MBニュース&トピック

 

2014年2月10日 

■ヤマハがブラジル市場でSUVイメージの150オン・オフモデル
「XTZ150S Crosser BlueFlex」を発売

 ヤマハ発動機は、エタノール混合燃料にも対応する150ccエンジンを搭載したオン・オフモデルの新製品、「XTZ150S Crosser BlueFlex」を3月からブラジルで発売する。このXTZ150S Crosser BlueFlexは2013年に導入したストリートモデル「YS150 FAZER BlueFlex」に続き、ブラジルの二輪車市場の中で最大の需要層となる150ccクラスにヤマハが導入する第二弾となるモデル。ちなみにブラジルの二輪車市場は2013年現在、約152万台という(ヤマハ調べ)。

 XTZ150S Crosser BlueFlexの特長は、“SUV”をイメージしたというスポーティでアグレッシブなデザイン、エタノール混合燃料にも対応し低燃費で加速性に優れる空冷150ccのF.I.(電子制御燃料噴射)エンジン、そして荒れた路面での乗り心地を向上させる、クラス初採用のリンク式モノクロスサスペンションなどで、「余裕のある高速性能」「街乗りから長距離移動時の快適性」などを求めるユーザーをターゲットにしている。

 現地での価格は前輪ドラムブレーキ仕様が9,050ブラジルレアル(2月10日現在、約38万8千円)、前輪ディスク仕様が9,350ブラジルレアル(約42万8千円)。製造・販売はヤマハのグループ会社である、Yamaha Motor de Amazonia Ltd.が担当する。

■ヤマハ 

2014年2月10日 

■ホンダが2014年のモータースポーツ活動を発表、世界モトクロス&トライアルがワークス参戦に!


 創業以来、レース活動を“原動力”として取り組み、技術を磨くことで成長してきたホンダ。モータースポーツ活動はチャレンジングスピリットの象徴であり、今年も国内外様々なカテゴリーのモータースポーツに参戦する。その概要が2月7日、東京・青山の本田技研本社にて二輪四輪合同で発表された。








(写真左より)ホンダレーシング 鈴木哲夫 代表取締役社長、本田技研工業 伊東孝紳 代表取締役 社長執行役員、マルク・マルケス、ダニ・ペドロサ、リビオ・スッポ チーム代表

 昨年は三冠(ライダー、コンストラクター、チーム)を獲得したFIMロードレース世界選手権・最高峰のMotoGPクラスには、ワークスチーム「レプソル・ホンダ・チーム」から史上最年少チャンピオンを獲得したマルク・マルケス、ランキング3位のダニ・ペドロサの2名が参戦。マシンは戦闘力を向上させた2014年型RC213Vだ。サテライトチーム「ゴー・アンド・ファン・ホンダ・グレッシーニ」からアルバロ・バウティスタ、「LCRホンダ・モトGP」からステファン・ブラドルという布陣に変更はない。一方、昨シーズンまでのCRTに変わる「オープンカテゴリー」に参戦するチームには市販レーサー・を供給。青山博一、ニッキー・ヘイデン、カレル・アブラハム、スコット・レディングがライディングする。

 ホンダが唯一のオフィシャルエンジンサプライヤーとなるMoto2クラスには、元ホンダ・ワークスライダーの岡田忠之率いる「イデミツ・ホンダ・チーム・アジア」から、同クラス3年目となる中上貴晶、アジアロードレース選手権SS600チャンピオンのアズラン・シャー・カマルザマンによる2台体制で参戦。Moto3クラスは参戦する3チーム6ライダーに対し、新開発マシンの供給とテクニカルサポートを行う。


 市販車の“世界最速決定戦”ことFIMスーパーバイク世界選手権シリーズには、欧州現地法人から「ホンダ・ワールド・スーパーバイク・チーム」として参戦。ライダーは昨年に引き続きジョナサン・レイ、レオン・ハスラムの2台体制で挑戦。CBR1000RRで戦う。


(写真左より)イブジェニー・バブリシェフ 、マキシミリアン・ナグル 、 井本敬介総監督

 FIMモトクロス選手権シリーズの最高峰・MXGP(旧MX1)には今シーズンより「チームHRC」としてワークス参戦することとなった。ライダーはイブジェニー・バブリシェフとマキシミリアン・ナグルを起用。マシンは新開発のCRF450RWが投入される。


(写真左より)井本敬介総監督 、芹沢直樹監督代理 、成田 亮、小方 誠、田中雅己、冨田俊樹








 MFJ全日本モトクロスは引き続き「チームHRC」がワークス参戦。IA1クラスは昨年ランキング1-2位となった成田 亮と小方 誠という最強の布陣、IA2クラスは田中雅己に加え、昨シーズンチャンピオンとなった冨田俊樹という2名体制となった。


 FIMトライアル世界選手権シリーズは昨年までのスペイン現地法人からの参戦に変わり、今年より「レプソル・ホンダ・チーム」としてワークス参戦。7年連続チャンピオンのトニー・ボウと藤波貴久というライダーに変更はなく、9年連続コンストラクターズタイトルの獲得を目指す。尚、全日本トライアル選手権シリーズでは、HRCサービスショップに所属する参戦チームのサポートを行う。

 尚、MFJ全日本ロードレース選手権、MFJ全日本モトクロス選手権には、ホンダモーターサイクルジャパンが本田技研工業、ホンダ・レーシング(HRC)、本田技術研究所二輪R&Dセンターと協力し、ホンダ車を使用するライダーを対象にマシンセッティングやライディングテクニックなどをアドバイスする「ホンダ・レーシングサーキットサービス」を実施。レース活動をサポートする。

 その他カテゴリーの詳しい体制、四輪はにて。

 

2014年2月6日 

■新型3気筒スポーツを一足お先に体験! ヤマハ発動機販売「2014年 MT-09 EXCLUSIVE試乗会」


 “Synchronized Perfomance Bike(意のままに操れる悦び)”をコンセプトに開発され、ネイキッドとスーパーモタードのエッセンスを取り込んだデザインが特徴のヤマハMT-09/MT-09A(ABS標準装備)が4月10日より発売されることとなった。

 MT-09シリーズの高いスポーツ性能と日常速度域での扱いやすさ、楽しさを体感できる試乗会が3月、千葉と鈴鹿で開催される。

 参加費は無料で、サーキット走行に相応しい装備は各自で準備。申込方法はヤマハのホームページ、または店頭にて。抽選結果はダイレクトメールにて応募者全員に案内される。

日程:3月9日(日)
会場:袖ケ浦フォレストレースウェイ(千葉県袖ケ浦市林348-1)
10時~(受付9時~)1走行:コース3周(約10分)
申込締切:2月16日(日)
抽選結果DM発送日:2月24日(月)発送予定

日程:3月16日(日)
会場:鈴鹿サーキット南コース(三重県鈴鹿市稲生町7992)
10時~(受付9時~)1走行:コース4周(約10分)
申込締切:2月23日(日)
抽選結果DM発送日:3月3日(金)発送予定

MT-09 EXCLUSIVE試乗会

2014年2月6日 

■ヤマハがインド市場にファミリー向けモデルを初導入

 ヤマハ発動機は、2月5日からインドのデリーにて開催の「第12回オートエキスポ2014」に、同国向け115ccスクーターの新製品「CYGNUS α」(シグナス アルファ)を出展し、2月から発売すると発表した。

「CYGNUS α」は、急伸長するインドスクーター市場の中心である「ファミリーカテゴリー」にヤマハが初めて導入するモデル。居住性、収納力、扱い易さといった実用機能を、モダンで洗練されたボディデザンに集約している。エンジンは「CYGNUS RAY」シリーズと共通とし、優れた走行性、経済性を継承している。

 主な特徴は、1)滑らかな発進性・心地よい加速感と優れた燃費性能を両立、2)足付き性に優れ二人乗りでも余裕のあるフラットロングシート、3)フルフェイスヘルメットも収納可能な高い収納力、4)扱い易い軽量ボディと安定感のある走行性など。なお、製造・販売はグループ会社のIYM (India Yamaha Motor Pvt. Ltd.)で行う。販売価格は49,518インドルピー(2月6日のレートで約8万円)。販売計画は1年間で24万台。

 世界最大といわれるインドの二輪車市場は、1,400万台強といわれ(ヤマハ調べ)、中でもスクーターは近年急速に販売が拡大している。2011年に240万台規模だった同国のスクーター市場は、2014年には360万台が見込まれている。インドではスクーターを家族で共有することが多く、比較的大きめの車格を持つ「ファミリー向け」モデルが市場で大きなボリュームを占めているという。ヤマハは2012年にインドのスクーター市場に参入、第1弾は若い女性向けの「CYGNUS RAY」、翌年発売の第2弾は若い男性向けの「CYGNUS RAY Z」で、いずれも若者層をターゲットに開発したモデルで、そのスタイリッシュなデザインと扱いやすさなどが好評を博し、2013年末までに累計約18万台を販売しているという。

■ヤマハ 

2014年2月6日 

■ホンダを駆る戦士達“生の声”を聞け! Hondaウエルカムプラザ青山 「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」「バイクフォーラム ~ダカールラリーへの挑戦 第2章~」

 今週末、東京・青山の本田技研工業・青山ビル1階の多目的パブリックスペース 「Hondaウエルカムプラザ青山」にて、二大イベントを開催! 


※写真は2013年のイベント時

  2月7日(金)17時30分から20時開催「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」は、2014年シーズンにホンダが参戦するモータースポーツ活動の主要ライダー・ドライバーからそれぞれの意気込みを直接聞くことができるほか、サイン入りグッズなどが当たるプレゼント抽選会などのプログラムを予定。二輪関係ではマルク・マルケス、ダニ・ペドロサが出演予定だ。さらに、当日は二輪と四輪のレーシングマシンの特別展示も予定されている。

 定員350名、入場無料。当日12時より、ウエルカムプラザ青山 正面入口近辺にて「入場整理券」を配布(200枚予定)。入場整理券を持っている人は17時10分、持っていない人は17時15分開場。








※写真は2013年「ダカールラリーへの挑戦」の開催風景

 2月8日(土)14時から15時30分開催「バイクフォーラム ~ダカールラリーへの挑戦 第2章~」は、ダカールラリー2014のモト(二輪)部門において、総合5位の成績でフィニッシュしたエルダー・ロドリゲス、5回のステージ優勝を果たし、終盤まで首位争いに絡む走りをしたホアン・バレダをゲストに迎えたトークショー。さらに、ダカールラリーにチームと帯同して取材にあたったモータースポーツカメラマンの大野晴嗣氏、山崎勝実ダカールラリーTEAM HRC代表も出演する。

 司会はおなじみ、かつてダカールラリーのモト部門にライダーとして参戦するなど、多くの経歴をもつバイクジャーナリストの松井 勉氏、モデライダーとしてバイク雑誌への執筆を中心に活動する多聞恵美さんだ。尚、当日は参戦マシン「CRF450 RALLY」の車両展示も 行われる。定員150名、入場無料。



 
Hondaウエルカムプラザ青山
東京都港区南青山2-1-1Honda青山ビル1階
TEL:03-3423-4118  

2014年2月6日 

■鈴鹿サーキット「2014モータースポーツファン感謝デー」


 モータースポーツシーズン幕開け直前、鈴鹿サーキット恒例のイベントとして3月1日(土)・2日(日)の2日間開催。今年から新型車両でシリーズが争われるスーパーGT、スーパーフォーミュラのデモランを筆頭に、D1グランプリ参戦マシンがド派手なパフォーマンスを披露。

 バイクは8耐マシンがライトオン・デモラン。耐久マシン独特のヘッドライトが日没の近づくサーキットを彩るという演出だ。新パワーユニットで競われる2014年のF1の行方を予想するトークショー、マクラーレン・ホンダのマシン展示も予定されている。

 ゆうえんちモートピアでは、“冒険・発見・体験”をテーマにしたNew「アドベンチャーヴィレッジ」が3月1日にオープン。日本初“みんなの声で加速する”コースター型ライド「アドベンチャードライブ」をはじめとするアトラクションに注目だ。

 尚、鈴鹿サーキットのホームページでは、入園が無料となる「特別ご招待券」のダウンロードが可能となっている。

問:鈴鹿サーキット TEL:059-378-1111
 

2014年2月5日 

■日本最大級の旧車トレードショー「第6回 ノスタルジック2デイズ」

 2月22日(土)・23日(日)の2日間、パシフィコ横浜C・Dホール(神奈川県横浜市みなとみらい地区)にて開催。毎年恒例となっている大規模旧車(クラシックカー)イベントだ。

 隔月刊旧車専門誌「ノスタルジックヒーロー」、年4回刊1980-90年代クルマ情報誌「ハチマルヒーロー」、新雑誌「ノスタルジックスピード」の3誌がプロデュースする催しで、パーツメーカーや車両販売店、レストアショップなど旧車に関わるショップが日本全国から出展。車両やパーツの展示・販売などが行われる。今年は3誌の表紙を飾った名車8台を特別展示。読者オーナーの希少なクルマが場内を走る「選ばれし10台」もあり。

 ステージイベントでは昨年に引き続き、旧車好きとしても知られる地元・横浜出身のアーティスト、クレイジーケンバンドの横山剣によるトークショーが開催される(22日のみ)。

 入場料は当日券2,000円、前売券1,800円(ローソンチケット、セブンチケットで販売)で、それぞれ会場内の各ショップで使用可能な500円分の金券も含まれる。小学生以下は無料だ。

問:芸文社 ノスタルジック2デイズ事務局 TEL:03-5992-2052

2014年2月4日 

■ホンダモーターサイクルジャパン「Sh mode Honda純正グリップヒーター クーポンプレゼント」

 エレガントな雰囲気漂う原二スクーター・Sh modeのキャンペーンを実施。3月31日(月)までの期間、キャンペーン実施店にてSh modeの新車を購入した人に「Sh modeグリップヒータークーポン券」をプレゼント中だ。

 クーポン券を利用すると「Honda純正グリップヒーター」(税込15,750円)が50%OFFの7,875円(税込)に! グリップヒーターは発熱体の合金ステンレス鋼(SUS)を採用したホンダ独自の左右セット半周タイプで、5段階の温度調節が可能。電圧が低下すると電源供給を自動的に中止するシステムを内蔵した、愛車に優しい純正品ならではの安心設計となっている。春先までにあると嬉しいアイテムだ。

 キャンペーンの詳細、実施店の検索は。

Sh mode Honda純正グリップヒーター クーポンプレゼント

2014年2月4日 

■ドゥカティ ジャパン 「My First Ducati ライセンスサポート・キャンペーン」「Superbike Dress upキャンペーン」

 「My First Ducati ライセンスサポート・キャンペーン」は初めての大型バイクとしてドゥカティを検討している人を対象に実施。10月31日までの期間、ドゥカティ(新車・全車種)を成約、車両登録を完了すると、先着400名の大型自動二輪免許取得費用が“実質0円”となるキャンペーンだ。

 ライセンス取得費用としてサポートは一律80,000円(税込。普通自動二輪免許から大型自動二輪免許へのステップアップの技能教習費用に相当)。ライセンスサポート希望者はから必要事項を登録後、キャンペーンクーポンのダウンロードが必要。詳細は下記サイト、またはドゥカティ ジャパンネットワーク各店にて。


 「Superbike Dress upキャンペーン」は3月31日までの期間中、対象モデルを成約・登録すると150,000円分のパーツ、アクセサリー、アパレルをプレゼント。取付工賃含まず。他キャンペーンとの併用不可。

 対象モデルは1199 Panigale、1199 Panigale S、1199 Panigale S Tricolore (全モデルともMY13のみ)。詳細は下記サイト、またはドゥカティ ジャパンネットワーク各店にて。


My First Ducati ライセンスサポート・キャンペーン

Superbike Dress upキャンペーン

2014年2月4日 

■ヤマハYZF-R1、マジェスティYP250のリコール(平成26年2月4日届出)

 対象車両は型式EBL-RN24J(通称名:YZF-R1)の 車台番号RN24J-000013~RN24J-001613(製作期間:平成21年5月13日~平成25年7月10日)の1,595台、型式JBK-SG20J(通称名:マジェスティYP250)の車台番号SG20J-016834~SG20J-019713(製作期間:平成24年1月9日~平成25年7月4日)の2,880台、計2型式(計2車種)、計4,475台。

 不具合の部位(部品名) は「前照灯(電球用電気配線)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「前照灯において、電球用電気配線の接続端子部の許容温度に余裕がないため、電球側の端子の熱により、当該電気配線の端子勘合力が低下することがある。そのため、そのまま使用を続けると、エンジンの振動等により前照灯がちらつくことがあり、最悪の場合、当該端子部が導通不良を起こし、前照灯が不灯となるおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、電球用電気配線を対策品と交換する。なお、EBL-RN24Jは当該電気配線の対策品を装着するために、周辺部品も交換及び追加する」という。

問:ヤマハ発動機 お客様相談室
TEL:0120-090-819

www.eurobud.com.ua/profnastil-pod-derevo/

http://agroxy.com

pillsbank.org