MBニュース&トピック

 

2013年5月28日 

■ヤマハBJ、ジョグ、ジョグポシェ、グランドアクシスの改善対策(平成25年5月9日届出)

 対象車両は型式BB-SA24J(通称名:BJ YL50)の車台番号SA24J-610387~SA24J-630109(製作期間:平成19年3月1日~平成19年8月31日)の19,722台、車台番号SA24J-103591(製作期間:平成15年9月26日)の1台(補用品装着)、車台番号SA24J-200483~SA24J-229795(製作期間:平成16年3月3日~平成16年12月25日)の359台(補用品装着)、車台番号SA24J-300236~SA24J-326288(製作期間:平成17年3月29日~平成17年9月30日)の348台(補用品装着)、車台番号SA24J-405375~SA24J-410727(製作期間:平成18年1月5日~平成18年2月22日)の3台(補用品装着)、車台番号SA24J-503876(製作期間:平成18年8月21日)の1台(補用品装着)、型式BB-SA16J(通称名:ジョグCV50)の車台番号SA16J-654581~SA16J-662981(製作期間:平成19年3月1日~平成19年8月31日)の8,400台、車台番号SA16J-861361~SA16J-862550(製作期間:平成19年3月15日~平成19年6月26日)の1,190台、車台番号SA16J-510409~SA16J-515186(製作期間:平成15年3月24日~平成15年6月10日)の2台(補用品装着)、車台番号SA16J-703282(製作期間:平成16年1月16日)の1台(補用品装着)、車台番号SA16J-550209~SA16J-586130(製作期間:平成16年5月10日~平成17年8月31日)の536台(補用品装着)、車台番号SA16J-450109~SA16J-457874(製作期間:平成16年5月25日~平成17年8月29日)の162台(補用品装着)、車台番号SA16J-709858~SA16J-720803(製作期間:平成18年1月6日~平成18年7月13日)の2台(補用品装着)、車台番号SA16J-654156(製作期間:平成19年2月10日)の1台(補用品装着)、型式BB-SA16J(通称名:ジョグCV50ZR)の車台番号SA16J-763111~SA16J-772840(製作期間:平成19年3月1日~平成19年8月31日)の9,730台、車台番号SA16J-900192~SA16J-912704(製作期間:平成16年5月12日~平成17年8月31日)の61台(補用品装着)、型式BB-SA16J(通称名:ジョグCV50ZⅡ)の車台番号SA16J-930521~SA16J-931570(製作期間:平成19年3月17日~平成19年8月31日)の1,050台、車台番号SA16J-350153~SA16J-352691(製作期間:平成16年6月3日~平成17年8月30日)の35台(補用品装着)、型式BB-SA08J(通称名:ジョグポシェYV50H)の車台番号SA08J-093943~SA08J-101722(製作期間:平成19年2月2日~平成19年8月28日)の7,780台、型式BD-SB06J(通称名:グランドアクシスYA100W)の車台番号SB06J-503269~SB06J-508359(製作期間:平成19年3月7日~平成19年11月6日)の5,090台、計4型式(計6車種)、計54,474台。

 不具合の部位(部品名)は「燃料装置(キャブレター)」。

 不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「キャブレターの製造工程において、スロットルケーブルを取り付けるプーリーの材料に規格を超える鉛が誤って混入したものがある。そのため、使用過程において、当該プーリーが腐食して強度が低下し、そのまま使用を続けると、プーリーが破損して、アイドリング不安定やエンストを起こすことがあり、最悪の場合、スロットルを戻してもエンジン回転が下がらなくなるおそれがある」というもの。

 改善対策の内容は「全車両、キャブレターを良品と交換する」という。補修用部品として出荷し、車両が特定できないものについては、同日、自主改善を行う。

問:ヤマハ発動機販売  市場改修お客様相談窓口  TEL 0120-133-120

2013年5月28日 

■“技術は人のために”の精神で歩行訓練者のリハビリをアシスト

 “より多くの人に移動する喜びを提案”するため、1999年から「歩行アシスト」の研究を始めたホンダ。ASIMOと同様に進化を重ね、現在はより楽な歩行が可能に。また、独自開発の薄型モーターと制御システム、シンプルなベルト着用式の採用などによって、小型・軽量化(2.6kg以下)を達成。装着時の負担を軽減し、様々な体格の人が使えるようになっているという。

 そこでホンダは実用性の検証を目的に、歩行リハビリテーションに取り組む病院を対象に、歩行アシスト100台(Mサイズ1台、Lサイズ1台の50セット)をモニター使用として有償で貸し出すこととなった。広くモニターを募り、100台を貸し出すことで実務の現場から様々な意見を集約し、さらなる製品の使いやすさや機能の強化を図っていく。


「歩行アシスト」 重量:2.6kg以下(バッテリー含む)  一充電稼働時間 :60分以上  バッテリー:リチウムイオン電池、22.2V-1Ah  使用場所:屋内または屋外(雨天を除く)の平地

 また、“技術は人のために”という創業の精神に基づき、人に役立つ製品の実用化に向けて積極的に取り組んでいくという。

2013年5月28日 

■126cc以上のオンロードモデルなら誰でも参加OK!「Kawasaki NET彩サーキット走行会」

 埼玉県内でカワサキのバイクに情熱を注ぐショップの集合体「カワサキNET彩」が7月10日(水)、筑波サーキット コース2000にて開催。

 プロライダーによるアドバイスもあるサーキット走行会で、走行枠は20分×3セット。初心者には嬉しい、レーシングスーツの無料貸し出しもあり。参加車両は126cc以上のオンロードモデルで、当日は走行前に車検や装具類のチェックが行われる。

 参加費(昼食、保険代込み)は一般17,000円、ネット彩ユーザー15,000円。申込はKawasaki NET彩 加盟店にて。

Kawasaki NET彩

2013年5月27日 

■国内外スズキ・バイクの新しい魅力を発見できる試乗会「スズキ ファンRIDEフェスタ」

※写真をクリックすると違う写真が見られます(以下同)

 スズキ・バイクのファンな乗り味を多くの人に味わってもらうべく展開中の「ファンRIDEフェスタ」は、楽しいイベントやプレゼントも用意された大試乗会。バイクに乗るには最高のシーズンとも言える初夏、全国で実施中だ。5月25日(土)・26日(日)にはモーターサイクルショーの会場などとしてお馴染み、東京ビッグサイトと目と鼻の先であり、観光地として多くの人々が訪れるお台場のJ街区にて開催された。


関東エリアの会場となった「お台場J街区」。最寄りはゆりかもめ・青海駅や水上バス・パレットタウン乗船場で、ヴィーナスフォートもすぐそば。

試乗車は国内主力スポーツモデル、そして海外モデルもラインナップ。 試乗受付は午前と午後の2回。希望多数の人気車は早期受付終了なんてことも……。
















 会場では、超ホットな走りとスタイルで話題のストリート・ファイター“750 ABS”を筆頭とする人気ネイキッド「GSRシリーズ」(400 ABS、250)をはじめ、「V-Strom 650 ABS」「グラディウス400 ABS」「バンディット1250F ABS」といったスズキ主力スポーツモデルを試乗車としてラインナップ。試乗車に該当する免許をもち、誓約書に記入すればクローズド・コースの中で存分に味わうことが可能だ。


ファンRIDEを提供するスズキ・バイク達。メガ・スポーツからストリート・ファイター、アドベンチャー・ツアラー、そしてビッグ・スクーターまで、一度にすべて味わうことができてしまう!

スズキ ファンRIDEフェスタ来場者は約7割が大型二輪免許所持者だとか。中々体感できる機会の少ないハヤブサが人気だが、最新のGSR750もやはり注目高し!


















 他にも試乗車は、中々体感できる機会の少ないメガ&スーパースポーツ「GSX1300R隼」「GSX-R1000」「GSX-R750」といった海外モデルを用意、人気を博していた。また、今年モデルチェンジされた国産最大スクーター「スカイウェイブ650 ABS」も注目を集める。尚、試乗はタンデムも可能だ。


世界チャンピオン・北川圭一さんのライディングレッスンも同時開催。初心者にも優しいスクールで、 ライディングの基礎を身体で覚える絶好のチャンス!

約1時間のレッスンで、参加者のテクニックも上達。スズキ車ユーザーなら僅か500円のワンコインで参加できてしまうのだ。
















 今回のお台場会場では人気イベント「スズキ北川圭一ライディングレッスン」も同時開催。世界耐久選手権チャンピオン(2005・2006年)であり、スズキレーシング・アドバイザーでもある北川圭一氏を講師に迎え、1回定員20名まで、プロのアドバイスによって約1時間みっちり走りこめるスクールだ。北川氏の優しく的確なレクチャーで、初心者でも参加しやすい雰囲気も特徴。また、スズキ車なら僅か500円(スズキ車以外でも1,000円)というお手軽な参加費もうれしい。レッスンは1日2回行われるが、その両方参加する人もおり、開場と同時に受付に並ぶ熱心なライダーもいた。


スズキ・グッズが当たるじゃんけん大会。今回、じゃんけんボーイを務めた「ビッグダディ・もどき」が 放つ“寒い空気”が可笑しかった。

アンケートに回答するとプレゼントも! 写真は「スズキ“二大ブランド”ステッカー」と、スマホに使える「ボールペン付タッチペン」。
















 イベントと言えばお約束、レアなスズキグッズも当たる「じゃんけん大会」も実施(1日2回)。イベント参加プレゼントも用意されているので友達を誘って、また家族一緒に参加してみてはいかが? 最新スズキ車に触れて、是非ともその魅力を発見してほしい!


●今後の開催日程
6月8日(土)・9日(日)    
四国エリア 「愛媛県二輪車交通公園」(愛媛県伊予郡松前町徳丸932-3)
北川ライディングレッスン同時開催

6月23日(日)         
広島エリア 「広島モータースクール」(広島県広島市西区山田町30)

6月23日(日)
東北エリア「仙台ハイランド」(宮城県仙台市青葉区新川早坂12)
北川ライディングレッスン同時開催


問: スズキ お客様相談室 TEL 0120-402-253
(スズキ ファンRIDEフェスタ)

2013年5月27日 

■ヤマハがインド向けスクーター第2弾「CYGNUS RAY Z」を発売

 ヤマハ発動機は、インド向けスクーターの第2弾となる新製品「CYGNUS RAY Z(シグナスレイズィー)」を、2013年5月より同市場にて発売すると発表した。製造・販売はグループ会社のIYM(IndiaYamaha MotorPvt.Ltd.)で行う。

 このCYGNUS RAY Zは、「Aggressive Sporty Design!」をコンセプトに10代後半~20代前半の若い男性向けの製品として開発したモデルで、2012年9月に導入した「CYGNUS RAY」をベースに、1)モーターサイクルをイメージさせるスモークのバイザー、2)アルミ製のリアウイング風タンデムグラブバー、3)カーボン柄メーターパネル、4)カーボン柄表皮シート、5)躍動感あるカラー&グラフィック、などを採用したスポーティなモデル。エンジンは、滑らかな発進と力強い加速を兼ね備えた「CYGNUS RAY」と同じ115cc空冷エンジンを採用している。

 ちなみに、インドの二輪車市場は2012年に約1,400万台中国を抜いて世界第1位になったという(ヤマハ調べ)。なかでもスクーターカテゴリーが近年急速に拡大しており、“女性の社会進出に伴うスクーターユーザーの増加”が要因のひとつにあることから、ヤマハでは、若い女性をターゲットに「CYGNUS RAY」を開発。昨年の発売以降、コンパクトで扱い易い特徴などにより女性だけでなく男性からも好評を博し、2013年4月末までに約7万台を販売したという。

 今回、男性をターゲットに開発した「CYGNUS RAY Z」の導入により、ヤマハのスクーターラインナップがさらに拡充され、今後も伸張が見込まれるインド市場での販売強化に努めていく計画だ。

 また、ヤマハでは、続く6月よりスポーツモデルSZシリーズの新製品「SZ-RR(エスズィー・ダブルアール)」と「SZ-S(エスズィー・エス)」の2バリエーションモデルを同市場で発売する。「SZ-RR」は、スモークスクリーン、アルミ製グラブバー、“SZ”の立体エンブレムなどを採用したスポーティで高級感漂う外観が特徴。「SZ-S」はシンプルなタンクまわりのデザインなど、ファミリー層にも受け入れられやすい落ち着いた装いとしている。

「CYGNUS RAY Z」は現地価格で48,555インドルピー(5月27日現在のレートで約8万8千円)、「SZ-RR」が62,500インドルピー(同約11万3千円)、「SZ-S」は59,500インドルピー(同約10万8千円)でデリー店頭で販売される。販売計画はそれぞれ「CYGNUS RAY Z」5万台、「SZ-RR」「SZ-S」5万台(シリーズ合算。発売から1年間、インド国内)。

2013年5月27日 

■ホンダMotoGP市販レーサー、遂に発進!

 ホンダはロードレースの最高峰「MotoGP」クラスに多くのチームが廉価に参加できるよう、市販レーサーを開発。そのプロトタイプが5月23~24日、MotoGP日本ラウンドの舞台となっているツインリンクもてぎで走行テストを行った。

 昨年より、ホンダ・レーシング(HRC)中本修平氏の口から市販レーサー開発中とのコメントはあったが、その姿が明らかになったのは初めて。今後も2013年中の発表、2014年シーズンの発売に向けてサーキットテストを行っていくようだ。

(株)ホンダ・レーシング 中本修平 取締役副社長のコメント
「このモデルの開発スケジュールは、課題も多く、計画に比べて若干、遅れている状況ですが、もてぎでの走行テストでは、期待以上の成果が出ています。マシンは良好な仕上がりをみせており、とてもよく走ります。マシン名やスペック詳細に関しては今の段階で申し上げることはできませんが、近い将来、詳細に関してお話しすることができると思います。今後は2014年シーズンのMotoGPレギュレーションに合致すべく開発を継続し、年内の発表につなげる予定です」

2013年5月27日 

■チーム マリ「女性ライダー向け ライディングスクール」

 参加者のレベルに合わせた丁寧な指導がモットーの女性ライダーを対象とした「TEAM MARI モーターサイクル・レッスン」(TMM)、サーキットという安全で非常に優れた路面の環境を活用し、段階を踏んだカリキュラム構成で初心者も安心して参加できる女性オンリーの中高速レッスン「ビューティ・サーキットレッスンwith TEAM MARI」(BCL)を開催。

 2013年度は上記レギュラーレッスンに加え、新東名高速道路・ネオパーサ清水パーキングエリアでの「KUSHITANI PRESENTS チームマリ ビューティ・ライディングレッスン」も新企画として開催されることとなった。

 スクールの詳細、問い合わせ、申込みは下記事務局(土・日・祝日を除く11時~18時)にて。

問:チーム マリ事務局 TEL 03-6427-3778
Email:[email protected]

2013年5月24日 

■プロト「アリートタンクプロテクタープレゼントキャンペーン」

Ninja250用「ノジマDLCチタン フルエキゾースト」。113,400円。

 Ninja250(2013~ JBK-EX250L)用として新登場となった「ノジマDLCチタン フルエキゾースト」は、車格や出力特性とのバランスを最適化するため、DLC チタンの拘りはそのままに、専用サイズの新設計サイレンサーを採用。Ninja250 にクラスを超えた質感と迫力を与えるとともに全域でのパワーアップを実現。もちろん、加速騒音規制をクリアしつつ、心地の良い音質も実現した安心のJMCA 認定品となる。集合部以降にチタンパイプ、フロントパイプ部はステンレスを使用。113,400円。

先着20名限定プレゼント商品「アリートパズルタンクプロテクターNinja グリーン」(品番12970-NV 2,415円)








 そんな Ninja250用DLCチタン フルエキゾーストの発売を記念し、同製品購入者に「アリートタンクプロテクター」を同梱してプレゼント! タンクの保護はもちろん、ワンポイントのアクセントにも最適のアイテムは先着20名限定となっている。






問:プロト TEL 0566-36-0456

2013年5月24日 

■求人情報「デグナー」「LAUNCH MOTORCYCLE」「Ride Out」

デグナー

●職種:
①ヘッドショップスタッフ
「革ジャンが好き!革製品が好き!アメカジ好き!」という方大歓迎。デグナーの全商品が揃う京都本社のヘッドショップで、センスとスタイルを活かせる販売のお仕事です
② 経理スタッフ
●形態:正社員
●条件:要普通免許
●休日:週休2日(ヘッドショップは火曜日が定休日)
●賞与/昇給:年一回
●給与: 能力により応相談 各種手当てあり
●勤務地: デグナー京都本社
●応募方法:電話連絡の上、詳細問い合わせ  担当:嘉山琴子

株式会社デグナー
京都府京都市山科区上花山花ノ岡町39-6
TEL 075-501-7137
email:[email protected]


LAUNCH MOTORCYCLE(ランチモーターサイクル)

「埼玉県狭山市のカワサキ正規取扱店、ランチモーターサイクルよりスタッフ募集のお知らせ。カワサキをメインに新車から中古車まで販売、修理・車検・カスタムまで手がける、お客様と接するのが楽しいアットホームなバイクショップです! 明るくやる気のある方お待ちしております!」

●職種:販売サービス、メカニック 若干名
●条件:20~35歳位まで 男女不問 PC、整備士など有資格者優遇
●勤務時間:9時~20時
●休日:毎週火曜日他月1日 年末年始、夏季休業あり
●応募方法:電話にて詳細問い合わせ 担当:須部

ランチモーターサイクル
埼玉県狭山市新狭山2-11-29
TEL 04-2935-4077


Ride Out(ライドアウト)

「当店は東京都杉並区善福寺にありますカワサキ専門店です。バイクが欲しい方、購入頂いた方のより良いバイクライフのお手伝いを一緒にしてくれる方を募集しています。JR西荻窪駅より20分、青梅街道沿いで環八にも近く通勤も便利。『明るく元気でカワサキのバイクが好き!』という方のご応募お待ちしております」

●条件:18歳以上30歳位まで 要普通免許、普通二輪免許以上 経験者優遇(未経験者可)
●応募方法:電話連絡の上、履歴書持参。委細は面談にて 担当:長谷川

ライドアウト
東京都杉並区善福寺1-16-23
TEL 03-5939-8915

2013年5月23日 

■今年で20回目、ツーリングイベント「2013 MOTOPARADISE関東」苗場で2日間開催

 国内4メーカー・ジョイントによる“モトパラ”、20周年を迎える今年は4年ぶりに苗場スキー場(新潟県南魚沼郡湯沢町)を舞台に7月6日(土)・7日(日)に開催。

 6日のウェルカムイベントではゲストを招いてライブステージ(Heart to Heart)、チャリティオークション、大抽選会など、様々な企画を用意。柏秀樹氏を講師に招き「ライディングレッスン」も実施される。

 また、地元名物メニューが味わえる「モトパラカフェ」、日本最長の苗場ボードウォークにメッセージを書き込む「『森を守る活動』ボード記入&エコキャンドル製作体験コーナー」他、「メーカーブース&協賛社ブース」「キャンギャルフォトセッション」などもあり。

 会場まではツーリングルートも豊富。三国峠や長野経由など様々なコース設定が可能だ。

 参加費は大人2,000円(中学生以上。小学生以下無料)。宿泊はキャンプ、ホテルが用意されている。参加申込などの詳細は下記事務局まで。

問:関東二輪車協会 MOTOPARADISE関東事務局 TEL 03-6902-8191

eurobud.com.ua/bitumnaya-cherepitsa-iko-diamantshield/

www.militarycenter.com.ua/cev-e.html

подробнее 220km.com