPチャレンジ3,000kmフォトツーリング2014」は、少しでも多く愛車とともに出かけ、思い出を作る機会になれば、という想いから2010年より開催。メーカー問わずエントリーしたバイクで3,000km(通常コース)あるいは7,000km(ステップアップコース)を走行した参加者にはもれなく達成記念グッズがプレゼントされる。YSPメンバーズクラブ全店でエントリー可能で、エントリー費用はヤマハ車1,000円、ヤマハ車以外2,000円。エントリー時にステッカー等の記念品をプレゼント。今年は3月1日(土)よりスタート!

 また、YSPオリジナルメニューである“YSP試乗車”の車種をさらに充実させ、ニューモデルを“見て・触れて・乗る”機会を提供する「YSP全国試乗車キャラバン」を春よりYSP各店にて順次開催される。

YSPメンバーズクラブ

www.militarycenter.com.ua

аккумуляторы интернет магазин