MBニュース&トピック

 

2013年8月8日 

■カワサキライダーズクラブ「KAZE SUGO ライディングスクール」を開催

 9月3日(火)、宮城県の にて開催。時間は9時から16時。

 「サーキットでのスポーツ走行を体験したみたい」という人を対象に、基礎的なライディング、ノウハウ、ライン取り、ルール等を走行とインストラクターへの質疑応答を繰り返しながら学んでいくという、丸一日スポーツランドSUGOでスポーツ走行が楽しめるスクールだ。

 参加条件は①250cc以上のロードバイク所持者②運転免許証保有者(普通自動二輪車、大型自動二輪車)。参加車両、装備(フルフェイスヘルメット、レザースーツ、ブーツ、グローブ等)は各自用意。 定員は40名。参加費用(税込、昼食付)はKAZE会員17,000円、一般20,000円となる。申込み締め切りは8月21日(水)。

 参加申込み方法、空き状況他、詳細は下記事務局、または開催案内ホームページにて。

問:スポーツランドSUGO内「SUGOライディングアカデミー」事務局 TEL 0224-83-3127

2013年8月8日 

■体験コーナーもあり! 8月29日・30日開催「カーモデルエキシビジョン2013」


 国内のクルマやバイク、車体メーカー各社のモデラー(クレイ・木型・CAD・CG等の職種)が中心になって組織されたが2005年より主催、カーデザイナー・モデラーを目指す学生や、次世代を担う子供たちに“モノづくりの楽しさ・大切さを伝える”ことを目的に行われてきた「クレイモデルエキジビジョン。

 昨今、カーモデラーの職務はクレイだけに留まらず、ITツールやハードマテリアルモデリングも行っていることから、今年からイベント名を「カーモデルエキシビジョン」に変更。8月29日(木)・30日(金)の2日間、(愛知県長久手市)にて開催される。入場無料。

 会場ではスケールモデル、クレイを使った造形物など、各メーカーが製作したモデルが展示される他、二輪コーナーでは実物を使ったモデリング体験コーナーもあり。モデラーがどんな仕事をしているのかが紹介される。子どもたちにも好評で、夏休み終盤の思い出つくりにも最適なイベントだ。

※写真は昨年の開催模様

日本カーモデラー事務局

2013年8月7日 

■「第3回 福島応援おんもしぇ祭in会津坂下町」にスズキブース出展

 昨年までの“福島復興支援ツーリング”でお馴染みのイベントが名称を変更。今年は9月7日(土)・8日(日)に開催される。福島県内にて風評被害の影響を受けている観光地へ行き、風評被害に対し安全のアピールを実施しようというイベントだ。

 内容は福島県・柳津温泉、会津坂下町含む奥会津の宿での1泊、地元野菜等の即売会、ミニライブ・イベントなど。スズキはニュー・モデルを展示するブースを昨年に引き続き出展予定だ。

 参加費は1名1泊2食付12,000円(税込。飲み物類は別途。モスバーガー系列、四季の旬菜料理「あえん」にて利用可能な3,000円分の食事券付帯)。

 今後の詳細、不明な点、問い合わせ、申し込みは下記にて。

問:福島復興支援ツーリング実行委員会 (ヤングオート内) TEL 042-375-1261

2013年8月7日 

■ケーシー、最初のMotoGPマシン テストを無事終了。ワイルドカード参戦はあるのか!?

 ツインリンクもてぎで実施されているMotoGPワークスマシン「RC213V」の開発テスト。ライダーに起用されたケーシー・ストーナーは昨日に引き続き、現役時代をほうふつとさせる深いバンク角と高いアベレージスピードでコースを走行。2日間の周回数は53周に及んだ。1度目のサーキットテストはこれで終了となる。


ケーシー・ストーナーのコメント
「今日は昨日と違い晴天に恵まれ、とても暑く、おかげさまで、ドライ路面でテストする時間が十分に確保できました。テストは順調に進められ、昨日の遅れは、ほぼリカバーすることができたのではないかと思います。今回は開発メンバーの一部の方としかお会いしていませんが、Hondaがこれまで同様に、私をサポートしてくれたことに感謝いたします。今回9カ月ぶりにマシンに乗り、テストに参加することができて本当によかったのですが、ワイルドカード参戦に関しては、私の望んでいることではなく、気持ちに変化はありません」


(株)ホンダ・レーシング 中本修平 取締役副社長のコメント
「この2日間ケーシーにテストしてもらい、多くのデータや開発のヒントを得ることができました。このことで開発スピードを加速させ、今年のタイトル獲得につなげていきたいと考えています。今回はRC213Vのテストに特化しましたが、今後はRC213Vをベースとした『MotoGP市販レーサー(仮称)』のテストに参加してもらい、完成度をさらに高めていきます」

2013年8月7日 

■求人情報「シックデザイン」

「業務拡大につきスタッフ募集。パーツ製作工房で働いてみませんか? まずはアルバイトから始めて、正規スタッフへのステップアップも可能です。必要な装備はすべてご用意いたしますので、やる気のある方でしたら翌日より勤務可能です」

●条件:年齢・性別不問 要二輪免許 元気・やる気のある方
●勤務時間:8時30分〜18時  日曜祝日休 出勤シフト応談
●給料:時給950円〜(見習い期間は時給850円) 能力に応じて昇給、報奨金手当あり
●待遇:長期希望の方、労働保険完備
●業務内容:バイクのオリジナルパーツの製作
●勤務地:埼玉県南埼玉郡白岡町下野田451-1
●応募方法:電話で面接日時をご相談下さい。来社時には履歴書をご持参いただきます 担当:大塚

シックデザイン
埼玉県白岡市下野田451-1
TEL 0480-93-5211
E-mail:[email protected]

2013年8月6日 

■テストライダー・ケーシー、MotoGPマシンと久々の再会

  ホンダレーシングは、昨年限りでロードレースの世界最高峰・MotoGPから引退したケーシー・ストーナーをテストライダーに起用。8月6日、栃木県のツインリンクもてぎにて MotoGPワークスマシン「RC213V」の開発テストを実施した。

 曇り空の中、2012年11月のMotoGP最終戦以来となるRC213Vに乗車するストーナーは、ブランクを感じさせない走りで6周を走行。しかし、激しい雨によりテストは一時中断され、その後も路面状況は改善せず、初日のテストは終了となった。




ケーシー・ストーナーのコメント
「今日は、残念ながら雨が降り出す前のほんの数周しか走ることができませんでしたが、RC213Vに再び乗れてうれしかったです。私にとって、実に9カ月ぶりのライディングでしたので、すべてを思い出すのに少し時間がかかりました。路面やマシンのフィーリングはよかったので、明日はより有益なテストとなるよう、ドライな路面で走り込みができることを願っています」

2013年8月6日 

■ピアッジオグループジャパンがベスパのニューモデル「Vespa946」の国内導入を発表

 昨年の11月、イタリア・ミラノ・ショーで発表され話題を集めたVespa946が、いよいよ11月下旬から日本でも発売開始される。我が国でのベスパのインポーターでありディストリビューターでもあるピアッジオグループジャパンが、このたび開催したVespa946国内導入発表内覧会で、国内導入計画の概要を発表し、メーカー希望価格も115万円に決定したという。

 Vespa946は、伝統のベスパのデザインエッセンス、そしてモノコックボディに代表される製品フィロソフィーを最新のテクノロジーと融合した、まさに“イタリアンプレミアムスクーター”と呼ぶに相応しいモデルに仕上がっている。デザインは1946年に発表されたベスパのプロトタイプであるMP6を、近未来的に再現したものといわれ、車体側面のシェイプは、伝統的なΩ(オメガ)の形状を継承し、斬新なシートは、クラシカルベスパのデザインを強調している。ちなみに車名の数字946は、ベスパの生産第一号車Vespa98が発売された年の1946年から命名されたという。

 メカニズムでは、最新のABSやASR(Anti Slip Regulation)と呼ばれるトラクションコントロール、高輝度LEDヘッドランプ(ランプ類は全てLEDだ)、フルデジタルメーターパネルなどを採用。そして一台一台、プレミアムスクーター用として導入された専用ラインの熟練した専任担当者たちにより手作業で生産される。

 国内販売は、現在関東、中部を中心に6店舗を展開するスクーター・イタリアーノ・ネットワークのみでの取り扱いとされた。8月6日から予約受付が開始されたが、ほぼ予約段階で完売となりそうな状況だという。ちなみに日本向けは約20台。

■ピアッジオコール (TEL050-3786-2635 )

●Vespa946 主要諸元

■全長×全幅×全高:1,965×730×1,170mm、ホイールベース:1,405mm、シート高:805mm、車両重量:147kg、燃料タンク容量:8.5L ■エンジン種類:空冷4ストロークSOHC3バルブ単気筒、総排気量:124cm3、ボア×ストローク:52×58.6mm、燃料供給装置:電子制御式燃料噴射システム、始動方式:セルフ式、最高出力:11.4HP[8.5kW]/8,750rpm、最大トルク:9.6N・m/7,750rpm、変速機形式:自動無段変速 ■フレーム形式:スチール製モノコックボディ、ブレーキ(前・後):油圧式φ220mmディスク・油圧式φ220mmディスク、タイヤ(前・後):120/70-12・130/70-12 ■車体色:モンテホワイト、ルシードブラック ■メーカー希望小売価格:1,150,000円

2013年8月6日 

■故・戸井十月さんの作品、再放送

 作家にしてライダーの戸井十月さんが、7月28日(日)亡くなった。
 30歳を越えてバイクに乗り始めた戸井さんにとって、バイクは趣味ではあったが、それ以上に旅の道具だった。
「地べたを這うように旅したいんだ。そうすることによって見える風景があって、現実が分かり、そこに根を張り生きる人達との出会いがある。バイクだと、それが出来る」
 戸井さんは、よく言っていた。

 1980年代後半だった。ある新聞が戸井十月を評してこう書いていた。
“戸井十月は、行動する作家だ”
 戸井さんは、愉快そうに笑った。
「当たり前だよな。行動しないと、何も見えない、分からない」
 だから、当たり前のように旅し、当たり前のように表現した。そこには、いつもバイクがあった。

 3年前の春、肺癌が見つかった。戦いが始まった。
「癌になると生きる目標を持て、って言うだろ? だけど、その目標ってヤツは、漠然とした、たとえば長生きしたいとかじゃダメなんだ。もっと現実的な、手の届く目標じゃないとな」
 戸井さんの目標は、バハ1000に出る事だった。そして、かつてコテンパンに痛めつけられた、あのバハの荒野に立ち、もう一度走る事だった。

 その年の夏には“完全寛解”となった。
 そして11月、戸井十月と彼の仲間達“エル・コヨーテ”はバハにいた(その奮戦記は→ ) 。
 たしかに、戸井さんはバハの荒野を、駆け抜けた。
 そして、今もバハを、世界を走っているに違いない。

 戸井十月さんがNHKで製作したいくつかのドキュメンタリー番組が、再放送される事になった。
 バハ1000あり、5大陸走破あり、そして来年ワールドカップが開かれるブラジルを取材したドキュメントあり。
 是非、見て欲しい。
 戸井十月というバイク好きが、ここにいるのだ。


■放送予定

NHK BSプレミアム
旅のチカラ『再び原野へ ~戸井十月 メキシコの砂漠を走る~』
<再放送> 8月9日(金)15:00~15:59

NHK BSプレミアム
プレミアム8『戸井十月 ユーラシア横断3万キロの旅』
第1回 「豊穣の海」~地中海 バルカン半島~
<再放送> 8月11日(日)12:00~13:29  ※以降第4回まで、日曜日に順次放送予定

NHK BS-1
『リオの挑戦~スポーツが人と街を変える~』
<再放送> 8月18日(日)15:00~15:50

2013年8月6日 

■好評のライディングレッスンもあり! 最新モデル試乗三昧「スズキ 秋の大試乗会in香川」

※写真は5月25・26日に実施された「スズキファンライドフェスタ」(お台場)の模様

 9月7日(土)・8日(日)、HST四国(香川県坂出市江尻町1-85)にて開催。両日共に9時30分より受付開始。

 ニューモデルを一堂に集め、「走る喜び」「使う楽しみ」を体感できる試乗会で、国内フルパワー導入された「GSR750 ABS」をはじめ「V-Strom650 ABS」「バンディット1250F ABS」「グラディウス400 ABS」「GSR250」といった話題のモデルを用意。超快適なタンデム・ライディングも魅力の新型「スカイウェイブ650LX」も体感可能だ。

 また、FIM世界耐久選手権2005・2006年世界チャンピオンである北川圭一氏も来場。「ライディングレッスン」を開催する。乗車姿勢や身体の使い方といった基本的なテクニックを、世界チャンピオンが的確にアドバイスしてくれるという、貴重な体験ができるレッスンとなっている。

 参加費は無料(北川圭一ライディングレッスン参加の場合、スズキ車で参加の場合は500円、スズキ車以外での参加は1,000円が必要)。 天候等の諸条件により、試乗会が中止となる場合あり。

問: スズキ お客様相談室 TEL 0120-402-253


2013年8月5日 

■使い方は様々、バイクと共に暮らせるガレージ付き集合住宅完成

Aタイプのガレージ部。ガレージとしての使い勝手を重視した設計となる。


明るくシンプルな色使い。コンクリートの通路にはアクセントとして枕木が埋められている。ガレージ・ユースとして特化したAタイプには、敢えて中が見えるようガラスドアを採用。二重ロックで防犯対策も施される。

 東京・西大井の閑静な住宅街に誕生した「クロススクエア西大井」(総戸数11戸)は、オフィスビルや住宅、商業施設といった不動産に関するプロジェクトと開発、運営を行う「マップ投資開発」によるライダーへのひとつの提案。自室内に愛車を保管できるガレージ付き集合住宅である。

 そもそもは2006年の改正道路交通法により、やむなく愛車を手放さざるを得なくなった二輪車ユーザーが多く存在することが今回のガレージ付き集合住宅プロジェクトの発端だとか。“クロススクエア”の名称の通り、目指したのは「バイク乗りのコミュニティ」。同じ目的をもつ“人の交流”に特化した物件を手がけているのがマップ投資開発の特徴だ。

 用途に応じ、全6タイプ(内2タイプは契約済)が用意される「クロススクエア西大井」は、全室1階がガレージ・スペースに(2階はダイニングキッチン、3階はベッドルーム)。1000ccクラスのバイクでも楽に出し入れ出来るよう、観音開きの大きなドアがポイントとなっている。

 中でも最も多い全5室が設定されるAタイプ(月額賃料145,000円)は広いガレージ・スペース、防水仕様の水まわり、アレンジ可能なコンクリート壁など、バイク趣味としての使い勝手を重視した部屋に。ガレージ・スペースは若干狭くなるが、居住空間の快適性を重視したBタイプ(同145,000円)も設定される。その他、ロフト付きメゾネットのFタイプ(同130,000円)もあり。全室システムキッチンと2台のエアコン装備、ユニットバスとトイレ別となる。

 JR横須賀線・西大井駅から徒歩6分(都営浅草線・中延駅徒歩9分、東急大井町線・中延駅徒歩11分)という、都心への良好なアクセスもポイント。自転車を趣味にもつ人にとっても魅力的な物件と言えるだろう。

問:マップ投資開発 TEL 03-5510-9777
E-mail:[email protected]


Aタイプのガレージは大型バイクも複数台入る広さ、水まわり、コンクリート壁のアレンジが魅力。間口も広いので出し入れも楽。

Bタイプのガレージ部も必要にして充分なスペース。向かって右側(部屋によっては左側)にユニットバス、独立した洗面台が備わる。

敷地内奥は共用スペースも広くなっているので方向転換も楽。語らいのスペースとしても利用可能!?

ピッキングに強いとされるディンプルキーを採用。部屋側のひとつをシリンダー・ロックとすることでさらにセキュリティ強化。インターホンはモニター付き。

Bタイプの3階ベッドルーム。

Eタイプの2階ダイニングキッチン(写真をクリックすると3階ベッドルーム)。

Fタイプのロフト部。

キッチンはIH(電磁調理器)、トイレは暖房便座&シャワー付き。

источник eurobud.com.ua

узнать больше ailavita.com.ua

接触 rikon-ya.com