MBニュース&トピック

 

2014年5月21日 

■6月のMOTORISEは藤岡 弘、をゲストに迎え、仮面ライダーとバイク、珈琲を語る!


 BS11(日本BS放送)で毎週火曜日23時から放送中、“大人のバイク時間”こと「MOTORISE」。 6月は仮面ライダー1号の“本郷 猛”として、また“役者バカ”としてお馴染み、バイク・フリークとしても知られる俳優の藤岡 弘、が登場。ファンにはたまらない熱いトークを2回に渡って展開する!

 6月3日放送(6月17日再放送)「Vol.81 藤岡 弘、仮面ライダーを語る!」では海外でも活躍する彼の俳優人生、仮面ライダー撮影当時の秘話などが、悪の組織“ショッカー”の秘密基地を模したと思われるシチュエーションの下、明らかに。

 後半、6月10日放送(6月24日再放送)「Vol.82 藤岡 弘、バイクと珈琲!」では、番組ナビゲーター・中野真矢と共に新緑の季節を満喫すべく近郊へライディング。藤岡 弘、自らプロデュースした「藤岡、珈琲」のもてなしを受け、熱いトークが展開される。

 6月のMOTORISEもお楽しみに!

MOTORISE

2014年5月20日 

■ヤマハが新開発の2気筒250ccエンジンを搭載した
スーパースポーツ“YZF-R25”をインドネシアで発売

 昨年の東京モーターショーで“ワールドプレミア”世界初公開されて話題を呼んだYZF-R25が、国内発売より一歩先にインドネシア市場で7月から発売されることになった。何故インドネシアか、といえばYZF-R25の製造がインドネシアのヤマハのグループ会社「PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing」(以下YIMM)で行われるからなのだろう。もちろんその後は、ヤマハの「新中期経営計画」(2013年~2015年)の“事業規模拡大”を担うグローバルモデルとして、インドネシア国内だけでなく、アセアン、そして先進国市場へと販売を拡大してくれるはず。

 YZF-R25の開発コンセプトは、“毎日乗れるスーパーバイク”。クラス最高レベルとなるエンジン出力と、YZF-Rシリーズの一員としての軽量な車体とデザインなどにより、“250スーパースポーツ”と呼ぶにふさわしい高次元な走行性能とスタイルを具現化しているという。一方で、デイリーユースでの軽快な走行性と扱いやすさ、様々なシーンでの爽快な走りも実現しているモデルでもあるという。ちなみに、東京モーターショーに参考出品されたR25とは、デザインから車体構成までかなりの部分が異なるが、あちらはレーサー、こちらは公道を走る一般車両の違い、といえないこともない。

 インドネシアでは、近年スポーツモデルの人気が高まりつつあり、YIMMでも、レースを活用したマーケティング活動に加え、昨年11月にはスーパースポーツのフラッグシップモデル、YZF-R1、YZF-R6を導入、今年5月にはYZF-R15の製造・販売を開始するなど、「スポーツイメージ」を重点に置いたブランド戦略を行っている。今回のこのYZF-R25の投入で、“YZF-R”シリーズの新たなラインナップが拡充され、これにより、さらなる販売拡大、ブランド力強化を進められるという。販売計画は、発売開始が7月、価格は、53,000,000ルピア(ジャカルタ店頭価格、日本円にして約46万8千円)。販売計画台数は、12,000台(発売から1年間、インドネシア国内)。カラーは、ブルー&ホワイト/ブラック/レッドの3色となっている。

カラーは3色。ブルー&ホワイト。 ブラック。 レッド。

●YZF-R25(ヤマハの発表リリースより)

《開発の狙い》
 1998年、当社は欧米市場の新たなスーパースポーツのフラッグシップモデルとして「YZF-R1」(1,000cc)を導入、高性能エンジンと軽量な車体との組み合わせにより実現させた、ワインディングロードにおけるエキサイティングな走行性能で高い支持を得てきました。その後「YZF-R6」(600cc)、「YZF-R7」(750cc)とシリーズを充実、2008年には「YZF-R15」(150cc)をインドへ、「YZF-R125」(125cc)を欧州に投入しています。今回の新製品「YZF-R25」は、近年スポーツモデルの人気が高まりつつあるインドネシア市場をはじめ、グローバルに通じる250ccスーパースポーツとして開発しました。

《主な特徴》
1) 高性能な新開発2気筒エンジン
新開発の水冷250cc直列2気筒FIエンジンを搭載しました。最新の解析技術に基づき、混合気の流量を最適に確保しながら燃焼室でタンブル(混合気の縦渦)を積極的に生成させ、素早い燃焼促進を図っており、クラス最高レベルの最高出力を達成するとともに、日常域での扱いやすさを実現しています。また放熱性に優れ軽量なヤマハ独自のDiASilシリンダー※を当社2気筒エンジンとして初めて採用しています。
※「DiASil」(ダイアジル)=Die casting Aluminum-Silicon(ダイキャスト用アルミシリコン合金)を略した造語。

2) マス集中化を図った軽量な車体
曲がりや溶接が少ないシンプルな軽量スチール製フレームを採用しました。クラス最大級の 41㎜インナーチューブ径フロントサスペンション、マス集中に貢献するモノクロスサスペンション、軸間距離との比率をYZF-R1と同一としたリアアームなどにより、優れたハンドリング特性をもたらしています。

3) YZF-Rシリーズを継承するデザイン
YZF-Rシリーズにふさわしいスポーティかつ先進的なデザインを採用しました。RシリーズDNAを継承するマスフォワードシルエットと切れ上がったリアデザイン。2 眼ヘッドライトは鋭い表情を演出する逆スラントデザインとし、高性能イメージを象徴するセンターエアダクトや「YZF-R1」同様のシフトタイミングインジケーターランプの装備など、YZF-Rシリーズを継承するデザインを随所に織り込みました。

●YZF-R25 主要諸元(インドネシア仕様)

全長×全幅×全高:2,090mm×720mm×1,135mm、シート高:780mm、車両重量:166kg、原動機種類:水冷4ストロークDOHC4バルブ、気筒数配列:直列2気筒、総排気量:249cm3、内径×行程:60.0㎜×44.1㎜、最高出力:26.5kW(36.0PS)/12,000r/min、最大トルク:22.6N・m(2.30kgf・m)/10,000r/min、燃料タンク容量:14L、燃料供給:フューエルインジェクション、変速装置/変速方式:常時噛合式6段/リターン式、タイヤサイズ(前×後):110/70-17 × 140/70-17、ブレーキ形式(前×後):油圧式ディスク × 油圧式ディスク、懸架方式(前×後):テレスコピック × スイングアーム

2014年5月20日 

■見て楽しい、選んで嬉しい“父の日”企画「ハーレー&ベスパ展示商談会」

 八尾カワサキグループの「ハーレーダビッドソン東大阪」と「スクーターイタリアーノ大阪東」によるコラボレーションが実現! 6月13日(金)・14日(土)・15日(日)の3日間、複合商業施設・(大阪府八尾市光町2-3)3Fブルーコート モンベル前広場にて開催される。時間は10時から19時まで。

 会場ではハーレー&ベスパの最新2014年モデルを展示。14日には「的場浩司のトークショー」、15日には「アリオの日抽選会」も行われる。

問:八尾カワサキ 東大阪店
TEL:06-6618-7270

2014年5月19日 

■警視庁府中警察署・府中交通安全協会二輪車部会主催「府中ライディングスクール」6月8日・29日開催

 6月の8日(日)と29日(日)、府中運転免許試験場(東京都府中市多磨町3-1-1)にて開催。9時までに受付、9時30分開始~15時30分頃終了予定。

 オートバイを安全・快適に乗り続けるために必要な「スキル」「マインド」を楽しみながら身につけることができるスクールで、当日は二輪車安全運転指導員及び白バイ隊員による親切な指導が受けられる。

 参加方法は申込書に記入の上、府中市内の二輪販売店または府中交通安全協会に開催日の5日前までに申し込み。受講料は200円(保険料含む。当日会場にて)。参加の際はオートバイの運転に適した服装(胸部プロテクター着用など)のこと。受講車両は各自持ち込みとなる。

 雨天の場合は中止となるので、開催の可否は開催当日の8時頃に府中警察署交通総務係(TEL:042-360-0110)へ確認のこと。

問:府中交通安全協会
TEL:042-366-4330

2014年5月16日 

■5月18日より全国6会場で開催!「YAMAHA CAFE」

 「YAMAHA CAFE」は、道の駅やレストハウスといったツーリングスポットで行われるカフェスタイルのイベント。コーヒーサービスの他、ニューモデルの展示やオリジナルグッズが当たるアンケートなども実施されるので、ツーリング途中に立寄りたい、また目的地にしたいスポットだ。

 一部会場では「YAMALUBE CAFE」と併催。ヤマルーブ・ケミカルのタッチ・アンド・トライ、バイクやヘルメットのメンテナンス体験も可能となっている。

開催日程
5月18日(日)熊本:
阿蘇 三愛レストハウス(阿蘇郡南小国町大字満願寺5621-4)
6月 1日(日)京都:
道の駅 すぷりんぐひよし(南丹市日吉町中宮ノ向8)
6月15日(日) 群馬:
道の駅 草津運動茶屋公園 (吾妻郡草津町大字草津2-1 )
7月20日(日)北海道:
道の駅 フォーレスト276大滝(伊達市大滝区三階滝町637-5)
9月 7日(日)福島:
四季の里(福島市荒井上鷺西1-1)
9月20日(土)神奈川:
TOYO TIRES ターンパイク内箱根大観山駐車場(ヤマルーブカフェ併催 神奈川県足柄郡湯河原町鍛冶屋)

2014年5月15日 

■アプリリア、モト・グッツィ、ピアッジオ、ベスパが大集合 「ピアッジオ ミーティング2014 in アサマ」開催!

 6月15日(日)、長野県小諸市のアサマ2000パークにて「浅間ヒルクライム2014」とジョイント開催。会場ではピアッジオグループジャパンが扱うイタリアン・バイク4ブランド最新モデルの展示・試乗会をはじめトークショー、ライディングレッスン、抽選会などを実施。さらに、この日限りの「Vespaカフェ」もオープンする。

 ピアッジオグループブランドオーナー及び、 ピアッジオグループブランドに興味のある人なら誰でも参加OK! 来場記念品プレゼント、抽選会への参加資格、Vespaカフェ にてコーヒー1杯無料 などの参加特典もあり。時間は10時から15時(受付開始9時30分~)。参加費は500円となっている。

問:ピアッジオコール
TEL:050-3786-2635

2014年5月15日 

■ADIVA ADtre55先行予約キャンペーン「福山理子と走るシンガポール 4日間の旅へご招待!!」

ADIVA ADtre55

 イタリアのスクーターブランド・ADIVAの輸入販売元であるイーケィエーは、全天候型スリーターの限定モデル「ADtre55(エーディートレフィフティーファイブ)」の先行予約を開始した。

 ベースとなる「ADtre(エーディートレ)」は次世代型のアーバンコミューターとして開発。独自のサスペンションシステム「インディペンデントクワトロウィッシュボーン」が実現するフロント二輪操舵システムを最大の特徴とし、ブレーキング中やコーナーリング中であっても優れた衝撃吸収力を発揮。2つのフロントタイヤによる接地面積の増大とあわせ、これまでの二輪車には無い、三輪ならではの安定した走行性能を実現している。

 その限定モデルには日本製スペシャルマフラー、LEDヘッドライト、リザーバータンク別体式リアサスペンション、スペシャルシート、パーキングロックシステム、メッキハンドルバーといった専用装備を搭載。ボディカラーにはスポーティーで高級感のあるフラットブラックが採用される。 メーカー希望小売価格は898,000円(税込)。

 「ADtre55先行予約キャンペーン」では、6月15日までに「ADtre55」または「ADtre」を予約した人の中から抽選で2名に、ADIVAイメージキャラクターである福山理子、日本を代表するエクストリームライダー小川裕之と走るシンガポール3泊4日の旅を招待! 現地では全天候型スリーター「ADtre」に乗ってマーライオン公園、オーチャード通りなどシンガポールの観光スポットや、マレーシアのクアラルンプールをツーリング。夜はシンガポール随一の高級ホテル「マリーナベイ・サンズ」に宿泊となる。ADtre55の詳細他は下記サイトにて。

アディバジャパン

2014年5月14日 

■マルク、2年契約を更新

マルク・マルケスと中本 修平 ホンダ・レーシング 取締役副社長

 ロードレースの世界最高峰・MotoGPクラスの2013年チャンピオン、マルク・マルケスがホンダ・レーシング(HRC)と2015年からの2年契約を更新した。

 スペイン出身の21歳であるマルク・マルケスは、2010年にロードレース世界選手権125ccクラス(現Moto3クラス)、2012年はMoto2クラスでチャンピオンを獲得。昨2013年にはホンダのワークス・ライダーとしてレプソル・ホンダ・チームから最高峰クラスのMotoGPクラスにデビュー、史上最年少となる20歳266日という若さでチャンピオン獲得を果たす。今シーズンは開幕から4戦すべてで予選1位&優勝という、現在のところパーフェクトな戦いを展開中だ。


マルク・マルケスのコメント
「この度、HRCとの契約更新を発表できることを非常にうれしく思います。レプソル・ホンダ・チームの一員になることは私の夢で、それが1年半前に実現しました。昨シーズンはとても忙しく過ぎていきましたが、MotoGPクラス挑戦の初年度にチャンピオンを獲得するという、もうひとつの夢が達成できるとは思っていませんでした。Hondaの一員でいることは私にとって大変光栄であり、そして今後の2シーズンもこのチームで走り続けることができることに感謝しています」

中本 修平 ホンダ・レーシング 取締役副社長のコメント
「マルク・マルケス選手を今後の2シーズンにわたり、ワークスチームのライダーとして迎えられることに満足しています。今回早いタイミングで契約を発表できたのは、マルケス選手とHondaの双方が、ひとつのチームであり続けたいと強く望んでいたからです。彼はまだまだ伸び盛りのライダーですが、マシンの状態に合わせて走ることと、一戦ごとに学習していく能力は人並み外れて優れており、今シーズンも幸先のいいスタートを切っています」

2014年5月14日 

■求人情報「カドヤ」

「この度、KADOYA直営店の業務強化のため、『東京本店』と『仙台店』で店舗スタッフを募集致します。1935年創業以来、革製品を中心としたバイクウエアに拘り続けて来たKADOYA。KADOYA製品が持つイメージ、コンセプト、サービス、そして『革ジャンとオートバイで堪能する世界観』。これらの発信、提案、そして共感して頂く場所が『KADOYA直営店』であり、そのサポートが『直営店スタッフ』のお仕事です。革ジャンとオートバイをこよなく愛し、一緒に楽しめる方をお待ちしております!」

●募集内容:直営店/東京本店・仙台店運営スタッフ(自社製品の販売及び管理業務)  
●応募資格:高卒以上 18歳~35歳ぐらいまでの男女 業界及び店舗運営業務経験者優遇 未経験者も歓迎致します
●給与:18万円~(経験・能力を考慮の上、当社規定により決定)
●待遇:昇給年1回 賞与年2回 交通費支給(当社規定による) 社会保険完備 有給休暇、社員割引購入制度等
●勤務地:東京本店(東京都台東区西浅草3-29-21) 仙台店(宮城県仙台市若林区六丁の目中町7-73)
●雇用形態:正社員
●勤務時間:10時~19時
●休日:毎週水曜日及び+シフト休日(仙台店は第一、第三火曜日定休)
●休暇:夏季、冬季、有給休暇あり
●業務内容:オートバイウェア・グッズ等の販売
●応募方法: よりアクセス頂き「応募フォーム」にご記入送信後、履歴書(写真貼付)・職務経歴書・自己PR文(書式自由)を郵送して下さい追って面接予定日をご連絡します 

カドヤ
〒111-0035 東京都台東区西浅草3-29-21 
TEL:03-3843-2000
本社人事担当:坂井(受付時間:9時~17時 毎週土・日曜日及び祝・祭日を除く)

2014年5月13日 

■フリーマーケット、二輪&四輪絶版車を展示「小さな町の小さなカーフェスタ」

 6月1日(日)、細倉マインパーク第2駐車場(宮城県栗原市鶯沢南郷柳沢2-3)にて「生活用品や車の部品等の有効利用と、昭和世代の二輪、四輪車を展示し、昭和から平成へと様々な変革を遂げる自動車産業等の歴史を感じてもらいながら、車愛好者等の年代を超えた幅広い交流」を目的に開催。

 受付(午前7時より)は当日のみ。展示ブースがなくなり次第、受付は終了となる。出展料は無料。アクセスは東北道・築館インターから30分、金成若柳インターから25分。

問:小さな町の小さなカーフェスタ実行委員会(代表:佐藤宏樹)
TEL:090-7522-5469

www.best-cooler.reviews/category/flexifreeze/

www.agroxy.com/prodat/podsolnechnik-155/vinnitskaya-obl

Нашел в интернете классный портал с информацией про шторы на кухню www.shtory.ua