MBニュース&トピック

 

2018年5月8日 

■初夏の富士の風物詩、日本最大級のオートバイイベント!

 富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町中日向694)にて5月19日(土)・20日(日)の2日間、「BLUE SKY HEAVEN2018 」が開催される。1998年よりスタートし今年20回目、アウトドアと音楽を愛する人であれば誰でも楽しめる二輪免許不要のハーレーダビッドソン公式ミュージック&キャンプ・フェスだ。今回は全国から約6,000台のモーターサイクルが集結し、ハーレーダビッドソンの誕生115周年と20回目のイベントをお祝いする予定。

 イベントの目玉の一つであり、1,000台以上のハーレーダビッドソンがサーキットで一斉走行を行う「H.O.G.(ハーレーオーナーズ グループ)パレード」をはじめ、ハーレーダビッドソン最新2018年モデルを試乗できる「Freedom on Circuit」、バラエティ豊かなアメリカン・フードを中心とした飲食ブースや、記念Tシャツなど会場でしか手に入らないお宝アパレルやアクセサリが並ぶ「BLUE SKY MARKET」の他、「ネイルアート」と「フェイクタトゥー体験」 や「お子様向けアトラクション」なども用意 。

 ライブステージはオリジナル・ラブ、スチャダラパー、SANABAGUN.(サナバガン)、Rei(レイ)、THE THROTTLE (ザ・スロットル)の5組が出演を予定。

BLUE SKY HEAVENスペシャルサイト

2018年5月7日 

■次回“平成最後の昭和の日”にまたお会いしましょう!

 4月29日、東京サマーランド(東京・あきる野)第2駐車場エリアにて昭和の日・恒例イベントとなっている「モンキーミーティングin多摩」が開催された。モンキーはそもそも、ホンダの遊園地・多摩テックの乗り物として誕生したバイク。そんなこともあってモンキーミーティングは多摩テックで開催されてきたイベントだが、同地が2009年に惜しまれつつ閉園。その後は同じ多摩丘陵、同じ娯楽施設ということで会場をちょっと西に移動、東京サマーランドで開催されるようになった。

 モンキーミーティングの目的はユーザー同士の親睦を深め、ホンダの二輪文化を発信するというもの。イベント自体はモンキー同様、ホンダの水平シリンダー・エンジン搭載車であるゴリラやダックス、シャリイ、グロムなどでの参加もOKとなっている。事前参加申込制で、参加費にはフリードリンクとランチ、参加記念特製Tシャツも含まれる。

 会場は半世紀以上前に生まれた初代モデルから各限定モデル、さらには原型がわからないほどカスタムされたモデルまで、オーナーの“愛情”が存分に注ぎ込まれたバイクが揃う。そして、同じバイクのオーナー同士の会話も弾む。

 モンキーは生誕50周年を迎えた昨年、排出ガス規制によって一旦ホンダのラインナップから姿を消すこととなったが、グローバルモデルとして125ccにスケールアップ、日本では7月に発売されることが先日発表された。会場では早速、新型モンキー125や、4miniカスタムでお馴染みのスペシャルパーツ武川やキタコのカスタムパーツ装着モデルも展示され、多くのモンキー・ユーザーから注目を浴びる。また、ゲストを招いたトークショー「バイクフォーラム」では新型モンキー125の開発に携わるスタッフから誕生のいきさつ、特徴などが語られた。

 来年はきっと、新型モンキー125の参加も見られることだろう。次回、平成最後となる昭和の日にまたお会いしましょう!

モンキーミーティング 公式ホームページ

2018年5月4日 

■KTM Japan 「新型790 DUKE デビューフェア」

新型790 DUKE

 5月19(土)・20日(日)、全国のKTM 正規ディーラーにて開催。

 昨年のミラノショーで発表された新型790 DUKE(税込メーカー希望小売価格:1,129,000円)はKTM 初の新開発パラレルツインエンジンをデュアルバックボーン型フレームに搭載、799ccでありながら600ccクラスを扱うようなフィーリングを実現。4つのライディングモード、リーンアングルセンサー付コーナリングABS、モーターサイクル・トラクション・コントロール、クイックシフター(シフトアップ、ダウン共)も採用する。


390 DUKE





 尚、フェアでは2018年モデルの390 DUKEの試乗会も同時開催。試乗した人には「KTM 特製キーホルダー」をプレゼント。

KTM Japan

2018年5月2日 

■“Honda製品があるボタニカルライフ”をブース展開「第20回国際バラとガーデニングショウ」

Hondaブースイメージイラスト

 毎年初夏恒例のイベント、日本最大級のガーデニングの祭典こと「国際バラとガーデニングショウ」が5月18日(金)から23日(水)まで、メットライフドーム(埼玉県所沢市)にて開催される。

 同ショウの開催テーマ“自然との共生”に賛同し2004年より毎年出展しているホンダは、菜園やガーデニングに役立つさまざまな自然派のアウトドアライフを提案(2017年2016年2015年2013年の模様) 。今年は「Honda製品があるボタニカル(植物)ライフ」と題し、花や雑木、芝生の庭や装飾菜園(ポタジェ)で構成したボタニカルなガーデンに、展示製品にはブーステーマに合わせてボタニカルなイラストの装飾を施したブースを展開する。

 昨年発売したロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)」など、さまざまなパワープロダクツの使用シーンと併せ、実際に製品に触れることも可能。さらに、四輪車や二輪車も合わせて展示、ホンダ製品のある総合的なボタニカルライフを提案するという。

●主な展示モデル
【パワープロダクツ】
・ロボット芝刈機 Miimo(ミーモ)
・乗用芝刈機 HF2417
・ハンディータイプ蓄電機 LiB-AID(リベイド)E500
・ガスパワー耕うん機 サラダCG FFV300
・ガスパワー耕うん機 ピアンタ FV200
・ガスパワー発電機 エネポ EU9iGB
・ナイロンコードカッター仕様刈払機 UMK425H(UTHT)
・ハンディ―タイプブロワ HHB25
【四輪車】N-BOX(株式会社ホンダアクセス 純正アクセサリー装着車)
【二輪車】スーパーカブ50

第20回国際バラとガーデニングショウ

2018年5月1日 

■ドゥカティジャパン「Scrambler 1100 Preview Tour」「get YOUR Scramblerキャンペーン」

 「Scrambler 1100 Preview Tour」は、6月に導入予定のニューモデル・Scrambler 1100をじっくりと見ることができる、ドゥカティジャパンネットワーク店を中心に展開される催し。スケジュールは下記の通り。

5月3日:ドゥカティ市川 (10時~17時30分) 
5月4~6日:ドゥカティ松戸(10時~17時30分) 
5月12日:THE LAND OF [email protected]九十九里(11時~14時)
5月19日:静岡森町 茶ミーティング(9時~16時) 
5月20日:ドゥカティ浜松 (10時~19時)
5月26日:ドゥカティ京都(10時~19時) 
5月27日: ドゥカティ岡崎(10時~19時) 
5月27日:ドゥカティ大阪イースト(10時~19時) 
6月2日:ドゥカティ東名横浜(10時~19時) 
6月3日:ドゥカティ埼玉南(10時~19時) 
6月9日:ドゥカティ東京大田(10時~19時) 

Scrambler 1100 Sport Scrambler 1100 Special Scrambler 1100

 尚、昨年までの横浜から会場を移し5月12日(土)に開催されるスクランブラー・イベント(会場:ザ・パシフィック・ガレージ 千葉県長生郡一宮町新地4433-65)ではスクランブラリスタ、ドゥカティ・スクランブラーに興味のある人、ツーリングの目的地やミーティングポイントの1つとして立ち寄りたいライダーのために一日だけの特別なベースを用意。レバーエスプレッソマシンによって抽出されたCaféもあり。

Scrambler 1100 Preview Tour




 「get YOUR Scramblerキャンペーン」 は9月30日(日)までの期間、ドゥカティジャパンネットワーク店にてScrambler 800 シリーズ及びScrambler Sixty2の新車を成約・登録した入を対象に、特別低金利デスモプラン0.99%が利用でき、5万円(税込)分の ドゥカティ純正アクセサリー&アパレルがプレゼントされるというもの。また、キャンペーン期間中に来店、専用アンケートに回答すると、毎月3名に「ドゥカティオリジナルETC」をプレゼント。

Scrambler Desert Sled Scrambler Cafe Racer Ducati Scrambler Sixty2

get YOUR Scramblerキャンペーン

2018年5月1日 

■ダンロップの二輪用タイヤWEBサイトがリニューアル

 創業者として知られるジョン・ボイド・ダンロップが世界で初めて空気入りタイヤを実用化して今年で130周年を迎えたダンロップ。

 リニューアルとなった住友ゴム工業の二輪用タイヤWEBサイトはユーザーの利便性向上、コンテンツ拡充を目的に、商品情報をはじめ国内外のレースリポートやイベント情報など豊富なコンテンツを提供、最新情報をタイムリーに発信していくという。

2018年4月27日 

■トライアンフ・スラクストンR、スラクストンのリコール(平成30年4月26日届出)

 対象車両は型式EBL-HJ1200(通称名:スラクストン R)の車台番号SMTDAD72H4G747514 ~ SMTDAD72H4J843570(製作期間:平成 28 年 3 月 5 日~平成 29 年 6 月 6 日)の263台、型式EBL-HJ1200(通称名:スラクストン)の車台番号SMTDAD71H4G757193 ~ SMTDAD71H4J842524(製作期間:平成 28 年 3 月 10 日~平成 29 年 6 月 2 日)の68台、型式2BL-DHJ1200(通称名:スラクストンR)の車台番号SMTDAD72H4J850960 ~ SMTDAD72H4J868600(製作期間:平成 29 年 8 月 1 日~平成 29 年 12 月 7 日)の30台、型式2BL-DHJ1200(通称名:スラクストン)の車台番号SMTDAD71H4J855018(製作期間:平成 29 年 9 月 4 日)の1台、計2型式、計2車種、計362台。

 不具合の部位(部品名)は「燃料装置(エレクトロニックコントロールモジュール)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「燃料を制御するエレクトロニックコントロールモジュール(略称:ECM)のプログラムが不適切なため、エンジンが低回転で低速運転中にクラッチ操作を行い、急にスロットルを開閉すると、吸気が追いつかずエンジンの燃焼状態が悪くなることがある。そのため、エンジン回転が低下し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、ECMのプログラムを対策プログラムに書き換える」という。

 改善箇所説明図は

問:トライアンフコール
TEL:03-6809-5233

2018年4月27日 

■ドゥカティX ディアベル、X ディアベルSのリコール(平成30年4月26日届出)

 対象車両は型式EBL-GA01(通称名:X ディアベル、X ディアベルS)の車台番号ZDMGA01JAGB001886~ZDMGA01JAHB006417(製作期間:平成 28 年 3 月 23 日~平成 28 年 11 月 21 日)の352台、計1型式、計1車種、計352台。

 不具合の部位(部品名)は「エンジン始動装置(スタータクラッチ)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「エンジン始動装置において、フライホイールに装着されたスタータクラッチケージの強度が不足しているため、始動を繰り返し行うと当該ケージが破損し、最悪の場合、エンジンが始動しなくなるおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、スタータクラッチを対策品に交換する」という。

 改善箇所説明図は

問:ドゥカティジャパンお客様相談窓口
TEL:0120-030-292

2018年4月26日 

■壇蜜を迎え東京MCショーの会場から、5月のMOTORISE!

 毎週金曜日22時30分からBS11(日本BS放送)にて放送中、ハードからソフトまで様々なモーターサイクルシーンを紹介する“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」は、全国視聴できる唯一のバイク専門番組。5月はバイクの祭典「東京モーターサイクルショー2018」の模様を2回に渡って放送。今後のトレンドを占う最新マシンを一挙紹介お届けする。

 タレント・女優の壇蜜をゲストに迎え、番組ナビゲーター・中野真矢と共にホンダ&ヤマハの注目モデルをリポート。古澤 恵、下川原利紗、そして研修生・桐生美希によるMOTORISEバイク女子会“biko”も各ブースを巡り会場内の興奮を紹介する。

 他、今話題となっているニューモデルの試乗インプレッション、壇蜜を迎え大盛況となった「MOTORISEステージ」の様子などもあり。

 放送スケジュールは「Vol-177 東京モーターサイクルショー2018 Part1」が5月4日(5月18日再放送)、「Vol-178 東京モーターサイクルショー2018 Part2」は5月11日(5月25日再放送)となっている。

 5月のMOTORISEもお見逃しなく!

MOTORISE

2018年4月25日 

■KADOYAがサマーフェア開催、 ノベルティプレゼント&春夏カタログ無料送付中!

「レザーパスケース」

 4月28日(土)から6月24日(日)までの期間、KADOYA直営店およびオフィシャルオンラインショップにて30,000円(税別)以上商品を購入すると、KADOYAで高い実績を誇るハードステアを用い、タフにシンプルに仕上げた限定生産品「レザーパスケース」をプレゼント中。日本国内で縫製を行い、革表面にはKADOYA LEATHER GARMENT LOGO を刻印。電子マネーの持ち歩きや電車・バスでの通勤に便利、普段の生活の中に華を添えるアイテムだ。ノベルティプレゼントは無くなり次第終了となる。


「春夏カタログ」

 一方、新作の春レザー、ブーツ&グローブ、レインウエア、真夏に向けてのパンチングレザー&メッシュ、直営店限定の別注モデルなど、「春夏カタログ」では80年以上の歴史を誇るKADOYA拘りの製品を網羅。希望者はホームページ「カタログ請求フォーム」より請求のこと(無料)。尚、電子ブック閲覧のデジタル版もあり。


問:KADOYA 東京本店
TEL:03-3843-2000

www.prosto-pereezd.com.ua

подробнее militarycenter.com.ua

yarema.ua/tkani-dlya-shtor/shtory