MBニュース&トピック

 

2014年6月18日 

■ファクトリー・マシンが峠デビュー!?  ホンダ、縁ある“浅間”でエキシビジョン


 「浅間ヒルクライム」は長野・高峰高原を舞台に、地域振興と自動車文化の成長に寄与する新たな“交流型イベント”を目的に2012年より開催。第3回大会が6月14・15日の2日間、行われた。走行時間帯に限り交通規制の下、年代の異なる様々な二輪&四輪のデモンストレーション走行が行われる催しだ。

 浅間と言えば、日本初の本格ロードレースと言われる「浅間火山レース」でもお馴染みであり、そこで鍛えられたホンダにとっても縁ある地。そんなこともあって今回、HRC(ホンダレーシング)が世界最高峰のロードレース・MotoGPを戦うファクトリー・マシンであるRC213Vを持ち込み、エキシビジョンを行った。

 ライダーはRC213Vのテストライダーも務める高橋 巧が担当。悪天候により、前日の下見走行が中止となったことで、エキシビジョンはぶっつけ本番に。何と彼にとって、バイクで峠を走るのは今回が初めての出来事。安全第一のため流しているレベルの走りではあったが、特徴的なV4サウンドを撒き散らしながら峠道を走る最新ファクトリーマシンは大いに受けていたという。


高橋 巧のコメント
「レースでサーキットは走っていますが、これまでバイクで峠を走行する機会がありませんでした。RC213Vのテストライダーをしていますが、まさか初めての峠走行がRC213Vになるとは思ってもいませんでした。お客様にも峠道に木霊(こだま)する迫力のV4サウンドを楽しんでもらえたと思います」

浅間ヒルクライム

2014年6月18日 

■ドゥカティ ジャパン「New Diavel Debut Fair」

New Diavel

 ドゥカティのスポーツ・クルーザー「Diavel」が、改良された新エンジンやエグゾーストシステムを搭載する他、マッスルで個性的なスタイルが強調されるデザインに変更。圧倒的な存在感を放ち、パフォーマンスを強化しながら快適性と実用性を両立させたモデルへとリニューアルとなった。

 そんな新型 Diavel(税込車両本体価格197万円~)のデビューを記念し、6月21日(土)・22日(日)の2日間、全国統一ショールームイベントを開催。期間中、来場者には、もれなく「Ducatiオリジナルキーホルダー」をプレゼント。

ドゥカティ ジャパン

2014年6月18日 

■ハーレーダビッドソン3車種のリコール(平成26年6月17日届出)

 対象車両は型式EBL-1200CN(通称名:セブンティーツー)の 車台番号5HD1LF3E5EC403006~5HD1LF3E1EC418375(輸入期間:平成25年8月28日~平成26年1月9日)の7台、型式EBL-1200CN(通称名:1200CAリミテッド)の車台番号5HD1LJ3E9EC400371(輸入期間:平成25年8月8日)の1台、型式EBL-883RN(通称名:スーパーロー)の車台番号5HD4CR2E5EC407976 (輸入期間:平成25年10月1日)の1台、計2型式、計3車種、計9台。

 不具合の部位(部品名) は「ブレーキレバー」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「純正アクセサリーのブレーキレバーにおいて、メッキ加工が不適切なものがある。そのため、ブレーキレバーがマスターシリンダピストンの動作を妨げることで前輪ブレーキの引きずりが発生し、最悪の場合、前輪がロックするおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、ブレーキレバーを良品に交換する」という。

 改善箇所説明図は

 また、 ハーレーダビッドソン ジャパンが後付け部品として販売した制動装置(ブレーキレバー)を取り付けしている車両において、当該装置に不具合のあることが判明。以下の通り自主改善を実施する。

対象の製品名:クローム・ハンドコントロールレバーキット(2014年式スポーツスター用)
部品番号:36700053
自主改善対象部品の出荷期間:平成25年9月~平成26年5月
自主改善対象数:118個

問:ハーレーダビッドソン ジャパン カスタマーサービス
TEL:0800-080-8080

2014年6月17日 

■「BMW R nineTカスタム・プロジェクト」が“製作篇”公開中

 今年2月よりスタート、日本を代表するカスタム・ビルダーが個性あふれるカスタム・マシンを仕上げる 「BMW R nineTカスタム・プロジェクト」。6月からはカスタムの過程を紹介する“製作篇”ムービーが随時アップされている。

 参加カスタム・ビルダーは高嶺 剛氏(BRAT STYLE)、富樫秀哉氏(HIDE motorcycle)、中嶋志朗氏(46Works)、黒須嘉一郎氏(Cherry’s Company)の4人。

“製作篇”は、各ビルダーのカスタムに対する姿勢や本プロジェクトへの思い、ショップの個性にフォーカスしたムービー。カスタムの世界を知らないユーザーにとっても、カスタムの製作過程を垣間見れる動画になっている。

BMW R nineTカスタム・プロジェクト

2014年6月16日 

■“人間にいちばん近い乗り物”で素敵な時間を、あの“ゴジュウゴマイル”が復活!


1980年代、年間1冊のペースで10年ほど発行していた「55mph」。上質な文章と写真で構成されたPRマガジンでスポーツバイクを大人の趣味として提案。

 1980年代、ヤマハが発刊していた「55mph」をご存知の方、いらっしゃるだろう。当時、スポーツバイク需要創造キャンペーンの推進ツールとして作成されたPRマガジンだ。この、アメリカのフリーウェイの制限速度から名づけられた「55mph」が新たなプロモーション活動としてスタートする。

 新「55mph」プロジェクトは、モーターサイクルとともに過ごす満ち足りた時間、ライフスタイルを提案するもの。バイク乗りはもちろん、バイクに乗らない人でも「バイクに乗るっていいな」と思わせるバイク乗りになってもらいたい、という願いがこめられている。いくら高価なバイクに乗っていても、コンビニ前で地べたに座って飲食しているようなバイク乗りを、誰もカッコイイとは思わない。

 主な活動内容は①BOLTをモチーフにガレージカルチャー「Garage style by BOLT」の提案②大人のライダーが豊かに時間を過ごす空間「Cafe 55mph」の開催③スペシャルサイト「Web 55mph」よりライフスタイルの情報発信、というもの。

 7月12日に箱根ターンパイク・大観山にて、8月9日には新東名・清水PAにてクシタニとのコラボレーションで「Cafe 55mph」を開催。同時に1968年製エアストリーム(キャンピングトレーラー)の「Garage style by BOLT」も展開予定となっている。

1968年製エアストリームで、BOLTをモチーフにガレージカルチャーを提案。7月12日に箱根ターンパイク・大観山、8月9日に新東名・清水PAにて展開。 BS11(日本BS放送)で放送中「」の番組アシスタント、古澤 恵&延時成実が着ている「55mph Tシャツ」も今後展開予定。

 今回のプロモーション活動の名を「55mph」としたのは、時速55マイル(=88km/h)という現代の制限速度よりやや遅い速度で、ゆとりあるモーターサイクルライフを楽しもう、という意図がこめられているから。また、かつてPRマガジンの「55mph」を手にし、モーターサイクルライフに憧れた若者が、今度は日本のモーターサイクルライフの楽しみ方を若い世代に伝えていく世代になったこと、また当時から変わらぬモーターサイクル文化定着への思いだという。


読者プレゼントのセット内容は ①国産Tシャツの原点、東京・本所の久米繊維工業製「BOLT Tシャツ」(Mサイズ)②同じく久米繊維工業の「BOLT Tシャツ」(Lサイズ)③「Cafe 55mph」髪留め×2④「55mph」マグカップ⑤特製クッキー×2。

 尚、新「55mph」プロジェクトのスタートを記念し、オリジナルグッズをセット(写真参照)にして読者1名にプレゼント! 

 ご希望の方は読者登録()の上、e-mail([email protected])にてご応募を。希望商品(「55mph」オリジナルグッズセット)、住所、氏名、WEB Mr.Bikeに対するご意見、ご希望を明記のこと。締切は2014年7月31日(木)。

2014年6月16日 

■ショップオープン情報「スクーター・イタリアーノ原宿」

 ピアッジオ、ベスパ両ブランドの専売店として6月28日(土)、グランドオープン。常に刺激的なカルチャー発信源であり続ける原宿より、製品の先進性、ファッショナブルな世界観を発信していくという。

東京都渋谷区神宮前3-26-11
TEL:03-3470-9991
営業時間:12時~20時
定休日:毎週水曜日、第2・3火曜日

2014年6月13日 

■TwellVが「鈴鹿8耐」を生放送! 視聴者にはKTM 125 DUKEをプレゼント!!

 24時間全国無料のBSデジタル放送局「BS12ch TwellV(トゥエルビ)」は、7月27日決勝「“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第37回大会」を11時からよる20時30分まで放送。スタート(11時30分)からフィニッシュ(19時30分予定)まで生中継する。

 そこで、BS12ch初の「鈴鹿8耐」生放送を記念し、KTMジャパンよりネイキッドバイクのエントリーモデル「125 DUKE」を視聴者1名にプレゼント!

 応募詳細、応募条件などの情報は、 BS12ch TwellV「鈴鹿8耐」番組ウェブサイト内にて(6月下旬発表予定)。

BS12ch TwellV「鈴鹿8耐」番組ウェブサイト

2014年6月12日 

■フジガス、来シーズンもホンダ・ワークスよりトライアル世界選手権に参戦

 トライアル世界選手権に参戦中である“フジガス”こと藤波貴久が、ホンダ・レーシング(HRC)と1年の契約を更新。2004年に日本人で初めてトライアル世界選手権のタイトルを獲得し、これまで通算32勝を挙げてきた彼、来季もホンダのワークスチーム「Repsol Honda Team」 より参戦することとなった。2015年は自身のトライアル世界選手権参戦20周年 を迎える年となる。

藤波貴久のコメント
「来シーズンもRepsol Honda Teamの一員として参戦することを発表できて、とてもうれしく思います。16歳で世界選手権にデビューしてからずっと、Hondaのマシンに乗り続けてきました。20年の節目となる来シーズンもHondaのライダーとして参戦できることを誇りに思います。今回、早い時期に契約更新できたことで、今後戦い続けるためのモチベーションが大きく高まりました。また、チームのエースで良き友人でもあるトニー・ボウ選手も契約更改し、引き続き一緒に戦えることを喜んでいます。私たちは、間違いなくベストチームであると思います」

中本修平 ホンダ・レーシング取締役副社長 のコメント
「この度、Repsol Honda Teamのライダーとして、2015年シーズンも藤波選手を迎えることができて、大変うれしく思っています。ご存じの通り、藤波選手はトライアル世界選手権に19年間フル参戦し、常にトップ争いを繰り広げている唯一の日本人ライダーです。今シーズンは膝の負傷を抱えていますが、開幕戦での優勝、そして日本GPの3位入賞など、実力と不屈の精神を兼ね備えた選手です。来シーズンも引き続き、世界中のモータースポーツファンの皆様の期待に応えられるよう、頑張っていただきます。ご声援をよろしくお願いいたします」

藤波貴久の主な戦績
アウトドア・トライアル世界選手権チャンピオン  1回(2004年)
アウトドア・トライアル世界選手権総合2位  7回
アウトドア・トライアル世界選手権総合3位  5回
インドア・トライアル世界選手権総合2位  1回
全日本トライアル選手権チャンピオン  5回

2014年6月12日 

■ドリフトやFMXのパフォーマンス再び!「Monster Energy presents KEN BLOCK’s NAGOYA EXPERIENCE」

 7月6日(日)、中部国際空港セントレア内駐車場・特設会場にて開催。超人的ドリフトテクニックで世界中に衝撃を与えたアメリカのラリーレーサー、ケン・ブロックが昨年6月以来の再来日を果たし、日本のドリフト界の頂点D1ドライバーによる夢の対決が行われる。

 また、バイクで宙を舞うFMX(フリースタイルモトクロス)でX-GAMES2連覇中の東野貴行らも華麗な技を披露。前回以上にパワーアップした、エクストリームスポーツの大祭典となっている。

 その他、武道館公演を即日完売させた人気バンド・〔Alexandros〕やTOTALFATによる音楽ライブも同時開催。

2014年6月11日 

■アクティブ「今度は赤!! ブレーキフルード付きキャンペーン」

 6月21日から9月20日までの期間中、アクティブオリジナルブレーキホース「AC-PERFORMANCE LINE」のキットを1セット購入毎に、アクティブオリジナルブレーキフルード BF4 RED(DOT4 税抜1,000円)がついてくるを実施。

 対象製品はすべてのブレーキホースキット、クラッチホース(タイプ問わず、すべての車種専用キットとセミオーダーキットが対象)。

 既存の緑色に続き、新製品の赤色ブレーキフルードは色つきのため、リザーバータンクの外からでも変色や残量がわかりやすく、タンクに注ぎやすいボトル形状が特徴。

問:アクティブ
TEL:0561-72-7011

www.agroxy.com/elevators/Nikolaevskaya-obl/bvb-balovnjanska-virobnicha-baza-tov

http://start-sport.com.ua/obuv/