MBニュース&トピック

 

2015年2月26日 

■社長人事内定、八代目はCR-Vなどを手掛けた八郷氏

伊東孝紳 代表取締役社長 社長執行役員、 八郷隆弘 常務執行役員

 本田技研工業は2月23日の取締役会にて、常務執行役員の八郷隆弘(はちごう たかひろ)氏を4月に専務執行役員とすることを決定、6月には代表取締役社長 社長執行役員とする人事を内定した。伊東孝紳 代表取締役社長 社長執行役員は取締役相談役とする人事を内定。内定人事は6月開催予定の定時株主総会終了後の取締役会にて正式に決定する予定。

(以下、リリースより)

 社長に就任予定の八郷は、1982年にHondaに入社、その後、車体設計を中心に四輪車の研究・開発に従事してきました。1999年に発売した初代USオデッセイの開発責任者代行を経て、2001年に発売した2代目CR-Vでは開発責任者を務めました。

 2004年4月から2006年3月まで、ホンダアールアンドディアメリカズ・インコーポレーテッドに上級副社長として駐在し、現地での開発を推進しました。2006年4月に株式会社本田技術研究所(以下、本田技術研究所)の執行役員に、2007年4月に、常務執行役員に就任、2008年3月に退任し、4月に本田技研工業株式会社(以下、本田技研工業)の購買本部で四輪購買二部長を務め、6月に本田技研工業の執行役員に就任しました。2011年4月に鈴鹿製作所長に就任、2012年4月にホンダモーターヨーロッパ・リミテッドの取締役副社長に就任、2012年9月にホンダアールアンドディヨーロッパ(ユー・ケー)リミテッド取締役社長に就任しました。2013年4月に中国生産統括責任者として、本田技研工業(中国)投資有限公司の副総経理に就任、11月に本田技研科技(中国)有限公司の副総経理に就任、2014年4月に本田技研工業の常務執行役員に就任し、現在に至っています。

 伊東は、1978年Hondaに入社、車体設計を中心に四輪車の研究・開発に従事。1990年に発売したNSXでは、量産車世界初のオールアルミ・モノコックボディの開発を担当。2000年6月に本田技研工業取締役に就任。その後本田技術研究所社長、鈴鹿製作所長を歴任、2009年6月に本田技研工業社長に就任しました。

 約6年の任期の間には、メキシコ、ブラジル、タイ、インドネシア、インド、中国の四輪車工場、ベトナム、インド、中国の二輪車工場の設立などを決定し、グローバルでの生産体制を構築しました。また、軽自動車Nシリーズの開発、アースドリームステクノロジーに代表されるパワートレインの開発や各地域の開発体制の整備などを通じて、Hondaの事業基盤を強化しました。2015年度には、伊東が主導してきました、CO2排出ゼロを目指して開発している燃料電池車の発売、走る喜び、操る楽しさを追求したS660、Civic Type R、NSXの投入、モータースポーツ最高峰であるF1に参戦、航空機HondaJetやジェットエンジンの事業化が実現します。

Hondaの歴代社長と任期
本田宗一郎  1948年9月〜1973年10月
河島喜好   1973年10月〜1983年10月
久米是志   1983年10月〜1990年6月
川本信彦   1990年6月〜1998年6月
吉野浩行   1998年6月〜2003年6月
福井威夫   2003年6月〜2009年6月
伊東孝紳   2009年6月〜2015年6月(予定)

2015年2月25日 

■サーキットの“華:花”となれ! 「2015オートポリスサーキットクイーン」募集、4月26日に公開コンテストを実施!!


2014 AUTOPOLIS CIRCUITQUEEN

 全日本ロードレース選手権(4月、9月)やスーパーGTシリーズ(11月)が開催される九州唯一の国際レーシングコース「オートポリス」では、今年もサーキットクイーンを募集。モータースポーツ・イベントをメインに活躍が期待される“サーキットの華”として、 貴女の知らない自分を発見するチャンス! 尚、4月26日(日)に開催される「九州モーターサイクルフェスタ2015」(全日本ロードレース選手権・第2戦)では公開コンテストも実施される。




●募集要項

内容:
オートポリスで開催されるレースの進行・表彰およびイベントのお手伝い
各種イベントプロモーション活動におけるメディア出演・市街地での催事など
 
実施日:
一次審査(書類選考) 4月初旬
公開コンテスト      4月26日(日)
※公開コンテストは「全日本ロードレース選手権・第2戦」開催時に実施

昨年の公開コンテストの模様

応募資格:
①九州近圏在住で、16歳~25歳迄の未婚女性
②オートポリスまで各自で来場できること(公共の交通手段なし)
③オートポリスが指定するイベントに従事できること(月1、2回程度ローテーション)
④一次審査通過者は4月26日(日)に開催される最終審査(公開コンテスト)に参加できること 
⑤心身共に健康で、決められた仕事を最後まで遂行できること

応募方法:
自己PR作文(原稿用紙1枚程度)と履歴書(生年月日・身長、スリーサイズ記入)および写真2枚(全身・上半身)を同封し、下記申込先まで郵送

応募締切:
2015年3月31日(火)必着

採用:
3名(2015年7月1日~2017年6月30日(2年間)

章典:
●トロフィー
●賞金
●オートポリス入場フリーパス

申し込み・問い合わせ先:
株式会社オートポリス「サーキットクイーンコンテスト」係
〒877-0312 大分県日田市上津江町上野田1112-8
TEL:0973-55-1111

E-mail:[email protected]

2015年2月25日 

■カワサキモータースジャパン「KAZEメンバー サンクスキャンペーン」

 3月1日(日)~6月30日(火)までの期間、2015年6月末日時点で3年以上継続加入しているKAZEメンバーを対象に“新車ご購入サポートクーポン”を2月25日発行「KAZEネットワークニュース」に同封し送付するキャンペーンを実施。クーポンは、6月30日(火)までに新規登録(届出)を完了し、7月17日(金)までに保証登録を完了した場合のみ利用できる(競技車両は競技車両登録のみ)。

●クーポン適用金額(税込)
125cc以下 10,000円
126cc~400cc  20,000円
401cc以上 30,000円

●クーポン使用条件他
・クーポンはクーポン券面に記載されたKAZEメンバー本人のみが対象
・クーポン記載名義以外での登録は適用不可(法人登録、他人名義登録不可)
・クーポンの再発行はいかなる理由でも不可とする
・クーポンの他人への譲渡、換金は不可

問:カワサキモータースジャパン お客様相談室
TEL:0120-400819

2015年2月24日 

■近藤編集長も久々登場、3月のMOTORISEは放送100回記念スペシャル!

遂に100回を迎えたMOTORISE、記念スペシャルは原点に返って久々にスタジオからお届け。

 毎週火曜日23時からBS11(日本BS放送)にて放送中、“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」。ハードからソフトまで様々なモーターサイクルシーンを紹介する、全国視聴できる唯一のバイク専門番組 として2009年5月にスタートし、遂に放送100回を迎える!

 ということで3月は特別企画、約6年前となる第1回目の放送からVTRで振り返る。数々の企画、多数のゲスト、そして中野真矢をはじめとするレギュラー陣の初登場シーンも一挙公開!

番組ナビゲーターの 中野真矢 アシスタントの古澤 恵、延時成実


番組“名物”編集長・近藤健二

 さらに、スタジオにはMOTORISE創世記で活躍(?)した近藤編集長、(VTR出演)もゲストとして登場。各メンバーは想い出、そして今後の方向性について語る。

 放送スケジュールは「Vol-99〝MOTORISE〟放送100回記念スペシャル Part1」が3月3日(3月17日再放送)、「Vol-100〝MOTORISE〟放送100回記念スペシャル Part2」は3月10日(3月24日再放送)。

 お宝映像満載の放送100回記念スペシャル、お見逃しなく!

MOTORISE

2015年2月24日 

■より安全に、さらに快適な「Honda Riding Gear 2015年 秋冬モデル」は話題満載

 年2回、バイクライフを豊かにする新製品を投入している「Honda Riding Gear」。定番スタイルから最新トレンドを取り入れた「2015年 秋冬モデル」が2月18日、発表された。全48アイテムは2015年9月より、全国のホンダ二輪正規取扱店より順次発売される。

 2015年 秋冬モデルは、各製品のキャラクターを①スポーツライン②ベーシックライン③カジュアルラインの3つのラインに整理。ユーザーはよりわかりやすく、製品を選べるようになったのが特徴だ。

 街着としても使えるカジュアルラインの中でも、アパレルメーカーやデザイナーによる高付加価値モデルには今回、フライトジャケットでお馴染み「AVIREX」とのコラボ・モデルを初ラインナップ。また、時間をかけて開発されたライデイングシューズの登場もトピックスとなっている。
 
問:ホンダモーターサイクルジャパン お客様お問い合わせ窓口
TEL:03-5993-8667

※価格は全て税抜き

Honda×AVIREX MA-1ライディングブルゾン:フライトジャケットスタイルを取り入れた2015秋冬イチオシ製品。中綿にはサーモライトを使用し、防寒着としての心地よさも実現。28,000円~。(モデルはハルクプロよりJSB1000に参戦する浦本修充選手) Honda×AVIREX N-3Bライディングジャケット:極寒地域のパイロットに使用された“最強の防寒用ジャケット”N-3Bをライダー向けに展開。中綿にサーモライトを採用し、ソフトプロテクターも装備。35,000円~。(モデルは内田加奈子さん) Honda×SHINICHIRO ARAKAWA MELTON WOOL BLOUSON:定番のPコートをアレンジ。普段着としても使えるカジュアルなデザイン。防風機能も備え、CE規格のソフトプロテクターを標準装備。39,500円~。 Honda×SHINICHIRO ARAKAWA STADIUM BLOUSON:レーシングシーンをイメージさせるカジュアルなデザインのブルゾン。表地はウール80%、ナイロン20%。CE規格のソフトプロテクターを標準装備。29,200円~。
Honda ツイード・ライダースジャケット:トラディショナルな風合いにタフなレザーの質感を備えた大人のライダーズ。27,000円~ Honda CLASSICS WIND STOP Pコート:中綿に加え、防風フィルムをインサートするバイカー向けPコート。レディスサイズも用意。22,500円~ Honda CLASSICSスタジアムブルゾン:シンプルなデザインにロゴを配し、ライデイングに必要な操作性と機能性を追加。23,800円~ Honda CLASSICSクラシックロングジャケット:ヘリンボーン素材を使用するクラシカルなデザインと高機能が融合。24,500円~
HRC グレイス ライダースジャケット:本革の風合いを追求した最新のフェイクレザーを採用。日本限定カラーも用意。24,800円~。 Honda ライディングウインタージャケット:オートバイ用ジャケットに必要な機能を高次元でまとめた定番の一着。26,000円~。 Honda ウインタージャケット:CE規格ハードプロテクターを標準装備する、コストパフォーマンスに優れたジャケット。21,000円~。 Honda ライダース・ボアジャケット:贅沢な機能とデザインはそのままに、カラーバリエーションが豊かにモデルチェンジ。23,500円~。
Honda BOA GT COMFORT SHOES:2年の歳月をかけて開発されたフットウェアをリリース。ダイヤルを回すだけで簡単かつ素早く好みのフィット感に調整できる“BOAレーシングシステム”を採用。25,800円。 Honda×SHINICHIRO ARAKAWA Monkeyシャツ/Monkeyトレーナー:Monkeyをあしらった人気アイテム。トレーナーは各部にバイク乗りのための機能を搭載。9,500円~/7,800円~。 Honda ウインドブレークフリースジャケット(左)/ウインドストップ・レイヤードジャケットⅢ:インナーとして、アウターとしても優れた機能を発揮する人気アイテム。9,500円~/9,800円~。
パンツ、グローブ、バッグ、小物など、 2015年 秋冬モデルは全48アイテムをラインナップ。

2015年2月23日 

■ミツバサンコーワ「ETCでスイスイ快適ツーリング キャンペーン2015[春]」

 3月1日(日)から5月10日(日)までの期間、を購入した人の中から抽選で1,000名に豪華プレゼントが当たるキャンペーンを実施。

 期間中、対象商品(MITSUBA二輪車用ETC車載器 MSC-BEシリーズ全機種)を新規購入後、セットアップ及び取り付けを行い、締切日(5月15日。消印有効)までに応募した人が対象。

●プレゼント商品
A賞 ニコン デジタル一眼レフカメラ「D3300」(5名)
B賞 近畿日本ツーリスト ペア宿泊券「ベストセレクション」(5名)

 さらに、抽選に外れた人の中から抽選で990名に「ENEOSプリカ[3,000円分]」が当たる Wチャンス賞もあり! キャンペーンの詳細は下記サイトにて。

問: ミツバサンコーワ ETCキャンペーン事務局
TEL:03-3938-3201
(キャンペーンサイト)

2015年2月23日 

■ゴールドウイングをベースにハイクオリティ、ロープライスのトライク「TRIKES F6T」を開発

 昨年、ハーレーダビッドソンがトライクをラインナップに復活させたことで、トライク市場にちょっとしたブームが起こってきている。特に国内ではリターンライダーの増加などで、ハーレーなどの大型モデルには乗りたいが、ちょっと体力が、というユーザー層にも人気を呼んでいるとか。

 で、国産トライクに新星が登場した。ホンダのゴールドウイングをベースにトライク仕様としたモデルで、クオリティはハイエンドを目指しながら、リーズナブルな価格に抑えたという「TRIKES F6T」だ。

 発売元のトライク社では、大型バイクに体力的に自信の持てないリターンライダーの方や、普通免許しかない方でも乗れる超弩級モデルとして積極的に売り込む計画で、年間200台の販売を予定している。価格は4,750,000円~(税別)。

     One more Wheel, One more Feel!

●全長×全幅×全高:2995×1500×1250mm、ホイールベース:1750mm、シート高:740mm、燃料タンク容量:25リットル、リアタイヤサイズ:純正=215/60R16(オプションで235/45R18)、リアサス:プッシュロッド式独立懸架。ベース車両は、ゴールドウイング、ゴールドウイング・エアバッグ・ナビ、F6Bから選択が可能。 日本科学未来館で行われたTRIKES F6Tの発表会。クオリティの高さをアピール。数あるゴールドウイングをベースにしたトライクの中でもハイエンドモデルを目指したという。

■トライクス(TEL03-5312-9555 )

2015年2月23日 

■カワサキモータースジャパン「KAZEチャレンジ・クルーズ2015」開催

 期間内にバイクでどれだけ走ることができるのか? そんなマイレージ・ゲームのような「チャンレンジ・クルーズ」が今年もカワサキライダーズクラブKAZEの主催で行なわれる。

●実施期間
1st stage  2015年3月1日~2015年5月31日まで
2nd stage  2015年7月1日~2015年9月30日まで

●参加資格
KAZE会員(エントリーから各賞発表までの期間、会員である事)
カワサキのオートバイで参加すること

●内容
上記期間中、オートバイの走行距離を競う
参加クラスは原付のAクラス(125cc以下)と、軽二輪以上のBクラス(126cc以上)

●参加料
無料

●賞典
○参加賞:エントリー者全員にカワサキタオルをプレゼント

○ベスト6賞 各クラス上位6名
1位:トロフィー+カワサキ用品2万円分
2位:トロフィー+カワサキ用品1万5千円分
3位:トロフィー+カワサキ用品1万円分
4位:トロフィー+カワサキ用品8千円分
5位:トロフィー+カワサキ用品5千円分
6位:トロフィー+カワサキ用品3千円分

○飛び賞:全参加者の中から100位、200位、300位、400位、500位の5名にカワサキウエアまたはグッズプレゼント

○KAZE提携施設賞:全参加者の中から抽選でペア2組にKAZE提携施設無料宿泊券をプレゼント

○Ninja H2賞:Ninja H2でエントリーした参加者の中から抽選で3名にオリジナルグッズをプレゼント

○Ninja250SL賞:Ninja250SLでエントリーした参加者の中から抽選で3名にカワサキウェアまたはグッズプレゼント

○特別賞:全参加者の中から抽選で4名に、チームグリーンの柳川選手と渡辺選手、そしてカワサキレーシングチームの新井選手と三原選手のサイン入りウエアプレゼント

○U29賞:29歳以下の参加者の中から抽選で30名にオリジナルTシャツプレゼント

○Over3000賞:Bクラスにエントリーした参加者の中で、3,000キロ以上走行した人の中から抽選で10名に、カワサキウエアまたはグッズをプレゼント

○Over1000賞:Aクラスにエントリーした参加者の中で、1,000キロ以上走行した人の中から抽選で5名に、カワサキウエアまたはグッズをプレゼント

 各回それぞれ同クラスへのダブルエントリーは不可。一人で複数入賞した場合は上位優先となる。

問:カワサキモータースジャパン KAZE本部事務局
TEL:0120-100819
受付時間:月~金 9時~12時、13時~17時(祝日、休日を除く)
(KAZEチャレンジ・クルーズ)

2015年2月23日 

■ホンダNC750S、NC750Lのサービスキャンペーン

 対象車両は型式EBL-RC70(通称名:NC750S)の 車台番号RC70-1000382~RC70-1000441(製作期間:平成26年2月17日~平成26年3月14日)の40台、型式EBL-RC67(通称名:NC750L)の 車台番号RC67-1001524~RC67-1001548 (製作期間:平成26年3月6日~平成26年3月12日)の25台(教習車専用)、計2型式、計2車種、計65台。

 不具合の内容は「シートロックキーの構成部品であるキーシリンダーとグリスの組合せが不適切なため、ラゲッジボックスリッドのロック開錠操作時に、キーシリンダーの摺動抵抗が増加するものがあります。そのため、高温環境下において、キー操作によってラゲッジボックスカムが変形してさらに摺動抵抗が大きくなり、強い力でキーを操作するため、最悪の場合カム山が破損し、キーが空回りをして、ラゲッジボックスリッドのロックが開錠できなくなるおそれがあります」というもの。

 改善の内容は「キーシリンダーのラゲッジボックスカムを新品に交換するとともに、キーシリンダーとカムの摺動面に対策グリスを塗布します」という。

問:本田技研工業 お客様相談センター  
TEL:0120-086819

2015年2月20日 

■ハーレーダビッドソン2011-2012年式モデル12車種のリコール(平成27年2月20日届出)

 対象車両は型式BW5(通称名:ヘリテイジ ソフテイル クラシック)の車台番号5HD1BW5E2CB018652 ~5HD1BW5E4CB039180(輸入期間:平成23年9月29日~平成24年4月17日)の235台、型式BX5(通称名:ファットボーイ)の車台番号5HD1BX5E6CB018935 ~5HD1BX5E5CB039176(輸入期間:平成23年10月7日~平成24年4月18日)の165台、型式GN4(通称名:ローライダー)の車台番号5HD1GN4E1CC307903 ~5HD1GN4E1CC321784(輸入期間:平成23年9月30日~平成24年3月22日)の164台、型式GP4(通称名:ワイドグライド)の車台番号5HD1GP4E8CC307926 ~5HD1GP4E0CC322016(輸入期間:平成23年9月29日~平成24年3月23日)の67台、型式GV4(通称名:スーパーグライド カスタム)の車台番号5HD1GV4E7CC307985 ~5HD1GV4E7CC321692(輸入期間:平成23年9月30日~平成24年3月23日)の22台、型式GX4(通称名:ストリートボブ)の車台番号5HD1GX4E4CC307941 ~5HD1GX4EXCC321942(輸入期間:平成23年9月30日~平成24年3月23日)の92台、型式GZ4(通称名:スイッチバック)の車台番号5HD1GZ4E7CC307203 ~5HD1GZ4E1CC322053(輸入期間:平成23年9月26日~平成24年3月22日)の195台、型式JD5(通称名:ソフテイル デラックス)の車台番号5HD1JD5E1CB021050 ~5HD1JD5E3CB038979(輸入期間:平成23年10月27日~平成24年3月30日)の106台、型式JN5(通称名:ファットボーイ ロー)の車台番号5HD1JN5E5CB018612 ~5HD1JN5E0CB039027(輸入期間:平成23年10月7日~平成24年4月16日)の126台、型式JP5(通称名:ブラックライン)の車台番号5HD1JP5E0CB021042 ~5HD1JP5E7CB039182(輸入期間:平成23年10月27日~平成24年4月18日)の68台、型式JR5(通称名:ソフテイル スリム)の車台番号5HD1JR5F9CB029998 ~5HD1JR5F3CB039118(輸入期間:平成24年1月20日~平成24年4月17日)の203台、型式GY4(通称名:ファットボブ)の車台番号5HD1GY4E5CC307999 ~5HD1GY4E3CC321366(輸入期間:平成23年9月30日~平成24年3月19日)の17台、計12型式、計12車種、計1460台。

 不具合の部位(部品名)は「制動装置(フロントブレーキマスターシリンダー) 」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「フロントブレーキマスターシリンダーにおいて、リザーバータンクのねじ山加工後の洗浄が不適切なため、当該部に異物が付着しているものがある。そのため、 そのままの状態で使用を続けると、異物によって当該部が腐食してブレーキ液が漏れ出し、制動力が低下するおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、フロントブレーキマスターシリンダー内部を点検し、異常がある場合は、良品のフロントブレーキマスターシリンダーに交換する。異常が無い場合は、フロントブレーキマスターシリンダーの洗浄を行う」という。

 改善箇所説明図は

問:ハーレーダビッドソン ジャパン お客様窓口
TEL:0800-080-8080

www.best-cooler.reviews/category/flexifreeze/

www.agroxy.com/prodat/podsolnechnik-155/vinnitskaya-obl