MBニュース&トピック

 

2013年8月6日 

■故・戸井十月さんの作品、再放送

 作家にしてライダーの戸井十月さんが、7月28日(日)亡くなった。
 30歳を越えてバイクに乗り始めた戸井さんにとって、バイクは趣味ではあったが、それ以上に旅の道具だった。
「地べたを這うように旅したいんだ。そうすることによって見える風景があって、現実が分かり、そこに根を張り生きる人達との出会いがある。バイクだと、それが出来る」
 戸井さんは、よく言っていた。

 1980年代後半だった。ある新聞が戸井十月を評してこう書いていた。
“戸井十月は、行動する作家だ”
 戸井さんは、愉快そうに笑った。
「当たり前だよな。行動しないと、何も見えない、分からない」
 だから、当たり前のように旅し、当たり前のように表現した。そこには、いつもバイクがあった。

 3年前の春、肺癌が見つかった。戦いが始まった。
「癌になると生きる目標を持て、って言うだろ? だけど、その目標ってヤツは、漠然とした、たとえば長生きしたいとかじゃダメなんだ。もっと現実的な、手の届く目標じゃないとな」
 戸井さんの目標は、バハ1000に出る事だった。そして、かつてコテンパンに痛めつけられた、あのバハの荒野に立ち、もう一度走る事だった。

 その年の夏には“完全寛解”となった。
 そして11月、戸井十月と彼の仲間達“エル・コヨーテ”はバハにいた(その奮戦記は→ ) 。
 たしかに、戸井さんはバハの荒野を、駆け抜けた。
 そして、今もバハを、世界を走っているに違いない。

 戸井十月さんがNHKで製作したいくつかのドキュメンタリー番組が、再放送される事になった。
 バハ1000あり、5大陸走破あり、そして来年ワールドカップが開かれるブラジルを取材したドキュメントあり。
 是非、見て欲しい。
 戸井十月というバイク好きが、ここにいるのだ。


■放送予定

NHK BSプレミアム
旅のチカラ『再び原野へ ~戸井十月 メキシコの砂漠を走る~』
<再放送> 8月9日(金)15:00~15:59

NHK BSプレミアム
プレミアム8『戸井十月 ユーラシア横断3万キロの旅』
第1回 「豊穣の海」~地中海 バルカン半島~
<再放送> 8月11日(日)12:00~13:29  ※以降第4回まで、日曜日に順次放送予定

NHK BS-1
『リオの挑戦~スポーツが人と街を変える~』
<再放送> 8月18日(日)15:00~15:50

2013年8月6日 

■好評のライディングレッスンもあり! 最新モデル試乗三昧「スズキ 秋の大試乗会in香川」

※写真は5月25・26日に実施された「スズキファンライドフェスタ」(お台場)の模様

 9月7日(土)・8日(日)、HST四国(香川県坂出市江尻町1-85)にて開催。両日共に9時30分より受付開始。

 ニューモデルを一堂に集め、「走る喜び」「使う楽しみ」を体感できる試乗会で、国内フルパワー導入された「GSR750 ABS」をはじめ「V-Strom650 ABS」「バンディット1250F ABS」「グラディウス400 ABS」「GSR250」といった話題のモデルを用意。超快適なタンデム・ライディングも魅力の新型「スカイウェイブ650LX」も体感可能だ。

 また、FIM世界耐久選手権2005・2006年世界チャンピオンである北川圭一氏も来場。「ライディングレッスン」を開催する。乗車姿勢や身体の使い方といった基本的なテクニックを、世界チャンピオンが的確にアドバイスしてくれるという、貴重な体験ができるレッスンとなっている。

 参加費は無料(北川圭一ライディングレッスン参加の場合、スズキ車で参加の場合は500円、スズキ車以外での参加は1,000円が必要)。 天候等の諸条件により、試乗会が中止となる場合あり。

問: スズキ お客様相談室 TEL 0120-402-253


2013年8月5日 

■使い方は様々、バイクと共に暮らせるガレージ付き集合住宅完成

Aタイプのガレージ部。ガレージとしての使い勝手を重視した設計となる。


明るくシンプルな色使い。コンクリートの通路にはアクセントとして枕木が埋められている。ガレージ・ユースとして特化したAタイプには、敢えて中が見えるようガラスドアを採用。二重ロックで防犯対策も施される。

 東京・西大井の閑静な住宅街に誕生した「クロススクエア西大井」(総戸数11戸)は、オフィスビルや住宅、商業施設といった不動産に関するプロジェクトと開発、運営を行う「マップ投資開発」によるライダーへのひとつの提案。自室内に愛車を保管できるガレージ付き集合住宅である。

 そもそもは2006年の改正道路交通法により、やむなく愛車を手放さざるを得なくなった二輪車ユーザーが多く存在することが今回のガレージ付き集合住宅プロジェクトの発端だとか。“クロススクエア”の名称の通り、目指したのは「バイク乗りのコミュニティ」。同じ目的をもつ“人の交流”に特化した物件を手がけているのがマップ投資開発の特徴だ。

 用途に応じ、全6タイプ(内2タイプは契約済)が用意される「クロススクエア西大井」は、全室1階がガレージ・スペースに(2階はダイニングキッチン、3階はベッドルーム)。1000ccクラスのバイクでも楽に出し入れ出来るよう、観音開きの大きなドアがポイントとなっている。

 中でも最も多い全5室が設定されるAタイプ(月額賃料145,000円)は広いガレージ・スペース、防水仕様の水まわり、アレンジ可能なコンクリート壁など、バイク趣味としての使い勝手を重視した部屋に。ガレージ・スペースは若干狭くなるが、居住空間の快適性を重視したBタイプ(同145,000円)も設定される。その他、ロフト付きメゾネットのFタイプ(同130,000円)もあり。全室システムキッチンと2台のエアコン装備、ユニットバスとトイレ別となる。

 JR横須賀線・西大井駅から徒歩6分(都営浅草線・中延駅徒歩9分、東急大井町線・中延駅徒歩11分)という、都心への良好なアクセスもポイント。自転車を趣味にもつ人にとっても魅力的な物件と言えるだろう。

問:マップ投資開発 TEL 03-5510-9777
E-mail:[email protected]


Aタイプのガレージは大型バイクも複数台入る広さ、水まわり、コンクリート壁のアレンジが魅力。間口も広いので出し入れも楽。

Bタイプのガレージ部も必要にして充分なスペース。向かって右側(部屋によっては左側)にユニットバス、独立した洗面台が備わる。

敷地内奥は共用スペースも広くなっているので方向転換も楽。語らいのスペースとしても利用可能!?

ピッキングに強いとされるディンプルキーを採用。部屋側のひとつをシリンダー・ロックとすることでさらにセキュリティ強化。インターホンはモニター付き。

Bタイプの3階ベッドルーム。

Eタイプの2階ダイニングキッチン(写真をクリックすると3階ベッドルーム)。

Fタイプのロフト部。

キッチンはIH(電磁調理器)、トイレは暖房便座&シャワー付き。

2013年8月5日 

■求人情報「ドライバースタンド」

「バイク用品チェーンのトップリーダーとして二輪業界をリードしているドライバースタンドでは『バイクが好き』という情熱をもった方を募集しています!」

●職種: ①店舗販売スタッフ ②ピットメカニックスタッフ
●勤務地:ドライバースタンド直営店(勤務地応相談)
●勤務時間:10時15分~19時25分(勤務シフトによる)
●休日: 月8日(交代制)  ※年間休日98日 有給休暇
●福利厚生:各種社会保険完備、社員割引販売制度あり 詳細は電話(人事総務課)にて
●応募方法:電話連絡後、書類選考・面接選考

ドライバースタンド
東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16馬喰町第一ビルディング
TEL 03-6892-3811

2013年8月5日 

■インディアンが2014年ニューモデル「Indian Chief」シリーズを世界同時発表

 新世代のインディアン、インディアン・チーフが発表された。そのステージとなったのは日本でもおなじみ、第73回を迎えたスタージス・モーターサイクル・ラリー会場の中心部にある、モーターサイクル博物館だった。

 現地時間の8月3日20時から行われたこの“アンベイル(除幕公開)イベント”に合わせて、日本でもインディアン東京と名古屋の両店舗で、報道陣やユーザーを集めて盛大なイベントが同時開催された。


 

 すでに先行して発表されていた“Thunder Stroke 111”1,811ccエンジン(119.2ft-lbs、161.6N・m/3,000rpm)を搭載するモデルは3タイプ。ベーシックなインディアンといえる「Indian Chief Classic」、大型の風防や牛革製のサイドバッグを標準で備えるオールドツアラースタイルの「Indian Chief Vintage」、そして電動ウインドスクリーンなど、近代的な装備を纏った「Chieftain」をリリース。新時代のインディアンラインナップの誕生だ。

 3タイプともに伝統とも言えるフロントのディープフェンダーやカバードリアフェンダーなどを採用、豪華な本革サドルシートなどインディアンの数々の伝統はきっちり受け継いでいる。ただクラシカルなのは外観のみで、装備面では最新のテクノロジーが採り入れられた。キーレスイグニッション、ABS、クルーズコントロール、電子制御スロットルなどの最新装備を標準で採用しているのだ。

 そして世界同時公開で明らかになった驚きがもう一つ。それは日本国内での価格で、従来のインディアンからは想像が付かないプライスとなった。ベーシックなIndian Chief Classicは、何と239万円(カラーにより+6万円)。Indian Chief Vintegeが269万円(同)、そして装備充実のIndian Chieftainでも299万円(同)なのだ。

 ちなみにインディアン東京、名古屋の両店では、イベント終了後からインディアン・チーフ2014年最新モデルの展示を開始している。また、9月末日までに予約をした方にはすてきなグッズをプレゼントしてくれる先行予約キャンペーンを実施中だ。

■インディアン公式サイト 

●Indian Chief Classic

 新しいIndian Chief Classicは伝統的な設計要素と、現代の最新のデザイン、エンジニアリング、テクノロジーを融合させた、パワフルなクルーザーです。 ホイールを大きくカバーする前後のディープフェンダー、豪華な本革サドルシート、クラシカルにマウントされたティアドロップ型デザインのフューエルタンク、フロントフェンダー上部に鎮座するヘッドドレスのスモールライト等、インディアンの長い歴史を象徴する数多くの意匠を取り入れています。同時に、シームレスなクロムメッキ仕上げ、キーレスイグニッション、ABS、クルーズコントロール、電子制御スロットル、デュアルエキゾースト、高品質クロムメッキ仕上げのスポークホイール、ブレーキ・キャリパーカバー、エアインテーク一体型鋳造アルミニウムフレームといった、多くのハイクリティな装備によって現代のスタンダードに見合ったバイクとなっています。税込価格:239万円。
(プレスリリースより)

●Indian Chief Vintage

 新しいIndian Chief Vintage は、IndianMotorcycleの象徴的な意匠、そして伝統に基づいた美学を、熟達の手作業で全く新しいレベルへと引き上げたソフト・バガーです。 Indian Chief Vintage は、高品質な着脱可能なレザーサイドバッグ、レザーフリンジ、クロムメッキ仕上げのフェンダーチップ、フロントフェンダーのヴィンテージ・クロム製バッジ、着脱可能なウインドスクリーンなどを備えています。最高水準の装備、ディープフェンダーなどの象徴的な意匠はIndian Chief
Classicと同様です。税込価格:269万円。
(プレスリリースより)

●Indian Chieftain

 Indian Motorcycleが製造するバイクとしては初となるフェアリング付きのハード・バガー、2014年モデルIndian Chieftainは、伝説的なIndian Chiefの意匠を取り入れながらも、最先端の機能と高品質な快適さを新たなステージに押し上げた革新的なマシンです。Indian Motorcycleが創り出してきた従来のバイクとは異なり、Chieftainはウインカー一体型のカウルを採用しており、さらに電動スクリーンは二輪業界初の二股取り付けカウルとなっています。 また、着脱可能な高品質なサイドバッグと、スマートフォンとのBluetooth接続を可能にした高品質オーディオシステムを標準装備しております。税込価格:299万円。
(プレスリリースより)

※カラーは3タイプとも共通で、サンダーブラック、スプリングフィールドブルー(プラス6万円)、インディアンレッド(プラス6万円)の3色。

2013年8月2日 

■8月18日、ダンロップが全国5会場で二輪車用タイヤの安全点検を実施

タイヤ点検活動の様子(2012年実施時)

 “バイクの日”前後に「ダンロップ タイヤ安全プロジェクト」の一環として実施、2年目となる今年は点検会場を1ヶ所増やし、全国5会場で行われる。

 内容は、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの残溝チェック、タイヤ表面の損傷、摩耗度合いなどを調べる外観点検を行うとともに、タイヤの安全で正しい使用・管理方法について説明した専用のチェックカードを配布。ライダーにタイヤの日常点検の重要性を訴求していくという。


「ダンロップ タイヤ安全プロジェクト」二輪車用タイヤ安全点検

●実施日時:
8月18日(日) 9:00~15:00

●実施会場
あ・ら・伊達な道の駅(宮城県大崎市岩出山池月字下宮道下4-1)
箱根 十国峠レストハウス(静岡県田方群函南町桑原1400-20)
道の駅 桜の郷 荘川 (岐阜県高山市荘川町猿丸82-1)
瑞穂の里・さらびき(京都府船井郡京丹波町大朴休石10-1)
道の駅 ゆふいん(大分県由布市湯布院町川北899-76)

2013年8月2日 

■ファイナンスプログラム「下取車残債:上乗せ型」でハーレーがさらに身近に!

 ハーレーダビッドソン ジャパンがジャックスとの提携により運用を開始したH-Dローン アレンジプラン「下取車残債:上乗せ型」は、ハーレーはもちろん、国産車を含む他ブランドからハーレーへの乗換えをスムーズにする追加ローンプログラム。

 下取車金額で下取車のローン残債を全額清算・充当できない際に利用できるローンプログラムで、「新車購入価格」+「未清算ローン残債」をひとつのローン契約にまとめて契約できるというもの。下取車の未清算ローン残債を最大200万円まで新規ローンに上乗せ出来、ハーレー→ハーレーの乗換えだけでなく、他ブランド→ハーレーの乗換えにも利用可能。他の信販会社の未清ローン残債にも利用可能だ。

プログラム概要
名称: H-D ローン アレンジプラン 「下取車残債:上乗せ型」
開始時期: 2013 年7月よりハーレーダビッドソン正規販売網で順次展開
適用金利: 3.9%
上限未精算残債額: 200 万円以内
最長ローン期間: 120 回
その他ローン条件: 現行のH-D ローンに準ずる

問:ハーレーダビッドソン ジャパン カスタマーサービス TEL 0800-080-8080

2013年8月1日 

■WITH ME「 ハイパースポーツテクニック2&4 in TC1000」参加者募集中

 8月18日(日)、筑波サーキット コース1000にて開催。通常のサーキット走行会に無料で走れる体験走行枠を導入。フリー走行クラス、講習クラスを設け、「一度はサーキットを走ってみたい」という人から「プロのレクチャーでしっかりとしたレベルアップを目指したい」という人まで参加者を募集中。ひとりでも女性でも大歓迎。ホンダ・ニューマシンの試乗会も予定されている。

 募集台数は●スポーツ走行:20台×2クラス●講習付:6名限定(スポーツ混走)●HIZA-SURI CAMP:20台×1クラス。走行時間は全クラス15分×4本となっている。参加費は●スポーツ走行:17,000円●講習付:32,000円●HIZA-SURI CAMP:17,000円。

 申込みはから。

問:WITH ME TEL 03-5838-7397

2013年8月1日 

■J-AMBLEが2014年・春夏新作を発表

urbanism:アシンメトリー3レイヤージャケット(右22,000円)、プリンテッドコンビメッシュジャケット(左18,500円)

 ジェーアンブルの春夏新作はメンズ、レディース共に通年以上の充実したラインナップが特徴。デザイン、機能、細部の仕上げなどにこだわった自信作ばかりだ。

 2012春夏に登場した、都会的センスで自転車ライダーにも最適なブランド「urbanism」からはジャケット、パンツの新作をラインナップ。透湿/防水機能に優れ、着心地や動きやすさなども進化。ユニークなデザインとカラーも魅力的。

urbanism:ストレッチプルオーバー2レイヤージャケット(19,000円)

ベンチレーション部。ファスナーが生地を巻き込まない設計が嬉しい。






















 ジェーアンブル看板製品のひとつ、モーターサイクルウェアに“和”のテイストを融合させたブランド「弐黒堂」からはジャケット、ベスト、パンツ、グローブの新作が登場、新たなデザインにも挑戦している。人気の“鴉”(からす)シリーズにはメッシュジャケット「慈烏夜啼」(じうやてい)をニュー・ラインナップ。

 アメリカのローカルカルチャーがコンセプトの「RUMBLE」からはメッシュジャケット、デニムジャケット&シャツを投入。背中に配されるカンバン風の刺繍が特徴。各種ベンチレーションも装備され快適性も進化を果たす。また2013春夏から投入された新ブランド「S・O・A・B(Sons of Anarchy Bikers)」 、「Rosso StyleLab」 といった女性向けブランドの新作もニュー・アイテムが発表されている。


弐黒堂:(右より)バトルライドメッシュジャケット「火龍」(かりゅう 28,800円)、スピードライドトラッドジャケット「桜花」(おうか 23,800円)、ハードライドGベスト「花篝」(はなかがり 12,800円)、ハードライドミッドナイトジャケット「慈烏夜啼」(じうやてい 21,800円)

RUMBLE: (右より)ショットガンロードメッシュジャケット(19,800円)、アイアンホースメッシュジャケット(18,800円)

女性向けブランド「S・O・A・B」「Rosso StyleLab」 の2014春夏新作も登場。




















 尚、ジェーアンブル2014春夏新作は2014年3月より順次発売予定となっている。

問:ジェーアンブル TEL 03-5790-5190

2013年8月1日 

■スズキが電動アシスト自転車「ラブSNA24」「ラブSNA26」をマイナーチェンジして発売

スズキは、電動アシスト自転車 「ラブSNA24」 「ラブSNA26」に、ツインLEDオートライトや、ホイールセンサー制御を装備するなどのマイナーチェンジを施し、8月23日から発売する。

主な変更点は、新たに電源が「入」の状態で暗くなると、自動でライトが点灯し、明るくなると自動で消灯するツインLEDオートライトを装備、トルクのみを感知していた従来のセンサーに加え、走行スピードを感知するホイールセンサーを新たに搭載し、アシスト力を調整することによって、よりなめらかな加速とアシスト力をコントロールする新型ホイールセンサーを装備の2点。

車体色も、従来の「アクティブホワイト」から新色の「ココモミルク」に変更し、既存の「モダンシルバー」と「チョコブラウン」と合わせ計3色の設定とした。メーカー希望小売価格に変更無し。

スズキのラブの主な特長は、(1)持ち運びや充電が楽な重さ約1.4kgの軽量リチウムイオンバッテリーを採用、(2)一回の充電にかかる電気代は約3円*1と経済的で、一回の充電にかかる時間は約3時間*2、(3)使い易い手元スイッチで、走行条件や荷物の重さに応じて3つのアシストモードの切り替えが可能、(4)いたずらによるサドルの抜き取りを抑止し、車体から簡単に外れない“サドルガードマン”機構を装備、(5)ツインLEDビームランプを採用した独立点灯のバッテリーライトを装備、(6)盗難抑止効果の高い、ディンプルキーを採用、など。
 

ラブSNA24。

 
ラブSNA24、ラブSNA26ともにメーカー希望小売価格は89,800円(消費税抜き 85,524円)。2013年8月23日発売。

*1 5Ahのバッテリーで充電時間を約3時間、1kWhあたり22円の電気料金で計算。
*2 充電時間は、家庭用電源AC100V(50Hz/60Hz)、気温20℃時の測定値。

●スズキ 

www.best-cooler.reviews/category/fit-fresh/

источник agroxy.com

akkumulyatory.net