MBニュース&トピック

 

2014年6月13日 

■TwellVが「鈴鹿8耐」を生放送! 視聴者にはKTM 125 DUKEをプレゼント!!

 24時間全国無料のBSデジタル放送局「BS12ch TwellV(トゥエルビ)」は、7月27日決勝「“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第37回大会」を11時からよる20時30分まで放送。スタート(11時30分)からフィニッシュ(19時30分予定)まで生中継する。

 そこで、BS12ch初の「鈴鹿8耐」生放送を記念し、KTMジャパンよりネイキッドバイクのエントリーモデル「125 DUKE」を視聴者1名にプレゼント!

 応募詳細、応募条件などの情報は、 BS12ch TwellV「鈴鹿8耐」番組ウェブサイト内にて(6月下旬発表予定)。

BS12ch TwellV「鈴鹿8耐」番組ウェブサイト

2014年6月12日 

■フジガス、来シーズンもホンダ・ワークスよりトライアル世界選手権に参戦

 トライアル世界選手権に参戦中である“フジガス”こと藤波貴久が、ホンダ・レーシング(HRC)と1年の契約を更新。2004年に日本人で初めてトライアル世界選手権のタイトルを獲得し、これまで通算32勝を挙げてきた彼、来季もホンダのワークスチーム「Repsol Honda Team」 より参戦することとなった。2015年は自身のトライアル世界選手権参戦20周年 を迎える年となる。

藤波貴久のコメント
「来シーズンもRepsol Honda Teamの一員として参戦することを発表できて、とてもうれしく思います。16歳で世界選手権にデビューしてからずっと、Hondaのマシンに乗り続けてきました。20年の節目となる来シーズンもHondaのライダーとして参戦できることを誇りに思います。今回、早い時期に契約更新できたことで、今後戦い続けるためのモチベーションが大きく高まりました。また、チームのエースで良き友人でもあるトニー・ボウ選手も契約更改し、引き続き一緒に戦えることを喜んでいます。私たちは、間違いなくベストチームであると思います」

中本修平 ホンダ・レーシング取締役副社長 のコメント
「この度、Repsol Honda Teamのライダーとして、2015年シーズンも藤波選手を迎えることができて、大変うれしく思っています。ご存じの通り、藤波選手はトライアル世界選手権に19年間フル参戦し、常にトップ争いを繰り広げている唯一の日本人ライダーです。今シーズンは膝の負傷を抱えていますが、開幕戦での優勝、そして日本GPの3位入賞など、実力と不屈の精神を兼ね備えた選手です。来シーズンも引き続き、世界中のモータースポーツファンの皆様の期待に応えられるよう、頑張っていただきます。ご声援をよろしくお願いいたします」

藤波貴久の主な戦績
アウトドア・トライアル世界選手権チャンピオン  1回(2004年)
アウトドア・トライアル世界選手権総合2位  7回
アウトドア・トライアル世界選手権総合3位  5回
インドア・トライアル世界選手権総合2位  1回
全日本トライアル選手権チャンピオン  5回

2014年6月12日 

■ドリフトやFMXのパフォーマンス再び!「Monster Energy presents KEN BLOCK’s NAGOYA EXPERIENCE」

 7月6日(日)、中部国際空港セントレア内駐車場・特設会場にて開催。超人的ドリフトテクニックで世界中に衝撃を与えたアメリカのラリーレーサー、ケン・ブロックが昨年6月以来の再来日を果たし、日本のドリフト界の頂点D1ドライバーによる夢の対決が行われる。

 また、バイクで宙を舞うFMX(フリースタイルモトクロス)でX-GAMES2連覇中の東野貴行らも華麗な技を披露。前回以上にパワーアップした、エクストリームスポーツの大祭典となっている。

 その他、武道館公演を即日完売させた人気バンド・〔Alexandros〕やTOTALFATによる音楽ライブも同時開催。

2014年6月11日 

■アクティブ「今度は赤!! ブレーキフルード付きキャンペーン」

 6月21日から9月20日までの期間中、アクティブオリジナルブレーキホース「AC-PERFORMANCE LINE」のキットを1セット購入毎に、アクティブオリジナルブレーキフルード BF4 RED(DOT4 税抜1,000円)がついてくるを実施。

 対象製品はすべてのブレーキホースキット、クラッチホース(タイプ問わず、すべての車種専用キットとセミオーダーキットが対象)。

 既存の緑色に続き、新製品の赤色ブレーキフルードは色つきのため、リザーバータンクの外からでも変色や残量がわかりやすく、タンクに注ぎやすいボトル形状が特徴。

問:アクティブ
TEL:0561-72-7011

2014年6月11日 

■神奈川オートバイ事業協同組合「KMA Ride on Meeting 2014」

 7月21日(月・祝)、富士スピードウェイ・本コース(レーシングコース)にて開催。●体験走行(レーシングスーツ不要、フルフェイスヘルメット、グローブ着用)●スポーツ走行(要レーシングスーツ、フルフェイスヘルメット、グローブ、ブーツを着用)の2クラスで、参加車両は125cc以上(体験走行に限り、ノーマル車高のビッグスクーター可)。

 参加費用(保険料含む)は体験走行が16,000円(20分×2本)、スポーツ走行が22,000円(20分×1本、25分×2本)。KMA加盟店ユーザーには割引あり。

問:ポイントワン(運営事務局)
TEL:045-314-5040

2014年6月10日 

■ドゥカティ新型スクランブラーの奇想天外な内覧会


 ドゥカティは今秋に一般公開、2015年初頭より新型スクランブラーを発売(日本導入時期は未定)することを公式に発表した。新型スクランブラーは1960~70年代に構築されたものと同じ価値観で製造されるが、オリジナル・コンセプトからはまったく新しい方法で解釈し直されているという。

 6月9日にはイタリア・ボローニャにあるドゥカティ・ファクトリーにおいて、従業員へのサプライズとして新型スクランブラーのプロトタイプを披露。ニューモデルの陽気なキャラクターに合わせ、音楽に彩られたビーチ、サーフボード、フードスタンドなどが用意され、一緒に設営された黄色いコンテナの中でスクランブラーを目にすることができた。これは、ドゥカティにとって従業員は何よりの宝であるという感謝の気持ちを表したものだとか。

 尚、新型スクランブラーに関するさらなる情報を知りたい人に向け、プロジェクトの開発状況をにて発信。また、関連するコンテンツをハッシュタグ(#scramblerducati)で共有することも可能となっている。

ドゥカティ新型スクランブラー専用ウェブサイト

2014年6月9日 

■モト・グッツィV7 RACER、V7 STONEの2014年モデルを発売

 ピアッジオグループジャパンは、モト・グッツィの人気モデル、V7 RACERとV7 STONEの2014年モデルを導入し、6月6日より全国のモト・グッツィ正規販売店で受注を開始すると発表した。両モデル共に、エンジン一部を改良した他、V7 RACERでは、車体各部のグラフィックやカラーリングをアップデート。またV7 STONEでは、グラフィック変更に加え、新色のディープレッド、アゲートグリーン、の2色を新たに導入する。出荷開始時期はV7 STONEが6月16日、V7 RACERが8月中旬を予定している。また、両モデルの発表に伴い、7月25日(金)~8月10日(日) の期間、全国のモト・グッツィ正規販売店において「NEW V7シリーズデビューフェア」の実施を予定している。

V7 Racer。クロームリミテッド。 V7 Stone。2014ニューカラー、ディープレッド。 V7 Stone。2014ニューカラー、アゲートグリーン。

 V7 RACERは、クロームメッキタンク、レッドにペイントされたフレーム&ホイールハブなど、数多くの専用パーツを装備した特別なV7モデル。ゼッケンプレート付きシングルシートカウルやスモールバイザーを標準装備し、ノーマルでありながら完成度の高いカフェレーサースタイルを体現したモデル。2014年モデルの主な変更点は、(1)ゼッケンプレートのグラフィック変更、(2)サイドカバーのカラー変更(シルバーからブラックへ)、(3)ミラーのカラー変更(クロームからブラックへ)、(4)シートのレザー色変更(ブラックからブラウンへ)、(5)ホイールリムにMOTO GUZZIロゴステッカーの追加、(6)オルタネーター及びカバーの変更、(7)カラーはクロームリミテッドに。

 V7 STONEは、V7シリーズの特徴であるクラシカルなスタイリングに、シンプルかつシックなカラーリングを採用。ダイナミックなデザインのアルミダイキャストホイールをシリーズで唯一装備しており、ライダーに軽快な走りを提供するモデル。メーカー希望小売価格は、V7 RACERが1,323,000円、V7 STONEが1,048,000円。

■ピアッジオコール(TEL050-3786-2635 )

2014年6月9日 

■アプリリアがフラッグシップモデル、RSV4シリーズの2014年モデルを発売開始

 ピアッジオグループジャパンは、アプリリアのフラッグシップモデル、RSV4 Factory APRC ABSと、RSV4 R APRC ABSの2014年モデルを、6月下旬より全国のアプリリア正規販売店で発売を開始すると発表した。RSV4 Factory APRC ABSは、限定30台を予定。また、この2014年モデルを成約の方の中から、先着30名にRSV4シリーズ専用ETCブラケットがプレゼントされるキャンペーンも実施する。

 RSV4は、アプリリアがレースコースで培った、最新テクノロジーを惜しみなく投入した、まさにフラッグシップ・スーパースポーツモデルで、昨年アプリリアは、市販車ベースで開催されるスーパーバイク世界選手権で、52個目の世界タイトルを獲得している。

RSV4 R APRC ABS。2014年モデルのニューカラー、フォーミュラーレッド。 RSV4 R APRC ABS。こちらは継続カラーのマットブラック。 RSV4 Factory APRC ABS。2014年モデルはニューカラーのアブソリュートブラック。

 心臓部であるエンジンには、スーパースポーツ・バイクで初となる65度V型4気筒エンジンを搭載。スーパーバイク直系のパワフルなエンジンは、最新かつ洗練されたダイナミックコントロール機能である電子制御ライド・バイ・ワイヤ・システムによって制御され、3種類のエンジンマッピング(トラック、スポーツ、ロード)から最適なモードを選択することが可能。

 標準装備されたアプリリアの先端技術の粋であるaPRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)は、トラクションコントロール、ウィリーコントロール、ローンチコントロール、クイックシフトの4種類の機能を備えている。さらに、RSV4にはアドバンスドABSも標準装備。洗練されたボッシュ社製9MPユニットが採用されたABSユニットは重量わずか2kgながら、ABS機能の3段階のモードや、機能のキャンセルをインスツルメントパネル上のコントロールメニューから簡単に選択することなどが可能だ。レーストラックで培われたこれらの電子制御技術は、一般のライダーにも各自のベストなスタイルを選択できる魅力的なスポーツライドを提供するだけではなく、高い安全性にも寄与しているという。

 エクスクルーシブなスーパースポーツバイクとして限定30台で導入を予定しているRSV4 Factory APRC ABSのフロントとリアには、オーリンズ製フルアジャスタブルサスペンションと鍛造アルミ製ホイールを標準装備することにより車体の軽量化が追及され、フラッグシップモデルの名に相応しい仕上がりとなっている。

 2014年モデルのカラーリングは、RSV4 Factory APRC ABSが、マットブラックを基調にスタイリッシュなレッドのラインをあしらい、よりアグレッシブになった“アブソリュートブラック”を採用。RSV4 R APRC ABSには、好評の“マットブラック”に加え、新色の鮮烈な“フォーミュラーレッド”を導入された。両モデルともに、新しくなったRSV4のロゴとブラックホイールを装着する。メーカー希望小売価格は、RSV4 Factory APRC ABSが2,538,000円、RSV4 R APRC ABSが1,998,000円。

■ピアッジオコール(TEL050-3786-2635 )

2014年6月9日 

■レッドバロン「2014年北海道ツーリングキャンペーン」

 15年以上の永きにわたって取り組んできたキャンペーンも今夏で第16弾に。7月1日(火)から8月31日(日)までの期間、開催される。

 全国のレッドバロンにてオートバイを購入した会員、ロイヤルクラブ会員を対象に、稚内をはじめとする道内の「バイクステーション」13拠点にて、北海道を走るライダーを全力でバックアップ! 

 「バイクステーション」とは理想的なツーリングスタイルを提供するため、愛車の点検・メンテナンスを受けながらライダーは旅の疲れを癒し、翌日には共にベストコンディションで出発できるという、ツーリングライダーのための整備工場付ホテルのこと。

 キャンペーンの内容は①キャンペーン登録者(現在受付中)にもれなく記念ステッカーを進呈②「」宿泊者、来場したレッドバロン会員、ロイヤルクラブ会員に「最北端到達証明書」を進呈③ツーリング途中の故障に対応するため、北海道内各拠点に代車(大型・中型)を用意(修理が必要になった場合でもツーリング続行が可能に)、というもの。

レッドバロン

(携帯サイト)

2014年6月6日 

■MotoGP のタイヤサプライヤーがミシュランに決定

 ロードレース世界選手権・MotoGPのプロモーターでありオーガナイザーであるドルナ・スポーツは、ミシュランが2016年から同選手権のMotoGPクラスへの単独タイヤサプライヤーとなることを発表(以下、ミシュラン・プレスリリース意訳より)。

“17インチのタイヤ使用を課す”という2016年から実施されるMotoGPの技術規則は、サーキットで得られた技術を公道へフィードバックするという私たちのモータースポーツ参加におけるポリシーと完全に合致していました。「これが、Dorna Sportsが実施した入札にミシュランが参加した理由です」とミシュラン・グループ コンペティションディレクターのパスカル・クワノンは説明しています。

MotoGPクラスは、250馬力近いパワーを発揮するバイクが競う二輪ロードレースの最高峰カテゴリーです。その性能は技術的にはもちろんの事、その走りも非常に高度なものです。そこには世界最高のライダーたちが参加しており、彼らがレースで見せるその素晴らしい走りは、マシンだけではなくタイヤへの信頼感からくるものです。従ってタイヤの先端の技術を試すには素晴らしいフィールドです。

MotoGPで様々な性能要求に妥協しないミシュラン・トータルパフォーマンスの戦略によって、ミシュランはドライコンディションでもウエットコンディションでも、より一層高いレベルのタイヤ性能を提供して行くことを目指します。

www.best-cooler.reviews

https://velotime.com.ua