MBニュース&トピック

 

2013年11月15日 

■オリジナルアイテムをプレゼント! BOLTコラボレーション企画「乗ってGET!!」「買ってGET!!」

 ボバー・スタイルのクルーザー、ヤマハBOLT(ボルト)の国内発売に合わせ、12月10日(火)から2014年4月30日(水)までの期間実施。BOLTに試乗、または成約した人を対象に、オリジナルアイテムが抽選で当たるキャンペーンだ。

 「乗ってGET!!」は、期間中BOLT試乗店にてBOLTに試乗、アンケートに回答した人の中から抽選で合計950名に、丁寧な作業で“一生付き合える革製品”をつくり続けている「池之端銀革店」の3アイテム(ショルダーバッグ、コインケース、キーホルダー)からいずれかをプレゼント。

 「買ってGET!!」は、期間中にヤマハスポーツバイク取扱店にてBOLTを成約し、応募した人の中から合計950名に国内外から注目を集めるアーティスト「渋谷忠臣」の特注オーガニックコットンTシャツをプレゼント。

 詳細は下記キャンペーンサイトにて。

BOLTコラボレーション企画「乗ってGET!!」「買ってGET!!」

2013年11月15日 

■ドゥカティ ジャパン「Multistrada 1200 24hours Free Ride キャンペーン」

 4台分のバイクエッセンスをひとつのマシンに凝縮した「ムルティストラーダ1200」の魅力を存分に体感できるキャンペーンとして、2014年3月31日までの期間実施。

 スカイフック・サスペンションを標準装備したことによりさらにパワーアップ。気温や路面状況に左右されない走行を24時間自由に、そして思う存分試すことができる特別なモニター車両が用意される。モニター車両の詳細は実施店舗に要問合せ。応募多数の場合、抽選となる。

 また、 ムルティストラーダ1200を成約した人には200,000円(税込)の購入サポートも併せて実施される。

 キャンペーンの詳細、実施店舗は下記サイトにて。

Multistrada 1200 24hours Free Ride キャンペーン

2013年11月15日 

■NEXCO東日本のドラ割「東京湾ぐるっとパス」

 東京湾を渡って房総半島と三浦半島を巡るドライブ、ツーリング向けに11月23日(土)~12月24日(火)、平成26年1月6日(月)~3月20日(木)の期間実施。

 有効期間は連続する2日間(日帰りでも利用可)。周遊エリア(館山道・市原IC~富津館山道路・富浦IC、圏央道・松雄横芝IC~東京湾アクアライン連絡道・木更津金田IC、横浜横須賀道路全区間)が乗り降り自由となり、1回に限り東京湾アクアラインの走行が適用に。

 尚、東京湾フェリー(久里浜―金谷)を利用の連続2日間のうちに少なくとも1回、別途「ドラ割特典」(25%割引料金)で自動車航走により利用することが「東京湾ぐるっとパス」の適用条件となる。

 対象車はETC車限定で、料金は普通車2,700円、軽自動車等2,200円。利用は開始前に事前申込が必要。

問:NEXCO東日本 お客さまセンター TEL:0570-024-024(ナビダイヤル。PHS・IP電話からは03-5338-7524) 

2013年11月14日 

■トタル・ルブリカンツ・ジャパン「elfプレゼントキャンペーン」

 世界屈指の総合エネルギー企業、トタルグループが展開するオイルブランド「elf」がキャンペーンを実施中。QRコードまたはよりアクセス、専用フォームから応募すると、抽選でオリジナルアイテム各種をプレゼント!

 賞品は「elfオリジナルジャケット」「elfオリジナルTシャツ」の他、elfがスポンサードしているHonda LCRチームのオリジナルキャップ、ポロシャツ(Lサイズ)、ポーチ、ステファン・ブラドル選手のサイン入りカードの4点「Honda LCRチームセット」を用意。

 期間は2013年12月31日までとなっている。

2013年11月14日 

■アクティブ「BELL シールドプレゼントキャンペーン」

 2013年11月21日から2014年3月20日までの期間、BELLヘルメット購入者全員に標準装備のクリアに加え、シールドを追加でもう一枚プレゼントとなるキャンペーンを実施。

 対象商品はBELLヘルメット全ラインナップ(カラー、サイズ不問)。プレゼント品はBELLヘルメット各モデル専用シールド(全色対象)で、「M3J」はクリア/スモーク/ダークスモーク、「M5XJ」はクリア/スモーク/ダークスモーク/ミラー(シルバー/ブルー/レインボー)の中からチョイス可能だ。

 キャンペーンの詳細は下記WEBサイトにて。

BELL シールドプレゼントキャンペーン

2013年11月13日 

■最終戦で劇的逆転・王座防衛、成田の偉業を共有できる「チャンピオン記念Tシャツ」を読者プレゼント!

成田亮+CRF450R

 10月20日、スポーツランドSUGOで開催された全日本モトクロス選手権。最高峰クラスIA1の前戦までのポイントランキングは、1位:小島庸平(スズキ)310pt. 2位:小方誠(ホンダ)305pt. 3位:平田優(ヤマハ)299pt. 4位:成田亮(ホンダ)298pt.と、激しいチャンピオン争いが展開されていた。

 雨という天候によって転倒者やスタック車両が続出する中、IA1クラスではTEAM HRCの成田亮がヒート1で3位、ヒート2で2位に。チームメイトの小方誠を僅か1ポイント上回り、2013年度のチャンピオンを獲得した。ランキング4位からの劇的逆転王座防衛で、成田にとって3年連続、最高峰クラス9度目のタイトルとなった。

 IA2クラスではランキングトップの富田俊樹 がヒート1・2位、ヒート2・3位と手堅い走りでチャンピオンを獲得。IA7年目の初栄冠となった。


成田亮のコメント
「予選で小島選手が負傷したことから、自分にもタイトル獲得の可能性が出てきたと思いました。しかしそれを意識しだしたことは、走りにはむしろマイナスに働きました。身体の動きが固くなったり、ヒート2でもポイントのことを考えた瞬間に転んだりしましたから。ヒート2の最終ラップで、小方選手と自分との間に緑色のマシンが入っていることは分かりましたが、雨で全員がドロドロでしたから、それが同一周回の選手かどうかまでは判断できませんでした。ゴールしてからチャンピオンだと分かり、思わず泥の地面に倒れ込んで泣いてしまいました。シーズン中盤に調子を落とし、切り替えようと思った第5戦北海道大会ヒート2で転倒ノーポイントに終わったときが、思い返せば最も苦しかったです。正直、心が折れかけました。その状況から立ち直って獲得したタイトルなので、本当にうれしいです」


富田俊樹のコメント
「想像していたよりはリラックスして臨むことができました。ヒート1の序盤は、リズムがつかめずに苦戦しましたが、とにかくチャンピオンのことは忘れるよう自分に言い聞かせて走り、持ち直すことができました。ヒート2は、路面状況がかなり悪かったので、逆にスタートで前に出られれば大丈夫と思っていました。序盤で竹中選手がストップしているのが見えたので、その後はマシンを壊すことなくゴールに運ぶことに集中しました。本当は、最終戦で勝利してチャンピオンになれたらカッコよかったと思いますが、山本選手も速かったですし、この結果にはもちろん満足しています。もうIA7年目なので、ようやくチャンピオンになれた、という気持ちですが、今年は速い若手もどんどん登場してくる中で、自分も成長できたと思います」

2013全日本モトクロス選手権・ポイントランキング
●IA1クラス
1位:成田亮(ホンダ)  350ポイント
2位:小方誠(ホンダ) 349ポイント
3位:平田優(ヤマハ) 340ポイント

●IA2ラス
1位:富田俊樹(ホンダ)  372ポイント
2位:山本鯨 (ホンダ) 361ポイント
3位:竹中純矢 (カワサキ) 339ポイント


※写真をクリックするとサプライヤーのロゴが入った背面が見られます

 尚、成田亮の3年連続・9度目のチャンピオン獲得を記念したTシャツを当サイト読者に、記念ステッカー(1枚)とセットで5名(Lサイズ・4名、XLサイズ・1名)にプレゼント! ご希望の方は読者登録()の上、e-mail([email protected])にてご応募を。

 希望商品(成田亮チャンピオン記念Tシャツ)、住所、氏名、WEB Mr.Bikeに対するご意見、ご希望を明記のこと。締切は2013年11月29日(金)。

 運良くプレゼントが当たった方にはWチャンス。喜びの写真と感想(完成写真があると尚良し!)など、応募と同じ上記メールアドレスより「当たった君」係までお送りいただいた方には「WEB Mr.Bike特製ステッカー」をもれなくプレゼント!

本田技研工業

2013年11月12日 

■BMWが東京モーターショー2013の出展モデルを発表

今年のBMWのブースは、電気だけで走る「ニューBMW i3(アイ・スリー)」とプラグイン・ハイブリッド・スポーツカー「ニューBMW i8(アイ・エイト)」を日本に初お披露目、また「ニューBMW 4シリーズ カブリオレ」を世界に初公開するなど話題満載だが、バイクの方でも「BMW R nineT(アール・ナインティ)」を、アジアでのモーターショーでは初登場させるという。

「R nineT」は、BMW Motorradの90年を記念して、Rシリーズをベースにクラシックな雰囲気を残しながらも極めてモダンなモーターサイクルとしたモデル。オリジナルの魅力をそのまま受け継ぐ出力81kW(110ps)のパワフルなボクサー・エンジンを搭載し、様々な時代のBMWモーターサイクに貫かれた純粋なスタイリングをまといながら、革新的なテクノロジーとモジュラー・コンセプトを融合させ、最高レベルのカスタマイズ性を提供すると説明されている。

「このモーターサイクルの重要な特徴は、フロント・フレームとリヤ・フレームに分かれたスペースフレーム構造にあります。ピリオン・フレームは簡単に脱着でき、二人乗りでも一人乗りでもどちらにも対応でき、オプションのシートを装着すると、R nineTは昔ながらの“カフェ・レーサー”の雰囲気を醸し出します。またフロントには倒立テレスコピック・フォークを、またリヤにはEvoパラレバー・サスペンションを採用するなど、クラシカルな外観を保ちながらも高品質なサスペンション・テクノロジーを盛り込んでいます。アルミ製の燃料タンクは、手作りの趣きと深い思いを込めた情熱を象徴するように念入りにエアブラシ塗装が施され、コーティングされています。そのほかにも多くのアルミ鍛造パーツを装備するR nineTは、上質なクラフツマンシップと高い品質を誇ります。純粋さと洗練された雰囲気を放つデザインにふさわしく、ブラックストーム・メタリック塗装仕上げを施しています」(リリースより)。

BMWジャパン 

2013年11月8日 

■ホンダ・スーパーカブ50、110など 5車種のリコール(平成25年11月7日届出)

 対象車両は型式JBH-AA04(通称名:スーパーカブ50 プロ)の 車台番号AA04-3000201~AA04-3010962(製作期間:平成24年6月8日~平成25年7月11日)の10,762台、型式JBH-AA04(通称名:スーパーカブ50 MD)の車台番号AA04-3080201~AA04-3081782(製作期間:平成24年6月8日~平成24年9月14日)の1,582台、型式EBJ-JA10(通称名:スーパーカブ110 プロ)の車台番号JA10-3000201~JA10-3002857(製作期間:平成24年6月7日~平成25年9月4日)の2,657台、型式EBJ-JA10(通称名:スーパーカブ110 MD)の車台番号JA10-3080201~JA10-3086418(製作期間:平成24年6月8日~平成24年9月27日)の6,218台、型式EBJ-JA10(通称名:クロスカブ110)の車台番号JA10-4000201~JA10-4001879(製作期間:平成25年4月6日~平成25年8月24日)の1,679台、計2型式(計5車種)、計22,898台。

 不具合の部位(部品名) は「制動装置(前輪用ブレーキケーブル)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「前輪ブレーキにおいて、ケーブルエンドへのインナワイヤ鋳込み位置が不適切なため、坂道などの駐停車時に使用するパーキングレバーの操作を繰返し行うと、ケーブルエンドが破損し、前輪ブレーキが利かなくなるおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、前輪用ブレーキケーブルを良品と交換する」という。

 改善箇所説明図は

問:本田技研工業株式会社 お客様相談センター  
TEL:0120-086819

2013年11月7日 

■“世界一のテクノロジーモーターショー”間もなく開催

概要記者発表会に出席した、日本自動車工業会の豊田会長、名尾副会長・専務理事、石田モーターショー室長


 「世界にまだない未来を競え。」をテーマとする乗用車、商用車、二輪車、部品・機械器具関連製品などの総合ショー、 第43回 東京モーターショー2013が11月22日(金)から12月1日(日)までの10日間(一般公開は11月23日から)開催される。会場は前回と同じ、江東区有明の東京ビッグサイト。その概要記者発表会が行われた。

 リーマンショックによる出展者の減少、会期の短縮、そして拡大傾向にあるアジア諸国でのショー開催など、ここ近年の東京ショーの開催規模は以前に比べ縮小傾向にあるが、技術大国・日本が世界に誇るものはまだまた多い。来年で初開催(昭和29年)からちょうど60年を迎えるという東京モーターショーが目指すのは前回に引き続き“世界一のテクノロジーモーターショー”だ。

 今回は世界12ヶ国から合計177社180ブランドが参加、ワールドプレミアは76台、ジャパンプレミアは81台に。ワールドプレミアは前回ショーの43%増だという。

 前回と同様、日本の技術の先進性を国内外に発信する主催者テーマ事業、さらに東京モーターショーとの連動イベント も開催される。

 ファンの裾野を広げる参加・体験型の多彩な企画も用意。バイク関連では11月28日から12月1日まで、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ、BMW、KTMといったメーカーが参加する「二輪車試乗会」が催される。

 入場料は当日券 一般1,500円、高校生500円、中学生以下無料(前売券、アフタヌーン券、ナイター券もあり)。初の試みとして、特別招待日(11月22日)の午後5時30分より8時に入場者を1万人に限定する「プレビュー・ナイト」も実施。入場料3,000円でゆったりと東京モーターショーを楽しむことが可能だ。

第43回 東京モーターショー 2013

2013年11月6日 

■トライアンフの新クルーザー「アメリカ(AMERICA)」を日本導入

 トライアンフジャパンは、トライアンフの新しいクルーザータイプの定番となる「アメリカ(AMERICA)」の販売を11月5日よりトライアンフ正規販売店において開始する。

 定番の865ccエンジンを搭載する「アメリカ」は、トライアンフクルーザーラインアップの中で、もっともエントリーユーザー向けに位置づけられたモデルで、正真正銘のクルージング体験を得ることができつつも、いわゆる“Vツイン・クローン”のアメリカンタイプとは明確に違った特性、特徴を備えているという。スタイリングはクラシカルな“レイドバック”ポジションで、フロント16インチ、リア15インチの鋳造合金キャストアロイホイールにハイウォールタイプのタイヤを履き、フロントにはディープタイプフェンダー。同時にプルバックハンドルバーやフットボードとヒール&トゥーシフトのフォワードフットコントロールがトラディショナルなロー&レイドバックの外見をかもし出している。

「690mmの低シート高、扱いやすい250kgの車両重量で誰にでもすぐに乗ることのできる1台です。トライアンフのエンジニアたちは、このアメリカが広い範囲のライダーたちに受け入れるだろうことを考え、作りました。すっと届くサイドスタンドや好感の持てる曲線美をもつスタイリングなど、クールな見た目を好むが、楽しさや扱いやすさを求める、多くのライダーに興味を持ってもらえることでしょう」(リリースより)。
 

 
■空冷並列2気筒865cc、270度クランク、最高出力61Ps/6800rpm、最大トルク72Nm/3300rpm、前輪16インチ、後輪15インチホイール、シート高690mm、ライダー・フットボード、ラージブレーキペダル、ヒール&トゥーシフト、マシン加工フィニッシュのシリンダーフィン、クローム仕上げのクラッチカバー、チェーンガードなどを採用。

車体色はメタリック・ファントムブラックと、新しいツートーンのスタイルであるレッド・オン・レッド。標準小売り価格はブラックが920,000円/966,000円、レッドが940,000円/987,000円。

●トライアンフコール TEL03-6272-4705

www.adulttorrent.org/details/melly_2_futanari_dreamland

www.eurobud.com.ua